乾鮭

乾鮭

例句を挙げる。

とし守や乾鮭の太刀鱈の棒 蕪村 冬之部 ■ 題沓
まっ白き歯の乾鮭の吊られたる 加藤三七子
みちのくの乾鮭獣の如く吊り 山口青邨(1892-1988)
両眼を備へ乾鮭吊られあり 奥坂まや
乾鮭(からざけ)のからついてゐる柱かな 夏目漱石 明治三十一年
乾鮭にあかぎれの手を噛まれけり 平塚蕗山
乾鮭にはじめての刃をあてんとす 山口波津女 良人
乾鮭に吹雪の夕日あたりけり 名和三幹竹
乾鮭に喝を与ふる小僧かな 高浜虚子
乾鮭に弓矢の神を祭りけり 寺田寅彦
乾鮭に忘れて長きぬくめ酒 『定本石橋秀野句文集』
乾鮭に目鼻つけたる御姿 子規句集 虚子・碧梧桐選
乾鮭に貧を思はず愚を思ふ 小澤碧童 碧童句集
乾鮭に風のぶつかる漁仕舞 田上悦子
乾鮭のあけし口より日のにほひ 小橋久仁
乾鮭のあるが上にも貰ひけり 松瀬青々
乾鮭の下なることにこだはれり 山口誓子
乾鮭の下顎強くもの言ヘり 嶋田麻紀
乾鮭の余寒の頭残りけり 癖三酔句集 岡本癖三酔
乾鮭の処刑の縄を口に尾に 井沢正江
乾鮭の切口赤き厨かな 正岡子規
乾鮭の半身吊して窯神 木村滋子
乾鮭の吊られて並ぶ背に値札 長谷川櫂 古志
乾鮭の名利のあぶらなかりけり 几董
乾鮭の奥の灯明り新仏 飯田龍太
乾鮭の歯のしみ~と錆びにけり 米沢吾亦紅 童顔
乾鮭の歯や柊の白き花 癖三酔句集 岡本癖三酔
乾鮭の無念も涙も売られけり こしのゆみこ
乾鮭の片荷や小野の炭俵 蕪村遺稿 冬
乾鮭の片身削がれて煤けけり 水内鬼灯
乾鮭の背骨にふれて刃をすすむ 小檜山繁子
乾鮭の貌のしろがね夜に入る 藺草慶子
乾鮭の重たき向きのかはりけり 黒田杏子 水の扉
乾鮭の頭めでたし鬼退治 子規句集 虚子・碧梧桐選
乾鮭の頭もつとも乾びけり 長谷川櫂 古志
乾鮭の顔の寒きを切りにけり 小林康治
乾鮭の鱗も枯れて月日かな 日野草城
乾鮭は仏彫る木の荒削り 渡辺水巴 白日
乾鮭も火焔を負へば仏哉 妻木 松瀬青々
乾鮭も登るけしきや冬木立 蕪村遺稿 冬
乾鮭も空也の痩も寒の内 芭蕉
乾鮭や判官どのゝ上り太刀 蕪村遺稿 冬
乾鮭や沖に日の差す羽越線 椎橋清翠
乾鮭や灯まつ間の土間厨 『定本石橋秀野句文集』
乾鮭や焚く枯菊の薄畑 石井露月
乾鮭や琴に斧うつひゞきあり 蕪村 冬之部 ■ 倣素堂
乾鮭や苦沙彌は遂に冬の人 寺田寅彦
乾鮭や鏡花犀星貧に出づ 加藤耕子
乾鮭をさげて俥に乗りに鳧 内田百間
乾鮭をさげて西方無辺なり 橋石 和栲
乾鮭をたたいてくわんと鳴らしけり 村上鬼城
乾鮭をなべて持ちけり年の宿 高田蝶衣
乾鮭を切りては粕につゝみけり 水原秋桜子
乾鮭を吊るすラッセルまた哭きすぐ 細谷源二
乾鮭を挽ば木のはし炭の折 高井几董
乾鮭を描くリアリズム明治とは 日原傳
乾鮭を提げて話すや風の中 月舟俳句集 原月舟
乾鮭を提げて闇夜を戻りけり 藺草慶子
乾鮭を提げ空港の端よぎる 小林康治
夜を寒み乾鮭つたふ鼠かな 乙州
寒食や乾鮭は世をさかさまに 会津八一
山国へ送る乾鮭歳暮かな 小澤碧童
年守る乾鮭の太刀鱈の棒 蕪村
手燭して乾鮭切るや二三片 前田普羅
数知れず乾鮭つりし厨かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
村上の堆朱乾鮭しぐれけり 黒田杏子 一木一草
棟梁に乾鮭贈る歳暮かな 佐藤肋骨
税重く人の背ごしの乾鮭光る 岩田昌寿 地の塩
袴着て乾鮭提げて帰りけり 小林李坪
託禅師乾鮭に白頭の吟を彫 蕪村 冬之部 ■ 倣素堂
風呂敷に乾鮭と見しは卒都婆哉 蕪村遺稿 冬
鼻曲る乾鮭を見き鼻撫でて 加藤楸邨
干鮭に喰ひさかれたる紙子かな 木導 霜 月 月別句集「韻塞」
干鮭の目へかがんだる竈馬かな 許六 九 月 月別句集「韻塞」
干鮭も空也の痩も寒の中 芭蕉
干鮭や琴に斧うつ響あり 蕪村
雪の朝独り干鮭を噛み得タリ 芭蕉

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:05 | 冬の季語 | Trackback
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22925716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング