冬田

冬田

例句を挙げる。

あの僧があの庵へ去ぬ冬田かな 尾崎放哉
いちまいの冬田こんがりできあがる 松澤昭 麓入
いぬころの道忘れたる冬田かな 尾崎放哉
うごかせぬ巌あらはなる冬田かな 日原傳
かくし田も冬田の色を示すなる 有働亨 汐路
かなしみを伝う術なし冬田行く 大竹広樹
このあたりはやらぬ汽車や冬田原 柑子句集 籾山柑子
この道冬田から車ひびきくる シヤツと雑草 栗林一石路
さんざんな目に会つてをる冬田かな 菅家瑞正
たそがれを待ちて見にゆく冬田あり 相生垣瓜人 微茫集
たのみなき若草生ふる冬田哉 炭 太祇 太祇句選
つらつらと雁並びたる冬田かな 正岡子規
ところどころ冬田の径の缺けて無し 高浜虚子
ぬるゝもの冬田に無かり雨きたる 水原秋櫻子
はすかひに人歩みくる冬田かな 鷲谷七菜子 花寂び
ほとりまだ覚めざる畦や冬田打 古賀まり子 緑の野以後
みどりまだ残る冬田や狐雨 岡村月子
やまのべのみちの左右の冬田かな 高野素十
ゆきずりの嬰児あやして冬田道 中込誠子
よべよりも月夜明るき冬田かな 大峯あきら
わが生の中盤冬田畳々と 古館曹人
われ何処より来りしや冬田鏡なる 冬の土宮林菫哉
バスの灯がゆれ曲るとき冬田なり 米沢吾亦紅 童顔
ヘッドライト照らす冬田や峡の底 野村浜生
マッチの頭薬火になる速さ見えて冬 田川飛旅子 花文字
ランプさけて人送り出る冬田哉 稿本虚子句集 高濱虚子・今村一聲編
一つ家の窓明いて居る冬田かな 尾崎放哉
一人居て冬田にやがて煙上ぐ 蓬田紀枝子
一心に石握り来し冬田かな 乙字俳句集 大須賀乙字
一枚の冬田を過り惜しみをり 相生垣瓜人 微茫集
二三基の墓のうしろの冬田かな 田沢豊勝
人かたまつて沼へ舟舁く冬田かな 高田蝶衣
今日売りし冬田のみちを酔ひ戻る 藤原塔鬼
何あさる人ぞ冬田の泥浅く 五城
何もなき冬田へだてゝ村と村 赤星水竹居
冬田あり心にも罅なしとせず 藤原たかを
冬田にて子に滾々と母の乳 谷野予志
冬田にも喜面渋面日矢差せる 藤原たかを
冬田の家月日の中に釘打たる 鈴木勁草
冬田の岐れ道から見える家へ導かれる 人間を彫る 大橋裸木
冬田へも打ちて葬りの集ひ鉦 宮田正和
冬田へ透かし診る百姓の骨の写真 木村三男
冬田みち会はむ人なく急かるるを 瀧春一 菜園
冬田みち歩き秋篠寺に入る 松元桃村
冬田ゆく汽車や紺いろのわが座席 桂樟蹊子
冬田より冬田へと跳び下りにけり 本井英
冬田より出でし女の息づかひ 飯田龍太
冬田より夕日の鴉上田城 大野林火
冬田一方の小川流るゝにおもふ日本 中塚一碧樓
冬田刈夕ぐれ人のひとり哉 暁台
冬田千枚越ゆ旅恋に似たるかな 小林康治 玄霜
冬田圃晴夜の村を彼方にす 岡田林雪
冬田尻確と見えくる亡波郷 斎藤玄
冬田打つ母は白髪しかと結ひ 内田長舟
冬田打つ産土神に見守られ 田中政子
冬田打ひとり去らねば野は暮れず 藤原たかを
冬田打みづからの影深く打ち 藤井亘
冬田明るさなにくれとたてかける 松澤昭 面白
冬田来て詣づる人や国分寺 野村喜舟 小石川
冬田水古鏡の如く静もりて 後藤麓村
冬田渺々藁塚より人のあらはるゝ 金尾梅の門 古志の歌
冬田畔に居りしが急に放れ馬 碧童
冬田空工場の入日となれり 河東碧梧桐
冬田行きこはるる蝶を見てしまふ 柿本多映
冬田見てゐしが除日の灯ともりぬ 有働亨 汐路
冬田見るうちにも星のふえて来る 相生垣瓜人 微茫集
冬田越しに巷つくれる灯かな 木歩句集 富田木歩
冬田道一列歩行の仲間たち 原子公平
冬田道弥太郎一茶通りけり 鈴木しげを
冬田道火を焚いてゐてしづかなり 久保田万太郎 草の丈
冬田風一戸のまへに一戸殖ゆ 百合山羽公 寒雁
冬田鳶飛ばんとしたる大翼 清原枴童 枴童句集
冬田鴉よ弁当を食ふところなし 皆川白陀
刈りあとの正しかりける冬田かな 酒井土子
刈株に鶺鴒下りる冬田哉 寺田寅彦
刈株の濡るるひかりの冬田かな 長谷川素逝 村
十軒あまりの闇市の裏冬田なす 古澤太穂
古色をも併せ湛ふる冬田あり 相生垣瓜人 微茫集
喪の家の孤影をたもつ冬田原 下村ひろし 西陲集
土佐冬田ちんば歩きの放し鶏 細川加賀 生身魂
土塀崩れて縁より見ゆる冬田かな 雉子郎句集 石島雉子郎
地獄絵を黒羽に吊る冬田かな 古舘曹人 樹下石上
埓も無く工場建てける冬田哉 寺田寅彦
墓守が耕す冬田空小さし 細見綾子 黄 瀬
外輪山囲む冬田となりにけり 鈴木真砂女 夕螢
夜は神と遊びて峡の冬田打つ 尾崎隆則
大き黒き佛ゐませり冬田尽き 篠田悌二郎
太陽と鴉とあそぶ冬田かな 室積徂春
嬰の夜泣き外には冬田あるばかり 門脇無声洞
子を負うて冬田の星を見に行けり 関戸靖子
宍道湖の波ふきあぐる冬田かな 渡辺鰐走子
宮津線またぎ冬田の畦ふたたび 茂里正治
家にても見ゆる冬田を見に出づる 相生垣瓜人
家の向き日なたとなりし冬田かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
家めぐる冬田の水の寒さかな 正岡子規
家康公逃げ廻りたる冬田打つ 風生
山みゆるとき海みえず冬田かな 久保田万太郎 流寓抄
山痩せて越の冬田に重りぬ 古館曹人
山腹の冬田の上や昼の月 寺田寅彦
川が見たくて冬田ばかりの中をゆく 有光令子
常闇の空を照せる冬田かな 芝不器男
平凡に椎樫どもの耐へる冬 田川飛旅子
後まきは冬田になびく稲葉哉 昌叱
御針子の窓に一枚冬田かな 前田普羅
心貧し冬田は昼も暮色満つ 有働亨 汐路
懐中燈の片側ずつと冬田なり 宮津昭彦
招提の松が見ゆなり冬田水 細見綾子 花寂び
春めくを冬田のために惜しむなり 相生垣瓜人 微茫集
昼火事に人走りゆく冬田かな 佐藤紅緑
朔日を紡績休む冬田かな 雑草 長谷川零餘子
杜いでゝ冬田明りの老婆たち 長谷川双魚 風形
松林冬田の風を堰きいたり 古沢太穂 古沢太穂句集
校長の自転車冬田風を切り 百合山羽公 故園
楢の影榛の影落す冬田哉 竹冷句鈔 角田竹冷
次の田に畦の影ある冬田かな 倉田紘文
歩み寄るまだ冬田ともつかぬ田に 飯島晴子
歯車に縄を通して運ぶ冬 田川飛旅子 花文字
水口の辺りは青し冬田かな 南 耕風
水漬きつつ潮来の冬田空とあり 大野林火
氷るへき水さへ絶し冬田哉 左簾
汽車の窓冬田歪みて線と消ゆ 種茅
汽車道の一段高き冬田かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
法起寺の塔の裾まで冬田かな ゆき
洋傘の裡のみ紅し冬田ゆく 桂信子 花寂び 以後
火葬の炉鎖せり冬田を前にして 榎本冬一郎 眼光
灯に似たる女が去りて冬田なり 鷲谷七菜子 黄炎
烏去り冬田の渇きまぎれなし 有働亨 汐路
焦げくさきものに近づく冬田道 平子 公一
煙草火に冬田は闇を匂はしぬ 有働亨 汐路
熱の中冬田に黄なる焔を恐れ 小宮山遠
燈台の灯のとどくたび冬田見ゆ 倉持嘉博
父と子に朝日子炎ゆる冬田の上 瀧春一 菜園
父の棺に蹤きゆく冬田恥多し 小林康治 四季貧窮
父の骨冬田の中を帰りけり 大串章(1937-)
爺の背に負はれて冬田何もなし 森澄雄
牛久沼冬田に入りて凍りをり 水原秋桜子
犬がゆき子が行く冬田畦失せて 山岸治子
犬吠ゆる空ののこりて冬田あり 宮津昭彦
猫追へばどこ迄も逃げる冬田かな 柑子句集 籾山柑子
玄関を水で流して冬田打つ 中拓夫 愛鷹
病みしとき夢かよひしはこの冬田 水原秋櫻子
痩牛の白昂然と冬田鋤く 有馬朗人 天為
癒えゆく父と働らく我をつなぐ冬 田川飛旅子 花文字
白鷺にしばらく冬田明りかな 澤村昭代
真夜中の冬田を越ゆる雨の音 松村蒼石 雪
神楽舞終へて冬田を耕せり 佐川広治
稲架の脚ふかく冬田に入るを見る 萩原麦草 麦嵐
稲茎に青草のこす冬田哉 宗因
積藁の夜半に燃えたつ冬田かな 六花
筑波嶺のとんがつてゐる冬田かな 細川加賀 『玉虫』
紙鳶揚げの子らの四五軒の家がある冬田 シヤツと雑草 栗林一石路
縄文の冬田にねむる雁の群 小島千架子
義仲寺のいまはむかしの冬田かな 久保田万太郎 流寓抄以後
翳りきて茂吉の冬田とぞ思ふ 飯島晴子
老人のゆくてゆくての冬田光 飯田龍太
肥桶洗ふや冬田の艶に負けられず 原田喬
胸張れるもの冬田ゆく鴉のみ 軽部烏頭子
脚高く鴉吹かるる冬田かな 石原舟月
艀より降りて冬田にきてをりぬ 前田倫子
茜の冬田誠意の妻の何もたらす 金子兜太 少年/生長
茶にむせて涙零しぬ老の冬 田中蛇々子
草や木の魂飛ぶ冬田日和です 栗林千津
荒海に日上り冬田小さゝよ 石鼎
落日のために冬田が見えぬ時 相生垣瓜人 微茫集
蔵王堂見ゆる尾の上の冬田打 南光 翠峰
藪蔭の浮草赤き冬田かな 寺田寅彦
行く我に星も従ふ冬田かな 西山泊雲
街道はとほり冬田はただありぬ 長谷川素逝 村
裏より訪ふ刺客の墓地や冬田経て 北野民夫
裏口に冬田のつづく遊び人 鈴木六林男 国境
谷を出れば城下が見ゆる冬田哉 寺田寅彦
豊年の跡寂として冬田かな 大谷句佛 我は我
象潟の家はうつ伏せ冬田べり 村田脩
象潟は陸になりける冬田哉 寺田寅彦
赤い風船ばかり冬田の風船売 岸田稚魚 筍流し
走者また走者冬田に雲満ちて 橋本榮治 逆旅
足音のみの四方の冬田となりゆけり 米沢吾亦紅 童顔
踏みはづすあらぬ思ひの冬田道 斎藤玄 雁道
軽き日は鏡にうつす冬田の犬 細見綾子 花 季
通勤の朝日かたよる冬田道 百合山羽公 故園
道になる冬田に杭の打たれ立つ 皿井節子
道哲の寺を過ぐれば冬田かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
酒蔵の大きな影の冬田かな 望月皓二
鉱泉へゆく道のあり冬田中 田中冬二 行人
鋤き返す光はありぬ冬田打 金箱戈止夫
陰惨と見るべきならむ冬田あり 瓜人
雁鴨の喰物探す冬田哉 吟江
雨のひかり冬田に吸はる校舎裏 桜井博道 海上
雨水も赤くさびゆく冬田かな 太祗
電柱の丘へ外れ去る冬田かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
音律もなく雨降れりただ冬田 木村 風師
風音の虚空を渡る冬田かな 鈴木花蓑句集
食器白く月光乾きゆく冬田 大井雅人 龍岡村
骨壺もしばし冬田の中にかな 荒木忠男
鳰ひとつ消えて冬田の夜が来たる 楸邨
鶏を抱いて冬田の端にゐる 原田喬
鶴下りて惜しき日暮るゝ冬田かな 山口漁壮
鶴立つもこゝら狩場の冬田かな 喜谷六花
鷺點じ日輪點じ大冬田 星野立子
いまごろの冬の田を見にくるものか 田中裕明 花間一壺
冬の田に寒天さらし顔さらす 滝沢伊代次
冬の田に消ゆるピアノの音惜む 誓子
冬の田に眩しき日あり馬車を駆る 平之助
冬の田のすつかり雨となりにけり 五所平之助
冬の田の秩父おろしに濁りけり 鬼城
冬の田の馬上にすくむ影法師 松尾芭蕉
冬の田へ聞かせるように口笛吹く 田中灯京
冬の田も遊べり鶏と犬を容れ 狩行
冬の田や石処々顕れぬ 野田別天楼
松風やいくとせ冬の田打せる 横光利一
初明りあしたの雪の田に里に 徂 春
卒業のこの雪の田も水音す 桜井博道 海上
雪の田となりて自転車思ひ出す 松山足羽
雪の田に手鍬がおこす仏の座 鳥越すみこ
雪の田に黒一点の羽摶くも 今泉貞鳳
雪の田のしんと一夜の神あそび(新野雪祭) 野澤節子 『飛泉』
雪の田の上に雪舞ふ大旦 坂本山秀朗
しづかなる昂りしづかなる雪田よ 石橋辰之助 山暦
てらてらとして雪田は長寿なり 和知喜八 同齢
なやらひの先触れの雪田へ飛べり 佐野美智
ひろびろと雪田ありて我等行く 橋本鶏二
圏谷の雪田風吹き夕日さす 岡田日郎
朝からのほがらかさ雪田渉るなり 宮原双馨
林に雪田に雪村に残る雪 高澤良一 寒暑 
火ロ湖に浸る雪田の裾真青 福田蓼汀
石室へ又雪田を渡らねば 高濱年尾 年尾句集
能登の果雪田となりし塩田よ 品川鈴子
雪田に跳び下りみえる白根岳 和知喜八 同齢
雪田のひかりさびしや目つむれど 石橋辰之助 山暦
雪田の一点熊の帰るなり 涼斗
雪田の辺に衣をかむりよこたはる 石橋辰之助 山暦
雪田の雪の止み間の淋しさよ 松本たかし
雪田を行きつひとつの岩を指す 石橋辰之助 山暦
雪田を越ゆカメラマンの腕時計 桜井博道 海上
雪田を踏めばあらたなる風立ちぬ 石橋辰之助 山暦

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22925462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング