例句を挙げる。

あとさきを知らぬ狼ほど可憐 櫂未知子 貴族
いつも出れば狼岩の名ありけり 小杉余子 余子句選
さすらいの遠の砂山犬抱いて 村松彩石
その夜の送り狼てふ主題(W・フォークナーに話が及びて) 佐々木六戈 百韻反故 初學
冬銀河垂れて狼ほろびの地 橋本榮治 逆旅
凌霄や狼少女の貫頭衣 竹中宏 句集未収録
古の狼火場とかや若葉山 高木晴子 晴居
寝冷腹抱へて槽(ふね)の狼魚(おおかみうお) 高澤良一 燕音 
山河荒涼狼の絶えしより 佐藤鬼房
山犬のがばと起きゆくすすきかな 黒柳召波 春泥句集
山犬の里へ吠え寄る夜寒哉 寺田寅彦
打狼とはすぎなへかかる関の雨 安井浩司 中止観
末枯のそよぎ始めを狼火山 伊藤京子
枯萩の光りに鹿狼颪かな 阿部みどり女
樵夫らの狼怖れ火絶やさず 松元桃村
母よ結ふべし狼はじき父はじき 高柳重信
沼涸れて狼渡る月夜かな 村上鬼城
滅びたる狼の色山眠る 矢島渚男
火を焚くや狼のほろびし話など 赤尾兜子
父鈴ならし狼のはたらきのはなし 阿部完市 春日朝歌
物を獲て狼迅し氷上を 緒方朴子
狐山狼山の尾花かな 三好達治 俳句拾遺
狼(ろう)有一また出て来うぞ桐落花 永田耕衣 葱室
狼かんや一月沼の横たはり 石田波郷
狼がエプロン着けし童話かな 田川飛旅子
狼が消え大野のはげしい尿意 山田緑光
狼が空に来てゐる冬銀河 石原八束 『仮幻』
狼に墓の樒の乱されし 石井露月
狼に夜は越せざる峠かな 大谷句仏
狼に帯の火曳きし野越かな 大須賀乙字
狼に逢はで越えけり冬の山 正岡子規
狼のあと踏み消すや浜千鳥 中村史邦
狼のおくる山路や月夜茸 中勘助
狼のかりま高なり冬の月 奚魚 霜 月 月別句集「韻塞」
狼のくひのこしたる小判かな 龍岡晋
狼のこの比はやる晩稲かな 支考 俳諧撰集「有磯海」
狼のごとく消えにし昔かな 赤尾兜子
狼のによろりと出るや藤の花 荒雀 俳諧撰集「有磯海」
狼のひよつと喰ふべし鉢たたき 野童 俳諧撰集「有磯海」
狼のまつりか狂ふ牧の駒 炭 太祇 太祇句選後篇
狼の人啖ひし野も若菜かな 尾崎紅葉
狼の嗅ぐ山神の通る岨路 長谷川かな女 花寂び
狼の声かと問へば首をふる 久本 千代喜
狼の声そろふなり雪のくれ 内藤丈草(1662-1704)
狼の声揃ふなり雪の暮 丈草 芭蕉庵小文庫
狼の子をはやしけり麻の中 許六
狼の小便したり草の霜 子規句集 虚子・碧梧桐選
狼の浮木に乗や秋の水 榎本其角
狼の滅びし郷のぼたん雪 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
狼の犬より小さし襤の中 福島小蕾
狼の生存説に炉火欲しき 石村与志
狼の眼の狛犬や山始 鳥居雨路子
狼の糞見て寒し白根越 正岡子規
狼の群に入らばや初時雨 寺田寅彦
狼の跡踏み消すや浜千鳥 史邦
狼の道をつけたる落ばかな 程己 十 月 月別句集「韻塞」
狼も一夜はやどせ萩がもと 松尾芭蕉
狼や出て我まゝの野べの花 井原西鶴
狼や剣のごとき月の弦 細木芒角星
狼や月に向って吠ゆるなり 山口 笙堂
狼や祭りて草の淋漓たる 松瀬青々
狼を嵌める一行の墓へ参り 安井浩司 赤内楽
狼を神とし祀り山凍る 岡田日郎
狼を詠みたる人と月仰ぐ 茨木 和生
狼吠ゆ芯から妻の淋しき夜 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
狼星(シリウス)をうかがふ菊のあるじかな 宮沢賢治
狼有一また出て来うぞ桐落花 永田耕衣 葱室
狼穽のあと腥し残る雪 小原十峰
狼穽の雪見て過ぎぬ春の山 乙字俳句集 大須賀乙字
狼罠も徒に春隣りけり 日比帰麓園
狼跳ねでたりひかりもの現在に 安井浩司 赤内楽
砂山は狼いろに草枯れゆく 成田千空
篠枯れて狼毛の山河となれり晩夏 金子兜太 暗緑地誌
絶滅のかの狼を連れ歩く 三橋敏雄
老いの手の線香花火山犬吠え 西東三鬼
能勢路や窓開けて待つ狼を 後藤綾子
臨終の涙痕のつめたい狼がばと狼 高柳重信
花を踏むことの狼籍秋の風 古舘曹人 砂の音
赤頭巾狼の腹にぬく~と 阿部次郎 赤頭巾
追分けぬいざ狼境の女根だうぃんちよ 加藤郁乎
雪女郎狼山のうしろより 佐藤惣之助
餓ゑてゐなければ狼ではないか 櫂未知子 貴族
鹿狼山朝月かかげ眠りけり 阿部みどり女

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22926781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

春分の日  の俳句
at 2017-04-30 04:21
彼岸詣   の俳句
at 2017-04-30 04:19
彼岸桜   の俳句
at 2017-04-30 04:17
貝寄風   の俳句
at 2017-04-30 04:13
春障子 の俳句
at 2017-04-30 04:11

外部リンク

記事ランキング