雪囲

雪囲

例句を挙げる。

かの鳥の来ぬ日なからむ雪囲 田中裕明 櫻姫譚
その中の早咲ほめよ雪囲 田中裕明 櫻姫譚
ともかくも取り壊したり雪囲 児玉輝代
どの家も出口一つや雪囲 漾ひとし
ながながと駅にはじまる雪囲 二唐空々
ふた親のやりとりが洩る雪囲ひ 柳川大亀
みちのくの温き日つづく雪囲 奥田七橋
みちのくや墓もとりこむ雪囲む 桜木俊晃
むめが香や雪囲ひとる軒の晴越中 夕里 俳諧撰集「有磯海」
一切を断つ禅寺の雪囲ひ 津崎和子
一邑に怒濤かぶさる雪囲 和田祥子
丁寧にこんなに小さき雪囲 稲畑汀子
三時過ぎて雪囲ひある部屋暗し 上村占魚 球磨
人と馬ひとつ戸口や雪囲 三宅句生
分校の作業といひぬ雪囲 山形理
四五軒の荒磯住ひの雪囲 伊藤柏翠
大雪が押す禅堂の雪囲ひ 山口誓子 不動
安宿の埋れてならぬ雪囲ひ 文挟夫佐恵 遠い橋
家裏に舟つなぎあり雪囲 大峯あきら 鳥道
屏風岩刳りたる湯壺雪囲ふ 中戸川朝人 星辰
山祗の出入の扉あり雪囲 前田普羅 新訂普羅句集
庭木みな粗略ならざる雪囲 松尾緑富
御社雪囲ひして雪かくな 高野素十
念入りに雪囲ひして人住まず 林 民子
敵のごとく北窓に海雪囲 竹鼻瑙璃男
斎館の荒縄ふとき雪囲ひ 佐川広治
新しき丸太の匂ふ雪囲 榎本栄子
杉かこみゐる斎館も雪囲 森田峠 逆瀬川
村八分されしごとくに雪囲ひ 鈴木酔子
梁のいよいよ黒し雪囲 片山由美子 天弓
沖遠く能登の灯の見ゆ雪囲 大森三保子
浪の花飛んで来る日の雪囲 後藤比奈夫
漁歌絶えて久し一寺の雪囲 宇佐美魚目 秋収冬蔵
牛吼をする犬のをる雪囲ひ 河東碧梧桐
狛犬に木三本づつの雪囲ひ 川崎展宏
狛犬も邪鬼と睦むや雪囲して 文挟夫佐恵 遠い橋
稲架の棒すぐ雪囲ひ棒雲幾重 大野林火
結びたる縄つんと立ち雪囲 小玉核子
縄の玉一人に一つ雪囲 林 正之
荒海や雪囲(しょがき)のかげのかごめ歌 石原八束 雪稜線
荒縄を男結びに雪囲 棚山波朗
荒縄を腰に作務僧雪囲 八十島吾朗
藁が来て親方が来て雪囲ひ 太田寛郎
藁砧置きあるままに雪囲 竹腰八柏
見ればある風の震へや雪囲 岩田由美 夏安
貧農家雪囲ひして明るさよ 吉見春子
赤き実のままの一位を雪囲ひ 鷹羽狩行
越後路の軒つき合す雪囲 松本たかし
鐘楼より一山の雪囲解く 皆吉爽雨
長縄は放りて捌き雪囲 嶋田摩耶子
雪つけてまだ疲れなき雪囲 中戸川朝人
雪に生き抜きてその墓も雪囲 能村登四郎
雪中にかわき現れ雪囲 八木林之介 青霞集
雪囲い解くや風巻く父の家 伊藤登久子
雪囲い解く寺山に入るかな 岡村千恵子
雪囲う肴町過ぎ日本海 石川 幸
雪囲しかけてありし雨の庭 安原葉
雪囲してひろびろと雛の宿 黒田杏子 花下草上
雪囲して三百の僧住めり 伊藤柏翠
雪囲して城趾に住める家 高浜虚子
雪囲して売る魚何々ぞ 中村汀女
雪囲して新しき門構 高濱年尾 年尾句集
雪囲して月早き村社あり 大峯あきら 鳥道
雪囲しばらく人の出入あり 田中裕明 櫻姫譚
雪囲そこそこにして旅にあり 宮木 きわ子
雪囲にもいろいろとあるものよ 清崎敏郎
雪囲ひしてある内を出でず住む 池内たけし
雪囲ひして居り明日は出稼に 米田一穂
雪囲ひして火を焚くや濤の前 角川春樹
雪囲ひせる講中のひとのこゑ 猪俣千代子 秘 色
雪囲ひとれば微笑の女人仏 秋澤猛
雪囲ひはじまる寺の鐘を撞く 坂内佳禰
雪囲ひ仏も籠る刻が来る 猿橋統流子
雪囲ひ千の雲水蔵したる 中村一志
雪囲ひ妻の支へる高梯子 羽吹利夫
雪囲ひ子を先立てて訪ふ生家 黒坂紫陽子
雪囲ひ済ませし村に雪降り出す 森田かずを
雪囲ひ済ませて夫と星仰ぐ 大高千代
雪囲ひ温泉女に眄しつつ結ふ 岸田稚魚
雪囲ひ結び目固く海の前 館岡沙緻
雪囲ひ解きて一山一寺かな 庄司圭吾
雪囲ひ解くや小荷物解くに似て 池上樵人
雪囲ひ解く裏口の空のいろ 伊藤敬子
雪囲ひ雪支へして人棲まず 茨木和生 野迫川
雪囲ふ昏みしんしん湯の滾り 野澤節子
雪囲ふ暗みの仏拝みけり 三宅句生
雪囲ふ終の住処の戸洩る灯よ 村上しゅら
雪囲よりとぎ汁の流れ出づ 辻 桃子
雪囲より稱光寺の和尚さま(佐渡宿根木) 岸田稚魚 『萩供養』
雪囲仏の間より解きはじむ 小林輝子
雪囲出でゆくほどの酔なりし 田中裕明 櫻姫譚
雪囲出来て雪待つ心かな 但野静耕
雪囲取りたる鯉の散らばらず 茨木和生 丹生
雪囲夏もそのまま鳥甲 山口青邨
雪囲大きく明りとり小さし 村上三良
雪囲解いて明るき目覚かな 石井蕾児
雪囲解かぬ一戸へ花吹雪 大島民郎
雪囲解かれし枝のはねかへる 太田貞雄
雪囲解きゐる祭支度かな 茨木和生 倭
雪囲解き嬶座明るくなりにけり 宮田静江
雪囲解き家らしく人らしく 三上一寒
雪囲解き月山を振り仰ぐ 松本 旭
雪囲解き海近し山近し 三村 純也
雪囲除れし仏間に日本海 木村蕪城 寒泉
青き葉の見えて柚子なり雪囲 宇佐美魚目 天地存問
飯粒の流れ出でけり雪囲 山本洋子
鮫捌く小出刃鈍けき雪囲 呂木
鴎散るや諸仏一切雪囲 斉藤夏風
あをあをと木賊の夢が墓囲ふ 石寒太 炎環
墓囲ひ化粧結びを垂らしけり 中戸川朝人 尋声
墓囲ひ居れば鴉の鳴きにけり 竹田凍光
墓囲ふいつもどこかに風の音 佐藤明日香
墓囲ふ父祖に紙子を着するごと 大串 章
墓囲ふ藁にしぐるる暮色かな 門前弓弦子
墓山に藁舁きゆくは墓囲ふ 細川加賀 生身魂
春までの無沙汰を告げて墓囲ふ 宮田茂夫
波の花雪垣を出でぬ雀どち 中戸川朝人 残心
潮騒に墓囲ふ音消されけり 荻原都美子
父の匂ひする父の墓囲ひけり 宇野玉葉
独り言黄泉へ聞かせて墓囲ふ 相馬沙緻
畳の目雪垣解きし日矢遊ぶ 草間時彦
白鳥のため雪除に身をおとす 古舘曹人 能登の蛙
童女来る弥撒のべールを雪除けに 下村ひろし
網走へ一里の標墓囲ふ 藤原美峰
萱編めり離村を前の墓囲 三嶋隆英
雪垣にはりつき酔へるものの唄 佐藤鬼房
雪垣にもたしかけある蘆の束 高浜虚子
雪垣に乗る日明るく柚子実る 西村公鳳
雪垣の一隅パセリ青みけり 樋笠文
雪垣をとりし鳥海久し振り 多田菜花
雪垣をのけて明るき雪解かな 正岡子規
雪垣を組みしばかりに雀来る 井上雪
雪垣解きし家のまる見え祭来る 谷内茂
雪除けて紅梅仰ぐ二月盡 横光利一
雪除の裾泌み出づる厨水 西山泊雲 泊雲
雪除を泌み出るけむり色ヶ浜 大峯あきら
雪除を編むも作務なり永平寺 赤坂静住
馬が大事の雪垣ならめ雀群る 成田千空 地霊

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22927060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング