冬至

冬至

冬至の例句を挙げる。


あたたかき雨の降りたる冬至かな 俊朱
あつものに南瓜の混る冬至かな 島村元句集
あやまたず沈む冬至の日を見たり 後藤夜半(1895-1976)
いづくにか在りたる冬至南瓜切る 皆吉爽雨
うすらひに散る葉もあらぬ冬至かな 増田龍雨 龍雨句集
うぶけ屋に冬至の毛抜もとめけり 龍岡晋
おもしろいほどウンコでる冬至です 隅 治人
かさつける五體にじんわり冬至の湯 高澤良一 宿好
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
かち割りて冬至南瓜の鬱金かな 小林京子
かれがれに虫きこゆ冬至十日前 佐野良太 樫
かんばしき薬のみたる冬至かな 増田龍雨 龍雨句集
けふ冬至餘生こたびはいかならむ 水原秋櫻子
さむざむと日輪あそぶ冬至かな 飯田蛇笏 春蘭
しかと見る冬至をきのふなる夕日 皆吉爽雨 泉声
すれ違ふ太陽と月冬至かな 和田耕三郎
たつぷりと盛られし冬至南瓜かな 八木林之介 青霞集
てんたうむしだましが死んで冬至かな 斉藤夏風
とつときの冬至南瓜の据りかな 吉岡葉家子
どうらんの堅さ冬至の楽屋かな 小沢昭一
なにもかも晴れて冬至の火消壺 大木あまり 火球
なりゆきの顔のままなる冬至かな 小島千架子
へつついに冬至の柚子がのつてをる 富安風生
ほどほどに身の枷とれて冬至の湯 長谷川史郊
ほろほろと石に日の射す冬至かな 有働 亨
またがつて遊ぶは冬至南瓜かな 岸本尚毅 舜
まだ母に冬至南瓜を切る力 大庭星樹
ももいろの体湯の中冬至前 金田咲子 全身 以後
ややゆらぐいのちとなりて冬至の日 和知喜八
よそながら冬至と聞くや草の庵 黒柳召波 春泥句集
わらしべで冬至の靨括りたし 橋石 和栲
シャンプーの壜のももいろ冬至湯に 高澤良一 随笑
ビル陰の深きを行くも冬至かな 田淵定人
一と袋山梔子摘みし冬至哉 小澤碧童 碧童句集
一本三百円「愛」に欠伸の出る冬至 櫂未知子 貴族
下履きをバタンと冬至の湯屋を出づ 高澤良一 随笑
不揃ひの冬至蒟蒻坊泊り 澤田緑生
二千年来るともかくも冬至の湯 北見さとる
人が出し門の夜寒は冬至かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
人やしる冬至の前のとし忘 素堂
人去つて冬至の夕日樹に煙り 桂信子 花寂び 以後
仏壇に水仙活けし冬至かな 高浜虚子
仏壇の菓子うつくしき冬至かな 正岡子規
何の香ぞ冬至の坂を下りくるに 星野麦丘人
作業場にこけし材着く冬至かな 田中好子
倫敦の声なりし人帰国して冬至 長谷川かな女 花 季
六波羅へぼたん見にゆく冬至かな 飯田蛇笏 山廬集
冬至とてなすこともなく日暮れけり 石川桂郎 高蘆
冬至とて南瓜嫌ひも食はさるる 下村ひろし
冬至とて男にやどる力かな 松瀬青々
冬至とは影を忘れし形なり 村木佐紀夫
冬至にも見ざりし夏至の暗さなり 相生垣瓜人 微茫集
冬至にも除目にも来し蘆辺なり 相生垣瓜人 微茫集
冬至の日きれい植木屋木の上に 山口青邨
冬至の日しみじみ親し膝に来る 富安風生
冬至の日沼に入つてしまひたる 石井とし夫
冬至の日炎上つくしたれば落つ 井沢正江 晩蝉
冬至の日縞あるごとくゆれにけり 阿波野青畝
冬至の日追ひて二階に母在ます 橋本榮治 麦生
冬至の月遮断機をいま越えにけり 吉田紫乃
冬至はや漲りのかほ戸口より 中田剛 竟日
冬至までひと日ひと日の日暮かな 草間時彦
冬至まで柚子おろそかにまろびをり 馬場移公子
冬至より夜の鳥籠に布二重 皆吉爽雨
冬至より来たるもいまだ雪の空 立花北枝
冬至十日まへの陽のさす兎小屋 猪俣千代子 秘 色
冬至南瓜しくりと割れば妻の国 松本旭
冬至南瓜とろりと甘し齢延ぶ 高橋利雄
冬至南瓜われも抱かせてもらひけり 原田喬
冬至南瓜切らるるまでの不逞かな 池田秀水
冬至南瓜戦中戦後鮮烈に 田中和子
冬至南瓜食ひ迷信に弱きボス 川村紫陽
冬至南瓜鳩尾あたりくぐりけり 東 竹を
冬至夏至けふは夏至なる月日かな 及川貞
冬至守る一穂の灯の納戸神 小原菁々子
冬至柚子三つ四つ今のゆとりかな 殿村莵絲子 雨 月
冬至柚子使ひ忘れて月日失す 高垣美恵子
冬至湯に絆創膏も浸りゐて 高澤良一 宿好
冬至湯の柚子と浮沈の子がふたり 野中 亮介
冬至湯の湯気まうまうを纏ひ出づ 高澤良一 随笑
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 新訂普羅句集
冬至粥すすりて一家すこやかに 島津友之助
冬至粥ふつふつ煮えて帰り待つ 渡辺 竹子
冬至粥御酒をたらして炊きにけり 上村占魚 『方眼』
冬至粥粥のぬくみは仏まで 恒富柊一郎
冬至粥身ぬちを馬車の通り過ぐ 栗林千津
冬至芽の此処をと盆栽菊談義 高澤良一 燕音
冬至黎明す木の下ずつとある隈笹 安斎櫻[カイ]子
冬茜さして冬至のうかびけり 福田甲子雄
出づる我に芋焼いて居ぬ冬至の子 長谷川かな女 雨 月
刃を当てられ冬至南瓜の力むなり 檜 紀代
切火まづ大南瓜より冬至寺 赤坂邦子
句を詠んで笑はむための冬至粥 石原八束 『仮幻』以後
吉原のやらずの雨の冬至かな 今泉貞鳳
味噌の樽ころがり着ける冬至かな 長谷川かな女 牡 丹
味噌蔵の奥から昏るる冬至かな 菊地孜乃
咳きの身のくらやみを冬至かな 山上樹実雄
喝食の面打ち終へし冬至かな 高浜虚子
四まいの障子いつぱい冬至の日 長谷川素逝 暦日
在りて見えぬ月の軌道や冬至の夜 下村ひろし 西陲集
地の下に雷を感ずる冬至かな 松瀬青々
坂一つ越え冬至村あたらしき 萩原麦草 麦嵐
塩ふつて冬至禊の火を鎮む 森田公司
声高に冬至の山を出できたり 鈴木六林男
夕月の欅をのぼる冬至かな 角川春樹
夕風の谷戸かくれなき冬至かな 石川桂郎 四温
大灘や冬至の入日吸ひ伸ばし 射場秀太郎
大護摩を焚いて冬至を逝かすなり 佐藤一樹
天文の博士ほのめりく冬至かな 黒柳召波 春泥句集
天皇家の漫画たのしき冬至の夜 長谷川かな女 花 季
妻の夢みな叶はざり冬至の夜 瀧春一 菜園
姉逝きて冬至南瓜の残されし 木下和香子
子の臀を掌に受け沈む冬至の湯 田川飛旅子 花文字
子午線の上に今あり冬至の日 高野素十
定年の人に会ひたる冬至かな 高橋順子
小さきを選び冬至のカボチャ買ふ 戸田冨美子
小屋牛に干菜を食はす冬至かな 森澄雄
小蛙を銜へ百舌鳥来し冬至かな 堀口星眠 営巣期
山國の虚空日わたる冬至かな 飯田蛇笏
山寺の僧が冬至の柚子をくれ 高浜年尾
山茶花の花の末なる冬至かな 小澤碧童 碧童句集
帆もなくて冬至の海の日影かな 飯田蛇笏 霊芝
帰宅せし部屋に冬至の暗さかな 稲畑広太郎
干柿につく鳥逐へる冬至かな 中島月笠 月笠句集
年長者の額に日当たる冬至句座 寺井谷子
庭稲荷にも手向けある冬至粥 藤田美乗
庭空を車輪がけりよ冬至の日 井沢正江 以後
弦月のかかる冬至の家路かな 川口利夫
慈姑掘手を泥にして冬至かな 小澤碧童 碧童句集
撩乱のこころひとつにひきしぼり冬至ゆふべの菊坂くだる 小中英之
教はりて若妻の買ふ冬至柚子 阪口良子
斑鳩や冬至といへど藁塚月夜 角川春樹 夢殿
新右衛門蛇足を誘ふ冬至哉 蕪村
日が近くありて冬至の葎(むぐら)刈る 藤田あけ烏 赤松
日のうちに靄の野となる冬至かな 井沢正江 火襷
日のみくら機影のわたる冬至かな 飯田蛇笏 雪峡
日の筋の埃しづかに冬至かな 松瀬青々
日は午後に冬至の空のさゝ濁り 石塚友二
早発の六時は暗し冬至かな 稲畑汀子
星々の磨きぬかれし冬至かな 仙田洋子 雲は王冠
晝の間は雨に過ぎたる冬至かな 八木林之介 青霞集
智慧熱に熟柿たまはる冬至かな 塚本邦雄 甘露
暖かに冬至の宵を小買もの 星野立子
書庫守の茶碗からびて冬至かな 岩田昌寿 地の塩
書記典主(でんす)故園に遊ぶ冬至哉 與謝蕪村
朝やけと夕雨のみに冬至の日 赤松[けい]子 白毫
木曾の子に犬のつきゆく冬至かな 大峯あきら 鳥道
本送る底荷の冬至南瓜かな 黒田杏子
松の葉が刻む朝日も冬至かな 林 翔
枇杷の木に枇杷の花咲く冬至なる 北原白秋
柿の骨冬至の酒となりにけり 小林康治 玄霜
椅子の背に冬至日暮の日が斜め 高澤良一 素抱
檻の獣みな温和しき冬至かな 原田青児
母在りき冬至もつとも輝きて 三橋鷹女
水ふくみて鶴日を仰ぐ冬至かな 渡邊水巴 富士
汽笛はるか河口に冬至の陽の翳り 大和洋正
沢庵の石油くさき冬至かな 会津八一
沼統べて冬至の落暉赤かりし 石井とし夫
浜風に小枝の揺るる冬至かな 山崎道子
浴槽の柚子の奢りも冬至かな 菅原師竹句集
海の日のありありしづむ冬至かな 久保田万太郎 流寓抄
海よりも背山親しき冬至粥 鍵和田[ゆう]子
海より出て冬至の虹の弾ね強し 菅八万雄
消防車全燈点す冬至かな 田中芥子
清廉に生き来し自負や冬至粥 伊東宏晃
湯を浴みて妻もようやく冬至顔 高澤良一 随笑
炉辺に食む冬至の南瓜木曾に来し 羽部洞然
無為にゐて冬至の日かげ惜みけり 高田蝶衣
燃えてゐし冬至の夕日すぐ消えし 富田巨鹿
燈台に波あがる見て冬至の湯 針呆介
牛にやる冬至かぼちやを押切に きくちつねこ
物ごころつきて冬至のおだやかさ 後藤夜半 底紅
物干の影に測りし冬至かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
犬の眼に冬至の赤い日が二つ 川崎展宏
猪肉を煮る味噌焦げて冬至なり 細見綾子 黄 炎
玲瓏とわが町わたる冬至の日 深見けん二
現身をもて冬至湯を溢れしむ 松岡ひでたか
甘藍の畑に過ごす冬至かな 岩田由美
田に下りて鴉鳴き出す冬至粥 黒木 野雨
疎かりし隣に遊ぶ冬至かな 乙字俳句集 大須賀乙字
病食に冬至南瓜のゆたかなり 吉澤卯一
百姓に浴ほどこす冬至かな 黒柳召波 春泥句集
磧湯に馬を入れやる冬至かな 野村喜舟 小石川
禅院の子も菓子貰ふ冬至かな 黒柳召波 春泥句集
空海の夢に色ある冬至かな 橋石 和栲
窪谷へ木立の透ける冬至かな 八木林之介 青霞集
立ちどまり顔を上げたる冬至かな 草間時彦
童女われに拾ひてくれぬ冬至柚子 石田あき子 見舞籠
納骨の済みて冬至の細き月 山田閏子
経師屋の来てゐる寺の冬至かな 田中日沙子
結界の中にもゐるや冬至の子 岸本尚毅 舜
絨毯の山水渉る冬至の日 原田青児
美しき日和続きに冬至かな 八木林之介 青霞集
老いの手を見せ合うてゐる冬至空 飯田龍太
職人の早仕舞せし冬至かな 山崎一角
胸にぬくし森が支ふる冬至の日 黒木 野雨
臍ひとつしみじみとあり冬至の湯 角川春樹
良弁忌過ぎて戻れば冬至あり 阿波野青畝
芋少し煮えて冬至を祝ひけり 長谷川かな女 雨 月
茄子胡瓜トマトも売られ冬至とは 岡本まち子
荷休めの牛の背を干す冬至かな 乙字俳句集 大須賀乙字
菜園に清輝をあぶる冬至かな 高田蝶衣
葉蘭打ち冬至を明日の夜の雨 高澤良一 随笑
蒟蒻を逃がす庖丁冬至妻 長谷川かな女 花 季
裏山に風募りくる冬至粥 栗原政子
西吹いて朝富士臨む冬至かな 小澤碧童 碧童句集
諍ひて一日遅れの冬至粥 咲間 匡
貧乏な儒者訪ひ來ぬる冬至哉 蕪村遺稿 冬
足湯ひとりの足あそばする冬至かな 村越化石 山國抄
農冬至男水禍の土砂を踏み嘆かふ 西本一都 景色
遠き灯も近き灯もつき冬至かな 金原秋水子
野ゝ中に土御門家や冬至の日 炭 太祇 太祇句選
釣鐘冬至の陽があたつてゐる 人間を彫る 大橋裸木
錦繍にまみれ雛師の冬至粥 中村金鈴
門を出でゝ数歩にしてかへる冬至かな 高田蝶衣
門前の小家もあそぶ冬至哉 野沢凡兆
陰陽師歩にとられ行冬至哉 炭 太祇 太祇句選
隠れ耶蘇縁辺集ひ守る冬至 小原菁々子
雉子飛んで端山雪なき冬至かな 菅原師竹句集
雨ながら朔旦冬至ただならね 黒柳召波 春泥句集
頬杖を解く冬至粥食はんため 佐藤鬼房 鳥食
風日々に冬至となりし日の黄なり 臼田亞浪 定本亜浪句集
風邪の子に忙しく暮れし冬至かな 高野素十
風雲の少しく遊ぶ冬至かな 石田波郷
食べられるもの少し食べ冬至かな 岸本尚毅 舜
食作法おごそかにして冬至粥 森 白象
飯喰ふて暇にしてみる冬至哉 炭 太祇 太祇句選後篇
飾りおく冬至の南瓜今は切る 山口青邨
餡届き南瓜の届き冬至かな 川原道程
鳶の声あびて冬至の熱帯樹 飯田龍太
鴬のうしろ影見し冬至哉 高井几董
鶲とぶ冬至の雨に湖透きぬ 長谷川双魚 風形
黒板の文字大きくて冬至なり 都筑智子



以上
by 575fudemakase | 2013-12-21 09:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/21689578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング