残暑

残暑

例句を挙げる。

いくさありて関所厳しき残暑哉 会津八一
いちにちの残暑を消してくれし雨 浅野右橘
いっぽんの木に群る秋暑の雀かな 高澤良一 寒暑
うら山のひたと動かず秋暑し 並松 玉哉
うれしとも思ふ残暑に有りけれど 松瀬青々
おいらん草こぼれ溜りし残暑かな 久女
おそく出て秋暑の月は椎がくれ 高橋馬相 秋山越
おどし面おどけとも見え秋暑し 川村紫陽
かけめぐる夢吾になし外の残暑 高浜年尾
かなしさや御籬木洩れの残暑光 石塚友二 方寸虚実
かねやすもビルとなりたる秋暑かな 鈴木しげを
かまきりの虚空をにらむ残暑かな 立花北枝
かまぼこをまたくさらせし残暑かな 久保田万太郎 流寓抄以後
きき酒の心もとなき残暑かな 井月の句集 井上井月
きささげの千筋に垂るる秋暑かな 籾山梓月
きのふより根津の祭の残暑かな 久保田万太郎 草の丈
きびしさの残暑といへど芙蓉かな 河野静雲 閻魔
くれなゐの残暑は背中より来ると 櫂未知子 蒙古斑
ことさらにことしの残暑手強(ごわ)かり 高澤良一 素抱
ごんずゐの木を行きすぎて秋暑かな 中谷五秋
さかゆきのにほへるほどの残暑かな 飯田蛇笏 山廬集
さやうならと口つぐまれし残暑かな 中島月笠 月笠句集
したたかに働く臓器秋暑し 柳田昭子
したゝかに閼伽たてまつる秋暑かな 西島麦南 人音
じっくりと骨の髄まで残暑光 高澤良一 寒暑
でうす隠れたまふ禅寺秋暑し 下村ひろし 西陲集
にんじんの花のこりゐて秋暑し 田中冬二 麦ほこり
のどを焼く酒や残暑の港街 有馬朗人 天為
ふるさとや残暑の朝の茶漬飯 村山古郷
べた足の家鴨出歩き秋暑し 辻田克巳
まなじりに残る暑さとなりにけり 橋本榮治 逆旅
ものわかりすぎて弱気の残暑なる 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
もらしたる残暑の大き吐息かな 大橋敦子 手 鞠
ゆかた着のたもとつれなき秋暑かな 飯田蛇笏 霊芝
よべの月よかりしけふの残暑かな 高浜虚子
わが師の喪妻もとるなり残暑に居 森川暁水 淀
わが病めば秋暑の母の耳遠し 相馬遷子 山河
ゐざりばた秋暑泣く子に立たれもせず 林翔 和紙
ダリ火傷せしを残暑に堪へてわれ 皆吉司
トンネルに入りて秋暑の肌冷やす 青木重行
ネクタイがベンチに一人づつ残暑 岩月星火
ピカソの絵ここぞ秋暑につきあたり 河合未光
ピザ食うて残暑なんぞにへこたれじ 高澤良一 素抱
ボトル・シップ出航は何時秋暑し 野原いくえ
ー服の緑茶に残暑おさへたり 星野立子
一と日ごと歳加ふ母秋暑し 大橋敦子 勾 玉以後
三寶寺池はまださき残暑かな 久保田万太郎 草の丈
下帯のあたりに残る暑さかな 李由 七 月 月別句集「韻塞」
事多き果てや残暑の蠅取紙 中山純子 沙 羅以後
五穀断つ意思の唇秋暑し 古橋成光
人の和の得たし得がたし秋暑し 及川貞 夕焼
人の死へ残暑の体重かけて出る 山口 伸
人の香のつよく秋暑の画展観る 石原舟月 山鵲
仏壇の秋暑の扉開けてあり 斉藤美規
代役の祝辞棒読み秋暑し 川村紫陽
元忌の咋日でありし残暑かな 深見けん二
兜虫残暑の熔岩を目に一ぱい 殿村莵絲子 牡 丹
其の上の生姜畑の芝秋暑 高澤良一 燕音
内助とは残暑涼しくましませる 相馬遷子 山河
刃物みな錆びて残暑の関所趾 島谷征良
切るだけで貼らぬ切抜き秋暑し 後藤雅夫
削り編む残暑殊にも筆疲れ 石塚友二 方寸虚実
前山に残暑色濃くのこりけり 高澤良一 素抱
北上の秋暑に乾く磧石 能村研三 鷹の木
千萬の鉾うち立てて残暑来し 上村占魚 『かのえさる』
厠なる念佛尊く秋暑し 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
口紅の玉虫いろに残暑かな 飯田蛇笏 霊芝
口開けて餌を乞ふ小鳥秋暑し 福本天心
古九谷の紫の濃き残暑かな 笠原古畦
句碑除幕秋暑の汗と人は見む 石川桂郎 高蘆
吊橋の揺れ身にのこる秋暑かな 黒田 房栄
吊革に手首まで入れ秋暑し 神蔵 器
吹出物の痛み出したる残暑哉 寺田寅彦
咲きのぼる秋暑の胡麻に烏蝶 麦南
咲くものは咲いてしまひし残暑かな 林原耒井 蜩
喉飴のくつつき合ひて秋暑し 中村和子
喪の家の秋暑ひそかに箒草 中村祐子
地をあるく飛蝗に秋暑極まれり 飯田蛇笏 椿花集
地下鉄の秋暑の果鋪に姪と逢ふ 宮武寒々 朱卓
基地残暑沖に固まる雲不安 田中鬼骨
塚原に蝋のにほへる秋暑かな 斎藤梅子
塩田てふ秋暑きもののへりの道 富安風生
塩田に残暑の影をはねつるべ 西村和子 かりそめならず
売れのこる残暑の店の団扇哉 会津八一
夕日さす漬物樽や秋暑し 内田百間
多羅の花ちりて秋暑の氷室径 石原舟月 山鵲
夜は夜とて市の賑ふ残暑かな 井月の句集 井上井月
夜も残暑海の風這ふ映写幕 河野南畦 『風の岬』
夜水汲む音にも残る暑さかな 佐野蓬宇
大壺を割つたるごとく残暑去る 和田耕三郎
大残暑ジャンボ機離陸を不思議とせず 北野民夫
大残暑点滴ぽとりぽとりかな 松田千佐代
大練塀どこまで続く秋暑し 森清千代
大阪の宿や秋暑の街の音 細川加賀 生身魂
大阪の水の上なる残暑かな 小川軽舟
天の原鶴去つて残暑すみにけり 渡辺水巴 白日
太注連の下に入りたる残暑かな 原裕 出雲
太陽はいつもまんまる秋暑し 三橋敏雄(1920-2002)
夫病むはこんな残暑の頃よりと 稲畑汀子 汀子第二句集
失ひし針おそろしき秋暑かな 鎌田容克
如何ともならぬ残暑をなげきけり 阿波野青畝
妙齢の秋暑をいとふ師弟愛 飯田蛇笏 椿花集
妻乗せて残暑の町を救急車 岩男微笑
子を置いてなりはひ妻の秋暑かな 吉武月二郎句集
子規庵の縁側ことに秋暑かな 上田日差子
学園を出でて巷の残暑かな 有泉七種
宗祇忌の浪速に残る暑さかな 橋本榮治 越在
家並すぐ尽きて漁港の残暑かな 長谷川エミ
家壊す音こだまして秋暑し 中村しげ子
寺町の土塀石垣残暑かな 小杉余子 余子句選
寺町の端のしぶとき残暑かな 橋本榮治 越在
小道具の蝋燭曲る残暑かな 片岡我当
小錦のだぶだぶと行く残暑かな 坪内稔典
少年が魚籠洗ひゐる秋暑かな 金森直治
屠所ちかき秋暑の繩や胡麻畠 西島麦南 人音
山の宿残暑といふも少しの間 高浜虚子
山の端に残る暑さや大文字 宋 屋
山下りて残暑の町の小買物 上村占魚 球磨
山吹の狂ひ花いつまでや秋暑き 青峰集 島田青峰
山畑に縄張つてゐる残暑かな 大峯あきら
山羊ひとにあまえて秋暑おとろへぬ 石原舟月 山鵲
山行けば虻に残暑の一ト盛り 幸田露伴
山負へる城下の町の残暑かな 田中冬二 俳句拾遺
島秋暑庇潮さぶ帝の井 加藤耕子
川床の蓼に雨ふる秋暑かな 舟月
川曲る力を落とす残暑かな 蓬田紀枝子
工房の土の乾きし残暑かな 屋舗 信子
巻貝となる阿羅漢に秋暑し 橋石 和栲
市人に窓の高さや秋暑き 青峰集 島田青峰
師に仕ふこと薄かりし秋暑し 荒井正隆
帰りきて熱き秋暑の柱かな 佐野美智
引つゞき外出がちなり残暑なほ 高浜年尾
待つときのバスは来ぬもの秋暑し 倉田青
御所沼に蓮の艶蕾秋暑し 手塚美佐 昔の香
快気祝着きし後の訃秋暑し 杉本寛
情あつく老婦寄り添ふ秋暑かな 飯田蛇笏 椿花集
懺悔室のつぴきならぬ秋暑かな 細田壽郎
戻らねばならぬ大阪秋暑し 保田晃
手拭を右手に持ちて残暑かな 今泉貞鳳
打水の溜りゐるさへ残暑かな 小杉余子 余子句選
投げやりに寝て赤ん坊や秋暑し 石塚友二 光塵
掃き浄む寺苑の土の秋暑かな 西島麦南 人音
掘りかへす道の埃の残暑かな 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
採血車とまり秋暑の駅広場 河野南畦
提げし大鎌の刃に残暑かな 飯田蛇笏 霊芝
支那菓子のくづれやすさよ秋暑く 鈴木真砂女
旅にして腹痛む宿やわが残暑 桑村竹子
日めくりを剥ぎて只今より残暑 林 翔
日もすがら小屋の牛鳴き残暑煮ゆ 中勘助
日帰りで佐渡をみて来し残暑かな 久保田万太郎 流寓抄以後
旧城下秋暑の蚕糞莚かな 西本一都 景色
昨日今日同じ色着て秋暑し 毛塚静枝
昼中の残暑にかはる夜寒哉 正岡子規
昼門を鎖す残暑の裸かな 正岡子規
昼餐の果あまずゆき秋暑かな 飯田蛇笏 霊芝
晴れ曇りわかたず暮れて秋暑し 原石鼎 花影以後
暑かりし日を思ひつゝ残暑かな 高浜虚子
曼珠沙華残暑もどりの御取越 大谷句佛
最上川海に出るほかなき秋暑 文挟夫佐恵
望郷のかんばせなりし秋暑佛 青木重行
朝の間はかたづいて居る残暑かな残暑 千代尼
朝よりの日の漸くに秋暑し 原石鼎 花影以後
朝夕がどかとよろしき残暑かな 阿波野青畝(1899-1992)
朝市の端も真中も残暑なる 橋本榮治 逆旅
朝毎の涼しさにある残暑かな 小杉余子 余子句選
未だ秋の句にもならざる残暑哉 寺田寅彦
朴の葉の大いに裂けて残暑なり 神尾季羊
杣人の頬ひげあらし残暑どき 飯田蛇笏 山廬集
東京といふ名に残る暑さかな 古白遺稿 藤野古白
東京残暑船尾の日の丸疲れたり 村山さとし
松風の価をねぎる残暑哉 正岡子規
柿の実の青き秋暑や兵士去る 横光利一
梅干して秋暑にたへぬ老尼かな 飯田蛇笏 椿花集
梟首を見たる絵本や秋暑し 野村喜舟
棕梠の古葉の垂れ朽ちしまゝや秋暑し 青峰集 島田青峰
椎伐つて碑の苔かれし残暑哉 西山泊雲 泊雲句集
榧実る寺苑の秋暑おとろへぬ 西島麦南 人音
残る暑に励み給ひて師はすこやか 相馬遷子 山河
残る暑や五十の吾の父母かなし 相馬遷子 雪嶺
残暑しばし手毎料れ瓜茄子 松尾芭蕉
残暑とて旅疲れとて消ゆるもの 稲畑汀子 春光
残暑とはかかる日のこと庭を掃く 星野立子
残暑とはシヨートパンツの老人よ 星野立子
残暑なほ捺印かはす甲と乙 那須淳男
残暑に居われも師のなき一人なり 森川暁水 淀
残暑に居師の喪の御供をかかすなき 森川暁水 淀
残暑に居師をうしなへどかなしまず 森川暁水 淀
残暑の亀夜寒の鮭と相識らず 子規句集 虚子・碧梧桐選
残暑の岩移る鴉のかわと啼き 上野さち子
残暑の忌若狭より雨運び来る 長谷川かな女 牡 丹
残暑の汽車のすいてをる海岸になる 梅林句屑 喜谷六花
残暑の雲浚渫船に人見えず 原子公平
残暑めく夜の古箪笥きしみ入り 横光利一
残暑倦む人や柳の川わたり 浜田酒堂
残暑光ひとの病ひを黄に染めつ 斎藤空華 空華句集
残暑光我は舎利もて荘厳す 斎藤空華 空華句集
残暑光薬をこぼす胸の上 尾崎光尋
残暑尚続く一日の俳句会 上村占魚 球磨
残暑日々写楽はとほと顎を出す 古田悦子
残暑滲む鐵路よ蒼き血を見たき 青愁 佐竹草迷宮
残暑激し女の足の付け根より 松本勇二
残暑雲動かず家婦は縫い物に伏して哭す 喜谷六花
母に似る人に蹤きゆく秋暑中 杉山岳陽 晩婚
母のため秋暑の石を一つ積む 樋笠文
母の帯見ての涙に残暑かな 松瀬青々
毬栗の笑みて残暑の遠ざかる 高木静花
沙漠風吹き来て羅府の秋暑し 吉良比呂武
河骨の黄のすがれしも残暑かな 敦
波止の上に*しいら糶らるる秋暑かな 高橋睦郎 荒童鈔
浅草の蕎麦もどぜうも残暑かな 蓬郎
浜風をそれて鳥ゆく秋暑かな 橋本榮治 越在
海に向く車席なかばに残暑の陽 金子兜太
海女と寝る章魚の話しや秋暑し 野村喜舟
温容といふには厳し残暑また 稲垣きくの 黄 瀬
温泉に三度残る暑さも昼の内 子規句集 虚子・碧梧桐選
湖にのぞめる富士を残暑かな 尾崎迷堂 孤輪
湯屋のある入江の町の残暑かな 高橋睦郎 荒童鈔
漢方薬煮つめあきらかなる残暑 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
濁り合ふ長江浦江秋暑し 杉本寛
濁流に機雷漂ひ秋暑し 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
炭立つて切炉正せる秋暑かな 石川桂郎 高蘆
無憂大姉久女の墓の秋暑なほ 西本一都 景色
無花果の樹蔭の童女秋暑の日 飯田蛇笏 椿花集
焼け土やほり出す海老も秋暑し 小沢碧童
燠の炎に梁くらき秋暑かな 石原舟月
牛堀でうなぎくひたる残暑かな 久保田万太郎
牛渡す舟に乗合ふ残暑かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
牛部屋に蚊の声暗き残暑哉 牛部屋に蚊の声弱し秋の風 松尾芭蕉
犬も曳く粉屋ぐるまや秋暑し 室生犀星
猶這固のあるあり残る暑さかな 幸田露伴 礫川集
玉砂利のその数々の秋暑かな 鳥居美智子
瓢箪の出来の話も残暑かな 松本たかし
生き残る暑さを残暑とぞいふか 上田五千石 琥珀
由なしのことも残暑にまぎれけり 浅井青陽子
町残暑明日何あるも人知らず 星野立子
番町の銀杏の残暑わすれめや 久保田万太郎 草の丈
病室の窓見え残暑きびしき日 高濱年尾 年尾句集
百姓の今もどりたる残暑かな 大峯あきら 鳥道
目のふちの乾きて痒き残暑かな 占魚
目の玉にくつつく山河秋暑し 斎藤玄 雁道
着船を待つ救急車波止残暑 大橋敦子 勾 玉以後
睨む目を見返してゐる秋暑かな 仙田洋子 雲は王冠
石工の子あはれ秋暑のトラコーマ 西本一都 景色
砂浜や残る暑さをほのめかす 子規句集 虚子・碧梧桐選
破蓮に残暑ふたゝびもどりけり 久保田万太郎 草の丈
秋 暑 し 豹 の 斑 の 日 に 粘 り 富澤赤黄男
秋の部へこぼれてはべる暑さかな残暑 千代尼
秋暑あり試験管ふる医を窗に 飯田蛇笏 雪峡
秋暑う氷室の氷尽きにけり 篠崎霞山
秋暑う航海果ての帆を濯ぐ 金尾梅の門 古志の歌
秋暑きことどことなくいつまでも 稲畑汀子
秋暑きことに面テをしかめたる 成瀬正とし 星月夜
秋暑き函館の町を歩きけり 寺田寅彦
秋暑き娑婆によきことあらねども 八木林之介 青霞集
秋暑き日々を送りぬ日々おなじく 相馬遷子 山国
秋暑き汽車に必死の子守歌 中村汀女
秋暑き洲に群青の川ひとすぢ 松村蒼石 雁
秋暑き衣手面を押拭ふ 尾崎紅葉
秋暑き軍港の名の還るなり 石川桂郎 高蘆
秋暑くついでのやうに啼く鴉 佐藤洋子
秋暑くひとりの音す谷の家 飯田龍太
秋暑くアイヌに咲きぬ花南瓜 石原舟月 山鵲
秋暑くバスの中から墓を見て 金田咲子
秋暑く人住み壊つ異人館 小林康治 玄霜
秋暑く倚るべき柱ありにけり 細川加賀 生身魂
秋暑く八十の髭伸びたまふ 皆川白陀
秋暑く島の浜木綿花過ぎたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
秋暑く干瓢かけし廂かな 龍胆 長谷川かな女
秋暑く怠けじとすればなほ暑し 秋櫻子
秋暑く手首尾狂ひし邯鄲師 文挟夫佐恵 雨 月
秋暑く竹の脂をしぼりけり 芥川龍之介 我鬼窟句抄
秋暑く葛の葉がくり荒瀬澄む 飯田蛇笏 雪峡
秋暑く葦に葉摩れの見えそめぬ 松村蒼石 雁
秋暑く蚕のはふ妹がたもとかな 石原舟月
秋暑く道に落せる聴診器 高橋馬相 秋山越
秋暑したててしづくす藻刈鎌 飯田蛇笏 山廬集
秋暑しにはとり交る人の前 大野林火
秋暑しひと日いく言語りしか 平井照敏 天上大風
秋暑しふふみし水の鐵臭し 上村占魚 『かのえさる』
秋暑しまつ毛にひと日の憂さ止まる 谷口桂子
秋暑しガス洩るる戸の外に佇ち 文挟夫佐恵 黄 瀬
秋暑しピカソ展出て目の疲れ 伊藤京子
秋暑しペンキ屋はち巻しめ直す 金元喜代子
秋暑しホームにあまる無蓋貨車 木下夕爾
秋暑し一むら雲の峯つくる 寺野守水老
秋暑し一汁一飯にも馴れて 大場白水郎 散木集
秋暑し不死男の骨の燃えてゐて 平井照敏 天上大風
秋暑し仮装悪魔の黒尻ッ尾 文挟夫佐恵 黄 瀬
秋暑し何も捨てずに流るる川 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
秋暑し切られてありし蔓の尖 田中裕明 先生から手紙
秋暑し友が来て仏壇に立つ 松村蒼石 雪
秋暑し叔父の墓標は見当らず 徳川夢声
秋暑し古書荒繩に縛さるる 木下夕爾
秋暑し古称は胡桃が下稲荷 高澤良一 随笑
秋暑し吾子得し泪おろかにも 杉山岳陽 晩婚
秋暑し姉妹ガム噛み尖り顎 香西照雄 素心
秋暑し小名木運河のもやひ杭 福島壺春
秋暑し庭から運ぶ数の膳 大谷句佛 我は我
秋暑し庭に木かげをひろひつつ 高濱年尾 年尾句集
秋暑し廃車ころがる河川敷 杉山青風
秋暑し抱へて白き花ばかり 岩田由美
秋暑し暑しと心鎮めけり 稲畑汀子
秋暑し榎枯れたる一里塚 茅舎
秋暑し沼の渡舟に乗りこめば 為成菖蒲園
秋暑し海女の捨甕水ためて 野見山ひふみ
秋暑し湖の汀に牧の鶏 飯田蛇笏 山廬集
秋暑し熱砂にひたと葉つぱ草 杉田久女
秋暑し癒えなんとして胃の病 漱石
秋暑し矮鶏の蹴上ぐる土埃 中田ゑみこ
秋暑し籾殻の嵩流れゆく 千代田葛彦 旅人木
秋暑し素性明かさぬ女診て 下村ひろし 西陲集
秋暑し胃のなき義兄のこごみ癖 羽部洞然
秋暑し脚に縺るゝ磧蠅 石塚友二 光塵
秋暑し芋の廣葉に馬糞飛ぶ 村上鬼城
秋暑し衣紋をぐつといなしたる 高浜虚子
秋暑し覚めても腕に畳の目 木下夕爾
秋暑し金剛神の土踏まず 鶴田こと
秋暑し鏡少なき工学部 市川結子
秋暑し開けばまたも殉教図 有馬朗人 耳順
秋暑し非常階段檻に似て 横山白虹
秋暑し駅出て行方戸惑ふも 石塚友二 光塵
秋暑し鹿の匂ひの石畳 木村蕪城
秋暑とびとびはじまつてゐる打楽 松澤昭 山處
秋暑の旅今日も朝焼また夕焼 相馬遷子 山国
秋暑の雨はらはら紫蘇は憂鬱に 瀧春一 菜園
秋暑また仏飯の白無惨なり 櫛原希伊子
秋暑やおはしたながら肌白に 野村喜舟 小石川
秋暑や蠅取紙を新しく 野村喜舟 小石川
秋暑や袂かぶりて水を汲む 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
秋暑日々わが生くるみちの更ふるなし 瀧春一 菜園
稀書展の秋暑の窓に焜炉置く 宮武寒々 朱卓
突堤に秋暑き日のへばりつき 西村和子 かりそめならず
窓開けて残る暑さに壁を塗る 平間彌生
窯たいて残暑のまなこくぼみけり 新田祐久
竜骨を河口の残暑蝕ばめる 河野南畦 湖の森
端近く蜂のぶらつく残暑かな 青畝
竹がわつさり垂れて残暑の眠り豚 太田鴻村 穂国
竹を日の歩みもまだき残暑かな 浜田酒堂
箱書の有耶無耶とある残暑かな 石嶌岳
築港の音果てもなき秋暑かな 西村和子 かりそめならず
簾外の萩秋暑く雨の蠅 西島麦南 人音
糧秣庫秋暑の雨にとざしけり 西島麦南 人音
糸瓜棚残暑だらりと垂れてゐし 柴田奈美
紅雀残る暑さを炎えにけり 野村喜舟 小石川
紫陽花に双肩押され残暑行 原裕 葦牙
縁の鏡にぺたりと坐して残暑人 阿部みどり女 笹鳴
縄納簾もつれがましき残暑かな 廣江八重櫻
義理ひとつ果たせる旅の残暑かな 高樋保子
聴講に残暑の肩の落ち果てて 赤松[ケイ]子
肉食うて何を耐へゐる残暑かな 橋本 榮治
肌寒も残る暑さも身一つ 高浜虚子(善通寺に正一郎を訪ふ)
胸中に文意煙れる残暑光 龍太
脆きもの心にもてる残暑かな 角川春樹
腹中に残る暑さや二万巻 子規句集 虚子・碧梧桐選
膳残暑皿かずばかり並びけり 久保田万太郎 流寓抄以後
舞ひ狂ひ青筋揚羽秋暑し 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
芋の葉の大きく裂けし残暑かな 細川加賀 『玉虫』
芭蕉葉の縁が焦げたる残暑かな 西山泊雲 泊雲句集
花ちりて秋暑に耐へぬ山の百合 飯田蛇笏 椿花集
花卉秋暑白猫いでゝ甘まゆなり 飯田蛇笏 霊芝
若き乳房せめつ秋暑の材を負へり 中島斌男
茄子汁の味噌の香残暑の香なりけり 高澤良一 素抱
草の戸の残暑といふもきのふけふ 高浜虚子
草の萩置くや残暑の土ほこり 北枝
草の葉におくや残暑の上ぼこり 立花北枝
草籠に秋暑の花の濃紫 飯田蛇笏 山廬集
荻の声のこるあつさを隙で居る残暑 千代尼
荻の葉にひら~残る暑哉 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
菜園の秋暑にたへて世故のひま 飯田蛇笏 春蘭
菜大根に二百十日の残暑かな 李由 閏 月 月別句集「韻塞」
菜畠に残る暑さや瓜の苗 許六
藁帽の縁ぼろ~に秋暑し 寺田寅彦
藤豆に手ふれて固き秋暑し 滝井孝作 浮寝鳥
藪畑愚かにもとめ秋暑し 石川桂郎 高蘆
虫籠を残暑の枝に吊りはなす 長谷川かな女 雨 月
蚊の勢を又立て直す残暑哉 正岡子規
蛇ふんで残暑の汗ののつと出る 幸田露伴
蜘蛛の囲や雨雲遠く秋暑し 青峰集 島田青峰
蝉はみな残暑残暑と鳴きゐたり 高澤良一 素抱
蝶つまめば恐しき貌の秋暑し 渡辺水巴
蟻塚をつらぬく草の秋暑かな 飯田蛇笏 山廬集
被爆地に残暑の森や風軽し 雨宮抱星
裸見せぬ秋暑毛深の幼児ら 林翔 和紙
西瓜去り塩辛来る残暑かな 百合山羽公 寒雁
見苦しき乞食に出遇ふ残暑哉 会津八一
見苦しや残る暑さの久しきは 高浜虚子
訓練の先づ佇立より秋暑し 高濱年尾
訪客に秋暑を紅き花卉の丈 飯田蛇笏 椿花集
読む記事のみな些事ばかり秋暑なる 高澤良一 素抱
誰彼の痩せてすこやか秋暑し 阿部みどり女 笹鳴
豆腐屋のらつぱに走る残暑かな 後藤 淑子
赤湯とて温泉の濁りなる残暑かな 尾崎迷堂 孤輪
跡とめて残る暑さや仕廻(しまひ)風呂 西勝 選集「板東太郎」
軒先にいつもの研師来て残暑 浅見まき子
迎え来る残暑の街と夫の髭 対馬康子 愛国
逝くやこの窓の残暑の真ッ白け 国 しげ彦
遊牧の民来て祈る秋暑寺 佐川広治
運河暗し秋暑捨つべきところなく 大谷碧雲居
道に干す漁網の匂ひ秋暑し 小路紫峡
邪鬼あをし秋暑の塵を鼻におき 桂樟蹊子
酒飲みて喚きたてたる秋暑かな 瀧澤伊代次
酢のものを欠かさぬいく日残暑かな 石川桂郎 四温
酷吏猶刺すへきに此の残暑かな 尾崎紅葉
針箱の針銹び秋暑つゞきけり 及川貞 夕焼
鈴屋の二階一と間の秋暑かな(松坂本居宣長旧居) 細川加賀 『生身魂』
銀屏風立てし残暑の月夜かな 尾崎紅葉
閼伽桶に秋暑の花のしづみけり 飯田蛇笏 山廬集
闘はす牛に秋暑のをんなごゑ 伊藤いと子
防犯連絡所の札受けしより残暑 永井龍男
阿武隈川ぶくと秋暑の泡生める 高澤良一 さざなみやっこ
降り足らぬ残暑の雨や屋根の塵 永井荷風
露出せし背に垂る髪の残暑かな 寺田富子
青々と夕空澄みて残暑かな 日野草城
風邪妻の声溜めしんと秋暑し 吉田鴻司
首都秋暑白襟徒手の者ら満つ 北野民夫
馬医者の残暑を飲んで歩きけり 碧梧桐
鮎溜めて蜂の巣城下秋暑し 小林康治 玄霜
黄帷子素で着てヒリヒリする残暑で 梅林句屑 喜谷六花
黍刈るや高原の土秋暑し 西島麦南 人音
夏よりも秋の暑さにまゐりけり 上林暁
宿の膳はやすぎて秋の暑さかな 伊庭心猿 やかなぐさ
朝も秋夕べも秋の暑さかな 上島鬼貫
梢まで来て居る秋の暑さかな 支考
検便も注射も秋の暑さかな 大場白水郎 散木集
薬罐さげ秋の暑さをわびにけり 田中裕明 櫻姫譚

以上
by 575fudemakase | 2014-08-03 00:13 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22832470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング