大根洗ふ

大根洗ふ

例句を挙げる。

いつまでも大根洗ひ見る子かな 中村汀女
かゞやかに大根洗ふはるかかな 山口青邨
今も尚大根洗ひの藁たはし 本多芙蓉
初ひ女房大根洗ひ積み事始め 及川貞 夕焼
十二月の大根畑は買われて村は寒むざむ大根を抜き大根を洗い 橋本夢道 無禮なる妻抄
夕月に大根洗ふ流れかな 正岡子規
大大根百本程を洗ひけり 会津八一
大根の沈まぬ重さ洗ひをり 今瀬剛一
大根の洗つてあるは怖しき 藤田あけ烏 赤松
大根の洗はれつゝや長さ増す 岸風三樓
大根もて次の大根を寄せ洗ふ 島本翫雪
大根を水くしやくしやにして洗ふ 高浜虚子(1874-1959)
大根を洗ひ妻とも滞る 萩原麦草 麦嵐
大根を洗ひ終ればもとの川 太田正三郎
大根を洗ふ地靄の濃かりけり 柴田白葉女
大根を洗ふ手に水従へり 高浜虚子
大根を洗ふ機械か人気なし 高澤良一 素抱 
大根を洗ふ飛鳥の水引いて 山口一枝
大根・蕪その葉も洗ひ死ぬるまで 成田千空 地霊
大根洗つて夜祭近き空乾く 大熊輝一 土の香
大根洗ひもすみし渓なる涸れやうや 林原耒井 蜩
大根洗ひ客訪れて一休み 木村ヤスエ
大根洗ひ連るゝ門川又岐れ 久米正雄 返り花
大根洗ふや風来て白をみなぎらす 大野林火
大根洗ふ大雑把なる水使ひ 木村滄雨
大根洗ふ山の朝日に横並び 桜井博道 海上
大根洗ふ悶着なんぞ何もなく 赤尾恵以
大根洗ふ日和の水のやはらかに 小杉余子
大根洗ふ白さ月日の鮮しく 影島智子
大根洗ふ荒縄の影水に膨れ 近藤一鴻
大根洗ふ葉よりも蒼き峡の淵 野見山朱鳥
家鴨来て大根洗ひを囲みけり 吉原周東子
川二つ流れ大根洗ひをり 京極杞陽 くくたち上巻
干大根清貧の月洗ひたて 吉本 昴
早池峰に日の没る大根洗ひ去る 伊東宏晃
気の済むまで大根洗ひ山神講 宮慶一郎
洗はれる大根何か叫びしや 鈴木六林男
洗ひたてなる子祭の嫁大根 茨木和生 往馬
洗ひ積む大根いづみ溢れをり 及川貞 夕焼
洗ふ娘にまたも大根車著く 舘野翔鶴
洗へば大根いよいよ白し 種田山頭火(1882-1940)
浅漬の大根洗ふ月夜哉 俊似
湯の町の裏川大根洗ひをり 森田公司
神饌の芋も大根も洗ひゐず 茨木和生 往馬
筑波西風大根洗ひに今日も吹く 土手貴葉子
荒縄で洗ふ大根真白きまで 冨石三保
街道に大根洗ふ大盥 富安風生
風の日も妻の執心大根洗ふ 相馬遷子 山国

以上
by 575fudemakase | 2014-11-20 00:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22924194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング