鷹匠

鷹匠

例句を挙げる。

ポプラ立つ土手を一列鷹匠ら 京極杞陽 くくたち下巻
三日はや鷹匠の目に戻りけり 宮坂静生
初月の鷹匠町に来てゐたり 関戸靖子
夕づつの野より鷹匠消えにけり 阿波野青畝
手に据へて鷹匠鷹と息合わす 梶田ふじ子
歩きつゝ鷹匠小手を確かむる 森田峠 逆瀬川
荒鷹もその鷹匠も頭巾かな 彦根-朱廸 俳諧撰集「有磯海」
遠目して鷹匠弓子掲げ立つ 加藤耕子
雪沓の鷹匠誰も跡継がず 百合山羽公 寒雁
鷹匠が二人一人は鷹を手に 京極杞陽 くくたち上巻
鷹匠のいつくしみつゝ厳しき眼 山田凡二
鷹匠のにぎりこぶしは鷹支ふ 阿波野青畝
鷹匠のはしりつぎたる清水かな 徐寅 六 月 月別句集「韻塞」
鷹匠のひとりは風を測りをり 中村翠湖
鷹匠のまなざし眉は白けれど 清崎敏郎
鷹匠の五十越したる寒かな 横井也有 蘿葉集
鷹匠の声を聴きゐる槊の禽 宮田祥子
鷹匠の妻も朱綱の鷹放つ 佐藤林太呂
鷹匠の指さしこみし鷹の胸 橋本鶏二(1907-90)
鷹匠の指の撓ひし合図かな 藤田鶴之丞
鷹匠の放ちし鷹の日に光り 田中王城
鷹匠の日の出日の入り鷹と在り 宇佐美魚目 天地存問
鷹匠の涕(はな)すすり込(こむ)旭かな 井上井月(1822-86)
鷹匠の目の鋭さをもてりけり 田村ひろし
鷹匠の系図を蔵し狩の宿 島谷王土星
鷹匠の老いて威のある鷹づかひ 川津ひな子
鷹匠の蒲脛布(はばぎ)もて足固め 関俊雄
鷹匠の虚空に据ゑし拳かな 橋本鶏二 年輪
鷹匠の足ごしらへの蒲脛巾 清崎敏郎
鷹匠の顔せに紐を垂らしたり 橋本鶏二 年輪
鷹匠の鷹なくあそぶ二月かな 安東次男
鷹匠の鷹にきびしき二た三言 坊城としあつ
鷹匠の鷹を据ゑたる腕かな 清崎敏郎
鷹匠は母郷の空を裏返す 平尾知子
鷹匠は聞く大鷹の告白を 対馬康子 吾亦紅
鷹匠は風を見ることいと敏し 京極杞陽 くくたち上巻
鷹匠や人を嫌ひて吊洋燈 村上麓人
鷹匠らうれしさうなるかほをして 京極杞陽 くくたち上巻
鷹据ゑし鷹匠の目も発つ構へ 太田昌子
手負鳥深追ひせざる鷹師かな 森田峠 逆瀬川
翔けもどり鷹師を掴む鷹の爪 平井さち子 鷹日和

以上
by 575fudemakase | 2014-11-23 00:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22924609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング