例句を挙げる。

おのづから夫婦の圈の粗襖 石塚友二
げぢげぢや風雨の夜の白襖 日野草城
さざなみのひかりを銀の襖かな 日原傳
なまはげを襖のかげで見る子かな 中村苑子
なやらいや濤描く大き襖明け 長谷川かな女 牡 丹
はしか児の腕つき出す破れ襖 前田普羅
ひとごゑをへだつ夜長の襖かな 長谷川素逝 暦日
ひろびろと襖はづして広座敷 山本 綾
ゆうばえのしばらく倚るは冬襖 角川源義
ゆく年の襖や暗き方とざし 鷲谷七菜子 花寂び
カザルスを聴く襖絵の隼と 大木あまり 火球
サーフボード立て掛けてある襖かな 黛 まどか
一切を断ち雪国の重襖 鷲谷七菜子 花寂び
一徹の襖や重く閑ざされて 羽田岳水
下げし灯に夜長の襖しまりたる 長谷川素逝 暦日
人襖くづほるるとき火を焚く音 栗生純夫 科野路
僧と俗へだつ真白き冬襖 吉野義子
入れ違ふ襖絵花の宴あと 中尾杏子
八枚の襖が真白鴨の宿 茨木和生 倭
冬の夜や白き襖の瞳をもてり 太田鴻村 穂国
冬の夜を梅咲く襖四枚かな 東洋城千句
冬の灯に花鳥色濃き襖かな 橋本鶏二 年輪
冬籠観音経を襖かな 竹冷句鈔 角田竹冷
冬襖父母近き安心に 橋本榮治 麦生
冬襖開ければ人の匂ひして 高橋将夫
凍蝶や襖はづせし太柱 宇佐美魚目 天地存問
利休忌の海鳴せまる白襖 鷲谷七菜子 花寂び
去年今年やぶれ襖のせんなさよ 梨屋
古き家の襖に梅雨のかごとかな 癖三酔句集 岡本癖三酔
叭叭鳥を四方に翔ばせ露襖 高澤良一 宿好 
四温にもぴたりと閉ざす白襖 柴田白葉女 花寂び 以後
国旗買ひ帰るや冬の白襖 赤尾兜子
地獄絵の襖開けたる花見かな 福島せいぎ
埋火やそむきて坐る襖きづ 桂樟蹊子
夕日通す居間の照り返す襖古びぬ 梅林句屑 喜谷六花
夕映のしばらく倚るは冬襖 角川源義
外づしたる黴の襖の其処にある 京極杞陽 くくたち上巻
大寒の夕日をはじき竹襖 荒井正隆
大寺の冷えから冷えへ襖数 細井みち
大服の沸りてかすむ襖かな 勝峰晋風
婚礼のために襖をはずしけり 清水静子
子のらくがきのこる襖は貼りかへず 成瀬櫻桃子 風色
安達太良の瑠璃襖なす焚火かな 加藤楸邨
宗祇忌や大絵襖に居ながれて 斎藤香村
寂かなる雨六月の白襖 石原舟月
寒夜の襖たてきり看とりのひまの本読む 人間を彫る 大橋裸木
寒餅と襖へだてて赤子かな 大峯あきら 宇宙塵
寒餅の届けば襖あけにけり 長谷川かな女 雨 月
寝酒おき襖をかたくしめて去る 篠田悌二郎
尼様の声つつぬけの襖かな 片山由美子 水精
山路来て報恩講の白襖 大峯あきら
川音近し襖のしみは櫓滴ならん 栗生純夫 科野路
左右より架けゆく稲の襖かな 橋本鶏二 年輪
年の夜の襖の花鳥何一啼くや 佐藤惣之助 蛍蝿盧句集
広襖閉して蛇笏の咳きかへる 石原八束 空の渚
庭先に剣襖の葉水仙 高澤良一 随笑 
引きまはす襖の外も稲屏風 立花北枝
後ろ手に襖を閉めて昭和亡し たむらちせい
恵那の日の冷やかに射す古襖 岸田稚魚 筍流し
戸をくれば襖の奥の雛かな 上村占魚 鮎
戸襖に炉火てらてらと梅の宿 木村蕪城 一位
掃苔やまたもはら~山の雨 木戸口金襖子
探幽の襖の鳥の飛ぶことよ 佐々木六戈 百韻反故 初學
文字の虚しき刻を葭襖 鈴木六林男
早苗饗の襖ひらいて主かな 橋本鶏二 年輪
木の葉髪琴が襖を洩れゐたり 佐野まもる
木枯や寺の襖のみな動く 増田龍雨 龍雨句集
木枯を秘色としたり白襖 齋藤愼爾
末枯の汚斑大いなる襖かな 金尾梅の門 古志の歌
枕辺に夜の水賜る蟲襖 斎藤玄
柿襖ほめて大和の薬売り 平田桃江
桜など描きて冬の寺襖 橋石 和栲
母と居るたゞ朧夜の古襖 小林康治 四季貧窮
水盤に襖はづして住ひけり 阿部みどり女 笹鳴
永き日や庭より見ゆる襖の絵 誓子
浄土寺の夜寒の襖太柱 黒田杏子 一木一草
海ざばと襖に通ひ病職工 細谷源二 鐵
涅槃会の猫の開けたる夜の襖 綾部仁喜 樸簡
湯豆腐寺僧俗区切る板襖 百合山羽公 寒雁
滑りよくなりし戸襖神無月 藤井寿江子
炉煙のはひのぼりゐる襖かな 橋本鶏二 年輪
炉襖に身を寄せて待つ午餉かな 楠目橙黄子 橙圃
炬燵にも襖あけても母のゐず 石井とし夫
父読める襖の蔭に昼寝かな 島村元句集
狐火に長門の寺の大襖 大峯あきら 鳥道
猫の子の襖あけよと鳴きにけり 増田龍雨 龍雨句集
産褥や闇と灯頒つ冬襖 中山純子 沙羅
画襖の人にもとしのくれゆくか 成美
病む夫を襖に隔て賀状書く 飯野てい子
白襖の黒枠不吉隙間風 香西照雄 素心
白襖入れたることの病みはじめ 坂巻純子
白襖幼児笑へば亡母来る 飯田龍太 忘音
白襖染みを鳥とも茄子とも 依光陽子
福寿草襖いろはにほへとちり 青畝
立山やこゑ跳ねかへす雪襖 新田祐久
紫の袱紗をしごく冬襖 百瀬ひろし
絵襖に隠れて冬のほとけたち 吉田鴻司
絵襖の前に眠れり十二月 飯島晴子
絵襖の古き牡丹に利茶かな 高浜虚子
絵襖の古りしに西日止めけり 吉屋信子
絵襖の引手冷たし化粧部屋 鳥居美智子
絵襖の鶴翔けに翔け夜長かな 野村喜舟 小石川
絵襖をあけて円座を取り出し 上野泰 佐介
絵襖をとざしあたたむ玉子酒 橋本鶏二 年輪
絵襖を栖としたる白虎なり 大石悦子 聞香
緑蔭を襖のうしろにも感ず 富安風生
聞法の襖外して大根焚 坂田流枕
聴きすます霙襖の奥の声 加藤楸邨
脆弱の身のつめたくて広襖 柴田白葉女 雨 月
臘梅の匂ふ襖を開けて入る 本多 勝彦
良夜待つ襖の鶴の八十姿態 荒井正隆
芭蕉像に夜は襖を隔て臥す 阿部みどり女 『光陰』
茎襖またひまなけれ曼珠沙華 皆吉爽雨 泉声
萩の宿白き襖の貧ならず 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
萱襖くぐりなやみぬささ鳴けり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
襖がすこし開いてゐる女の炎 藤後左右
襖しめて空蝉を吹きくらすかな 飯島晴子
襖しめて隣茶の間や寒夜客 阿部みどり女 笹鳴
襖とり杜鵑花あかりに圧されけり 阿波野青畝
襖に母堂の綿入羽織の肩を見せけり 梅林句屑 喜谷六花
襖のつよく夜を徹したる焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
襖のむこう「色の運命学」占う 松尾しのぶ
襖の奥の長崎喉笛敷きつめる 八木原祐計
襖の絵より目を移す屏風の絵 後藤夜半
襖の蔭の炭取いつかの夜も 梅林句屑 喜谷六花
襖みなはづして鴨居縦横に 高濱虚子
襖古り屏風古りけり花の宿 大峯あきら 宇宙塵
襖外して大辞典小辞典 山田弘子 懐
襖絵にゐる鷹の目の淑気かな 岡部名保子
襖絵に牡丹の火焔冬の宿 鳥羽とほる
襖絵に起る浪音鑑真忌 小畑晴子
襖絵のうすれかかりて定かなる 長谷川櫂 天球
襖絵のくもれば匂ひ来ぬ花菜 太田鴻村 穂国
襖絵の一瀑緊る鏡餅 関森勝夫
襖絵の合ひて襖を入れ終る 鷹羽狩行
襖絵の墨の薄るる実千両 古田紀一
襖絵の早池峯合はす冬座敷 古舘曹人 樹下石上
襖絵の梅や湯婆賜りて 松本 進
襖絵の波うつろはず鑑真忌 鶴嶋博子
襖絵の波頭畳へ鑑真忌 浦野芳南
襖絵の海の青さや鑑真忌 中川幸子
襖絵の猿猴木の實貯ふる 八木林之介 青霞集
襖絵の老人の背に年移り 黒田杏子 花下草上
襖絵の虎と目の合ふ寒の入 阿部喜恵子
襖絵の酒呑童子のどけしや 角川源義
襖絵の金銀を着る鳥けもの 尼崎 澪
襖絵の雲が雨呼ぶ鑑真忌 谿 昭哉
襖絵の青夜の瀾(なみ)や鑑真忌 田平龍胆子
襖絵の青濤ひかる月点前 奥村木久枝
襖絵の鴉夜長を躍り居る 原石鼎
襖絵の鶴相寄りて枯野閉づ 橋本榮治 麦生
襖絵は古式捕鯨の島の宿 中 裕
襖絵は白波立てて施餓鬼かな 岸本尚毅 舜
襖絵や蓮枯れ水は敏感に 大井雅人 龍岡村
襖絵を拝し底冷え畏みし 古沢太穂
襖絵を替へて帰国の子等を待つ 八巻絹子
襖閉めては母さびしとよ燈下親し 鈴木栄子
襖閉め吾れにかへりぬ帯を解く 曾我部ゆかり
襖開け放ち名残のもみぢかな 西村和子 かりそめならず
襖開け熟睡児の息雛の息 山田弘子 懐
襖除(と)り杜鵑花あかりに圧されけり 阿波野青畝
襖除り杜鵑花あかりに圧されけり 阿波野青畝
越中を寸分見せず雪襖 長田等
辞す襖 閉めきるまでの 死病の眼 伊丹三樹彦 樹冠
遠雪崩妻と襖をへだてをり 山田素雁
部屋々々を分つ絵襖常楽会 川瀬カヨ子
金無地の襖牡丹まつさかり 柴田白葉女 花寂び 以後
金色に襖百枚うちかさね 佐藤琳子
金襖すずめさかるを背にききぬ 太田鴻村 穂国
鏝を焼く炭の香襖もれてくる 川島彷徨子 榛の木
閉むるときをどる襖や隙間風 小路紫峡
開くる人を待つかに襖夜長けれ 雑草 長谷川零餘子
闇汁の一間の襖はづしあり 山崎ひさを
雉子鳴くや無住寺にして白襖 大峯あきら
雑炊に寺の子四方の襖より 赤松子
雪の世のいつかは倒る白襖 齋藤愼爾
雪原を分つ落葉松襖かな 古賀まり子 緑の野以後
雪嶺襖鳶は翔たんと息つめる 松本 旭
震度2ぐらいかしらと襖ごしに言う 池田澄子 たましいの話
青嵐龍の襖と虎の襖 川崎展宏
非核宣言都市へ襖をひらきたる 大石雄鬼
風邪の子の客よろこびて襖あく 星野立子
風除の大藁襖日をかこふ 長谷川素逝 村
香焚いて香のとゞまる襖入れ 及川貞 夕焼
鬱金の襖を倒す月が土足で 西川徹郎 死亡の塔
魚島や金箔擦れの大襖 辻桃子 桃
鴛鴦の襖を隔て眠りけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
鴨引いて真宗寺の大襖 大峯あきら
鵯ひびく十枚襖松が占め 岡田貞峰
黒髪町あかずの襖夜歔きせり 穴井 太
唐紙に眠れる虎や松の花 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
唐紙に障子に音や年の豆 久保田万太郎 流寓抄以後
唐紙に鼠溺す夜長哉 寺田寅彦
唐紙のあけたて寒に入りにけり 久保田万太郎 草の丈
唐紙や敷居の細道蔦葛 露甘 選集「板東太郎」
壁を背に唐紙を背に狸汁 高木晴子 晴居
屏風見えゐしに唐紙しまりたる 京極杞陽 くくたち上巻
書初や草の庵の紅唐紙 飯田蛇笏 山廬集
枝もろし緋唐紙破る秋の風 松尾芭蕉
燈火親し壁唐紙の赤き間に 京極杞陽 くくたち下巻
雛の間へ幾唐紙や開通し 温亭句集 篠原温亭

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22927648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング