霜月

霜月

例句を挙げる。

かくて霜月糸を干す男に暮れてゆく空日日 安斎櫻[カイ]子
ことなきに似て霜月のひそけさよ 藤内しづ
その人の亡き霜月のつづきをり 大峯あきら 鳥道
シャガールの馬天翔けよ霜月夜 村上 光子
ジャンギャバン死せり霜月の樹のようなまたその翳のような人 晋樹隆彦
ペン重し霜月六日雨と書く 阿部みどり女
一兎死に孤兎霜月の耳垂るる 川口重美
一茶忌の霜月もひれ屁ひり虫 菅原師竹句集
仏前に供ふ霜月の山竜胆 阿部みどり女 月下美人
土煙りせり霜月の松畠 藤田あけ烏 赤松
後山へ霜降月の橋をふむ 飯田蛇笏 椿花集
後山道ゆく手明くて雪見月 飯田蛇笏 椿花集
懐子霜月二十日過ぎにけり 古舘曹人 樹下石上
提灯の下にあそぶ子お霜月 銀漢 吉岡禅寺洞
新漬の重石うつくし霜月朔 塚本邦雄 甘露
春の霜月ある方へ消ゆるかな 長谷川かな女 雨 月
暮て行時雨霜月師走哉 井原西鶴
朝霧の中に霜月歩み来る 仙田洋子 橋のあなたに
本の名は『河馬に噛まれる』霜月夜 大木あまり 火球
母の忌の霜月鰈子を抱き 八牧美喜子
水カンナ霜月の種こぼしけり 青木重行
浅草や霜月暗き六区の灯 石塚友二
渡殿や人行き交うてお霜月 阿部みどり女 笹鳴
灯の海に蝙蝠とべり神楽月 宮武寒々 朱卓
素手をもて熱湯を掻く霜月祭 佐藤たみ子
落柿舎は閉す霜月月夜かな 近藤浩一路 柿腸
藁炭のふる霜月の遠あぜみち 筑紫磐井 未定稿Σ
見通しのつかず霜月半ば過ぐ 今村青魚
身のどこかああ霜月のけものみち 栗林千津
釣舟を吹く霜月の天気かな 白水郎句集 大場白水郎
雪待月ひそかに椿もえゐたり 加藤秋邨 寒雷
雪待月林はもののこゑ透る 加藤楸邨
霜月 秋雨や蕪村おもいの深睡り 宇多喜代子
霜月のかたつむりこときれてゐし 日野草城
霜月のさ筵かけし人葬る 萩原麦草 麦嵐
霜月のはじめを雨の伊豆にをり 鈴木鷹夫
霜月のひかり泛べて青畳 有働亨
霜月のもぐさの赤き袋かな 鈴木しげを
霜月のをはりに塔のたちにけり 山本洋子
霜月の土間のぬくみや芭蕉庵 加藤知世子 花寂び
霜月の夜を水色に別れきし 秋吉世津子
霜月の奥処や藍の深ねむり 斎藤梅子
霜月の小道にくさる紅葉かな 正岡子規
霜月の屋根の落葉を掃きにけり 比叡 野村泊月
霜月の峡のわかし湯鶏屠る 富岡掬池路
霜月の崩れ崩れし簗を見る 上原 はる
霜月の川口船を見ぬ日かな 藤野古白
霜月の庫裏八角の太柱 加古宗也
霜月の朝少年を中絶せり 斎藤冬海
霜月の染師が摘めり臭木の実 青木重行
霜月の瀧に聲なき瀧不動 下村ひろし 西陲集
霜月の瀬をひるがへす深山風 有泉七種
霜月の白湯の粒子を噛んでをり 鳥居おさむ
霜月の目に見えて時流れたる 相馬遷子 山河
霜月の眼を燃やしいる山童子 長谷川かな女 牡 丹
霜月の紐のてふてふ結びかな 鈴木伸一
霜月の菊に多数の蜂あはれ 阿部みどり女
霜月の菜に咲く花の水色に 廣江八重櫻
霜月の霜なく立てり青芭蕉 水原秋櫻子
霜月の霜に飾られささめごと 松澤昭 神立
霜月の黄釉の鉢に康熙の銘 伊藤いと子
霜月も末の雨浸む菊葎 水原秋櫻子
霜月や*こうの彳々ならびゐて 荷兮
霜月やみそ一番の甲羅酒 太田蓁樹
霜月や下駄の音冴ゆる大通り 寺田寅彦
霜月や京の小蕪の美しき 角川春樹
霜月や去年知らざりし遊びして 大石悦子
霜月や壷に活けたる枝蜜柑 島村元句集
霜月や夜に抗ふ薔薇の白 石塚友二 光塵
霜月や大瀬にうかぶ詣船 飯田蛇笏
霜月や座辺の厭きぬおもひごと 飯田蛇笏 山廬集
霜月や手燭の翳のマリア像 倉田春名
霜月や日ごとにうとき菊畑 高浜虚子
霜月や朝の支度を夜のうちに 椎橋清翠
霜月や朱の紐むすぶ壺の口 神尾久美子 桐の木
霜月や松ぽぐり干す草の宿 月舟俳句集 原月舟
霜月や洩るる馬穴に真綿つめ 石川桂郎 高蘆
霜月や狸にも会う狢獲り 金子兜太 詩經國風
霜月や素通りのごと逝き給ふ(悼横山白虹先生) 殿村菟絲子 『菟絲』
霜月や紬に合はす母の帯 村上光子
霜月や軒にかさねし鰻笊 安住敦
霜月や酒さめて居る蝮取り 前田普羅
霜月や雲もかゝらぬ昼の富士 正岡子規
霜月や額の枝を刈る手応へなく 石川桂郎 四温
霜月や鯨入り来し伊勢の海 宇佐美魚目
霜月夜細く細くせし戸の隙間 橋本多佳子
馬の背や緋蕪のぞかすお霜月 石橋秀野

以上
by 575fudemakase | 2014-12-01 00:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22924861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング