行水

行水

例句を挙げる。

あつ過ぎる行水にさす夕日影 飯田蛇笏 山廬集
ある暗さ行水盥置くほどの 岡本眸
うなじへや行水の湯をかけはする 尾崎迷堂 孤輪
おしろいの花行水の盥かな 小杉余子 余子句選
こがらしや岩に裂行水の聲 蕪村 冬之部 ■ 大魯が兵庫の隱栖を、几董とゝもに訪ひて人々と海邊を吟行しけるに
ほの~と行水沸す夕煙 尾崎紅葉
ままははも老いて行水したまへり 草間時彦 櫻山
ゆふ顔や大工にわたす行水場 横井也有 蘿葉集
サボテンの花ばかり見て行水す 仙田洋子 雲は王冠
三日月さま行水させまする 牧山牧山人
中年の膩肥りや行水す 石塚友二 光塵
五位鳴いてそゞろ行水名残かな 河東碧梧桐
五月雨や朝行水のたばね髪 洛翠 俳諧撰集「藤の実」
初湯浴ぶからすの行水始めなり 高澤良一 随笑
十字架もぬぎて行水つかひけり 篠原鳳作
名月や煙はひ行水の上 服部嵐雪
垣穂刈りし月に行水名残かな 金尾梅の門 古志の歌
夏負けは五行水・火の乱れとや 筑紫磐井 野干
大ながしけふ行水や巴の筒う 才丸 選集「板東太郎」
妻の行水音ひそめをりかなしきや 小林康治 玄霜
嫁ぎし婢の来し夜月繊し行水す 宮武寒々 朱卓
宋玉も行水の子を見しやらん 松瀬青々
寺の裏にて行水す尼地蔵盆 長谷川かな女 花寂び
小夜更けし行水ふぐりことにかなし 小林康治 四季貧窮
暗き湖に何洗ふ音や行水す 西山泊雲 泊雲句集
更けて妻の行水の腰やはらかし 小林康治
来る水の行水洗ふすゞみ哉 服部嵐雪
枸杞の実や竹藪越しの大夕日 工藤行水
気持よや行水過ぎて雨を見る 虚子
灯台に灯が入り海女は行水に 田中田吉
爺が行水のあと婆が洗濯や 鵜沢四丁
癰(よう)病みし人も行水名残かな 河東碧梧桐
臍が冷たくなりぬ名残の行水か 臼田亜浪 旅人
苦も楽もあらず日日行水す 高橋淡路女 梶の葉
藪越や物語りつゝ行水す 竹冷句鈔 角田竹冷
蝉鳴くや行水時の豆腐売 子規句集 虚子・碧梧桐選
行水し居れば縁の下より初嵐 寺田寅彦
行水ときこゆ主ジや程もなく 尾崎迷堂 孤輪
行水に一桶水の清さかな 松根東洋城
行水に君子うすまる高ぐもリ 松澤昭 宅居
行水に咄すをきけば西鶴忌 松瀬青々
行水に天の夕焼したたれり 相馬遷子 雪嶺
行水に星生む麻の風湧けり 大竹孤悠
行水に発止と人のまなこかな 野見山朱鳥
行水に誘れがほの花藻哉 高井几董
行水に飛び込む隣の紙ヒコーキ 大木石子
行水に鬱憤晴らすひゞきあり 中川宋淵 命篇
行水のあとの大雨や花樗 飯田蛇笏 霊芝
行水のうつれる空に足ふみ入れ 上野泰 春潮
行水のさし湯に落ちし簪かな 比叡 野村泊月
行水のしたたか歌をうたひをり 龍男
行水のすみし児ぬれし額髪 高橋淡路女 梶の葉
行水のすめばまたとる袋蜘 銀漢 吉岡禅寺洞
行水の下焚き立つる蚊遣りかな 野明 俳諧撰集「有磯海」
行水の人髣髴と起ちにけり 草城
行水の児にかへり来る父坑夫 増田原子
行水の名残に更くる灯かな 佐々木綾華
行水の名残やなすび葉隠りに 石川桂郎 高蘆
行水の名残りの左右の膝を折る 皆吉爽雨
行水の名残りや月も七日過ぎ 大須賀乙字
行水の名残鳴きけり法師蝉 小沢碧童
行水の四股踏む裸和尚かな 河野静雲 閻魔
行水の声をあげたる何の虫ぞ 尾崎紅葉
行水の女にあばら骨弐本 猪原丸申
行水の女に惚れる鴉かな 高浜虚子
行水の女に灯す簾越し 日野草城
行水の妻に声かけ外出す 五十嵐播水 播水句集
行水の子の声備中国分寺 山本洋子
行水の子の尻蒼し合歓の花 宮坂静生 青胡桃
行水の子の首にあるクルスかな 夏井いつき
行水の子を垣間見て垣曲る 阿部みどり女 笹鳴
行水の心やすさよ山の月 酒葉月人
行水の捨て所なき虫の声 鬼 貫
行水の捨場蛙を殺したり 芥川龍之介
行水の曲突築いて居る裸かな 尾崎紅葉
行水の此桶明治の底抜けし 佐藤紅緑 紅緑句集
行水の湯の沸きすぎてしまひけり 久保田万太郎 草の丈
行水の盥に嬶が腹あます 巌谷小波
行水の盥に小さく坐りけり 富田潮児
行水の砂美しき盥かな 星野高士
行水の稍稍温かりし嚏かな 会津八一
行水の童を慕ひまぐれ犬 瀧春一 菜園
行水の簷に聳ゆれ伊吹山 村上霽月
行水の籬に掛かる女もの 玉置 仙蒋
行水の繭売りし夜のしづかさに 汀女
行水の老尼はなげく二日月 原石鼎
行水の老骨さらす蝉時雨 米澤吾亦紅
行水の膚に流るる緑かな 上野泰 春潮
行水の裸に麦の夕日影 飯田蛇笏 山廬集
行水の闇や柑子の花匂ふ 孤軒句集 三宅孤軒
行水の音暫し絶え暫し絶え 杉本零
行水も名残りの風や水の月 松村蒼石 寒鶯抄
行水も妻に寐すごす氷かた 野澤凡兆
行水も日まぜになりぬ虫の声 来山
行水も里はめぐるに網代守 成美
行水やかやつり草のやはらかき 小澤碧童 碧童句集
行水やことしは旅を思ひ止み 小杉余子 余子句選
行水やこわごわ脱ずす小褌 富田潮児
行水やさし湯の澄めるさみしさに 伊藤翠壷
行水やつく~法師痩法師 小澤碧童 碧童句集
行水やつまくれなゐの一ト並び 増田龍雨 龍雨句集
行水やひとのくらしの夕まぐれ 長谷川春草
行水や二人に還る老夫婦 岩木躑躅
行水や児がつかみをる瓜の蔓 桐明
行水や吹きこぼれくる李の葉 金尾梅の門 古志の歌
行水や呉山の下の裏借家 比叡 野村泊月
行水や夜髪結びて寝るばかり 山家和香女
行水や奥能登にして京言葉 松井恭子
行水や娑婆苦楽しむごとくなり 小林康治
行水や寺を預る気草臥 柑子句集 籾山柑子
行水や我立杣の苔の水 尾崎迷堂 孤輪
行水や戸の節穴も恥しく 野村喜舟 小石川
行水や戸板の上の涼しさに 素牛 俳諧撰集「藤の実」
行水や日帰りに峰詣して 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
行水や昔々の大盥 瀧 春一
行水や晒し場暮るる垣の隙 飯田蛇笏 山廬集
行水や暮れゆく松のふかみどり 金尾梅の門 古志の歌
行水や月に吹かるるあばら骨 臼田亜浪 旅人
行水や椎高々と古庵 東洋城千句
行水や水引の花蓼の花 田中冬二 麦ほこり
行水や沛然として夕立す 子規句集 虚子・碧梧桐選
行水や盥に遊ぶ児二人 子規句集 虚子・碧梧桐選
行水や盥の空の樅の闇 飯田蛇笏 山廬集
行水や盥も古りて身も老いて 小澤碧童 碧童句集
行水や縁踏み来る次ぎの人 尾崎迷堂 孤輪
行水や肌に粟立つ黍の風 杉田久女
行水や脱衣の上の老眼鏡 富田くにを
行水や船宿の夜を篝せり 乙字
行水や虹消え残る東山 露月句集 石井露月
行水や遠く過ぎたるはたゝ神 山口花笠
行水や雷雨を催さず 福田井村
行水や黍畑から裸にて 癖三酔句集 岡本癖三酔
行水や鼻さきの草匂ふてならぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
行水をかくし合ひけり家二軒 野村喜舟 小石川
行水をしてゐる我に誰か来し 石川梨代
行水をすれば祭の思ひあり 松瀬青々
行水を使ひますかと問はれたる 茨木和生 三輪崎
行水所コヒガンザクラ明りして 高澤良一 鳩信
隣人古めき声に行水す 宮武寒々 朱卓
雲水や庭行水に落ちかかる 上島鬼貫
静かなる音して妻の行水す 久保一秀
風呂桶の傍ら低う行水す 温亭句集 篠原温亭
麻痺の子の行水あはれ水多し 齋藤玄 『玄』

以上
by 575fudemakase | 2014-07-22 00:36 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22814043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

レコード の俳句
at 2018-01-18 06:51
燐寸 の俳句
at 2018-01-17 19:01
雪景色 の俳句
at 2018-01-17 19:00
煙草 の俳句
at 2018-01-17 18:58
櫂未知子句集「カムイ」を読んで
at 2018-01-15 13:41

外部リンク

記事ランキング