一葉忌

一葉忌

例句を挙げる。

「にごりえ」のダブルキャストも一葉忌 鈴木栄子
あらひたる障子立てかけ一葉忌 久保田万太郎 流寓抄
おはじきに入れて貰ひぬ一葉忌 服部くらら
きぐすりで直る病や一葉忌 石川桂郎
くれなゐの日の出しばらく一葉忌 廣瀬直人
けふは今日の灯をともしけり一葉忌 前島みき
さからへば風も渦もつ一葉忌 河野多希女 こころの鷹
なほ残る小菊さし替へ一葉忌 立花豊子
まさしくも明治の顔や一葉忌 下村梅子
また一人草履隠され一葉忌 二村典子
もの種のごとき火種や一葉忌 本多静江
わだの星高きにしぐれ一葉忌 神尾久美子 掌
ポインセチアの朱けや一葉忌の夜は 森 白樹
一位の実甘し旅なる一葉忌 加藤春彦
一本の椿を植ゑて一葉忌 野見山ひふみ
一葉忌あたたかければ素足にて 植村通草
一葉忌ある年酉にあたりけり 久保田万太郎 流寓抄
一葉忌しめて薄身の昼夜帯 稲垣きくの 牡 丹
一葉忌つめたき酒にきりかへて 黒田杏子 一木一草
一葉忌とはこんなにも暖かな 川崎展宏
一葉忌の雪やんで寒き勝手口 中拓夫 愛鷹
一葉忌乙女の髪の赤鬘 百合山羽公 寒雁
一葉忌今年は母の琴聞かず 古賀まり子 緑の野
一葉忌以後に散る葉の真くれなゐ 佐野まもる
一葉忌冬ざれの坂下りけり 安住敦
一葉忌冬咲く花の鉢並べ 瀧 春一
一葉忌手首細くも働く手 鈴木真砂女 夕螢
一葉忌折目を六ッに薬包紙 秋元不死男
一葉忌文学古りしことあらず 深津碧洋
一葉忌旅にあがなふ手漉き和紙 河野順子
一葉忌母の羽織の裏紋に 田中英子
一葉忌濡れ手で緊むる夕の髪 川島千枝
一葉忌爪がもつとも冷えてをり 中拓夫 愛鷹
一葉忌舞妓の通ふ英語塾 荒井書子
一葉忌鏡吊る釘深く打つ 河野南畦 湖の森
一葉忌雨に早目の店を閉ぢ 鈴木真砂女 夕螢
一雁の曳けるひかりや一葉忌 大内英衛
下町は父母の故郷一葉忌 伊東宏晃
二人しふたりで生きて一葉忌 志摩江汀
人も買ふ錦絵撰るや一葉忌 近本雪枝
人形の細き眉ひく一葉忌 笹井武志
余生などなきくらしして一葉忌 永井房代
借りし本返さで古りぬ一葉忌 西村和子 窓
傘させば傘の暗さの一葉忌 加藤燕雨
全集の表紙の一葉一葉忌 富安風生
内視鏡肺腑まさぐる一葉忌 原田青児
冷え込んだまま一葉忌暮れにけり 高澤良一 ぱらりとせ 
冷めはやきはんぺんちくわ一葉忌 小島千架子
前髪に磨ぐ縫針や一葉忌 馬場移公子
坂下は掃除町かな一葉忌 野村喜舟
声の出ぬ出ぬ日出ぬ日や一葉忌 小島千架子
天気図にずらり雨傘一葉忌 川村紫陽
太テエ女ト言ハレタ書イタ一葉忌 田中久美子
夫は書き我は濯ぎぬ一葉忌 石田あき子
女の時間奪はれ通し一葉忌 香西照雄 素心
女下駄はきて其処まで一葉忌 伊豆三郷
客待ちに読む短編よ一葉忌 八牧美喜子
寄席はねて衿かきあはす一葉忌 真鍋 完子
寝返りの髪の根さむし一葉忌 樗木秀子
小机に筆の穂を噛み一葉忌 川畑火川
小流れに障子を浸す一葉忌 棚山波朗
屑屋来て昼起さるる一葉忌 石川桂郎
屑買ひに反古払ひたり一葉忌 星野麦丘人
履かぬまま桐下駄古りぬ一葉忌 田中 珠生
干肉のほどよき焦げ目一葉忌 渡辺二三雄
干藁のぬくみ背負ひし一葉忌 影島智子
廻されて電球ともる一葉忌 鷹羽狩行(1930-)
影ふみも子ォとろも知らず一葉忌 藤浦道代
待針の頭かなしき一葉忌 仁平勝 東京物語
惜しまれて消ゆる銭湯一葉忌 吉田京子
手放さぬ母の火鉢や一葉忌 渡辺立男
抽出に端切のあふれ一葉忌 渡部一美
指添へてとぎ汁こぼす一葉忌 八染藍子
捨てがたき旧仮名遣ひ一葉忌 河北余枝子
捨てて又拾ひ読みして一葉忌 毛塚静枝
掃き拭きの隅々生きて一葉忌 清水径子
旅にありても文の徒や一葉忌 山田弘子 こぶし坂
日本語の乙張(めりはり)しんと一葉忌 川崎展宏
昏れ際の露地に豆腐屋一葉忌 菖蒲あや
暮るるまで母が琴ひく一葉忌 古賀まり子 降誕歌
暮れて聴く落葉に雨の一葉忌 千代田葛彦
枯れ切つて菊美しや一葉忌 中村汀女
歌反古もおろそかならず一葉忌 水原秋櫻子
母持ちし書を受け継ぎぬ一葉忌 長谷川久代
水鳥の色の密なる一葉忌 川村哲夫
満月へ枯葉の昇る一葉忌 林翔 和紙
濃紅葉も昨日となりし一葉忌 川崎展宏
猪の肉一葉の忌と知りながら 長谷川かな女 花 季
猫の水雲を通せり一葉忌 大木あまり 火のいろに
白髪一気に愛叫ぶ夜ぞ一葉忌 楠本憲吉
石蹴リの子に道きくや一葉忌 久保田万太郎 流寓抄
立ちつくす母の裁ち板一葉忌 的野雄
筒袖に曳く花車一葉忌 桂樟蹊子
糧支ふペンにはあらず一葉忌 つじ加代子
紙面一葉忌と海上都市のこと 須川洋子
終ひ湯に踵をみがく一葉忌 佐藤喜代子
縫ひ上げて歯で切る糸や一葉忌 岩城のり子
縫ふ衣の手ざはりかたき一葉忌 鷲谷七菜子 黄 炎
美しき海の夜明けよ一葉忌 式地須磨
肩に日が乗りて重たし一葉忌 草深昌子
若き日の母の琴爪一葉忌 古賀まり子 降誕歌
菊坂に残る井水や一葉忌 石川魚子
菊坂を上り下りして一葉忌 池亀恵美子
菊焚いてゐて一葉の忌なりしか 安住敦
葬より一ト月経ちぬ一葉忌 斎藤美規
薄明の星さだかなり一葉忌 松澤白楊子
貝殻に残る紅色一葉忌 下山宏子
赤電話が人待つ路地や一葉忌 鍵和田[ゆう]子 未来図
追ひゆきて蜆を買ふや一葉忌 礒江沙知子
遺品みな粗なるがいとし一葉忌 竹内万紗子
酒すこし甘しと思ふ一葉忌 有馬朗人
重き荷を持つことに慣れ一葉忌 足立 とみ
野歩きに折りし花挿す一葉忌 飯野てい子
針と糸旅荷のすみに一葉忌 山田弘子 螢川
錦絵の吉原の景一葉忌 下村梅子
雑貨屋のまだ点しをり一葉忌 角川照子
霧の香のなかの菊の香一葉忌 飯田龍太
頼まれし妻の足袋買ふ一葉忌 福永耕二

以上
by 575fudemakase | 2014-11-23 00:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22924607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。