冬桜

冬桜

例句を挙げる。

いそがしく目白花訪ひ寒櫻 八木林之介 青霞集
いつまでも咲いてさびしゑ寒ざくら 石原八束 『黒凍みの道』
うすうすと島を鋤くなり寒桜 飴山實
うす紙のごとき日をのせ冬桜 行廣すみ女
うす~と島を鋤くなり寒桜 飴山實 辛酉小雪
うつし世のものとしもなし冬桜 鈴木花蓑句集
かげりきてむしろ白湧く冬桜 中村 房子
ここ河津緋寒桜の田舎咲き 高澤良一 ぱらりとせ
ごはんつぶほどのあかるさ冬ざくら 高澤良一 ももすずめ
すいと来て頬赭き鳥寒ざくら 高澤良一 さざなみやっこ
たましいのいくたび撓う冬桜 寺井 谷子
つくづくと淋しき木なり冬桜 角川春樹
つぶやきの息にくもれる冬桜 上田日差子
はなびらの小皺尊し冬ざくら 三橋敏雄 畳の上
ひそみて淡し翁の魂の冬桜 有働 亨
ひとつ枝に飛花落葉や冬ざくら 與謝蕪村
ひとゆれに消ゆる色とも冬ざくら 平子 公一
みづうみの晴れてしんしん冬ざくら 関戸靖子
めだたずも見頃と言へる冬ざくら 源 一朝
やごとなき人の里居や冬桜 岡本松浜 白菊
ややこしき坂の熱海の寒桜 高澤良一 さざなみやっこ
一事終へ湖の落暉に冬ざくら 塚田秋邦
一弁を吐ける莟や冬桜 富安風生
一片を散りもこぼさず冬桜 園 敦恵
一瓣を吐ける莟や冬桜 富安風生
七十路の月日逃げゆく冬桜 野口夏桐
三度見て三度炎のいろ寒桜 高澤良一 ぱらりとせ
九十の母の喜び冬桜 高木晴子
二年坂三年坂と冬ざくら 青木重行
人体に谷あり谷の冬ざくら 柿本多映
今着きしばかりの日差し冬桜 高澤良一 ぱらりとせ
仰ぎゐておのれ忘るる冬桜 根岸善雄
八十の母が出歩く寒桜 外川飼虎
冬ざくら世を幻と思ふ日も 吉村ひさ志
冬ざくら光の中に母待たす 守田季由
冬ざくら咲きて大気の透きとほる 小松世史子
冬ざくら小僧が運ぶ経机 梶山千鶴子
冬ざくら山に住み踝が尖る 一ノ瀬タカ子
冬ざくら死に逆らはぬ鳥けもの 木内彰志
冬ざくら科人の目の澄みわたる 宇多喜代子
冬ざくら花の漂着せる如く 高澤良一 さざなみやっこ
冬ざくら花は直下に零れけり 高澤良一 さざなみやっこ
冬ざくら雨にまみるる外はなく 高澤良一 さざなみやっこ
冬ざくら鴉牛舎にかぶさって 児玉悦子
冬桜一ひら解けし夕霧忌 清崎敏郎
冬桜一縷の径をのぼりつめ 岡本まち子
冬桜三十畳を拭きあげて 夏井いつき
冬桜咲きゐる吉備津詣かな 上田土筆坊
冬桜夜空に枝の仔細あり 小川修平
冬桜常陸風土記の空青し 原 和子
冬桜干し重ねたる和紙の息 殿村莵絲子
冬桜波のひかりと光りあひ 正円青灯
冬桜皇女の墓の傍に咲く 小玉真佐子
冬桜目離さばその枝暮れむ 岡田貞峰
冬桜相模の湾を一望に 山本 幸代
冬桜空の碧さとかかはらず 馬場移公子
冬桜見に来て地酒買ひにけり 下山宏子
冬桜野の梅よりも疎なりけり 沢木欣一
冬桜風が間引きし花の隙 高澤良一 ぱらりとせ
冬桜風の研ぎたる空のあり 山田閏子
冬桜飛鳥鍛冶の裏径に 橋本鶏二
冬櫻そこに失せものあるごとく 田中裕明 花間一壺
冬櫻めじろの群れて居たりけり 泉鏡花
古きよき厠のにほひ冬桜 小川軽舟
吉野恋ふ佛に散れり寒ざくら 青木重行
吾が句碑に大き耳あり冬ざくら 星野明世
咲きそむる緋寒桜の名護の町 磯野多希
咲きそめしかに咲ききれる冬桜 久保ともを
噴湯立つ空の青さに寒桜 塩谷はつ枝
天つ日の褻にも晴れにも寒桜 石原八束 『藍微塵』
天心に幻日かゝげ寒桜 上野和子
天日に影さびしむや冬ざくら 望月たかし
夫もたぬ不幸はすこし冬ざくら 手塚美佐 昔の香
妻もまた気がついてをり冬ざくら 高澤良一 随笑
寂しくて青空を被る寒桜 関森勝夫
寒ざくら涙の粒のそろひけり 仙田洋子
寒ざくら目白の群の舞ひ戻り 細川加賀 生身魂
寒ざくら蓄へし彩地にこぼし 雨宮抱星
寒桜おのれさみしみ咲きにけり 森澄雄
寒桜つぎつぎ加賀の雨滴 斉藤夏風
寒桜ほゝうと腕を組みながら 高澤良一 素抱
寒桜まれの開扉を四五人に 宮津昭彦
寒桜交はり淡くして長し 古賀まり子
寒桜交り淡くして長し 古賀まり子
寒桜人もをらずに咲きにけり 大峯あきら 鳥道
寒桜侘しと見るに止めけり 相生垣瓜人 明治草抄
寒桜咲いて一輪づつのもの 皆吉爽雨
寒桜咲き寒玉子てのひらに 高木晴子 晴居
寒桜林泉はづす在り処かな 中村汀女
寒桜淡きいのちを宙に揺る 三宅一鳴
寒桜緋のマフラーを巻き直し 高澤良一 素抱
寒桜裏口開けて産湯捨つ 加藤美能留
寒桜見に来て泊る八塩の湯 藤実艸宇
寒桜鰤寄る潮のうちかすみ 水原秋櫻子
寒櫻侘びしと見るに止めけり 相生垣瓜人
山の日は鏡のごとし寒桜 高濱虚子
山の陽を呼び寄せてゐる冬桜 杉浦虹波
山一つ越えて見にゆく冬ざくら 林原和枝
岬鼻に瞽女の道あり冬桜 館岡沙緻
島の血を継ぎし荒眉寒ざくら 中尾杏子
幼子も雨を見てをり寒桜 原田喬
庭深く咲く冬桜知らざりし 岡本秋江
彩どりは京劇の赤寒桜 高澤良一 素抱
彫り深き詩碑に影おき寒桜 浜 芳女
影のごと人きて佇てり寒桜 藤崎久を
御手洗の少し先には冬桜 京極杞陽 くくたち上巻
忍ぶこと慣るゝは悲し冬桜 湯川雅
思はずの縁切寺の冬ざくら 高澤良一 さざなみやっこ
恤ぬりし野万朶の緋寒桜かな 桑田青虎
掻き曇り緋寒桜に雪しぐれ 伊東宏晃
散りしくといふことのあり冬桜 行方克巳
敵味方墓の寄りそふ冬ざくら 野口伊久子
日の差して赤子の匂ふ冬桜 古見史子
日は未形(みぎょう)色さめざめと冬桜 山田みづえ 草譜以後
昼月に垂り枝のゆれて冬桜 飯田蛇笏 春蘭
月光の玉くだけちる冬ざくら 石原八束 『黒凍みの道』
枝々に日を遊ばせて冬ざくら 阿部恵子
楚々となほ咲き継ぐ心冬桜 藤浦昭代
櫻餅寒櫻にも先がけし 相生垣瓜人
母癒えて言葉少なや冬桜 岡田日郎
民宿のシーズンオフの寒櫻 長谷田 義人
水のこゑ水にとどまる冬ざくら 馬場移公子
水音のそこだけ消えて冬桜 清水衣子
波音や夜目に仰ぎて寒ざくら 及川貞 夕焼
流鏑馬の道へ降らして冬ざくら 青木重行
浅山の土のぬくみや冬ざくら 望月たかし
浦凪や含みいまだし寒ざくら 原 俊子
海に向く枝よりひらく寒桜 羽吹利夫
満開にして淋しさや寒桜 高浜虚子
澄みのぼる時空の風の寒桜 石原八束
灯は消えて月のみのこる寒桜 水原秋櫻子
熱海まで見にゆくことに寒桜 高澤良一 素抱
異細胞宿るもえにし冬桜 長谷川翠
疎に咲きて日かげることも冬桜 浅井青陽子
白湯たぎる音のどこかに冬ざくら 浅沼 艸月
白粥の日数のなかの寒ざくら 鷲谷七菜子 花寂び
皮が幹ひき締めひき締め寒桜 香西照雄 素心
真上なる珠の三つ星寒ざくら 及川貞 夕焼
眩しさの雲が雲追ふ寒ざくら 田中翠
瞬いて妻瞬いて冬ざくら 高澤良一 随笑
石に寄るたましひあらむ冬櫻 磯貝碧蹄館
緋寒桜ちる沖縄を終の地に 八牧美喜子
緋寒桜ほうと見とれて雪国びと 中山純子 沙 羅以後
緋寒桜見むと急ぎて日暮れけり 邊見京子
耳たぶのふくふく育つ冬桜 上田日差子
舞うほどの花びら持たず冬桜 宇咲冬男
花びらのちらりと小さき寒ざくら 石原舟月
薄葉の一朶の雲か寒桜 山口青邨
虚と実をゆききの母や冬ざくら 石川文子
裂織の手ざはりやさし冬ざくら 兼田 幸苑
観音のみ手が咲かせし冬桜 渡辺恭子
邂逅の一と日なりけり冬桜 桑田青虎
陶然と花ひらくなり寒ざくら 柴田白葉女
隈取の朝比奈現るゝ寒桜 高澤良一 素抱
頂に駕籠を置きたし冬桜 星野紗一
風神も雷神も赤冬桜 鈴木太郎
風音のいつもどこかに冬桜 高橋千鶴子
鯉揚げを控へてゐたる冬桜 林周作

以上
by 575fudemakase | 2014-01-22 11:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/21894926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング