久女忌

久女忌

例句を挙げる。

●久女忌
うつし世の白葱をほめ久女忌へ 榎 三吉
つわぶきの胸どきどきも久女の忌 松田ひろむ
てのひらの種やわらかし久女の忌 穴井太 原郷樹林
ひたすらに何を求めむ久女の忌 大橋敦子
一月の空が真青久女の忌 猪島蘇風
久女の忌巌噛む濤を見てゐたり 飯沼三千古
久女の忌花野にくるいはじめしか 八木三日女 落葉期
久女忌に隣る母の忌明治美し 加藤耕子
久女忌の小原松名の雲やさし 伊藤敬子
久女忌の山中に焚く桜榾 児玉輝代
久女忌の庭に南天熱く立つ 穴井太 原郷樹林
久女忌の火だねを強く吹きにけり 池永豊子
久女忌の焚火に残る傘の骨 中島登美子
久女忌の空に瑕瑾のなかりけり 黛まどか
久女忌の空へ蓬を投げ入れる 穴井太 原郷樹林
久女忌の路上に蹴られ厚氷 肥田埜勝美
久女忌の雪胸もとに露天風呂 後藤杜見子
久女忌の飲食すみし箸を折る 下田稔
久女忌の髪むらさきにしてみたき 姉崎蕗子
久女忌や句会崩れの喫茶店 田村恵子
久女忌や掌中目覚むれもんの黄 櫛原希伊子
久女忌を過ぎて草餅塩の味 穴井太 原郷樹林
人恨むこと我れになし久女の忌 宮崎安子
入浴剤白くひろごる久女の忌 清野やす
凜々と雛の瞳並ぶ久女の忌 寺井谷子
吹き狂ひ尽せし竹や久女の忌 此口蓉子
喜久女忌と人に詠まるる寒さかな 小川原嘘帥
夕凍の道に羽根散り久女の忌 鍵和田釉子
夜も開く侘助喜久女忌を修す 小川原嘘帥
大寒に入る日は晴れて久女の忌 石昌子
寒行の音の零れる久女の忌 穴井太 原郷樹林
帰らねばならぬ家あり久女の忌 片山由美子 水精
干し物の吹き寄せらるる久女の忌 内田美紗 誕生日
憎むことにも疲れはて久女の忌 檜紀代
枯菊のくれなゐふかき久女の忌 林十九楼
爪に透く血豆一粒久女の忌 内田美紗 魚眼石
爪を立てためらふ朱欒久女の忌 朔多 恭
縮緬の袋に句帳久女の忌 神山孝子
若菜摘みし野辺はいずこぞ久女の忌 坊野靖子
金泥もて枯葦描かむ久女の忌 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
長持の中のくらやみ久女の忌 橋本 榮治
風花の貝のつめたき久女の忌 神尾久美子 掌



以上
by 575fudemakase | 2014-01-21 12:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/21887080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。