例句を挙げる。

「ほう」の外梟を呼ぶ声知らず 加藤楸邨
あだし野や松ふく風もゆく鳥も 稲垣きくの 黄 瀬
あはれ夷振り髯の八十神八十梟帥 高柳重信
ある夜来て梟啼きぬ幟竿 正岡子規
うぶすなへ桜芽をふく真中を 阿部みどり女 笹鳴
くらしにこまる人が笛ふく梅雨の日ごと 細谷源二 砂金帯
こし強き蕎麦打てば鳴く梟か 岡部名保子
ことしまた梟啼きぬわたくしの生まれるまへの若葉の闇に 前登志夫
これ着ると梟が啼くめくら縞 飯島晴子(1921-2000)
さすが鶯梟などは飛び込まず 正岡子規
さびしさの絶対量を問ふふくろふ 夏井いつき
とまり木の梟二つ寄り合はず 森田峠 逆瀬川以後
とんでもなき縞梟の胸の内 高澤良一 随笑
ぬくきもの食べ春待ちの梟鳴く 村越化石 山國抄
はきだめの榎芽をふく日和哉 正岡子規
はつ空や烟草ふく輪の中の比叡 言水
はな紙に足ふく人やかきつばた 暁台
ふくろふが啼く胞衣塚を過ぎたれば 黒田杏子
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤秋邨 怒濤
ふくろふに聞け快楽のことならば 夏井いつき
ふくろふのはばたく闇をいまも持つ 小浜杜子男
ふくろふの口ごもり鳴ける良夜かな 水原秋桜子
ふくろふの嘴垂直の寝りぐせ 武藤ともお
ふくろふの声の大きく夫の留守 矢口由起枝
ふくろふの声ふところに孤独かな 高屋窓秋
ふくろふの孵りしことを小声にて 小澤實
ふくろふの振るつたことをいふごとし 高澤良一 さざなみやっこ
ふくろふの日永に耐へる瞼かな 和田知子
ふくろふの森をかへたる気配かな 西山小鼓子
ふくろふの滝のこだまに出て怒る 松村蒼石 雪
ふくろふの目蓋開けて吾を見る 高澤良一 さざなみやっこ
ふくろふの眉たれ蟻のいでにける 永田耕衣 傲霜
ふくろふの眼ひらく音や雪の檻 山田みづえ 忘
ふくろふはふくろふでわたしはわたしでねむれない 種田山頭火(1882-1940)
ふくろふは貞操帯を知つてゐる 中烏健二
ふくろふは鳴かでもあれや梅雨夕べ 五十崎古郷句集
ふくろふも聞耳頭巾欲る夜かな 白岩 三郎
ふくろふや並みてかがやく洋酒壜 朝倉和江
ふくろふや織子のひとり島育ち 橋本榮治 越在
ふくろふを見においでよとこどもかな 佐々木六戈 百韻反故 初學
ふく汁や恐れをなして喉の関 言水
ふく~にふくれて母の布団かな 野村喜舟 小石川
ほうほうと梟の夜の磨崖佛 嶋田 つる女
わが眼いつぱいに梟の目玉かな 佐野涼
をし啼くや一節切ふく痩をとこ 白雄
オレンジの汁ほとばしり梟鳴く 鈴木有紗
ホーと呼べばふうと応へて小夜梟 寺田寅彦
一つ火を待つ梟と息合はせ 北村仁子
一灯があれば梟よりゆたか 清水径子
二方に梟の啼く月なり 北原白秋
人が人焼くや梟の淋しさで 齋藤愼爾
伸びちぢみするは<時間>の相にて島梟は樹の上に鳴く 岡部桂一郎
元朝の梟鳴くなり瑞泉寺 皆川白陀
八咫鏡梟に皺ありにけり 各務耐子
剥製と見しふくろふが啼きにけり 市場基巳
北風ふく夜ラジオは遺児に唄はする 岸風三楼 往来
南風ふく波止場に雲のたゞよへり 上村占魚 鮎
口拭ふ梟の羹旨かつし 松瀬青々
古椀うかむ池ふく風や萩のつゆ 飯田蛇笏 山廬集
地の音を聴くふくろふに遠き雷 久保田月鈴子
塩田の頃の大釜菜飯ふく 高瀬 初乗
壕ねぶたしほつほと修羅になく梟 中勘助
声かけて縞梟にそむかるる 関口加代子
夕焼の中に危ふく人の立つ 爽波
夜さくらに梟を追ふ礫かな 是宕
夜といふ名の梟と旅に出る 高山雍子
夜は梟必ずや鳴く山ざくら 西村公鳳
大きな眼二つ画けば梟哉 青木月斗
大接心梟ももの思へとや 橋本榮治 麦生
大日如来胎に梟鳴かせをり 熊谷愛子
大風呂の貝ふく迄や大根引 几董
委細面談梟の待つ夜かな 森田緑郎
姥巫女が梟抱いて通りけり 泉鏡花
子の節に戻れば月に鳴く梟 太田鴻村 穂国
山の宿梟啼いてめし遅し 高濱虚子
山番の戸の籠に飼ふ梟かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
己を視むと梟の顔廻す 大島雄作
待宵や梟老いて飼はれたる 山岸治子
後生楽な縞ふくろふの貌のぞく 高澤良一 さざなみやっこ
我に棲む梟やときに啼く昼も 河原枇杷男 定本烏宙論
文鎮の梟の貌夜も更けた 高澤良一 随笑
新涼や円く黄色の梟の眼 阿部みどり女
旅おえてまた梟に近く寝る 宇多喜代子 象
日脚伸ぶ卓に就職情報誌 山本ふく子
明け近き梟の聲や散る櫻 内田百間
昼深し身に飼ふ梟の又啼くも 河原枇杷男
暗算の少年に棲んでいる梟 本田博子
月山のふところ深き梟か 山田みづえ
月見草梟の森すぐそこに 川端茅舎
木の股に据れる月や梟鳴く 西山泊雲 泊雲句集
杜かへて鳴く梟や午まつり 藤原如水
梟があげて満月二つあり 和知喜八 同齢
梟がふはりと闇を動かしぬ 米澤吾亦紅
梟がほうと苗代寒の宵 野田歌生
梟が啼いて安心母にあり 山尾玉藻
梟が啼きゐて桜月夜かな 草間時彦 櫻山
梟が啼く胞衣塚を過ぎたれば 黒田杏子
梟が来ては古戸に目をつける 廣江八重櫻
梟が笑ふ目つきや辻角力 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
梟が鳴けりこの世に疎外感 奥坂まや
梟されてもの憂きは断頭以後の長き耳鳴り 高柳重信
梟といへば不思議なことばかり 安田鈴彦
梟となり天の川渡りけり 加藤楸邨
梟と名告り素通りする巷 沼尻巳津子
梟にあはぬ目鏡や朧月 榎本其角
梟にかかはる秘密大事にす 鈴木節子
梟にはぐらかされて帰るのみ 高澤良一 随笑
梟に人事不省の響きあり 櫂未知子 蒙古斑
梟に似て黙す一家晝を在り 安斎櫻[カイ]子
梟に向き合へば雪降りけり 細田恵子
梟に夢を託して眠る森 村越化石
梟に待たれて月の濃くなりぬ 渡邊千枝子
梟に旅人といふ名をもらひ 上田日差子
梟に月くもり出づ奥椎葉 羽田岳水
梟に森夜ぶかくも来りつれ 竹下しづの女 [はやて]
梟に水のはげしき山の闇 鷲谷七菜子 花寂び
梟に熟睡のときのついに来ず 宇多喜代子
梟に白装束の夜の富士 有働亨
梟に見えしかわれに見えぬ死後 三田きえ子
梟に近くねむりし吉野かな 後長耕浦
梟に雪山星を加へけり 山下竹揺
梟のあはれは薄目うすなさけ 稲垣きくの 牡 丹
梟のころがせる月みづうみへ 熊谷愛子
梟のこゑ裏返る余寒かな 吉田紫乃
梟のごとく夜の雪見つめをり 三森鉄治
梟のしばらくは闇それからも闇 あざ蓉子
梟のしらみおとすな花の陰 立花北枝
梟のつらも仏のわかれかな 加舎白雄
梟のねむたき貌の吹かれける 軽部烏頭子
梟のひと声のみの古墳山 岩井治子
梟のふはりと来たり樅の月 松永鬼子坊
梟のふはりと殺気流れけり 佐々木草馬
梟のまどろむる貌昼に見し 伊藤敬子
梟のまばたきひとつ貰ひしよ 中尾寿美子
梟のむく~氷る支度哉 一茶
梟のもしやの聲を山深く 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
梟のやをら目を開く一の星 北川英子
梟の中身たましひぎつしりと 小嶋萬棒
梟の半眼ひとのけうときか 稲垣きくの 牡 丹
梟の口を開きて声もなく 岸本尚毅 舜
梟の啼いてしまへば風の音 小出秋光
梟の声まねびつつ寝に起ちぬ 福田蓼汀 山火
梟の夜も寐るらん秋の雨 古白遺稿 藤野古白
梟の夢にも船の大鏡 夏石番矢 神々のフーガ
梟の子が瞬きをくり返す 卯之木智子
梟の子を拾ひきし夫婦かな 黒田杏子 一木一草
梟の座うつりせしと大月夜 阿波野青畝
梟の愕く舌を見てしまふ 小田島亮悦
梟の憤りし貌ぞ観られゐる 加藤楸邨
梟の憤りし貌の観られたる 加藤楸邨
梟の月夜や甕の中までも 大峯あきら 鳥道
梟の木になりきつて童話村 柴田朱美
梟の来ぬ夜も長し猿の声 立花北枝
梟の次のまばたきまで待つか 糸大八
梟の次の声待ち書を膝に 千代田葛彦 旅人木
梟の正しくこちを向きにけり 如月真菜
梟の父よと呼びし一度かな 永田耕一郎
梟の目(ま)じろぎ出でぬ年木樵 芝不器男
梟の目じろぎいでぬ年木樵 芝不器男
梟の目に射られたる除夜詣 大森三保子
梟の目玉見に行く星の中 矢島渚男
梟の真に受けし貌そこにあり 高澤良一 宿好
梟の眼うごく時計の夜長かな 龍岡晋
梟の眼が熱を帯びてゐる 夏井いつき
梟の眼に冬の日午なり 子規句集 虚子・碧梧桐選
梟の空でわらふや鉢叩 妻木 松瀬青々
梟の笑顔めくなり涅槃西風 杉本雷造
梟の笛吹いて梟より淋し 矢島渚男 船のやうに
梟の置物模糊と昼寝覚 高澤良一 寒暑
梟の聲にみだれし螢かな 泉鏡花
梟の見えぬ目欲しや疎む日は 稲垣きくの 牡 丹
梟の視界は深紅かもしれぬ 杉良介
梟の谺のこもる月の杜 つじ加代子
梟の貌立て直す真暗がり 高澤良一 ぱらりとせ
梟の金色の目は雪呼ぶ目 清水緑子
梟の闇に乳の香はげしかり 森ちづる
梟の闇を点せり嵯峨豆腐 西村公鳳
梟の預かっている夜の番地 乾鉄片子
梟の顔あげてゐる夕かな 三橋敏雄 まぼろしの鱶
梟の顔の回転また回転 森田峠
梟の魔法仕掛けのこゑ出せり 高澤良一 ぱらりとせ
梟の鳴く奥能登のまくらがり 羽田 岳水
梟の鳴く月夜かな闇夜かな 青木重行
梟はぜんまいじかけかもしれず 平子 公一
梟はセロのどの弦弾けば鳴く 川代くにを
梟は子供らが寝てしまつて啼く 加倉井秋を 『胡桃』
梟は山の深息子をあやす 矢島渚男 采薇
梟は聞いてる星の爆ぜる音 齋藤愼爾
梟も大僧正も居るには居る 林朋子
梟も死なねば凍ぬ梢かな 加舎白雄
梟も面癖直せ春の雨 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
梟やけはひは風の冥かりき 小池文子 巴里蕭条
梟やたけき皇后の夜半の御所 竹下しづの女 [はやて]
梟やときにみづうみうしほの香 中田剛 珠樹
梟やわが享年を推しはかる 宇多喜代子 象
梟やハリハリ漬を噛み居れば 皆川白陀
梟や住めば都と譬ふれど 石昌子
梟や出てはもどれぬ夢の村 上田五千石 琥珀
梟や口真似すれば杜の中 寺田寅彦
梟や唾のみくだす童の目 加藤楸邨
梟や坊主頭に変身す 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
梟や夢の奈落に落ちしこと 齋藤愼爾
梟や大鋸屑に炎のとりつきて 中田剛 珠樹以後
梟や干菜で足蒸す夜頃なり 富田木歩
梟や干葉で足蒸す夜頃なり 木歩句集 富田木歩
梟や底光りせる皿秤 中田剛 珠樹以後
梟や愛を語るにこともなげ 二村典子
梟や我が書の傷みともおもひ 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
梟や振り子時計の少なくなり 皆吉司
梟や昔むかしの星隕ちて 齋藤愼爾
梟や昼とは別のひとつの世 山崎あきら
梟や時の向かうに影の国 齋藤愼爾
梟や机の下も風棲める 木下夕爾(1914-65)
梟や松の瘤には昼居ける 尾崎迷堂 孤輪
梟や柱に古ぶ火伏札 高橋悦男
梟や桐畑中の家低き 金尾梅の門 古志の歌
梟や森の寝息の漏るるごと 無田真理子
梟や樹々月光を奪ひ合ひ 田中ひなげし
梟や火箸を深く灰に挿し 江頭信子
梟や燠にちらりと炎立ち 鷲谷七菜子
梟や産後の膳を燈のもとに 中山純子 沙羅
梟や白湯一杯を寝る前に 木倉フミヱ
梟や石の鳥居に月照れば 野村喜舟 小石川
梟や竹の木偶泣く裏に啼く 吉田紫乃
梟や米櫃に母米満たす 榎本好宏
梟や聞耳立つる三千騎 正岡子規
梟や肩さむしとて寝がえるに 古沢太穂 古沢太穂句集
梟や記紀の山々とはの闇 齋藤愼爾
梟や闇のはじめは白に似て 齋藤愼爾
梟よ尾花の谷の月明に鳴きし昔を皆とりかへせ 与謝野晶子
梟よ蚊屋なき家と沙汰するな 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
梟をなぶるや寺の昼狐 正岡子規
梟をみにゆき一人帰り来ず 宇多喜代子
梟を師とせるおもひなくもがな 高澤良一 随笑
梟を見にゆき一人帰り来ず 宇多喜代子
梟を飼ふ高層を生きるため 櫂未知子 貴族
梟啼くあべこべの世が近づくぞ 原徹
梟声やこなしの花もたそがれて 相馬遷子
梟好きピカソの遊びごころの壺 高澤良一 随笑
梟時計鳴くこと忘れ星月夜 室生幸太郎
梟淋し人の如くに瞑る時 原石鼎
梟笛吹かうよ深みゆく秋を 川井玉枝
梟飼ふをどり子の寝に冬の星 宮武寒々 朱卓
梟首なり西瓜提灯日数経て 坂井建
梟首を見たる絵本や秋暑し 野村喜舟
梟鳴き夜目に大きくなりし杜 長谷川かな女 花 季
梟鳴く夜や炉火細く夫を待つ 原山 はね子
梟鳴く暗い量感窯場の火 三谷昭 獣身
梟鳴て明星森にかくれけり 寺田寅彦
森林鉄道ふくろふの木を通過せり 蓬田節子
横たはる脳死のわれか梟か 芳田照代
止まらぬ月ぞ梟ほうと言ふ(高山泊り) 殿村菟絲子 『菟絲』
泥炭地晝も夜も来る飢え梟 細谷源二
泪眼をほそめて花の梟かな 飯田蛇笏 雪峡
海を知る梟またも眼をつむる 二村典子
海女部落遠かりしとや汗をふく 高木晴子 花 季
涸磧梟師は長影をひき 宇多喜代子
灰かぐらそれからおもむろに梟 千代田葛彦 旅人木
煤おとし夜は梟の顔なりや 村越化石 山國抄
熔岩山に梟鳴ける良夜哉 篠原鳳作
物体として梟の昼の顔 田波富布
玄関の梟の額にまづ年賀 加藤楸邨
病棟の十時は深夜梟鳴く 磯村翠風
目つむりて梟に顔なくなりし 山田閏子
目覚めいて師の梟の鳴くを待つ 和知喜八
真夜中に梟鳴きぬ梅雨の入 原石鼎 花影以後
石に置く灯や梟啼く音羽山 宮武寒々 朱卓
稲妻や梟の臥ところまで 李遊
稲淵の梟よ日の柞(ははそ)山 藤田あけ烏 赤松
穂麦の上行く「一梟首」速度狂 香西照雄 対話
紙衣着て梟の貌となりきりぬ 加藤楸邨
紫蘇の葉や裏ふく風の朝夕べ 飯田蛇笏 山廬集
絵蝋燭梟がまた買いにくる 澤木美子
縞ふくろふかすかにゆれてゐる如し 飯島晴子
老梟となりゆくもよし波枕 佐藤鬼房
老眼と言い梟の前にいる 澁谷道
耳に入れて来た梟の声を出す 大木石子
背後懼れざる炎日の梟の目 千代田葛彦 旅人木
胸に夜々梟が棲み呆と鳴く 三谷昭 獣身
草笛をふく川幅の老詩人 橋石 和栲
蔵座敷梟に灯を洩らすまじ 櫛原希伊子
血を盗つてたつぷり盗つて梟来 筑紫磐井 花鳥諷詠
行く年や梟に似たるたいこもち 白水郎句集 大場白水郎
襟立てて梟の領域を通る 宇多喜代子 象
谷に鳴く梟の上の夜道かな 尾崎迷堂 孤輪
辻堂に梟立ち込む月夜かな 内藤丈草
遠く梟残業の火は窓に充ち 田川飛旅子 花文字
鉄皿に葉巻のけむり梟の夜 飯田蛇笏
雪降り来るか梟の目瞑れば 橋本榮治 逆旅
頭の中に梟のゐて点滴中 赤尾恵以
顔も目もすべて梟まろまろと 森田峠
顔剃らせゐて梟のことおもふ 橋 石
顔立てて梟勿体ぶった様 高澤良一 随笑
飢はるか白ふくろふの夢の中 柚木紀子
飼はれたる梟にまた冬の夜 門奈明子
駈けて痴れて梟の眼となる魔女 河野多希女 納め髪
鴨待てば梟の鳴きはじめたる 森田峠 避暑散歩
麦の穂に新月の梟鳴くきこゆ 冬の土宮林菫哉
黒谷の夜を鳴き交はす梟かな 五十嵐播水 播水句集
鼬罠かけて梟に啼かれけり 鈴木薊子


以上
by 575fudemakase | 2014-02-16 10:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22073988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング