冬の雁

冬の雁

例句を挙げる。

冬雁に寄生をかかぐる河明り 下村槐太 天涯
冬雁に水を打つたるごとき夜空 大野林火(1904-84)
冬雁に野山応へず過ぎにけり 草間時彦 櫻山
冬雁のゆき水中に畦黒し 西村公鳳
冬雁の富士に切火を打つごとし 鈴木蚊都夫
冬雁の沖へ綴れる糸ありや 阿部みどり女
冬雁の耳貸すものに応へけり 関森勝夫
冬雁は白きもの日に真向へば 八木澤高原
冬雁やもの言ふ妻が母の如し 細川加賀 『傷痕』
冬雁や太き木樋の宿の軒 羽部洞然
冬雁や家なしのまづ一子得て 森澄雄 雪櫟
冬雁を聴くふるさとの橋存す 村越化石 山國抄
冬雁を見送りし眼のやりばかな 草間時彦 櫻山
夜嵐に寒雁鳴くも薄月夜 飯田蛇笏 椿花集
寒雁に仄めく月の上りけり 飯田蛇笏 椿花集
寒雁に騒立つ湖の場を展く 飯田蛇笏 椿花集
寒雁のこゑの触れたる畝傍山 藤田あけ烏 赤松
寒雁のこゑの零るる鑪(たたら)山 宮慶一郎
寒雁のさすらひの列一文字 佐藤国夫
寒雁のしんがり行くは泣けるなり 齋藤愼爾
寒雁のつぶらかな聲地におちず 飯田蛇笏
寒雁のほろりとなくや藁砧 原石鼎 花影以後
寒雁のゆくへ橋々夕焼けて 松村蒼石 雁
寒雁のわが秘め沼に下りくる日 文挟夫佐恵 遠い橋
寒雁の一と声もなく遠くなる 大橋敦子 匂 玉
寒雁の一羽おくれし四羽の空 野沢節子 八朶集
寒雁の墓より重くなりにけり 斎藤玄 雁道
寒雁の声そろひ落つ母の上 細川加賀 『傷痕』
寒雁の声のみ湖のまくらがり 森田峠
寒雁の声の浅寝の胸にかな 恩賀とみ子
寒雁の声客船は絶えにけり 喜谷六花
寒雁の声岬風に消えにけり 大須賀乙字
寒雁の声棹をなす真中より 井沢正江
寒雁の声長庚を点じけり 金尾梅の門 古志の歌
寒雁の夜を張りつめし仕込水 吉岡泰山木
寒雁の翅に暮色は重からずや 大野林火
寒雁の行方やあまりにも高し 岸風三樓
寒雁の身より雫す昼茜 乾 燕子
寒雁の高々ゆくを誰に告げむ 岸田稚魚
寒雁や水空に列脹りて去る 松村蒼石 雁
寒雁や終章は人死ににけり 大石悦子
寒雁や膏薬の香を両肩に 村越化石 山國抄
寒雁や舟待人の振る篝 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
寒雁や船待人の振る篝 高田蝶衣
寒雁を仰ぎ大いなるもの仰ぐ 山田瑞子
寒雁を見る日のあらん軍旅かな 尾崎迷堂 孤輪
寒雁を醒めし眼を以て見てゐたり 草間時彦 櫻山
月面に寒雁の翳かゝりけり 原石鼎 花影以後
水へ水へと冬雁の死処さがし 能村登四郎
海曇り冬雁一羽にも会はず 阿部みどり女 月下美人
野空ゆく寒雁をまつ水はあり 臼田亞浪 定本亜浪句集
馭者あふぐ見れば寒雁わたるなり 皆吉爽雨
たむろして群のさびしさ冬の雁 斎藤玄 雁道
みひらけば眼からかわくよ冬の雁 鎌倉佐弓
カレー燃ゆ市門に乱る冬の雁(カレーの市民像) 角川源義 『神々の宴』
人の目にありて血の減る冬の雁 斎藤玄 雁道
伊勢の田の芥に下りて冬の雁 河東碧梧桐
倒産の一語尾をひく冬の雁 小松崎爽青
冬の日の雁の背丈の寸づまり 齋藤玄 『雁道』
冬の雁くろがねの空残しけり 伊藤通明
冬の雁の腹まざと見しさびしさよ 安住敦
冬の雁世の片隅になれの果 島将吾
冬の雁並みゆく翳のひくまりし 飯田蛇笏 椿花集
冬の雁人の非あばくこと易く 岸風三楼 往来
冬の雁声届かねば手をあげて 福永耕二
冬の雁夕空束の間にかはる 加倉井秋を 『胡桃』
冬の雁朽ちて僅かに狩の弓 百合山羽公 故園
冬の雁楯の雨さへ氷る夜に 喜谷六花
冬の雁海に身を漬け蜑ひとり 百合山羽公 故園
冬の雁湯上り童女まるはだか 伊藤通明
冬の雁満州浪人の叔父ありし 高千夏子
冬の雁生死知れねばあきらめず 安住敦
冬の雁空では死なず山の数 齋藤玄 『雁道』
冬の雁空に鼓動をのこしつつ 三嶋隆英
冬の雁細月掛かる空の端 平田君代
冬の雁紺の法被を落しけり 磯貝碧蹄館
冬の雁落ちたり後は知らざりき 鷲谷七菜子 天鼓
冬の雁訣るるときはふり向かず 樋笠文
冬の雁農家にたのむことばかり 百合山羽公 故園
冬の雁頬を埋めて牛も寝し 百合山羽公 故園
卒然と羽音脊を切る冬の雁 相馬遷子 雪嶺
執すれば空の青すら冬の雁 斎藤玄 雁道
寒の雁枕木のごと続き消ゆ 阿部みどり女
寒の雁磐余の田井を*あさるかな 下村槐太 天涯
寒の雁身ぬちに崖のある日かな 鍵和田釉子
山脈が尽きて乱れし冬の雁 対馬康子 愛国
山脈に沿ふ空淡し冬の雁 相馬遷子 雪嶺
捨てつくしたる明るさの冬の雁 齋藤愼爾
掌をみつつさびしくなりぬ冬の雁 加藤秋邨 野哭
春の雁眉うしなうて眩しめり 角川源義 『冬の虹』
母起ちてともす灯ちさし冬の雁 桂信子 黄 炎
海道の切れつ聳えつ冬の雁 百合山羽公 故園
淋しさの一生病みつつ寒の雁 野澤節子
点眼のあとの右目に冬の雁 長田等
焼跡に仰げば寒の雁か 石田波郷
磯松に旅人病み居り冬の雁 比叡 野村泊月
米負ひて知世子ならずや冬の雁 加藤秋邨 野哭
絵を売りに弟出て行く冬の雁 加倉井秋を
萱積んで降りぬかれけり冬の雁 乙字俳句集 大須賀乙字
蜆かく舟も見えずよ冬の雁 河東碧梧桐
誰かまづ灯をともす町冬の雁 飴山實 少長集
雨飾山より冬の雁飛来 橋本榮治 逆旅
雲中に甲斐駒かしぐ冬の雁 相馬遷子 雪嶺
青澄みて山脈残る冬の雁 相馬遷子 雪嶺
面会にゆくとの便り 冬の雁 野村秋介
鳴けるだけ鳴いて今生冬の雁 倉田素香

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22927557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング