寒椿

寒椿

寒椿 冬椿の例句を挙げる。


あざやかに大厄来て去る寒椿 中村明子
あのひとを置き忘れたよ寒椿 大西泰世 椿事
いつこけし庇おこせば冬つばき 亀洞
いつも本気で咲いているのは寒椿 大西泰世 世紀末の小町
いま蛇笏なし蛇笏あり寒椿 飯野燦雨
うつくしく交る中や冬椿 鬼貫
おろかさのかぎりをつくし冬椿 三橋鷹女
お針子の膝まで日ざす寒椿 木歩句集 富田木歩
かりそめの世をまったうに寒椿 渡辺 光子
この恋はなかつたことに冬椿 柴田奈美
さみしさの往き来の翅音冬椿 斎藤玄
しゞに照る葉に花しづみ冬椿 西島麥南
つくばひの少き水や寒椿 王城
なぜにをんな垣の外見えて冬椿 河野多希女 彫刻の森
のけぞって鵯が花吸ふ寒椿 池内けい吾
ひとに託す夫恋ひに似し寒椿 石田あき子 見舞籠
ひと日出でひと日籠りぬ寒椿 石田あき子 見舞籠
ふるさとの町に坂無し冬椿 鈴木真砂女
ふるさとは風の中なる寒椿 入船亭扇橋
ぶあつうて越後の山や寒椿 小川軽舟
まだ明日の逢はむ日のこる冬椿 中村汀女
一つ咲き妻恋花か寒椿 阿部慧月
一夜さの雨の重たさ寒椿 矢島房利
一度死ぬための生なり寒椿 佐藤火峰
一湾を見下ろす宿や寒椿 成田久郎
一葉日記より目を上げて寒椿 中拓夫
三人かざす火鉢小さし冬椿 阿部みどり女 笹鳴
上京の子とゐる母の寒椿 永田耕一郎 海絣
下むきに咲きそる花や寒椿 星野立子
中年の寂寞しろき冬椿 柴田白葉女
九億九光年を経し寒椿 斎藤愼爾 冬の智慧
乾らびたる土にぽとりと寒椿 高澤良一 宿好
今は寄る船なき浦の冬椿 福田蓼汀 山火
今生の色いつはらず寒椿 飯田龍太
仮の世のなぞなぞを解く寒椿 大西泰世
何といふ赤さ小ささ寒椿 星野立子
冬つばき世をしのぶとにあらねども 久保田万太郎 流寓抄
冬つばき睡りてもねむりても更年期 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬つばき難波の梅の時分哉 召波
冬椿かげ濃く月光菩薩降る 柴田白葉女 『夕浪』
冬椿かなしき面輪夫が継ぐ 石田あき子 見舞籠
冬椿と同じところが濡れてゐる 鳥居真里子
冬椿一輪にして機嫌よく 斎藤玄 雁道
冬椿乏しき花を落しけり 日野草城
冬椿仰ぎて伊豆の寺にあり 深見けん二
冬椿光り誠実に過剰ありや 香西照雄 対話
冬椿呪縛解かれし赤さかな 長谷川かな女 花 季
冬椿咲けり父母在り孝なさず 吉田未灰
冬椿塔ある谷に遊びけり 松根東洋城
冬椿寝顔のままに夫逝けり 倉田静子
冬椿日に富む障子とさしたり 尾崎紅葉
冬椿母を老いしめしは誰ぞ 上田五千石 森林
冬椿水の貴さあいさつに 加倉井秋を
冬椿焦げぬ幾日か土踏まぬ 長谷川かな女 花 季
冬椿玉縄五丁目外れかな 皆川白陀
冬椿神をだましに来はせぬぞ 梅暁女 俳諧撰集玉藻集
冬椿竹叢着負ふ水の上 石塚友二 方寸虚実
冬椿荒波が日を洗ひゐて 小松原みや子
冬椿落ちたる音もなかりけり 鷲谷七菜子
冬椿落ちてそこより畦となる 秋櫻子
冬椿落つやわが佇つ前うしろ 木下夕爾
冬椿鉄瓶の湯のやはらかし 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
初めてのまちゆつくりと寒椿 田中裕明 山信
劫火なれや冬椿まつ赤に咲ける 長谷川かな女 雨 月
劬りの師の語はあつし冬椿 石田あき子 見舞籠
又重きポンプとなりぬ冬椿 阿部みどり女 笹鳴
古への道のこと問ふ寒椿 道山昭爾
咲き競い寒椿とも思はれず 諏訪美枝子
唇の謀叛寒椿落ちにけり 佐々木耕之介
垂れし枝反り上り咲く寒椿 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
埃くさき日暮れとなりぬ寒椿 中拓夫 愛鷹
塚守りの杖もて指せる冬椿 金箱戈止夫
墓石に煙草一本の白寒椿 中拓夫 愛鷹
墨染を着て眼前の寒椿 村上賢一
夕月やひそかに咲ける寒椿 草城
大竹に絡まり咲くや冬椿 元
天険に一輪赤き寒椿 吉澤卯一
奥余呉は籬を結はず寒椿 丸山哲郎
妻の名にはじまる墓誌や寒椿 宮下翠舟
姿なき者らゆきかふ寒椿 水野真由美
寒椿あしたにもくるいちだいじ 五十嵐山風
寒椿いつも見えゐていつも見ず 神蔵 器
寒椿おのがみどりにてり映えて 林原耒井 蜩
寒椿しあはせひとつ子に賜ひ 望月たかし
寒椿しかも真白に母校なる 古舘曹人 能登の蛙
寒椿しだいに雪の明るくて 横光利一
寒椿つひに一日のふところ手 石田波郷(1913-69)
寒椿てふくれなゐの荒々し 竹下陶子
寒椿のほぼ臨月となりにけり 田中一美
寒椿ひさしき蕾ゆるびけり 西島麦南 人音
寒椿ひらくか十指枯色す 小檜山繁子
寒椿ふりむけば子は我を見し 加藤瑠璃子
寒椿わが生れし日の燭として 岡本眸
寒椿われらかくして饑ゑずあり 林原耒井 蜩
寒椿一句は赤し二句黒し 攝津幸彦 鹿々集
寒椿一輪生けて人待てり 田中冬二 俳句拾遺
寒椿五弁の呪符のほぐれおり 神保弥生
寒椿人恋ふて咲く館跡 篠田恵衣子
寒椿今年は咲かぬやうすなり 正岡子規
寒椿六道にても句を拾ひ 山口都茂女
寒椿力を入れて赤を咲く 正岡子規
寒椿包みに闇のひとつひとつ 斎藤玄 雁道
寒椿咲きたる家の日向かな 田中冬二 俳句拾遺
寒椿咲き切れずあるまくれなゐ 島村茂雄
寒椿嘘を言ふなら美しく 渡辺八重子
寒椿外交官の手から手へ 攝津幸彦 鹿々集
寒椿女弟子来る夕かな 福田清人 坂鳥(附・生い立ちの記)
寒椿師を悼む句を褒められぬ 草間時彦 櫻山
寒椿弱音吹き消す吾子の声 牧 ひろ子
寒椿持てば浅草オペラ湧く 不死男
寒椿放下に遠く暮らしをり 木下ひでを
寒椿日ぎめの人形仕上らず 木歩句集 富田木歩
寒椿日はかんかんと鳴つてをり 小檜山繁子
寒椿月の照る夜は葉に隠る 貞
寒椿朝の乙女等かたまりて 沢木欣一
寒椿柄杓に氷すくひ捨つ 雑草 長谷川零餘子
寒椿母と降り立つ無人駅 皿井節子
寒椿活くるこの手に二十歳待つ 山岡 季郷
寒椿深く眠れば熱は去る 雅人
寒椿湯滝真滝の相しぶき 西本一都 景色
寒椿独りのかたへ澄みにけり 斎藤玄 狩眼
寒椿畳の艶の深まりし 山崎 篤
寒椿種火のやうに一花づつ 朝倉和江
寒椿竹の枝打つ音すなり 龍太
寒椿置きたる水の動きだす 夏井いつき
寒椿落ちしばかりの水揺るる 菅井たみよ
寒椿落ちたるほかに塵もなし 篠田浩一郎
寒椿落ちて崖うつ怒濤音 河本好恵
寒椿落ちて湖国の揺れにけり 鈴木鷹夫
寒椿落ちて火の線残りけり 加藤楸邨
寒椿落ちねば心に落としみぬ 高澤良一 素抱
寒椿蕾は色を握りしめ 川島雨龍
寒椿見え隠れする特捜部 汎 馨子
寒椿視線はづしてわかれけり 谷口桂子
寒椿赤し一揆の血が流れ 関口ふさの
寒椿輪袈裟掛ければ一信徒 影島智子
寒椿遠村遠望確かむる 草田男
寒椿首を廻せばこの世の門 栗林千津
寺に生れて経をきらひぬ冬椿 阿部みどり女 笹鳴
屏こぼつ跡の寒さや冬椿 游刀
山の雨やみ冬椿濃かりけり 白葉女
山寺や縁の下より冬椿 五十嵐播水 播水句集
岩影に神饌の生簀や寒椿 西村旅翠
巨勢山の椿は知らず寒椿 熊谷恵子
幼な子の死目にひらく寒椿 宇多喜代子
庫裡開いて無住にあらず冬椿 蕪城
恋すてふ落暉追ひ落つ寒椿 渡辺恭子
我が誕生日祝ぐ色揃へ寒椿 五十嵐播水
折り取つて日向に赤し寒椿 渡辺水巴 白日
掛絵馬の風に鳴るなり寒椿 佐藤郁子
新建の紅めでたかり寒椿 石川桂郎 四温
日あたりや蜜柑の畑の冬椿 泉鏡花
日と月のごとく二輪の寒椿 鷹羽狩行
昭和余年平成後年寒椿 大井恒行
暖き日なり折られて寒椿 河野静雲
暗がりの葉を揺らぎ出て寒椿 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
月日経し師弟の礼や冬椿 小林康治 『華髪』
朝の日に金を抱ける寒椿 宗像夕野火
朝の空気静かに流れ寒椿 桂信子 黄 瀬
木歩の碑血の色に咲く寒椿 毛塚静枝
杉谷に紅ィゆゑや冬椿 尾崎迷堂 孤輪
柩へ父のめりて投ず寒椿 関戸靖子
楮蒸す湯気の向ふの冬椿 池田和子
水瓶や場(には)かたまらぬ冬椿 酒堂 俳諧撰集「藤の実」
汐入りの池あたたかし寒椿 中村汀女
汲みたての水揺れてゐる寒椿 桂信子
波郷夫人の短き髪や寒椿 細川加賀
波除にのみ波見ゆる冬椿 大西桑風
海に降る砂思うべし寒椿 永末恵子
海の日に少し焦げたる冬椿 高浜虚子
海女解けば丈なす髪や冬椿 松下匠村
海近き道の起伏や寒椿 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
火とぼして幾日になりぬ冬椿 一笑
火のけなき家つんとして冬椿 一茶
火はわが胸中にあり寒椿 角川春樹(1942-)
父も夫も師もあらぬ世の寒椿 桂信子 花寂び 以後
物乞の手触れてゆきし寒椿 一雄
琴爪の白きがさみし冬椿 長谷川かな女 花寂び
生きることは一と筋がよし寒椿 平之助
畑にも雑魚干場にも冬椿 深見けん二
畳替へて家の古さや寒椿 白水郎句集 大場白水郎
病む妻に花落すなよ寒椿 今泉貞鳳
痛み分けてふ語がふっと寒椿 高澤良一 宿好
白と云ふ艶なる色や寒椿 浩山人
真似ごとがまことを凌ぐ寒椿 宇多喜代子 象
眼底に冬椿燃え傷疼く 柴田白葉女 遠い橋
石壇や一汗かきて冬椿 露川 俳諧撰集「藤の実」
神のものみな美しや冬椿 谷崎 和布刈男
穴という穴を塞げり寒椿 斎藤愼爾 冬の智慧 以後
竹藪に散りて仕舞ひぬ冬椿 普羅
自動扉のとづるに庇ひ冬椿 宮武寒々 朱卓
舁き下す柩や落つる寒椿 寺田寅彦
花咲いておのれをてらす寒椿 飯田龍太
落かゝる日脚ももろし冬椿 五柳
落ちたるは徒に拾ひて寒椿 斎藤玄 雁道
葉籠りの花の小さきは冬椿 清崎敏郎
薄き日の濃くなる道や冬椿 増田龍雨 龍雨句集
藪の中寒椿さき目白なき 田中冬二 俳句拾遺
藪鼻の風の光刃寒椿 百合山羽公 寒雁
虚の壁のやぶれ真赤に寒椿 和田悟朗 法隆寺伝承
裾捌軽き歩みや冬椿 御林めぐみ
見るといふつつむ心に寒椿 大岳水一路
視られつつ坐す室の隅冬椿 柴田白葉女 遠い橋
親王は生きて居給ヘリ冬椿 長谷川かな女 雨 月
観音は素足に在わす寒椿 神谷美和
記憶からこぼれつづける寒椿 大西泰世
赤もまた冷たき色よ冬椿 久屋三秋
赤もまた孤独なりけり寒椿 和田律子
蹲に落ちて紅張る寒椿 影島智子
辞世の句とはかくかくや冬椿 威瀬正俊
近付けば蕾勝りて冬椿 稲畑廣太郎
陵の火気を断ちたる寒椿 後長耕浦
雪の辺に白惜しまずよ冬椿 齋藤玄 『玄』
雪女郎に恋はありけり寒椿 中勘助
雪晴れて大破の屋根や寒椿 西島麦南 人音
雲影の洋おしうつる冬椿 太田鴻村 穂国
霧はやき荒海の日に冬椿 石原舟月 山鵲
頑の一重清しき寒椿 徳田千鶴子
飲食に倦むときのあり寒椿 森澄雄
鵜の墓の昏きに一樹寒椿 松井慶太郎
鵜の濡羽照りて過ぎけり冬椿 桂樟蹊子
鶴とほく翔けて返らず冬椿 水原秋櫻子
齢にも艶といふもの寒椿 比奈夫



以上
by 575fudemakase | 2014-01-24 07:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/21909493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング