亥の子

亥の子

例句を挙げる。

あかあかと月の障子や亥の子餅 服部嵐翠
いつの間に亥の子の炉辺の蠅交る 長谷川かな女 牡 丹
かむり来る山高帽や亥の子禰宜 河野静雲 閻魔
こも~と亥の子の晩の夜着に寝る 廣江八重櫻
ふるさとの亥の子といへば波の音 木村蕪城
亥の子唄五ついつものごとくにて 相原左義長
亥の子唄大きく青き葉も燃えて 神尾久美子 桐の木以後
亥の子唄風が山から下りてくる 阪本謙二
亥の子石イギリス人の庭を打つ 吉原文音
亥の子餅搗いて生家に家訓なし 谷口文子
亥の子餅搗かねば罪を負ふごとし 丸山渓風子
亥の子餅搗くしきたりも母限り 坂本二橋
亥の子餅搗く神苑の大かゞり 吉村城乾
亥の子餅水車守にも届きけり 中戸川朝人 星辰
亥の子餅炉の間の広き飛騨の家 古田 清
亥の子餅胸につかへて亥年われ 小松初枝
到来の亥の子を見れば黄な粉なり 夏目漱石 明治二十八年
唄ひもす亥の子の唄をなつかしみ 山川喜八
土間叩く藁ぼて重き亥の子かな 藤木栄二
大根で事すましたる亥の子かな 赤木格堂
大根も太り亥の子も近づきし 三栖 ひさゑ
大根を添へてもたらし亥の子餅 塩崎緑
山茶花の紅つきまぜよ亥の子餅 杉田久女
幼子と話す亥の子の赤火鉢 長谷川かな女
往診し鞄にもらふ亥の子餅 夏秋仰星子
教官室覗く亥の子の小鬼かな 吉原文音
昼になって亥の子と知りぬ重の内 太祗
板の間や亥の子を祭る箕に燈す 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
椎葉とは補陀落に似て亥の子餅 森 ゆきお
炉を開く二番亥の子の暖き 高浜虚子
牛小屋の藁敷きかへて亥の子かな 岡本高明
端つこにいて亥の子餅授かりぬ 宇多喜代子 象
胡羅蔔の市のもの舁く亥の子かな 古舘曹人 樹下石上
著ぶくれて小者等遊ぶ亥の子哉 西山泊雲 泊雲句集
藁灰に風筋見ゆる亥の子かな 岡本高明
袖ひきて唄まはしけり亥の子酒 邊見京子
面の眼に瞳のある亥の子鬼が来る 皆吉爽雨
頂きてまだ暖かき亥の子餅 小野 秀子
餅搗いてにはかに寒き亥の子かな 田中雨城
餅搗くや亥の日の亥の子神のため 小澤満佐子
かくれ家も事あるさまの玄猪かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
初雪や末の玄猪の荒れついで 斗文
玄猪餅抛ればうけぬ牛の口 西山泊雲 泊雲
玄猪餅牛の口ヘも二つ三つ 西山泊雲 泊雲
門前の家商へる玄猪かな 松藤夏山 夏山句集

以上
by 575fudemakase | 2014-11-01 00:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22914119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング