柊の花

柊の花

例句を挙げる。

ひま~に散る柊の花細か 石黒不老坊
十三夜柊の花香り出す 吉見春子
口漱ぐ花柊のちかくかな 中田剛 珠樹以後
向ひ合せて机を置いて花柊 長谷川かな女 花寂び
大き日が柊の花染めて落つ 和田祥子
宇佐八幡出づるに匂ふ花柊 松崎鉄之介
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏 椿花集
思惟きらきらと柊の花こぼつ 伊丹さち子
抓みあげたる柊の花熱し 山西雅子
書斎あり柊の花は夜匂ふ 今井つる女
朝降りの納屋閉ざす花柊に 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
柊の花から白くこぼれ落つ 中村草田男
柊の花こぼれゐる下駄履かな 飴山實 辛酉小雪
柊の花つめたさよ今朝の冬 温亭句集 篠原温亭
柊の花と思へど夕まぐれ 富安風生
柊の花どこにも帰りたくはなし 小池文子
柊の花なんぞ見て寒かりき 今井杏太郎
柊の花にかぶせて茶巾干す 阿部みどり女 笹鳴
柊の花にはいからさんとやら 松田貞男
柊の花にもびびと翅音する 後藤夜半 底紅
柊の花に何喰む神の鶏 久米正雄 返り花
柊の花に明け行く霜夜かな ぶん村 霜 月 月別句集「韻塞」
柊の花に晴れたりクリスマス 柑子句集 籾山柑子
柊の花に落暉のとどまらず 吉岡 宏
柊の花に雨風終りけり 岸田稚魚
柊の花のこぼるる幾夜かな 稲垣晩童
柊の花のこぼれしあともなし 中岡毅雄
柊の花のこぼれや四十雀 浪化
柊の花のこぼれを人知らず 上村占魚 球磨
柊の花のしぐれに兄は病めり 冬の土宮林菫哉
柊の花のともしき深みどり 松本たかし
柊の花の上の霜や神の留守 松瀬青々
柊の花の下なる夜の土 石田勝彦 秋興
柊の花の匂ひを月日過ぐ 野澤節子 遠い橋
柊の花の富ならず貧ならず 赤羽 岳王
柊の花の英霊還りませ 萩原麦草 麦嵐
柊の花の香とある安息日 広瀬ひろし
柊の花の香に闇深みたる 平賀扶人
柊の花の香よりも弱き日が 西本一都 景色
柊の花は絲引き落つるもの 伊藤柏翠
柊の花ひらく日の神わたし 岡本松浜 白菊
柊の花も蕾も銀の粒 橋爪巨籟
柊の花一本の香かな 高野素十
柊の花人知れず人知れず 田畑美穂女
柊の花多ければ喜びぬ 中村草田男
柊の花散りをりぬ咲きをりぬ 青柳志解樹
柊の花最小をこころざす 藤田湘子
柊の花柊の葉を雨洗ふ 石川桂郎 高蘆
柊の花音もなく海は夜に 村田脩
母がりや花柊の現はれて 岸田稚魚 筍流し
父とありし日の短かさよ花柊 野澤節子 花 季
白毛布チカ~柊の花に干す 久米正雄 返り花
稚児行列柊の花こぼしゆく 甲斐ゆき子
花柊「無き世」を「無き我」歩く音 中村草田男
花柊こころ誰にも覗かせず 山田瑞子
花柊ささ濁る風ウェディングベル 尾田明子
花柊つつましかりし母の生 吉村正
花柊の白昏れのこる夕あかり彼の世からわれは覗かれゐたる 引野収
花柊もとより語り尽せざる 西村和子 かりそめならず
花柊ドイツ髭文字教わりし 林 壮俊
花柊先生ひとり病ましめて(清瀬) 岸田稚魚 『筍流し』
花柊徒食のあかりまた灯す 鳥居おさむ
花柊息ととのへて布裁てり 林敬子
花柊散る静かさの水屋窓 石川桂郎 高蘆
花柊日ざしは藍をまじへそむ 石田いづみ
花柊暮れどきの馬なつかしや 大峯あきら
花柊朝に残れる雨少し 松崎鉄之介
花柊父子にひとり言が増え 宮津昭彦
花柊痛み無きとき我も無し 正木浩一
花柊農四代の香を放つ 平田マサ子
花柊野良着に小さき身八つ口 川島千枝
荒神を花柊の辺に拝む 長谷川かな女 花 季
葉はふれず花柊の香には触れ 稲畑汀子
虹立ちて柊の花散るいはかがみ 小林碧郎
車椅子寄せてつみ折る柊の花 野村喜舟
軟膏たっぷり花柊の黄昏や 中北綾子
雌伏何時まで柊の花こぼす 藤田柊車
黙の庭花柊は香をこぼし 中岡利子
ひひらぎの花のさだかに十三夜 高木石子
ひひらぎ咲けりてのひらに愛みちみちて 八幡城太郎
大江山柊(ひひらぎ)しげる世なりけり 越前-ゆき 俳諧撰集玉藻集
歴史は暗しひひらぎの花白し 篠崎圭介
花ひひらぎ寝顔死顔にはあらず 野澤節子 遠い橋
花ひひらぎ昏れそめて雲冷ゆるなり 太田 蓁樹
製パンの白き背の人雨ひいらぎ 古沢太穂
さう言はれれば柊咲いている 阿波野青畝
今朝みれば柊咲いてをりにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
嘆息のびつしり白き柊咲く 加倉井秋を 『武蔵野抄』
妻も老い柊咲くと囁ける 加倉井秋を
柊咲き妻にも小さき詩ごゝろ 那須 乙郎
柊咲くあとはこぼるるより他なく 加倉井秋を
粥すくう匙の眩しく柊咲く 長谷川かな女 花 季
柊の小出しに咲ける角の家  高澤良一 さざなみやつこ
柊が咲いて四五日ほど経つか  高澤良一 さざなみやつこ
柊のこゑにならざるこゑ交す  高澤良一 さざなみやつこ
柊の人目にふれぬ零れ方  高澤良一 さざなみやつこ
柊の徒ならぬ花の数  高澤良一 宿好
柊の潰えし花の埃じみ  高澤良一 宿好
柊や人を評すに言葉搖れ  高澤良一 随笑
柊の銀漢なせる葉叢中  高澤良一 石鏡
肌身には感ぜぬ余震柊に  高澤良一 石鏡
柊は気が付く前に散ってゐる  高澤良一 石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-11-28 00:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22924639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング