柿落葉

柿落葉

例句を挙げる。

あたらしき柿の落葉のかさなりて 長谷川素逝 村
あるまゝにまた成るまゝに柿落葉 小澤碧童 碧童句集
いちまいの柿の落葉にあまねき日 長谷川素逝
いち枚に夕日寝かせて柿落葉 吉田鴻司
ざっと見ていちいちは見ぬ柿落葉 高澤良一 宿好 
はじまりし柿の落葉の長屋門 中尾吸江
わが畑柿の落葉のたまるのみ 倉田 素直
シヤガールのパレットにも似柿落葉 三矢らく子
一幹をめぐりて掃きぬ柿落葉 羽生 大雪
土くれと濡れ朝の日の柿落葉 長谷川素逝 暦日
地に柿の落葉の綺羅のうらおもて 長谷川素逝 暦日
宵の雨か柿の落葉に溜りたる 寺田寅彦
庭木戸を出て柿落葉踏みてゆく 星野立子
拾ひ持つ直哉旧居の柿落葉 所山花
掃き寄せて色の重なる柿落葉 穂坂日出子
揚げられし小舟の底へ柿落葉 加藤憲曠
新藁や柿の落葉のすぐとまる 松藤夏山 夏山句集
日をのせて柿の落葉のひるがへる 轡田 進
木がらしや屍につもる柿おちば 日夏耿之介 婆羅門俳諧
枯色とせぬを艶とや柿落葉 稲畑汀子
柿落葉いちまいいちまい夢の中 藤岡筑邨
柿落葉うつくしき紅みな伏せて 山口青邨
柿落葉うつくしく紙幣値なく 山口青邨
柿落葉一日に心奪ふほど 中村汀女
柿落葉一葉もらさず掃きにけり 虚吼句集 相島虚吼
柿落葉地に任せて美しき 瀧井孝作
柿落葉大きく音のして掃かれ 山室青芝
柿落葉実を*もぐ人もなき空家 松尾千代子
柿落葉家鴨よごれて眠りたる 三好達治 路上百句
柿落葉拾はせ寝読みの書へ挟む 奈良文夫
柿落葉日向をよぎる時早く 福田蓼汀
柿落葉桜落葉の地を隠す 瀧澤伊代次
柿落葉焚く煙より山を見る 中拓夫
柿落葉白毫寺坂を急にせり 米沢吾亦紅 童顔
柿落葉踏みて到りぬ法隆寺 雑草 長谷川零餘子
湯の町のだらだら坂の柿落葉 高木晴子 晴居
火に透けて錆朱の深き柿落葉 角川春樹
焚くに間のあり双柿舎の柿落葉 野田詠子
物音は人にはあらず柿落葉 岩田由美
狼籍と去来も見しか柿落葉 松瀬青々
眠り足りたり柿落葉かくも 佐野青陽人 天の川
紙焼きし灰柔らかに柿落葉 横山房子
落柿舎は折しも柿の落葉どき 阿部みどり女
落柿舎は煙草盆にも柿落葉 阿部小壺
藁屋根に鶏鳴く柿の落葉かな 寺田寅彦
藁屋根の柿の落葉に夕日哉 寺田寅彦
表より裏がひかりて柿落葉 筒井 誠
見るものは見き水底に柿落葉 宇佐美魚目 秋収冬蔵

以上
by 575fudemakase | 2014-11-15 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22922943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。