冬の川

冬の川

例句を挙げる。

みづからの音に暮れゆく冬の川 米山露女
ゆらゆらと舟をつなぎて冬の川 星野椿
人体のどこかで冬の川に寄る 津根元潮
冬の川しづかに天を隔てつつ 徳本映水
冬の川はなればなれに紙ながる 桂信子 黄 瀬
冬の川キンキンたればふところで 富澤赤黄男
冬の川一本松のうつりけり 柑子句集 籾山柑子
冬の川一条に日を絞りきり 橋本榮治 麦生
冬の川励み流るゝ瀬あるかな 尾崎迷堂 孤輪
冬の川寝覚の床を裂き流れ 野見山朱鳥
冬の川己れにひびき流れをり 辻恵美子
冬の川曲がりしあとは光のみ 仙田洋子 雲は王冠
冬の川流れゐるとも思はれず 小山白楢
冬の川潮うすうすと上りつめ 松村蒼石 雪
冬の川白髯橋を以て渡る 山口青邨
冬の川細りて鯉の一列に 古川充子
冬の川繃帯の端垂らしをり 齋藤愼爾
冬の川腰くだけたる石の橋 閻魔 河野静雲
冬の川舟を集めて曇りけり 温亭句集 篠原温亭
冬の川見て叱して詩を作る 山口青邨
冬の川見るための眼をつかひけり 藤岡筑邨
冬の川誰もが己が影を捨てに 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬の川身を脱けゆくは婚の燭 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
夜はふかく地に沁み冬の川曲る 近藤実
大原女に鼬逃げゝり冬の川 雑草 長谷川零餘子
太陽の力とどめず冬の川 稲畑汀子
家の裏ばかり流れて冬の川 細見綾子 黄 炎
小公園片側冬の川流れ 大野林火
巻尺を出し切り冬の川に沿う 和田悟朗
我が胸に流れて歇まず冬の川 石田あき子 見舞籠
捨てられて菊なまなまと冬の川 古舘曹人 樹下石上
日の当る所ゆるびて冬の川 高井瑛子
朝あけも真昼も曇る冬の川 松村蒼石 雁
木を挽いて音あを~と冬の川 秋元不死男
本流に入りて安らぐ冬の川 福川悠子
森ふかく入り来ぬ冬の川とわれと 木下夕爾
水涸れて轍のあとや冬の川 夏目漱石
沿ひ行けば夜の雲うつる冬の川 山口誓子
流れ来るもの一つなき冬の川 五十嵐播水
渡り石踏み濡れてあり冬の川 岩木躑躅
渦解きて荒瀬のり越す冬の川 前田普羅 飛騨紬
糊代の余白がありしよ冬の川 齋藤愼爾
荒縄の端につながる冬の川 河合凱夫
谷深み杉を流すや冬の川 夏目漱石 明治三十二年
走者一掃して冬の山冬の川 飯田龍太 遅速
野鼠の流れわたりす冬の川 四明句集 中川四明
鉱山の町や舟著く冬の川 雑草 長谷川零餘子
院事妻事抜け醫師冬の川を跳ぶ 藤後左右
青々と竹を洗ふや冬の川 癖三酔句集 岡本癖三酔
あをあをと冬川底の藻がうごく 中拓夫 愛鷹
こころの北側とは冬川の流れかな 齋藤愼爾
やすき瀬や冬川わたる鶴の脛 高井几董
一行事終り人去り冬川原 山本 幸代
仰向けに冬川流れ無一物 成田千空 地霊
冬川が削る赭埴の色新らし 内藤吐天 鳴海抄
冬川といのちの間の滾ちけり 齋藤愼爾
冬川にかゝりて太し石の橋 高野素十
冬川にごみを流してもどる 尾崎放哉
冬川につきあたりたる家族かな 千葉皓史(1947-)
冬川にみよしふり~つなぎ舟 河野静雲 閻魔
冬川にむさきもの啄む烏哉 高井几董
冬川に冴える電球を撃つは今 赤尾兜子
冬川に出て何を見る人の妻 飯田蛇笏(1885-1962)
冬川に影ふるはせて枯木皆 青峰集 島田青峰
冬川に捨てたる犬の屍かな 正岡子規
冬川に架けて高さや橋揺るゝ 青峰集 島田青峰
冬川に沿い累代の子守唄 斎藤愼爾 冬の智慧
冬川に沿ひ生きてをり死んでをり 秋澤猛
冬川に沿ひ累代の子守唄 齋藤愼爾
冬川に洗ひ場一つ持ちて住む 鶴丸白路
冬川に船卸しする装ひよ 青峰集 島田青峰
冬川に芥浮べて水浅し 青峰集 島田青峰
冬川に赫と日照りし芥かな 清原枴童 枴童句集
冬川に青々と見ゆ水藻かな 村上鬼城
冬川に音して舟の投げ釣瓶 吉武月二郎句集
冬川に鯊釣る死相かがやかせ 殿村莵絲子 花寂び 以後
冬川に鴨の毛かゝる芥かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬川のたしかな落差砂礫澄み 成田千空 地霊
冬川のどん底唄や砂利採女 萩原麦草 麦嵐
冬川のひびきを背に夜の伽 石原八束 空の渚
冬川の低き橋桁水洗ふ 高木晴子 花 季
冬川の刃の削ぎとりし一砂丘 福田蓼汀 秋風挽歌
冬川の家鴨よごれて集ひけり 河東碧梧桐
冬川の底流れゐて亡父泛かぶ 新谷ひろし
冬川の末はひかりとなりにけり 谷野予志
冬川の水合ししぶきとなる所 細見綾子
冬川の流れにこころ合はせつゝ 秋田裕弘
冬川の浅みに蜷のみち消えて 松村蒼石 雪
冬川の湛へを誰も気付かずに 松山足羽
冬川の砂とる土手の普請かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬川の菜屑啄む家鴨かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬川の葦に憑かるることもあり 保坂敏子
冬川の街や縫ひ来しさゝ濁り 石塚友二
冬川の鏡のごとき一トところ 清原枴童 枴童句集
冬川やから~きしる綱渡舟 楠目橙黄子 橙圃
冬川やのぼり初めたる夕芥 杉田久女(1890-1946)
冬川やほとけの花の流れ去る 蕪村遺稿 冬
冬川や家鴨七羽に足らぬ水 正岡子規
冬川や家鴨四五羽に足らぬ水 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬川や宿雨うちやむ岩だたみ 飯田蛇笏 山廬集
冬川や小さき石に浪の花 村上鬼城
冬川や日当る水を流し居て 尾崎迷堂 孤輪
冬川や木葉は黒き岩の間 惟然
冬川や朽ちて渡さぬ橋長し 寺田寅彦
冬川や染屋の裏の水使ひ 癖三酔句集 岡本癖三酔
冬川や森あらはなる鴨社 冬葉第一句集 吉田冬葉
冬川や水嵩を云はゞ石越して 尾崎迷堂 孤輪
冬川や燈火楼台一万家 古白遺稿 藤野古白
冬川や男山よりはなし声 前田普羅 新訂普羅句集
冬川や砂にひつつく水車 正岡子規
冬川や筏に眠る獺を見る 喜谷六花
冬川や筏のすはる草の原 榎本其角
冬川や腰くだけたる石の橋 河野静雲 閻魔
冬川や蕪流れて暮かゝり 加舎白雄
冬川や藪の青きに流れ沿ひ 尾崎迷堂 孤輪
冬川や身延へ十里上り船 雑草 長谷川零餘子
冬川や魚の群れ居る水たまり 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬川をたぐり寄せては布放つ(加賀友禅) 飴山實 『少長集』
冬川を追ひあげて来ぬ家鴨飼 村上鬼城
冬川原広やかに建ちぬ芝居小屋 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
冬川原石に鳥ゐて飛び失せぬ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
冬川原鳥眼に失せて広さかな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
口数を少なく冬川べり歩く 石川文子
吊橋は翼冬川ひかりをり 嶋田麻紀
名山に近く冬川の豊かさよ 青峰集 島田青峰
岩の上に冬川の音通ひをり 飯田夷桃
峡の冬川昼は流れて夜は激ちぬ 森澄雄 雪櫟
師のもとへ冬川の破橋わたる 石川桂郎 含羞
新世紀とは冬川も急ぎゐる 岩岡 中正
棲家とづ閑の冬川あきらかに 飯田蛇笏 春蘭
歩を合はせ吾も冬川を流るるや 林翔 和紙
洪水の跡をながるる冬川あり 篠原梵 雨
犬岩を冬川の一点景に 遠入 たつみ
石多き冬川を過ぐ鉄音たて 大井雅人 龍岡村
石抛り冬川すこし目覚めさす 石川文子
神田川冬川にしてなほよどむ 吉田北舟子
糸引いて石這ふ蜘蛛や冬川原 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
落潮に乗る冬川の迅みけり 松村蒼石 露
蛇籠沈めて冬川と親しめり 古川 淑
金管楽器冬川に水足らざりき 吉井幸子
骨拾ふとき冬川の音絶えし 原 裕
鶏毟るべく冬川に出でにけり 飯田龍太(1920-)
鹿の出て冬川寥とゆきにけり 古舘曹人
亡きひとの名を呼び捨てに冬河原 福田甲子雄
冬河に新聞全紙浸り浮く 山口誓子(1901-94)
冬河に誰呼びおるや谺なし(片山桃史戦死) 石橋辰之助
冬河に貧窮の尻さらしけり 岩田昌寿 地の塩
冬河のきらきらきらわが没主体 小川双々子
冬河の辺にて戦車を童ら囲む 伊東宏晃
冬河へ突き出し寒き一枚の耳にうつし身すがり眠れる 谷井美恵子
冬河わたる空席に新聞紙 横山白虹
冬河原掘ればかならず鉄格子 佃 悦夫
冬河原故人はバスからも降りず 今長谷蘭山
冬河原暮るる犬捕り車いて 三谷昭 獣身
孔子像みたびたしかめ冬河越ゆ 久保田慶子
孤児わらうわらう冬河あるばかり 石橋辰之助
猪裂きし手を洗ひをり冬河原 角川春樹
すべて打消す冬の河逆波立ち 津田清子 礼 拝
一水をあまさず搾り冬の河 栗生純夫 科野路
人を焼くほのほがたたく冬の河 黒田杏子 水の扉
冬の河さびしき過去の翳もてる 伊東宏晃
冬の河ふたつ渡りて旅となる 石井薔子
冬の河われに嗅ぎより犬去れり 加藤楸邨
冬の河崖より芥投げ捨てられ 沢木欣一
冬の河沈黙のあとの紙人形 保坂敏子
冬の河浅みの澄みのけふも暮る 松村蒼石 露
冬の河渡舟に犬を立たせ来る 岡部六弥太
日ざしつつ冬の河幅現はるる 松村蒼石 雪
染料の虎色にじむ冬の河 秋元不死男
笛吹きし少年渡る冬の河 対馬康子 吾亦紅

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:32 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22925554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング