神送り

神送り

例句を挙げる。

うぶすなの林黄ばむや神送り 松瀬青々
しぐれずに空行く風や神送 正岡子規
たふとがる嵐のおとや神送 水田正秀
大時化の稲佐の浜の神送り 筒井満枝
大焚火して産土の神送り 高崎雨城
布子著て淋しき顔や神送り 去来
日は松にふりさけ見るや神送 齋藤玄 飛雪
棒置場棒ひしめきて神送り 天野久子
此の里の牛の声きけ神送り 木枝 俳諧撰集「有磯海」
水近く鶉の来るや神送り 大石悦子 聞香
炊きたての飯立ちあがる神送 岡本芳子
玄海の浪を見おろす神送り 後藤昭女
神送りお諏訪太鼓の黒光り 野田豊子
神送りただ風の日と思ひしに 宮津昭彦
神送り出して宮司の藁砧 ふけとしこ 鎌の刃
神送り出雲へ向ふ雲の脚 正岡子規
神送り椿の厚き花びらや 鈴木鵬于
神送る雲より立ちて甲武信岳 中村 翠湖
神送る鳥居の上の虚空かな 野村喜舟 小石川
神送荒れたる宵の土大根 浜田酒堂
窯の神送るべき火を熾しをり 下村ひろし 西陲集
童(わらはべ)の声しるべなり神送り 含粘 俳諧撰集「藤の実」
竹寺の竹総揺れに神送る 松原地蔵尊
船室に琵琶弾く盲神送り 宮武寒々 朱卓
荒るるものと知ればたふとし神送り 上島鬼貫
藍を掻く草履のままに神送 古舘曹人 樹下石上
踊り神送りの曲となりにけり 黒田杏子 花下草上
逆立ちのユーミンを聴け神送り 渡辺誠一郎
野に焚くは帰山の田神送る火か 佐野美智
雑水の名だてに寒し神送り 越中-紅朝 俳諧撰集「有磯海」
雨あとの雫にぎやか神送り 鷹羽狩行
鷹翔て倶留尊を越えず神送り 桂樟蹊子
噴煙にのりて旅立つ神ならん 大久保橙青
地鎮祭旅立つ神をひきとめて 村本畔秀
峰の神旅立ちたまふ雲ならむ 水原秋櫻子
忙中に閑あり神の旅立ちて 杓谷多見夫
旅立ちて神はおはさぬ神馬かな 富安風生
橋の灯は神旅立ちの銀の馬車 藤原千紗子
温泉の神の五百の磴を旅立ちぬ 大橋宵火
磯の神旅立つ海の朝しづか 新田郊春
神ひとり旅立つ仏都高野より 辻本青塔
結びおきて結ぶの神は旅立ちぬ 子規句集 虚子・碧梧桐選
誘ふ神ありて旅立つ咲耶姫 池谷市江
鎌鍛冶の鞴の神も旅立てる 吉澤一葎
峠神幣を倒して旅だちぬ 福田蓼汀
神立ちの咲きのぼりたる花オクラ 吉田紫乃
神立ちの空に砕きし鳥の影 斎藤玄
神立ちの鴉をあげぬ火口原 吉田紫乃
神立つと波打ち越すや島祠 久米正雄 返り花
神立つを見送る夜の風見鶏 沖祐里
神立の宮を過ぎたる蜆舟 斉藤夏風
風に鳴いて鳥の流るゝ神立つ日 金尾梅の門 古志の歌

以上
by 575fudemakase | 2014-11-16 00:26 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22924098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング