雁木

雁木

例句を挙げる。

*はたはたや雪となり来し雁木市 森総彦
いちにちの日和の消ゆる雁木かな 綾部仁喜 寒木
ゆきかひのさざめきさびし雁木道 上林天童
前をゆく雁木の女湯屋に入る 永松 西瓜
土雛の並びそめたる雁木町 小島千架子
夏燕雁木が町をせばめをり 高木晴子 花 季
夕蝉の雁木の町やかへりみる 友岡子郷 遠方
市すぎし雁木となりてさびしけれ 上村占魚
干ずいき雁木に掛けし瞽女の宿 西本一都 景色
廃れ唄雁木の下を流れをり 文挟夫佐恵 遠い橋
日の当る方の雁木の子守道 相馬沙緻
昼灯す郵便局や雁木中 黒沼 草生
暮れかかる雁木たどるや十日町 老川敏彦
朝市に人ら跼めり雁木道 新井悠二
杖と音雁木を潜り花を潜り 栗生純夫 科野路
来る人に灯影ふとある雁木かな 高野素十
柿食ふや雁木の外の冬日和 内藤吐天 鳴海抄
母が家も雁木伝ひや春祭 小林康治 四季貧窮
深雪晴雁木表に馬具吊られ 松崎鉄之助
灯一つともる雁木を行きぬけし 高野素十
片側のはや暮れてゐし雁木町 安原葉
琴の糸紡ぐ雁木の湖の村 大岳水一路
看板の糖尿病に雁木かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
瞽女のやど雁木づたひの小暗がり 西本一都
瞽女のやど雁木のはしに菖蒲葺く 西本一都
瞽女唄の雁木洩るるはやるせなし 西本一都
石のせし雁木につゞくアーケード 南雲つよし
肩ふれて雁木の下をすれ違ふ 中嶋斉公
襁褓など干して雁木も町端れ 稲垣束ね
足音の追ひかけてくる雁木かな 及川仙石
軒並めて塗師指物師雁木道 和田敏子
酒買ひにかけ込む雁木通りかな 小林樹巴
銀行も雁木の一戸町雪解 皆吉爽雨 泉声
陽が差して雁木の下に水たまり 長山順子
雁木(がき)に来て火事の炎をひく雪女 石原八束 仮幻の花
雁木から登校の子ら湧くごとし 中村たかし
雁木にも梅雨漏りのして瞽女の宿 西本一都 景色
雁木ぬちついばみにくる山の鳥 下田稔
雁木のごと寄する白波花うばら 野原いくえ
雁木ふかく暗き秋蒔種もの屋 篠田悌二郎
雁木まではみ出し八百屋大根積む 榎本栄子
雁木みち潜るポストに逢はんため 古賀光利
雁木みち越の灯のいろあたたかし 清水節子
雁木ゆくこゝも旧家と思ひつゝ 淡谷鉄蔵
雁木下青竹貯めて桶屋なり 新村寒花
雁木中人こみ合ふて暗き店 及川仙石
雁木出て橋わたる間に雪まみれ 春山他石
雁木市角巻の眼の切長に 星野麦丘人
雁木行く足音に夜の更けにけり 金島たゞし
雁木街に御風たづねて露けしや 角川源義 『冬の虹』
雁木道地酒万歳楽買うて 堀 古蝶
鳥帰る雁木の上の石の数 文挾夫佐恵

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22927399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング