クリスマス(1)

クリスマス(1)

例句を挙げる


『ほらねクリスマスの七面鳥を目で見なさい』 橋本夢道 無礼なる妻
おごそかな痔疾の起居クリスマス 須川洋子
かたくなに吾が額つかずクリスマス 竹下しづの女句文集 昭和十二年
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
ここに酸素湧く泉ありクリスマス 石田波郷
この出逢ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
とほき灯のなどか瞬くクリスマス 西村和子 かりそめならず
ぬひぐるみトナカイを抱きクリスマス 高澤良一 随笑
ひとの恋の電話とりつぐクリスマス 金子 潮
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男(1901-77)
ほんものゝ樅は嵐やクリスマス 久米正雄 返り花
ましろなる神父の髯やクリスマス 富安風生
みちのくに耶蘇の村ありクリスマス 長沢簽一
みづうみに雪のちらつくクリスマス 今井杏太郎
みどりごを花弁包みにクリスマス 中戸川朝人 星辰
やっかいな妹の来るクリスマス 栗島 弘
わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス 山口誓子
オルガンの鞴の漏れしクリスマス 正木ゆう子 静かな水
オルガン奏者首垂れやめりクリスマス 中戸川朝人 残心
カステラの一トきれさへやクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
ガチャガチャの鳴く夜を以てクリスマス 篠原鳳作
クリスマスけふの花聟花嫁御 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
クリスマスちちははあまた天に帰し 伊丹三樹彦 人中
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子 汀子句集
クリスマスの少女唄ひて蜜柑選る 萩原麦草 麦嵐
クリスマスの木の大きさに灯をつらぬ 青峰集 島田青峰
クリスマスの歌に灯揺れてよきまどゐ 青峰集 島田青峰
クリスマスの海の暗がりおるごおる 折井紀衣
クリスマスの灯が震へて七面鳥の白い肉 露石遺稿(蛙鼓) 水落露石
クリスマスの用意晴れがましさの前夜かな 青峰集 島田青峰
クリスマスひらきし聖書にも灯す 田村了咲
クリスマスゆき交ひて船相照らす 加藤楸邨
クリスマスらしくほほ笑み靴みがき 成瀬正とし 星月夜
クリスマスわが箸まじる箸家族 磯貝碧蹄館 握手
クリスマスイブ更け心の襞も更け 楠本憲吉
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴ氷川丸灯りけり 今井杏太郎
クリスマスカードのランプ句を作る 村越化石 山國抄
クリスマスカードの加奈陀花の国 阿波野青畝
クリスマスカードの鶴よドイツヘ飛べ 山本歩禅
クリスマスカード地球は狭くなり 水原 春郎
クリスマスカード消印までも讀む 後藤夜半
クリスマスカード真夏の国へかな 山田弘子 こぶし坂
クリスマスキャロルの中の五番街 水田むつみ
クリスマスキャロル星伴れ病める徒へ 村越化石
クリスマスギフトに末子鞍欲しと 上野泰
クリスマスケーキにも灯が殺到す 和知喜八 同齢
クリスマスコンサートまで三時間 山田弘子 こぶし坂
クリスマスセールの籤に巴里の旅 大島民郎
クリスマスツリーにふれて炭運ぶ 菖蒲あや 路 地
クリスマスツリーに光る星の精 渡辺 寿栄子
クリスマスツリーに愛の雪の家 松瀬青々
クリスマスツリーに星を先づ飾り 高木晴子 晴居
クリスマスツリーのともし残し寝る 稲畑汀子
クリスマスツリーの下のブルドッグ 大木あまり 火球
クリスマスツリーの端に家が見え 星野 高士
クリスマスツリーはや調うて夜は灯す 小澤碧童 碧童句集
クリスマスツリーは逆さまだと思う 五島高資
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー点りて癒え初むる 佐藤信子
クリスマスツリー飾りて茶房閑 翁長恭子
クリスマスディナーときをり嵯峨野線 大石悦子 百花
クリスマストリイともるわれらが貧しき町 山口誓子
クリスマスパンをくはへし犬に会ふ 田村了咲
クリスマスユダを演じてほめられぬ 岡本眸
クリスマスリースひときは芝翫香 西村和子 かりそめならず
クリスマスローズ春愁とにあらず 後藤夜半 底紅
クリスマスローズ気難しく優しく 後藤比奈夫 花匂ひ
クリスマス七寮に満つ患者等に 石田波郷
クリスマス乞食の碗に雪つもる 加藤知世子 黄 炎
クリスマス二人の吾子のサンタなり 小林好美
クリスマス佛は薄目し給へり 相生垣瓜人(1898-1985)
クリスマス使徒ペテロ書を爐のほとり 松瀬青々
クリスマス個展おのれの絵で飾る 古舘曹人 能登の蛙
クリスマス六年生の背いくらべ 伊東達夫
クリスマス地に来ちゝはゝ舟を漕ぐ 秋元不死男
クリスマス地平に基地の灯が赤し 飴山實 『おりいぶ』
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂信子
クリスマス妻子とあれど肋なし 吉田北舟子
クリスマス愚直の大足洗ひをり 神蔵器
クリスマス愚者の楽園地下にあり 福田蓼汀
クリスマス指美しき囚徒をり 飯田龍太
クリスマス来る港町渦なす灯 柴田白葉女 『月の笛』
クリスマス気分にいつの間にか吾も 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス海にはあらぬ橇の鈴 鈴木翠塔
クリスマス海のたけりの夜もすがら 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス熟睡の猫抱いてあげる 池田澄子
クリスマス真つ暗な板あがりしが 久保田万太郎 草の丈
クリスマス礼拝つひに雪降らず 上田日差子
クリスマス祝歌(キャロル)のやうな娘かな 本庄登志彦
クリスマス終へし樅の木幼なかり 桜井博道 海上
クリスマス絵の具の付きし手を洗ふ 佐野典子
クリスマス羊の役をもらひたる 西村和子 夏帽子
クリスマス肋除られて打臥すも 石田波郷
クリスマス螺旋にのぼる駐車場 能村研三
クリスマス賢者の言葉子に贈る 近藤一鴻
クリスマス贈物ほど錠剤持ち 鈴木栄子
クリスマス迄にといふ約束す 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス近し少年はミルク色 対馬康子 愛国
クリスマス隠れ耶蘇の碑灯をもらう 八木三日女 落葉期
クリスマス風景の一部に足場組む 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
クリスマス魔の宴とは知らずけり 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス鳩の赤脚まだ眠らず 桜井博道 海上
ケーキ切るのみのわが家のクリスマス 下村梅子
ケーキ売り尽してよりのクリスマス 毛塚静枝
ゴブランの大壁懸やクリスマス 吉武月二郎句集
シェフの帽塔のごとしやクリスマス 岩崎照子
シャンデリアに 虎の足跡 クリスマス 伊丹公子 機内楽
ナプキンに肉の血の染みクリスマス 長田 等
バーゲンの派手な服買ふクリスマス 大河原一石
フケ取りの男匂ひやクリスマス 久米正雄 返り花
ボサノバのゆつくり更けるクリスマス 筑紫磐井 花鳥諷詠
マンホールに水奔騰すクリスマス 宮坂静生 雹
ロックバンドは蕊を打ち合いクリスマス 中村 和弘
ローソクを飾るだけでもクリスマス 稲畑汀子 春光
ヴァイオリン作る小村のクリスマス 京極杞陽
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一堂にこもらふ息やクリスマス 篠原鳳作 海の旅
三日月のほのかにありしクリスマス 中田冬女
中国の茶の淹れらるるクリスマス 後藤夜半 底紅
主は馬面父としてわがクリスマス 古館曹人
二三段雪のきざはしクリスマス 佐野まもる
亡き母の部屋も灯してクリスマス 山田閏子
人と幸比較はすまじクリスマス 嶋田摩耶子
人形に国籍ありやクリスマス 岩崎照子
人逝けりクリスマス・イヴの地下室に 成瀬櫻桃子 風色
伐り倒されクリスマスツリーたらむとす 加倉井秋を 午後の窓
休戦をよろこぶ神父クリスマス 森田峠 避暑散歩
何事も信じてクリスマス聖書 平松竃馬
信じつつ楽しく子供クリスマス 京極杞陽 くくたち上巻
傷林檎厩舎に届くクリスマス 斎藤節子
八人の子供むつましクリスマス 子規句集 虚子・碧梧桐選
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子 てんてん
剥製の鳥のテロの眼クリスマス 鷹羽狩行 六花
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二
勤め持つ女等たのしクリスマス 右城暮石 声と声
北斗の尾煙突に触れクリスマス 伊藤三十四
叱られてゐし子を抱きぬクリスマス 金久美智子
合唱団左右に揺れてクリスマス 吉原文音
回送電車をしばらく降りずクリスマス 大石雄鬼
地下駐車場にもクリスマスキャロル 山田弘子 こぶし坂
塔の上の鐘動き鳴るクリスマス 松本たかし
外人は高き鼻もちクリスマス 高田風人子
外灯のほほゑみつづくクリスマス 茨木和生 遠つ川
大きな馬糞小さな馬糞クリスマス 中村堯子
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
天に星地に反吐クリスマス前夜 西島麦南
天井に風船眠りクリスマス 福田蓼汀 山火
太極拳廃れて雨のクリスマス 塚本邦雄 甘露
奈良県になき地下街よクリスマス 右城暮石 上下
女がちにクリスマスの人集ひけり 雉子郎句集 石島雉子郎
婚約を告げる神ありクリスマス 山田弘子 こぶし坂
嫁してより信やゝうすれクリスマス 吉井莫生
子どもらに通知簿くばりクリスマス 樋笠文
子へ選ぶクリスマスカード楽鳴れり 里田 勝子
子を抱けば子に紙吹雪クリスマス 古館曹人
子供等に歳聞かれけりクリスマス 寺田寅彦
宙を飛ぶ長靴を買ふクリスマス 有馬朗人 知命
定刻に塔の鐘鳴りクリスマス 長田等
定食で生きる男のクリスマス 中嶋いづる
寝そべつてをりてクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
少年工学帽かむりクリスマス 秋元不死男(1901-77)
尻さむし街は勝手にクリスマス 仙田洋子 橋のあなたに
屋上より樹頭見下ろすクリスマス 津田清子 礼 拝
屑籠の屑も美しクリスマス 森田峠 避暑散歩
屑買女は風呂桶が欲しクリスマス 百合山羽公 寒雁
山国の星座は低しクリスマス 野口八重子
島人に旧教多しクリスマス 香月 梅邨
強燭の数だけの闇クリスマス 高澤晶子 復活
息安く仰臥してをりクリスマス 石田波郷(1913-69)
悲しみの灯もまじる街クリスマス 堀口星眠
我が持てる包の中もクリスマス 山内山彦
戻り来し猫の鈴の音クリスマス 片山由美子 天弓
手づくりの蝋燭たてやクリスマス 篠原鳳作 海の旅
手品してみせる牧師やクリスマス 土井治
振れば鳴る胡桃もクリスマスのひとつ 村越化石 山國抄
教室の汲み水蒼しクリスマス 宮坂静生 雹
新しき星の寒さよクリスマス 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
昏れそめて累卵の白クリスマス 竹腰千恵子
星々にことごとく名やクリスマス 石田郷子
星満ちて地にはこぼれずクリスマス 相馬遷子 雪嶺
東の星の光やクリスマス 日野草城
枯木の遠ち枯木が見えてクリスマス 高澤良一 随笑
枯蔦や昨日に過ぎしクリスマス 増田龍雨 龍雨句集
柊の花に晴れたりクリスマス 柑子句集 籾山柑子
柔かき海の半球クリスマス 三橋敏雄
死にたい母も生きたい母もクリスマス 中村草田男
残業の手を洗ひをりクリスマス 渡辺二三雄
水のんで心の隅のクリスマス 加藤知世子 花 季
流されてゆく人なかのクリスマス 大橋俊彦
湯上りの子のまくれなゐクリスマス 赤松子
湯気のたつ馬に手を置くクリスマス 大木あまり
火が熾り赤鍋つつむクリスマス 小松道子
灯を消せば青き舞台やクリスマス 五十嵐播水 播水句集
点滅は聖樹の言葉クリスマス 山崎みのる
烏賊釣火点れり伊豆のクリスマス 今井杏太郎
焚火たゞ紅くたゞ焚きクリスマス 中島斌男
燭あまた樅に点してクリスマス 四明句集 中川四明
版画彫る屑膝にためクリスマス 鈴木しげを
牛の舌に塩振つてゐるクリスマス 内田美紗 誕生日
物くれる阿蘭陀人やクリスマス 高浜虚子
犬の尾のふさふさとしてクリスマス 石田郷子
犬小屋に扉のなくてクリスマス 土生重次
猩々木挿して近づくクリスマス 阿部みどり女
疵りんご厩舎に届きクリスマス 斎藤節子
病院の屋上濡れてクリスマス 岸田稚魚
癌がまた出て来たぞクリスマスイヴ 堀米秋良
盲導犬使徒の眼持てりクリスマス 田川飛旅子 『使徒の眼』
真珠は貝の生身の傷やクリスマス 中村明子
眼をはなれ眠れるまつ毛クリスマス 赤松[けい]子 白毫
石の家灯を洩らさずにクリスマス 岬雪夫
砂糖壺ゆたかに満たしクリスマス 平間真木子
神よ来て子を助けませクリスマス 石塚友二 光塵
神父老い信者われ老いクリスマス 景山筍吉
禁制の夜のコーヒ飲むクリスマス 右城暮石 声と声
私書箱開扉一番にクリスマスカード 鈴木栄子
粧ひて胸うすき者よクリスマス 石田波郷
絵硝子の羊まどろむクリスマス 大島民郎
縛られしハムの糸解くクリスマス 田島蔦子
美容室せまくてクリスマスツリー 下田実花
聖鈴浴びこころ寄せあふクリスマス 村越化石 山國抄
聖霊はきつと黒色クリスマス 田川飛旅子 『邯鄲』
胡桃など割つてひとりゐクリスマス 山口青邨
船四方に白波立てりクリスマス 久野幸子
船底に男風呂ありクリスマス 中尾杏子
花文字の異国の絵本クリスマス 石田 克子
虚子像の左右にベル吊りクリスマス 保田白帆子
蜂蜜壺の おもたいくもり クリスマス 伊丹公子 メキシコ貝
街といふ街行けばクリスマスカロル 今井千鶴子
裏町の泥かがやけりクリスマス 桂信子 黄 瀬
西行きの列車がら空きクリスマス 右城暮石 声と声
見舞はれて家族の揃ふクリスマス 後藤一秋
角曲るたびにクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
語部と酌む高千穂のクリスマス 伊和元聖水
貧しけれどもクリスマスの夜父ありぬ 長谷川かな女
赤き実を見しよりこころクリスマス 岩岡中正
足ることをほとほと学びクリスマス 田川飛旅子 『山法師』
送電線深海をゆくクリスマス 遠山陽子
金と銀と赤の紙屑クリスマス 正木ゆう子 悠
金銀の紙ほどの幸クリスマス 沢木欣一
針坊主に針かがやきてクリスマス 桑原月穂
銀の匙象牙の箸やクリスマス 太田育子
鎌倉に馬車の往来やクリスマス 久保田万太郎 草の丈
長崎に雪めづらしやクリスマス 富安風生
闇に燭手に~歌ふクリスマス 吉良比呂武
降る雪にさはられてゐるクリスマス 攝津幸彦
雀らの草撓めゐるクリスマス 大木あまり 火球
離陸せぬうちに眠れりクリスマス 夏井いつき
雪になるはずがかく晴れクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪のせてクリスマスツリー出来上り 高木晴子 晴居
雪の上に星降る夜半やクリスマス 寺田寅彦
雪の戸の堅きを押しぬクリスマス 水原秋櫻子
雪を来し靴と踊りぬクリスマス 山口波津女
雪国に来て雪をみずクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
靴下がくの字に吊られクリスマス 阿波野青畝
鞄より首出す小犬クリスマス 福田蓼汀
頸動脈が口開けているクリスマス 夏石番矢 人体オペラ
饂飩屋台横丁にいてクリスマス 長谷川かな女 花 季
香焚いて雪の老舗のクリスマス 伊東宏晃
馬小屋の一頭で満ちクリスマス 鷹羽狩行
鮨食べに来し父と子のクリスマス 上崎暮潮
黒人のてのひら白しクリスマス 政木 紫野
黒人の掌の桃色にクリスマス 西東三鬼(1900-62)
イヴの夜は耳やわらかき犬といる 佐藤和子
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫 めんない千鳥



以上
by 575fudemakase | 2013-12-23 07:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/21701998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング