水涸る

水涸る

例句を挙げる。

あくた焚くひと影に水涸れはじむ 長谷川双魚 風形
あさましく涸れたる川を眺めけり 日野草城
あさましく貯水池涸るる通し鴨 富安風生
あらぬ辺に水湧きつゝも池涸るゝ 井桁蒼水
おのがかげ見おろすとびに水涸るる 金尾梅の門
きさらぎの瀧涸れもせず流れゆく 佐川広治
くるめきて炎帝わたる涸れ川原 柴田白葉女 『夕浪』
この谷の涸れたるさまを火取虫 宇佐美魚目 天地存問
ずたずたの早湍や涸るるけしきなし 下村槐太 天涯
はんにちは母半日は涸れし川 津沢マサ子 空の季節
ひとすじの川涸れるころ塵となる 津沢マサ子 空の季節
ひもすがら日ざす一ト間や水涸るゝ 金尾梅の門 古志の歌
ふるさとは山をめぐらし水涸るゝ 上村占魚 鮎
まぼろしの川涸れるころ紐となる 津沢マサ子 空の季節
よりどころなりしかの沼涸れにけり 成瀬桜桃子 風色
一弟子と涸川わたり伊勢県(あがた) 角川源義 『冬の虹』
一橋脚さびし涸川もそこに鳴る 林火
一瀑の言葉つくせしごと涸るる 遠藤雪花
一行のイデエ流るゝものを涸らす 加藤郁乎
三輪山の影置く池も涸れはじむ 森田峠 避暑散歩
乳房と拳銃ばかりの看板東京涸れ 楠本憲吉
人妻に囲まれ滝は涸れてをり 横山白虹
傷兵と子に噴泉の水は涸れ 岸風三楼 往来
冬籠火上に瞳涸らしけり 乙字俳句集 大須賀乙字
凧高くいよいよ涸るる多摩の紺 中島斌男
凩や水涸れはてて石を吹く 稿本虚子句集 高濱虚子・今村一聲編
別腸と云ふも涸れつつ年立ちぬ 相生垣瓜人
加茂川の日々に涸れゆく酢茎かな 岸風三樓
参詣の人に冬涸れ御講水 高浜虚子
噴水の涸れしなさけと思ひ知る 稲垣きくの 牡 丹
噴水の涸れしはただの水溜り 稲垣きくの 牡 丹
噴水の涸れし高さを眼にゑがく 木下夕爾
噴水の涸れては風も奏でぬよ 稲垣きくの 牡 丹
噴水涸れをんなの欠片きて佇てり 稲垣きくの 牡 丹
噴水涸れ片身そがれてさへ死ねず 稲垣きくの 牡 丹
国栖奏の笛涸谿にひびきたり 塩川雄三
地震涸れの川ずたずたに切れにけり 西本一都 景色
境内に涸池二つ天竜寺 大場活刀
外出ごころそゞろに晴れぬ水涸るゝ 金尾梅の門 古志の歌
大根洗ひもすみし渓なる涸れやうや 林原耒井 蜩
大滝の涸れたる山のさびしさよ 高浜虚子
大風にぱつたり涸れし井水かな 乙字俳句集 大須賀乙字
天龍の涸れし流に水棹突く 百合山羽公 故園
天龍の涸れる流れを猫なめて 鈴木松山
妻が指置きても涸れし泉石 桂樟蹊子
姫川の涸れつたひ行き逢ひ得たり 栗生純夫 科野路
寒月下盲のごとく沼涸れをり 伊東宏晃
寒清水涸れず夜も落つ寂と落つ 及川貞 夕焼
寒燈を遮蔽して紙上ペン涸れず 渡邊水巴 富士
山しづか涸滝も亦静なる 西岡つい女
山水の涸れ~ながら玉走る 王城
山荒れて今宵も涸るる筧かな 会津八一
岩相の九十九態や川涸るる 林 翔
岸と岸繋りそめて川涸るる 藤崎久を
峰雲や島に一つの井戸涸るる 高左木芳
崖の日は風に消ゆべし川涸るる 佐野良太 樫
川なりに涸れても水の曲るなり 石塚友二
川涸るるごとく通草の実がはじけ 安東次男 裏山
川涸るるひとつところにたぎちつつ 彷徨子
川涸れた故郷 ゴロンと ゴツンと石 伊丹三樹彦 樹冠
川涸れておのづからなる径かな 日野草城
川涸れてをりエプロンをはづすとき 藺草慶子
川涸れてヘディンのゆきしところかな 日原傳
川涸れて不死男の擬音うつくしき 平井照敏 天上大風
川涸れて包茎の岩現はるる 辻田克巳
川涸れて吹きさらさるゝ石寄れり 麦生
川涸れて小石みるみる光りけり 仙田洋子 雲は王冠
川涸れて水禍のままの田と平ら 亀井糸游
川涸れて水鳥さむきあしたかな 大江丸
川涸れて石激流の相をなす 野見山朱鳥
川涸れぬ磧の中の渡り板 高濱年尾 年尾句集
川涸れの蘆暮れなんとして白き 鴻村
市の魚冴返る風に涸れつつあり 原田種茅 径
底なしと怖れし沼も涸れてをり 目黒はるえ
放蕩を尽せし滝の涸れにけり 大串 章
断絃といふことばあり滝涸るる 西本一都 景色
日あたりに斧研ぐ杣や水涸るゝ 銀漢 吉岡禅寺洞
昼の月でゝゐて水の涸れにけり 久保田万太郎 流寓抄
曲水の涸れし歳月落葉積む 文挟夫佐恵 遠い橋
木曽川の涸れも日和も極まれる 亀井糸游
柴こりの涸れ残る瀬をかちわたる 寺田寅彦
梓川涸れて穂高の眠りけり 富田うしほ
楽想や涸るゝ大河をわたり了ヘ 中島斌男
母病めば冬の涸れ溝風通ふ 小林康治 玄霜
母病めば詩ごころ涸れ十二月 大橋敦子
水仙の散華涸れざる現川 下村ひろし 西陲集
水始めて涸るる磧に鴉ゐて 池田秀水
水得んと涸れたる沼の底を掘る 長谷川素逝 砲車
水流の刃先ひらりと涸れゆけり 樹実雄
水涸の奥へ作業の飯はこぶ 西村白雲郷
水涸の水にて流れねばならず 西村白雲郷
水涸の水を硯の写経かな 尾崎迷堂 孤輪
水涸るといへど深淵底見せず 上田五千石 田園
水涸るるダム一村の匂いけり 相川玖美子
水涸るる音のはづれの逆さ蝶 永田耕衣 加古*傲霜
水涸るゝぬくさに裏戸ありにけり 田中裕明 花間一壺
水涸るゝ上に道あり人通る 田中裕明 山信
水涸るゝ音に囲まれゐたりけり 萩原麦草 麦嵐
水涸れかゝる花もつ水草ありて 游魚遺稿 藤原游魚
水涸れし噴水台は鳩のもの 山本歩禅
水涸れし石に落ちつく鳥のあり 上村占魚 鮎
水涸れし磧のはてに山眠る 田中冬二 麦ほこり
水涸れてあはれや橋の添柱 平砂
水涸れて人は祷りのあかつきを 鷹女
水涸れて出る杭長し浮寝鳥 塩谷華園
水涸れて古りゆくものに湖中句碑 丹後浪月
水涸れて土ふくよかに鷺白し 高濱年尾 年尾句集
水涸れて天才少女とはかなし 田中裕明 櫻姫譚
水涸れて心づもりの崩れゆく 栗林幹子
水涸れて思ひもかけぬ絵にあひぬ 田中裕明 櫻姫譚
水涸れて戀文は矢のやうに来る 田中裕明 先生から手紙
水涸れて昼月にある浮力かな 大峯あきら
水涸れて暗さのひそむ禊の場 松岡君枝
水涸れて木に宿り木の高さかな 波多野爽波 『湯呑』
水涸れて柳短き寒さ哉 呉仙
水涸れて桃の落花の飛ぶことよ 岸本尚毅 舜
水涸れて橋番小屋の冬ざれぬ 寺田寅彦
水涸れて橋行く人の寒さかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
水涸れて池のひづみや後の月 蕪村
水涸れて男滝女滝の相触れず 矢野滴水
水涸れて砂に食ひ入る轍かな 著森遺稿集 貴志著森
水涸れて肋も若き夜の仁王 大峯あきら
水涸れて芦の中ゆく径かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
水涸れて蛇籠にたまる芥かな 桜井芳水
水涸れに尚うつる大榎かな 松浦為王
水涸れの杭さびしさの丈くらべ 鳥居美智子
水涸れやいやたかしらす山不動 芝不器男
水涸れや日に乾き鳴る蘆の音 虚子選躑躅句集 岩木躑躅、村上磯次郎編
水涸れや蝦の泳ぎのすきとほり 良太
水芭蕉田植試みし跡ぞ涸る 殿村莵絲子 遠い橋
水車廻す力を残し水涸るる 池田秀水
汗涸れぬ高梁雲を凌ぐ午下 相馬遷子 山国
池二つ涸れてその色異なれる 田中裕明 櫻姫譚
池心までゆきて涸れ池よそよそし 西村青渦
池涸れてしまひし芥何やかや 高濱年尾 年尾句集
池涸れて亀積むあそび亀がせり 中原道夫
池涸れて入る日出る月大きけれ 大峯あきら 鳥道
池涸れて尚ほ青空を映しをり 波止影夫
池涸れて底のかたちのあらはれぬ 辻桃子
池涸れる深夜 音楽をどうぞ 鈴本六林男
河涸れて岐れをり何をか言はむ 津田清子 礼 拝
沼涸れて狼渡る月夜かな 村上鬼城
泉涸れ地祗もひそませたまふかな 木村蕪城 寒泉
泣き涸れて聴く一山の蝉しぐれ 赤城さかえ
涸 れ き つ た 川 を 渡 る 山頭火
涸るる水さらに三筋に岐れ落つ 爽波
涸れいそぐ流れや橋の下を過ぎ 百合山羽公 故園
涸れきつた川を渡る 種田山頭火 草木塔
涸れきつた父よ臘梅から朝日 伊藤 和
涸れし川わたる市電の音をたて 小路智壽子
涸れし滝まへにしずかな夕日の木 近藤一鴻
涸れつくし母炎天の礫めく 小林康治 玄霜
涸れてなほ翡翠の摶つ淵ひとつ 山下竹揺
涸れなんと川はいよいよ曲りくねる 川島彷徨子
涸れ川のしはぶきを聴く桜の木 柿本多映
涸れ川の意志を見せたるひと流れ 河野南畦 湖の森
涸れ川の温泉の噴くところ石積めり 高浜年尾
涸れ川は蒼い包帯村の目覚め 斎藤白砂
涸れ川を右し左し探梅行 五十嵐播水 播水句集
涸れ川を鹿が横ぎる書架の裏 中島斌雄
涸れ果てて平原や風透きとほる 小池文子 巴里蕭条
涸れ残りたる水鏡暮れ残り 耕衣
涸れ池へ生えおりし草も末枯るゝ 内田百間
涸れ河へ白木蓮の聖歌隊 田川飛旅子
涸れ沼の一枚の反り鴨落ちる 小松崎爽青
涸れ滝の風生む力ありにけり 五十嵐播水
涸れ滝へ人を誘ふ極寒裡 飯田蛇笏 椿花集
涸れ瀧と言へど激する一処あり 石川文子
涸れ細りたりとはいへど那智の滝 森田峠 避暑散歩
涸れ難き水手をつなぎ流れ行く 永田耕衣 驢鳴集
涸ダムなり朝鴉飛ぶ真つ逆さま 寺田京子 日の鷹
涸井戸に水の戻らぬ餘寒かな 廣江八重櫻
涸川か月日かしらず蛇行せり 津沢マサ子 風のトルソー
涸川がひかる昨日のつづきを縫い 津沢マサ子 空の季節
涸川が野梅の裏にまた白し 百合山羽公 故園
涸川に何焚きし灰堆く 高濱年尾 年尾句集
涸川に子の網なにをすなどるや 石川桂郎 四温
涸川に影も小石の数もてり 平井照敏
涸川に憮然と橋のかかりけり 大串章
涸川に石の放さぬ赤き布 辻田克巳
涸川に鳥たつ木曽の夕ぐれは 桂 信子
涸川の一むら赤し蓼の茎 鼠骨
涸川の大禍時や徒渉る 槐太
涸川の岩に腹すり鱒ほそる 佐野美智
涸川の明るさ石を投げてより 鈴木重美
涸川の杭一禽を得て痩せぬ 池田秀水
涸川の此処までは来てゐる流れ 高濱年尾 年尾句集
涸川の水の消えたるところかな 高浜年尾
涸川の流れの迷ふ大河原 宮田俊子
涸川の涸れはてて海にむかふなり 木下夕爾
涸川の涸れ灌木に移りけり 高澤良一 鳩信 
涸川の飴いろ鴉来たりけり 長谷川双魚 風形
涸川や梅提げて石を飛び渡る 雑草 長谷川零餘子
涸川や渡らで遠き梅見人 雑草 長谷川零餘子
涸川や生きゐるものにマッチの炎 成瀬桜桃子 風色
涸川を徒渉て恵方の観音堂 関森勝夫
涸川見る砂利採り馬の無言見る 寺田京子 日の鷹
涸池に下りてしまえば無力なる 阿以鎮雄
涸池の光りてそこに水のこる 辻田克巳
涸沢小屋雪より起す五月来ぬ 望月たかし
涸河の水海となる波立てり 松村蒼石 寒鶯抄
涸沼に旅の背を向け寝ねむとす 成瀬桜桃子 風色
涸清水杓にためては遊びけり 阿波野青畝
涸渓が荒海と会ふ裏日本 津田清子 礼 拝
涸溝の底つたひ田に人通ふ 川島彷徨子 榛の木
涸滝にみち突き当る御陵みち 高濱年尾 年尾句集
涸滝のいつまで男去らしめず 倉橋弘躬
涸滝のかよひそめをり探梅行 大橋櫻坡子 雨月
涸滝のなほどことなく水落す 高浜年尾
涸滝のなほ執念の一縷かな 翠舟
涸滝のにじみそめたる蕗の薹 清崎敏郎
涸滝のひりひりと月落ちかかる 鷲谷七菜子 花寂び
涸滝の巌にからみて落つるかな 山口草堂
涸滝の落ちゆく末は風の音 山口草堂
涸滝の見てゐるうちに昃りたる 木下夕爾
涸滝の風生む力ありにけり 五十嵐播水
涸滝をまぶたに眠る石のごと 稲垣きくの 牡 丹
涸滝を日のざらざらと落つるかな 赤尾冨美子
涸滝を色めきとびし鶲かな 五十嵐播水 播水句集
涸滝を遡りゆく黒揚羽 平林孝子
涸瀧となりをはるにはいとまあり 後藤夜半
涸瀧の巌にからみて落つるかな 山口草堂
涸瀧の落ちゆく末は風の音 山口草堂
涸磧梟師は長影をひき 宇多喜代子
涸谷へ下りゆくおのが影とともに 佐々木辰夫
涸谿の木霊言霊冬ざるる 佐原トシ
深草のなにがし池の涸れにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
渓魚眠る石ありて水涸れ残る 内藤吐天
温泉の涸れし宿の目貼のたんねんに 亀井糸游
湖涸れて忘れ竹瓮のありにけり 飯田青水
湖涸れて波止より低き舟の笘 藤澤 石山
滝つぼの底の大岩滝涸るゝ 伊東 柳吟
滝川の涸れたる岩に人小さし 木国
滝涸るる遂に見せざる水の裏 河野南畦 湖の森
滝涸れてさらにしづけき庫裡の裏 黒田櫻の園
滝涸れて一枚巌となりにけり 桜坡子
滝涸れて垂水の黝く岩づたふ 篠原梵 雨
滝涸れて気違ひ照りの紅葉哉 中川宋淵 詩龕
滝涸れて返すこだまもなくなりぬ 西島麥南 金剛纂
滝涸れて音なき山の深さかな 平林七重
瀧涸れてより山の星ぞろぞろと 大峯あきら
瀧涸れて垂水の黝く岩づたふ 篠原梵
火事に汲みし井の二日涸れ飛ぶ燕 宮林菫哉
父よ眠れ吹かれどおしの涸れ水車 大井雅人 龍岡村
片淵をなして田の堀涸れにけり 川島彷徨子 榛の木
甌穴が三百ほども川涸るゝ 森田峠 避暑散歩
男去る涸滝壺を罵りて 上田五千石 田園
疎開者にばかり米磨水涸るゝ 萩原麦草 麦嵐
発心や涸れ谷に日の降りそそぐ 小島千架子
眼の奥に白旗ばかり涸れた泉 吉浜稲子
祝宴へ幾すぢ涸れし川わたる 林 翔
穢の涸の溝可愛くてならぬ也 永田耕衣 人生
笹鳴や井戸また涸るゝ日の匂ひ 佐野青陽人 天の川
簗かけし杭そのままに水涸るる 翠影
紙屋川涸るゝともなくせゝらげる 五十嵐播水 播水句集
細藺田の水の涸れたるところかな 尾上 萩男
翡翠の翔つ一閃の川涸るる 渡辺七三郎
自転車の陰涸川を渡りきる 梅木由起美
虎造の出涸らし節やお茶の花 戸塚和夫
蛇の骨の今にあらはや水涸れて 咲樹一樹
蛇行せる力残して川涸るる 真田清見
蟒のすむ沼涸れて雲の峯 子規句集 虚子・碧梧桐選
親沼の子沼連ねて涸れにけり 多胡一蚪
観梅や小川の涸れを見などして 藤田あけ烏 赤松
言葉涸れる雲美しき帆走後 平井久美子
詩藻涸れ金銭感覚鈍りけり 鈴木修一
誰もが見る涸渓毬を拾はねば 津田清子
谷水も涸れしままなるすすきかな 室生とみ子
谷河の大岩の根に涸れ残る 寺田寅彦
豊沢川垢あつく涸れゐたりけり 川島彷徨子 榛の木
身にいつか列車のリズム川涸れて 喜舎場森日出
軍需工業夜天をこがし川涸れたり 岸風三樓
逢坂の蝉の小川は涸れにけり 野呂子
金魚死して涸れ残る水の氷哉 正岡子規
銀閣を見て来し水の涸れてをり 岸本尚毅 鶏頭
銃口に狙われ涸れし沼氷る 飴山實 『おりいぶ』
雀らのさわげる水の涸れはじむ 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
雀らの水涸れやすし七七忌 小島千架子
雪崩見よ岩群の日をうばひつゝ(穂高涸澤) 石橋辰之助
雲はかげをいづこへ川の涸れてをり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
青柘榴わが井もつひに涸れにけり 石田あき子 見舞籠
面會やわが聲涸れて妻眼ざしを美しくす 橋本夢道
頑に音のんで溪涸れにけり 上村占魚 『天上の宴』
香水の一瓶涸るる月夜かな 大木あまり 火のいろに
鳴神の滝の涸れざましかと見き 稲垣きくの 牡 丹
黄沙来と涸れし乳房が血をそそる 竹下しづの女句文集 昭和二十五年
黄瀬川といふ水涸れの磧かな 小杉余子 余子句選

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22925541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング