冬座敷

冬座敷

例句を挙げる。

あかあかと熾りたる火や冬座敷 久保田万太郎 流寓抄
いたつきや芭蕉をゆめむ冬座敷 飯田蛇笏 山廬集
いちにんの翁明るき冬座敷 上野さち子
いつの世の誰のオルガン冬座敷 辻田克巳
うすら~生薬匂へ冬座敷 杉の實 安井小洒
たゞ海のみゆるばかりや冬座敷 久保田万太郎 流寓抄
つつましく美しく人冬座敷 成瀬正とし 星月夜
まつすぐに香烟のぼる冬座敷 長谷川櫂 古志
一筆の虹が貫く冬座敷 古舘曹人 砂の音
人形のやうに坐りて冬座敷 柿本多映
何なりと薄鍋かけん冬座敷 黒柳召波 春泥句集
冬座敷かつて昭和の男女かな 宇多喜代子 象
冬座敷くぬぎ林の中にあり 大峯あきら
冬座敷ときどき阿蘇へ向ふ汽車 中村汀女
冬座敷とほる無言の老牧師 飯田龍太
冬座敷わけてもむくは群るる鳥 田中裕明 花間一壺
冬座敷チーズのやうに猫とろけ 石寒太 翔
冬座敷一つ目小僧のお面かな 八木林之介 青霞集
冬座敷体温に近づかむとす 三森鉄治
冬座敷吾子寝てばかり寒むげなき 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
冬座敷子規全集も古りにけり 大島民郎
冬座敷寡言は性とあらねども 石塚友二 方寸虚実
冬座敷欠伸笑ひもひとりにて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
冬座敷歩きて父の風たてる 辻田克巳
冬座敷首根めぐらし面談なす 中村草田男
別々に山を見てゐる冬座敷 福田甲子雄
卓の果に明治のランプ冬座敷 飯田蛇笏 雪峡
四五人の小会によき冬座敷 高浜虚子
坐ったまま体操をする冬座敷 池田澄子
埒もなき話の弾む冬座敷 梅田男
妻がいふ一閑言や冬座敷 村山古郷
妻の客男もまじる冬座敷 房川喜三男
婚の荷のまとまらずある冬座敷 森田公司
寄せ描きの観山武山冬座敷 きくちつねこ
寝かされて乳飲み児匂ふ冬座敷 塩川祐子
小机の遺品一つや冬座敷 松岡六花女
屍と枕を並べる冬座敷 石原八束
山の日の深く入り来し冬座敷 稲畑汀子
床の辺を占むる結納冬座敷 原田秀子
座布団に残るぬくもり冬座敷 猪爪登美子
思ふゆえ声耳にあり冬座敷 横山蜃楼句鈔 横山蜃楼、山本竹兜選
扁額の明治息づく冬座敷 北見さとる
払暁や父まだぬくき冬座敷 鳥居美智子
掛けてある鏡の暗き冬座敷 倉田 紘文
日の筋に微塵浮かすや冬座敷 小杉余子
晩年の唇赤き母冬座敷 澤木欣一
暗澹と島山つらね冬座敷 飯田龍太
林泉につき出でて冬座敷かな 中山碧城
柩重く出してしまへる冬座敷 徳本映水
柱鏡にひろさ遡る冬座敷 飯田蛇笏 山廬集
柴門へ障子見せけり冬座敷 小杉余子 余子句選
泣きに来し子の坐りたる冬座敷 石原八束 黒凍みの道
海上の日ざし斜めや冬座敷 大須賀乙字
海鳴りを聞く人は聞く冬座敷 仲 寒蝉
消す煙草ばかり見てゐる冬座敷 谷口桂子
湯上りの嬰を真ン中に冬座敷 本宮哲郎
灯点してより落つきぬ冬座敷 清崎敏郎
片隅に亡夫の碁盤冬座敷 野畑節子
物置けばくらがり生れて冬座敷 田中灯京
犬猫と同じ姿や冬座敷 木歩句集 富田木歩
盆景の波白妙に冬座敷 吉屋信子
目薬をさす頤や冬座敷 八木林之介 青霞集
結納の品品飾る冬座敷 小野三紫
縁談に真向き灯ともる冬座敷 廣瀬直人
良寛の一書を床に冬座敷 照田 良女
血の匂ひ失せし竜馬の冬座敷 相良哀楽
襖絵の早池峯合はす冬座敷 古舘曹人 樹下石上
西近江高島の郡冬座敷 波多野爽波 『骰子』
見上げれば夫も絶壁冬座敷 岸本マチ子
貸衣裳ゆつくりたたむ冬座敷 佐川広治
赤々と熾りたる火や冬座敷 久保田万太郎
赤ん坊の尻持ち上ぐる冬座敷 波多野爽波 『一筆』
身籠ると聞きて華やぐ冬座敷 松沢満里子
通されてしましの独り冬座敷 石川桂郎 四温
遺児と寝て一と間森ンたる冬座敷 飯田蛇笏 雪峡
開けずある二間つづきの冬座敷 長谷川櫂 古志
障子あけて空の真洞や冬座敷 飯田蛇笏 山廬集
障子外通る許りや冬座敷 高浜虚子
雁行の声落ちにけり冬座敷 渡辺水巴 白日
静かなることの明るく冬座敷 成瀬正とし 星月夜
静かなる起居の塵や冬座敷 富安風生
面影も薄れゆく冬座敷かな 高木晴子 花 季


以上
by 575fudemakase | 2014-12-06 00:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22927497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング