春めく

春めく

例句を挙げる。

いちまいの切符からとは春めく語 後藤比奈夫 花匂ひ
えいほうと松も春めく東海道 高澤良一 ぱらりとせ
さざなみの春めく田川貨車長し 伊藤敬子
さざ波の見えて林の春うごく 鷲谷七菜子 黄炎
まじりするおはじき下手で春めく夜 長谷川かな女 牡 丹
まながひに雲ぞ春めく吸入器 吉岡禅寺洞
むしろ夜半の月のいろなり春めくは 及川 貞
ゆらゆらと水底の春動きだす 戸田明子
オリオン座ひくゝ生れぬ春めくや 及川貞 榧の實
クロッカス一輪春めく日も一輪 高澤良一 素抱
一寸だけ春めく山の花きぶし 高澤良一 寒暑
一病者春めく雲とただよへり 角川源義 『西行の日』
三日に一度春うごくいろありにけり 川戸飛鴻
午後からの春めく山の匂ひかな 田口冬生
含羞いま春めく丘に誰かゐる 河野多希女 両手は湖
土の香の濡れて春めく庭なりし 稲畑汀子
土踏めば柔かき思ひ春めく日 青峰集 島田青峰
地球儀の深海に春きざすなり 掛井広通
大杉の下の小杉の春めく日 飯田龍太 山の木
安田講堂春めく月を上げにけり 橋本榮治 逆旅
實朝忌春動かなとしてためらふ 松本たかし
巡邏船春めく水に漕げりけり 道芝 久保田万太郎
手を洗ひをへて思ひぬ春めくと 黄枝
手品にも芸風ひらひら春めく指 高澤良一 素抱
手術の灯春めく色と思ひ浴ぶ 牧野春駒
春きざす海より揚げし紅き魚(相州城ヶ島安房崎) 上村占魚 『自門』
春めくといふものに闇ありにけり 茨木和生 丹生
春めくといふ言の葉をくりかへし 阿部みどり女 月下美人
春めくといへば暮色も春めきて 相生垣瓜人 微茫集
春めくとますほの貝のこと起草 大橋敦子 匂 玉
春めくと人は堤の上を行く 椎橋清翠
春めくと家路半ばにして思ふ 高澤良一 宿好
春めくと指をよごしぬ土塊に 吉武月二郎句集
春めくと探りを入るゝごとき日差し 高澤良一 宿好
春めくと枯木の枝の日の微塵 長谷川素逝 暦日
春めくと梯子の上で父が言ふ 菖蒲あや 路 地
春めくと片目つぶりに剥製師 佐藤鬼房 「何處へ」以降
春めくと礼状の文字軽きかな 高沼 稲穂
春めくと見し野の果の一つ星 山本歩禅
春めくと覚えつゝ読み耽るかな 星野立子
春めくと言ひたるのちの風の音 那須 乙郎
春めくと障子をしめて机にもどる 長谷川素逝 暦日
春めくと雲に舞ふ陽に旅つげり 飯田龍太
春めくは美しき人でありにけり 青峰集 島田青峰
春めくやじぶじぶ煮立つかるめ焼 彦根伊波穂
春めくやどの家も灯を消さずある 瀧春一 菜園
春めくやまんばうの絵の防波堤 高澤良一 寒暑
春めくやもののはづみの指の創 遠藤 はつ
春めくや人さまざまの伊勢参り 荷兮
春めくや人に仕へし述懐も 永井龍男
春めくや人の噂を尼もする 小林 千代子
春めくや先づ研ぎに出す花鋏 古賀まり子
春めくや大きかりける伊豆の星 山本歩禅
春めくや女は女返へり見る 椎橋清翠
春めくや宵の一ト雨尻切れに 小杉余子 余子句選
春めくや抱く子の素足やはらかき 及川貞 夕焼
春めくや畑に立ちたる島の人 大串章
春めくや百済観音すくと立ち 和田悟朗 法隆寺伝承
春めくや真夜ふりいでし雨ながら 軽部烏頭子
春めくや童画の太陽いびつに大 大橋敦子
春めくや築地は海の朧より 白水郎句集 大場白水郎
春めくや繭のごとくに朝月は つじ加代子
春めくや花絵揃へし食器棚 芝山喜久子
春めくや藪ありて雪ありて雪 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
春めくや襟巻もせぬ小買物 高濱年尾 年尾句集
春めくや西日に小鳥ちら~す 原石鼎 花影以後
春めくや赤らひく日の西の島 上村占魚 鮎
春めくや銀ほどきたる猫柳 銀漢 吉岡禅寺洞
春めくや風に倦みたるかかり凧 滝澤 清
春めくや鳩も夜ふかしして駅に 半澤 正子
春めくや鸚鵡のこゑとひとのこゑ 細川加賀
春めくを冬田のために惜しむなり 相生垣瓜人 微茫集
春めくを語り見舞に居すごしぬ 荒井正隆
春めく夜の西瓜のたねたべてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
春めく夜高声のひとを湯にのこす 村越化石
春めく灯あすの人参けふ洗はれ 草田男
春兆すものあはあはと時雨れをり 鈴木しげを
春兆す億年という水の音 沢野弘
春動く低きに流れ信濃川 森澄雄
春動く地の方寸に彳つるとき 石田雄貴
春動く雀環に飛び地に恋猫 石塚友二 光塵
春動く魔性離れし崖氷柱 松本進
昼休みの職工出てゐて春めく水の辺 人間を彫る 大橋裸木
柳ありて春めく早し水辺宿 青峰集 島田青峰
毬つく子二人泉に春兆す 町田しげき
水の影春めく障子あけにけり 野村泊月
水晶の大塊に春きざすなり 小澤實(1956-)
水音のつれづれに春うごきけり 東條陽之助
浮雲といふは春めくさまのもの 中村芳子
熊笹に春めく艶のありにけり 今泉貞鳳
熟睡子へ春めく夜半の遠汽笛 猿橋統流子
熱あるはやや春めくに似たりけり 相生垣瓜人
片手ぶくろ失ひしより春めくや 及川貞 榧の實
犬の失踪以後や春めく月そだつ 下村槐太 天涯
米磨ぐ音の春めく日ざし慕ひ寝る 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
絵暦の満洲の春めくりみる 大場白水郎 散木集
美しき奈良の菓子より春兆す 殿村菟絲子 『菟絲』
草よりも影に春めく色を見し 高木晴子
裁鋏春めく布地やはらかし 岡田晏司子
補聴器にはづむ波音春きざす 島村野青
訪ね見ん春めく野路をかくい行き 高木晴子 晴居
赤坂の春めく宵の待合せ 星野椿
遠雷ののちの夜風の春めく日 飯田龍太
醪泡つぶやく土間の春めくも 吉田 彌生
阿蘇煙る雲の衣裳の春きざし 石原八束 空の渚
雨だれのるんるんるんと春兆す いのうえかつこ
雪国にぽたぽたの星春動く 澄雄
雪車(そり)立てて少し春めく垣根かな 一茶
風さへも春めくものとなりにけり 稲畑汀子
魁けて春めくよ槻が触るゝ星 及川貞
魚鱗一閃水中に春動く 高崎武義
鮒売や春めく笊を打重ね 野村喜舟 小石川
くらがりに尾のごときもの春めきぬ 金田咲子 全身 以後
ビル街の日替りランチ春めきぬ 伊東 白楊
会心の景色なりしが春めきぬ 相生垣瓜人 微茫集
大枝を卸すといふは春めきて 後藤夜半 底紅
大枯木雲の春めきゆるしけり 久保田万太郎 流寓抄以後
子の髪に櫛入るゝ我れ春めきぬ 渡邊水巴 富士
小野の鳶雲に上りて春めきぬ 飯田蛇笏 霊芝
山々ややっと春めき直暮る 小林一茶
山一つ二つ俄に春めきし 宇佐美魚目
日もめっきり春めき並木の木偶ノ坊 高澤良一 素抱
春めきしことにも焚火して遊ぶ 後藤夜半 底紅
春めきしそゞろ心や衣を裁つ くに女
春めきし人の往来を聞きて病む 高濱年尾 年尾句集
春めきし山河消え去る夕かげり 高浜虚子
春めきし心は外に向いてをり 小川竜雄
春めきし水を渡りて向島 高浜虚子
春めきし箒の先を土ころげ 星野立子
春めきし野山消え去る夕かげり 虚子
春めきし銀座の街の音の中 成瀬正とし 星月夜
春めきし雨に瀬ばしる磧 飯田蛇笏 雪峡
春めきし風と覚えつ急かずゆく 立子
春めきてものの果てなる空の色 飯田蛇笏(1885-1962)
春めきて人の心はうかぶうかぶ 木曾塚女-つや 俳諧撰集玉藻集
春めきて仄月宮は高浪に 飯田蛇笏 春蘭
春めきて写楽の描きし男かな 皆吉司
春めきて又曇る日を惜しみけり 月舟俳句集 原月舟
春めきて大芦刈のある日かな 銀漢 吉岡禅寺洞
春めきて昨日と同じ雨ならず 岩垣子鹿
春めきて水嵩ましぬ吉野川 一茶
春めきて濃くなるばかり嶺の雲 飯田蛇笏 椿花集
春めきて眼に直なるは麦の畝 飯田蛇笏 雪峡
春めきて雲にひかりのよみがへる 廣瀬直人
春めきて髪を短く切ることも 稲畑汀子
春めきぬ既にとろんとせる木あり 相生垣瓜人 明治草抄
春めきぬ雲間の津軽海峡も 八木林之介 青霞集
春めきのほの一とすぢを歯の痛む 細見綾子 花寂び
春めきやつけて身に添ふ割烹着 稲垣きくの 黄 瀬
春めくといへば暮色も春めきて 相生垣瓜人 微茫集
林中に小径幾筋春めきぬ 小川田鶴子
枯山の脊骨腰骨春めきぬ 林 翔
枯葎やうやく刈られ春めきし 龍胆 長谷川かな女
礼受けて春めき居るや草の庵 太祇
空も星もさみどり月夜春めきぬ 渡邊水巴
笹飴むく朱盆の上や春めきて 月舟俳句集 原月舟
結びたる雨の雫も春めきぬ 高橋 卯木
苗代の参差と山邊春めきぬ 露月句集 石井露月
遠浅の海と聞くさえ春めきて 高澤良一 素抱
雨粒の滂沱たる玻璃春めきぬ 山本歩禅


以上
by 575fudemakase | 2014-02-19 08:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22093050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング