鴛鴦

鴛鴦

例句を挙げる。

(苑)鴛鴦をそのまゝ春の鳥なりけり 尾崎迷堂 孤輪
あさあけや鴛鴦のみ渡り来し山湖 松村蒼石 雁
ありあれば鴛鴦の衾に恨かな 大塚羽山
うつりすぐ善女善男鴛鴦の水 飯田蛇笏 春蘭
うらゝかや巣箱に鴛鴦の孵すてふ 松根東洋城
おのが影乱さず浮いて鴛鴦の水 橙黄子
お水門鴛鴦居る今日も~かな 尾崎迷堂 孤輪
くらきより出て鴛鴦の胸すすむ 椎橋清翠
こがらしや日に日に鴛鴦の美しき 士朗
このごろは鴛鴦に恨もなかりけり 高浜虚子(絶恋)
さざなみの大摺鉢の鴛鴦の池 西田美智子
さゞなみの音たつらしも鴛鴦眠る 渡邊水巴 富士
しぐるゝや鴛鴦見えず鴨の見え 大場白水郎 散木集
よる鴛鴦にかげふかぶかと雨の傘 飯田蛇笏 山廬集
わが顔の鴛鴦の水輪と暮れのこる 鴻村
ホース出づる水に鴛鴦浮く若葉 佐野青陽人 天の川
一塵もなき禅林の鴛鴦の水 高澤良一 寒暑
一月の正しき日数鴛鴦の水 神尾久美子 桐の木
万丈の巌ぞこぞる鴛鴦の水 太田嗟
万葉の水押してゆく鴛鴦二つ 平川まゆみ
円光を著て鴛鴦の目をつむり 長谷川素逝 暦日
初伊勢の鴛鴦にあひをりしなり 岡井省二
動かざるときも並びて鴛鴦は 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
古里の水に鴛鴦見し昔かな 尾崎迷堂 孤輪
吟行の句帳の端に鴛鴦の数 遠藤甫人
嘴の雪打ち振り鴛鴦の又眠る 如洞
圓光を著て鴛鴦の目をつむり 長谷川素逝
夕焼沼黄金分割の鴛鴦の航 田仲了司
夜の鶴鴛鴦の中よりも哀なり 加舎白雄
天命は天にあづけて鴛鴦流る 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
子を率たる鴛鴦の汀に子を思ふ 成瀬桜桃子 風色
屏風岩高く翔れる鴛鴦もあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
山川をながるる鴛鴦に松すぎぬ 飯田蛇笏 春蘭
岩かげを流れ出て鴛鴦美しき 原石鼎
岩雫すれ~に鴛鴦の日向ぼこ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
年を経し鴛鴦の我が句を句集かな 尾崎迷堂 孤輪
彩となり五六羽ならず鴛鴦飛来 田畑美穂女
搦手の雲かがやかに鴛鴦翔る 木村蕪城
新涼の水かきうすく鴛鴦流る 松村蒼石 露
日かげれば色無し鴛鴦の沈みけり 大橋櫻坡子 雨月
日ざしきて鴛鴦のさざ波彩繪なす 上村占魚 『天上の宴』
日なき障子に人現はれぬ池の鴛鴦 高濱年尾 年尾句集
日の中のひかりをひいて鴛鴦すすむ 長谷川素逝 暦日
早も小雪かゝりし水や鴛鴦の沓 原石鼎 花影以後
映るもの枯れ一色や鴛鴦の水 高澤良一 素抱
春雨の池に鴛鴦見る御陵かな 雑草 長谷川零餘子
暁の国鴛鴦の水輪は夜すがらか 龍男
暮れそめし鴛鴦の羽色や返り花 鷹女
暮雪やむ静けさ鴛鴦の羽づくろひ 内藤吐天
月あかり鴛鴦は色襲ねしや 大石悦子
月さして鴛鴦浮く池の水輪かな 飯田蛇笏
月の鴛鴦みじろぐさまの水輪かな 西島麦南 人音
朝の靄彩だたせ鴛鴦たむろせり(上州妙義湖二句) 上村占魚 『天上の宴』
木の枝に人語卑しむ鴛鴦ならむ 市村究一郎
木の洞に鴛鴦二つゐる日永かな 宇佐美魚目 天地存問
松の雪おちてうかめり鴛鴦のそば 橋本鶏二 年輪
枯芝に音立てゝ見よ鴛鴦の沓 龍胆 長谷川かな女
樹々たかく雪花こぼれ鴛鴦の水 石原舟月 山鵲
水づく枝を鴛鴦のすぎつつ底明り 飯田蛇笏 春蘭
水ひろき方へと鴛鴦の進みけり 鈴木花蓑句集
水底のあらはに鴛鴦の通りけり 石原八束
氷上に花園なして鴛鴦ねむる 星眠
池隈の鴛鴦の彩濃に時雨かな 松根東洋城
流觴の今ゆるやかな鴛鴦ならび 森田峠 逆瀬川
浮くぶ瀬に鴛鴦の衾も見えにけり 樋口得川
涅槃図に侍れるときも鴛鴦の沓 後藤夜半 底紅
渡りきし鴛鴦に瑠璃なす雪の淵 小田 司
牡丹雪浮寝醒めたる鴛鴦二つ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
白烏に極彩色の鴛鴦の沓 西本一都 景色
端居人見あげて鴛鴦の通りけり 吉武月二郎句集
絶壁の一点に鴛鴦とまりけり 阿波野青畝
翔ちつれて舞ひ戻るあり番ひ鴛鴦 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
胸丸く水輪の濃ゆく鴛鴦の夫 高木晴子 晴居
舳に遠く鴛鴦とべりいしがはら 飯田蛇笏 山廬集
花ぐもり鴛鴦の頭のひかるなり 下村槐太 天涯
蓮枯れ鴛鴦羽ふるへば日にひびく 宮武寒々 朱卓
薄絹に鴛鴦縫ふや春の風 正岡子規
足許に鴛鴦の眠れる目を賞で 後藤夜半
逆立ちをする鴛鴦見ゆる木の間かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
金閣の影を大事に鴛鴦遊ぶ 田畑美穂女
離鴛鴦流れてゆきぬ鴛鴦の間 矢島渚男
雨催よりそふ鴛鴦の深眠り 水野吐紫
雪の竹弓に撓むや鴛鴦の居る 松本翠濤
餌付師に白鳥応へ鴛鴦応ふ 西本一都 景色
鴛鴦(をし)鴨のつくべき水の見晴かな 林紅 俳諧撰集「有磯海」
鴛鴦あそぶ水玉水の上をまろび 長谷川素逝 暦日
鴛鴦あはれ南京豆を争へる 富安風生
鴛鴦うくや林間の瀬のあきらかに 飯田蛇笏
鴛鴦がゐて増水の梓川 高澤良一 素抱
鴛鴦こぞり起つ氷上の谺かな 臼田亜浪 旅人
鴛鴦と見えて二つや池の遠くより 高橋淡路女 梶の葉
鴛鴦にはるかなところが日向かな 加倉井秋を
鴛鴦に古木はげしく枯れにけり 石鼎
鴛鴦に月のひかりのかぶさり来 青畝
鴛鴦に神のみ池の波こまか 橋本鶏二 年輪
鴛鴦のいづれ思ひ羽思はれ羽 狩行
鴛鴦のかざしの花かかきつばた 松岡青蘿
鴛鴦のちぎりや沓の右ひだり 蓼太
鴛鴦のときに一羽となりたがる 片山由美子
鴛鴦のとび来て枝にとまりたる 京極杞陽 くくたち上巻
鴛鴦の並びて視線異なれり 丸山海道
鴛鴦の二つ並んで流るゝよ 別天楼
鴛鴦の向ひあふたり並んだり 子規句集 虚子・碧梧桐選
鴛鴦の壊しにかかる花筏 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
鴛鴦の妻おくるゝとなくしたがへる 池田苦茗
鴛鴦の妻より先に潜りけり 矢口由紀枝
鴛鴦の子の目覚めつぎつぎ水に入る 蒼石
鴛鴦の子も欲しうなき姿哉 小栗風葉
鴛鴦の寝に窗掛おもく垂れにけり 飯田蛇笏 雪峡
鴛鴦の寺に客あり春の雪 四明句集 中川四明
鴛鴦の影うつしけり秋の水 中勘助
鴛鴦の思ひ羽映す水の艶 能村研三 鷹の木 以後
鴛鴦の木にとまるてふことも見し 村上杏史
鴛鴦の来て箱根の宮はうす紅葉 大橋櫻坡子 雨月
鴛鴦の水かがやき鶴は凍てにけり 岸風三楼 往来
鴛鴦の水古鏡のごとく夕づきぬ 高橋淡路女 淡路女百句
鴛鴦の水尾すなほにのびて春隣 加藤 春彦
鴛鴦の水尾のよぎりし塔の影 藺草慶子
鴛鴦の水尾の二つ続きけり 原山 英士
鴛鴦の水尾引く湖の広さあり 稲畑汀子
鴛鴦の水尾華げり即位の日 小川一路
鴛鴦の水金砂銀砂をまぶすごと 高澤良一 素抱
鴛鴦の水鴛鴦をはなれて輝けり 永作火童
鴛鴦の池にも風雨ありぬべし 阿部みどり女
鴛鴦の沓波にかくるることもあり 山口青邨
鴛鴦の浮かべるまはり光あり 大橋 もと女
鴛鴦の深淵に得し妻なるか 草田男
鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ 子規句集 虚子・碧梧桐選
鴛鴦の胸分けの陽炎の水 瀧井孝作
鴛鴦の胸石暖き夕日かな 柑子句集 籾山柑子
鴛鴦の脊を水玉となり落ちにけり 不忘
鴛鴦の色して一掬の水さへも 古館曹人
鴛鴦の襖を隔て眠りけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
鴛鴦の遅々たる影や水の底 寺田寅彦
鴛鴦は分に過ぎたる晴着被て 高澤良一 随笑
鴛鴦は鳥なりやもめは人にこそ 佐藤紅緑
鴛鴦へ裾をゆつたり聖尼僧 下田稔
鴛鴦まがもよしがも群るゝ余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
鴛鴦も引く遥かへの水憶ふのみ 松村蒼石 春霰
鴛鴦も鴨もつがひつがひに春惜む 大場白水郎 散木集
鴛鴦や寒林の日の落椿 島村はじめ
鴛鴦や恋々として顔を寄せ 喜谷六花
鴛鴦や揃へたやうな二つがひ 森鴎外
鴛鴦や松ケ枝高く居静まり 川端茅舎
鴛鴦や殿中どなた美しき 野村喜舟 小石川
鴛鴦や眠りもぞする鴨の中 野村喜舟 小石川
鴛鴦や眠れる沼に居りしもの 尾崎迷堂 孤輪
鴛鴦や蓮華の相タあり~と 野村喜舟 小石川
鴛鴦や風を避けたる杭の間 柑子句集 籾山柑子
鴛鴦をつつみてひかりよごれなし 長谷川素逝 暦日
鴛鴦を手にとつてみし新らしさ 京極杞陽 くくたち上巻
鴛鴦を盗まれて閑居春寒き 四明句集 中川四明
鴛鴦を見る現心の端居かな 会津八一
鴛鴦を見る町の子等みな貧しく 富安風生
鴛鴦下りて枯れし両岸息を呑む 篠田悌二郎
鴛鴦二つ水は光を運びをり 山根和子
鴛鴦二つ波紋を曲げて進みけり 年尾
鴛鴦二匹波紋を曲げて進みけり 高濱年尾 年尾句集
鴛鴦啼や一節截吹やせ男 加舎白雄
鴛鴦帰り雲烟岳をのぼりつぐ 堀口星眠 営巣期
鴛鴦浮くや燈籠も松も何も冬 尾崎迷堂 孤輪
鴛鴦眠り山の眠りのつのるなり 松山足羽
鴛鴦眠る真綿の如き靄の中 和田祥子
鴛鴦睦む大き水輪をひろげひろげ 上野さち子
鴛鴦装う晴着は大正浪漫風 高澤良一 素抱
鴛鴦進むやしざるが如く筑波山 鈴木花蓑句集
鴛鴦飼うて朧に住むや草館 雑草 長谷川零餘子
鴛鴦鳴けり口まね出来ぬ声出して 右城暮石
鴨の池さりげなく鴛鴦をゆるす 松村蒼石 雪
麗しき夢見てをらむ残る鴛鴦 堀口星眠 営巣期
思羽いとしや老の書にはさむ 青邨


以上
by 575fudemakase | 2014-02-21 08:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22106160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング