風除

風除

例句を挙げる。

人の世をへだつ風除したりけり 富安風生
卒塔婆めく風除を秘所に青みたり 文挟夫佐恵 雨 月
実はまなす風除を風うち倒し 友岡子郷 風日
年木積み即ちこれを風除に 高浜虚子
櫂かつぎ風除垣を出で来る 岡安迷子
波音を風除少し遠ざけし 稲畑汀子
洗ひし菜風除けにして菜を洗ふ 藤岡筑邨
海一碧石材立てて風除に 友岡子郷 遠方
濯ぎ女がをり風除に温泉が煙り 木村蕪城 寒泉
炭木積み上げて風除け炭焼夫 後藤青峙
男待つごとし風除に顔出せば 加倉井秋を
立ちてかぞふ風除越しの時計の音 加藤楸邨
舟板を張る風除も島らしや 椋砂東
荒海霧や風除解かぬ漁師村 石垣軒風子
身ひとつを入れ風除の四手小屋 福田蓼汀 山火
郵便夫を待つ風除に顔出して 加藤知世子 花寂び
長城を風除けとして蒙古村 鷹羽狩行 長城長江抄
風除けの果なし麦生ある限り 中島富寿子
風除けの樫に咲いたる桜かな 野村喜舟 小石川
風除けの竹垣解かず荒布干す 沢田緑生
風除けの萱にはりつく浜の砂 宮下邦夫
風除けの蔭に日向の庭広く 高浜虚子
風除け篠ストックの香を封じけり 高澤良一 さざなみやっこ 
風除に大きな人の現れし 高浜虚子
風除に越路の春は待たれけり 下村梅子
風除に隠るる戸なる祝ひごと 本橋仁
風除に風の抜け道あることも 須藤常央
風除の中にもありし星明り 山田弘子 こぶし坂以後
風除の中へ星空下りてくる 辻口静夫
風除の出入口とはなつかしや 長谷川 耕畝
風除の口に居て出てこざる子よ 波多野爽波 鋪道の花
風除の向ふに妻の声のする 戸井 文雄
風除の外うぶすなの松喬し 木村蕪城 寒泉
風除の大藁襖日をかこふ 長谷川素逝 村
風除の戸が開き犬が走り出る 宇野萩塘
風除の日に牡丹咲き海女が宿 小原菁々子
風除の木の厚さから悪女伝 杉野一博
風除の竹に最初の星生れぬ 加倉井秋を 午後の窓
風除の筵吊り下げこけし挽く 鈴木貞二
風除の篠を葺き足し那須野住み 西本一都 景色
風除の羽翼つらねし湖の村 木村蕪城 寒泉
風除の蓆を四方に里神楽 藤原大二
風除の蔭より牛や厩出し 上田 花勢
風除の裡に雨降る砂地かな 木村蕪城
風除の骨は解かれず遅ざくら 西本一都 景色
風除やくぐりにさがるおもり石 村上鬼城
風除や蜑の小屋よりやゝ離れ 高浜虚子
風除をしてどびろくの隠しあり 岸風三樓
風除をまはりて馬の貌に遭ふ 小原俊一
風除を出し鶏吹かれもどりけり 森田峠 避暑散歩
風除を出てかざす手に鴨引くよ 皆吉爽雨
風除を出て来て潮を汲みにけり 森田 峠
風除を立てたる村は法華宗 森田峠 三角屋根
風除を解くや大風鶏走らす 村越化石 山國抄
風除を道にななめに構へたる 木村蕪城 寒泉
風除を隔てて別の世界あり 稲畑広太郎
風除解かれ大きく焚かれ婚の夜 村越化石
鮎汲の背に風除の蓆幡 村上冬燕
鳰の声して風除の裏は湖 柏翠
人棲むか棲まぬか風垣飛砂埋め 福田蓼汀
女泣く風垣の内われ知らず 岸田稚魚 『負け犬』
島は椿原生林も風垣も 今本まり
漁師出て海を見てをり風囲 鎌田車前人
荒波や風垣高き塩煮小屋 不破幸夫
風垣に差し込む竹の青さかな 片山由美子 風待月
風垣に昼顔の花日本海 冨田みのる
風垣に月明の濤あがりけり 河北斜陽
風垣に組む流木は砂こぼす 佐藤ちさと
風垣に足す笹青き怒濤かな 橋本榮治 越在
風垣のくくり縄噛む放ち鶏 皆川盤水
風垣のつづきぽつんと子が居たり 佐野良太 樫
風垣のまだ新しき怒濤音 田村恵子
風垣の何処かに暗き女の瞳 澤木欣一
風垣の内夜々の月さす冬籠 金尾梅の門 古志の歌
風垣の奥より集ふ海女の葬 小森泰子
風垣の日向となりぬお元旦 金尾梅の門 古志の歌
風垣の泣く夜つづきの椀づくり 曽根けい二
風垣の穴出入る客や大師講 五十嵐牛
風垣の竹の荷おろす佐渡汽船 小林螢二
風垣の網代追ひ挿す葉のみどり 安達実生子
風垣や冬稲光はッはッと 佐野良太 樫
風垣や海蝕せめる蜑の墓地 鈴木河郎
風垣や海見るのみの窓残す 前原千代子
風垣や空より安房の濤の音 大串章
風垣をつらねて能登の海見せず 片山由美子 水精
風垣を甲斐駒の日が照らすなり 村山古郷
風垣を解きたる夜の風狂ふ 千田一路
麦の芽や風垣したる砂畠 吉田冬葉

以上
by 575fudemakase | 2014-11-12 00:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22922479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング