落葉

落葉


例句を挙げる。


*ぶな落葉*ぶなの下径隠しけり 小川軽舟
あかぎれの膏薬つつむ落葉かな 木導 十 月 月別句集「韻塞」
あさましき桃の落葉よ菊畠 蕪村 秋之部 ■ 菊に古笠を覆たる畫に
あたふた用足して落葉の山家へ戻る 人間を彫る 大橋裸木
あふむいて眺る翌日(あす)の落葉かな 也有
あまたとは限りあること椎落葉 対馬康子 吾亦紅
あるといはれたポストゐた落葉ためてゐた シヤツと雑草 栗林一石路
いくとせも落葉を踏まずかたみわけ 長谷川双魚 風形
いく落葉それ程袖もほころびず 荷兮 (逢芭蕉)
いただいて落葉の泛ける共同湯 高澤良一 燕音
いちじくの大き落葉が墓を打つ 中嶋秀子
いちめんの落葉や納屋は傾きて 森田峠
いち早く落葉する木の高さかな 柑子句集 籾山柑子
いつきても門の落葉の同じほど 波多野爽波 鋪道の花
いつせいに落葉駈けゆき吾も去る 千代田葛彦 旅人木
いつまでも樟落葉掃く音つづく 山口青邨
いつも誰かが 起きてて灯してて 落葉の家 伊丹三樹彦 樹冠
いづこより降りくる落葉かとあふぐ 八幡城太郎
いとせめて葬の路に落葉すな 原田種茅 径
いまは床屋となりたる友の落葉の詩 寺山修司(1935-83)
いろは坂よりもかみそり坂落葉 辻本青塔
うこぎ摘ム蝸牛もろき落葉かな 言水
うで玉子むきつゝ来るや落葉道 比叡 野村泊月
うは目見る戸越の空の落葉雨 石塚友二 方寸虚実
うろくづと見ゆるは風の落葉舞ふ 山本歩禅
おのがじし落葉をかさねかくれ蓑 山下 輝畝
おのが影離して水の落葉かな 目黒十一
お札所の楠の落葉の終りたる 近石 ひろ子
お酉さま戻りの道の落葉風 高澤良一 燕音
かがり火の中へ空しき落葉かな 来山
かくれ家を訪ひゆく道の落葉かな 比叡 野村泊月
かさこそと或は小鳥や垣落葉 西山泊雲 泊雲句集
かさこそと雉子落葉に餌をあさる 寺田寅彦
かさこそよまたかさこそよ椎落葉 とみ子
かさなりて栗の落葉のみな長し 長谷川素逝 暦日
かすめ掃く苔の上なる落葉かな 比叡 野村泊月
かそけさの落葉の音の枝をつたふ 長谷川素逝 暦日
かた足の虫とびまけてをり落葉降る 冬の土宮林菫哉
からかさに来てはそれ行く落葉かな 水田正秀
からかさ干して落葉ふらして居る 尾崎放哉
からからと落葉走り出すこと賛成 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
からまつの落葉うながす霧の音 吉澤 卯一
からまつの落葉よ霧のごと降るは 稲垣きくの 黄 瀬
から~と明り障了へ落葉哉 吟江
から~と落葉追ひ来て追ひ越しぬ 星野立子
かんすげのかぶる落葉を滑りけり 前田普羅 新訂普羅句集
きりもなく掃きてかき寄す樫落葉 福田寿子
くすぶりてゐしが一気に火の落葉 檜紀代(1937-)
けさはけさの落葉はじまる石畳 下村ひろし 西陲集
けもの来て何噛みくだく夜の落葉 野澤節子 黄 瀬
こつそりと絵馬掛けてきし落葉径 今橋真理子
ことごとく日向に反つて梅落葉 石田郷子
ことごとく落葉せり追ひつめられぬ 藤田湘子 途上
この一本落葉はげしくなりにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
この下の友よ落葉の落ちつかず 猿橋統流子
この冬の巌しからむと夜の落葉 橋本榮治 麦生
この国の落葉は早し住みつきて 林原耒井 蜩
この山の落葉に肥ゆる二輪草 高澤良一 随笑
この岸のまだあたたかき落葉かな 永末恵子
この杜の野博打遠し落葉鳴る 影島智子
この枯木この落葉いま波郷亡し 石塚友二
この町の落葉ふかきに住むを恥づ 久保田万太郎 草の丈
この落葉どこまで行かば神隠し 神崎忠
この落葉氷室の神の踏みたまふ 後藤夜半
この道の欅の落葉はじまりぬ 風生
この道を行くほかはなき落葉かな 金箱戈止夫
こぼれ餌に鴉来てあり宮落葉 四明句集 中川四明
こまごまと落葉してをり滝の岩 波多野爽波 鋪道の花
こまごまと落葉相打つ景色かな 池内友次郎 結婚まで
ころがりてまことに粗なる落葉籠 飯田蛇笏
ころがりて柚子のあかるき落葉かな 金尾梅の門 古志の歌
ごうごうと楡の落葉の降るといふ 高野素十
ごつそりと落葉とりまく一家かな 久米正雄 返り花
さかんなる落葉にあへることうれし 山口青邨
さきの落葉吹かれてあらず後の月 中島月笠 月笠句集
さざ浪や落葉衣のしぼり染 藤戸女 俳諧撰集玉藻集
さだかなる遠嶺の高さ落葉踏む 橋本鶏二
さびしさの手ふれてぬくき落葉あり 鷲谷七菜子 黄 炎
しぐれ来とチーク落葉の鳴りいづる 千代田葛彦 旅人木
しだれざくら総身落葉したりけり 草間時彦 櫻山
しづかさをひいて落葉の音つたふ 長谷川素逝 暦日
しづかなる落葉に耳をうたれけり 京極杞陽 くくたち下巻
しづかなる音のただ降る椎落葉 長谷川素逝 暦日
しづけさに耳のこりたる落葉山 岩渕晃三
しをり戸にさそはれ入りぬ落葉ふみ 高木晴子 晴居
すさまじき落葉に上げし面てかな 高濱年尾 年尾句集
すずかけの落葉と人にかこまるる 細見綾子 雉子
すずかけ落葉ネオンパと赤くパと青く 富安風生
すつかり落葉した月夜の銅像である 人間を彫る 大橋裸木
その夜から落葉始まる赤子は「あー」 対馬康子 愛国
その性の音性の色落葉ふむ 日置草崖
その木の影あるその木の落葉掃く 加倉井秋を
それぐの落葉に打たれながら居る 高木晴子 晴居
それぞれの落葉に打たれながら居る 高木晴子
それでよろしい落葉を掃く 種田山頭火 草木塔
それ~の落葉に打たれながら居る 高木晴子 晴子句集
たかがわの庵の落葉と言へぬ嵩 宮脇長寿
ただひとり落葉を踏みて*たらつみに 飯田蛇笏 椿花集
ただ佇つてゐて椎の落葉かな 加倉井秋を 午後の窓
たつつけのみな神にして落葉かき 原石鼎 花影以後
たまさかに色付く物や柚の落葉 亀柳 俳諧撰集「藤の実」
たまさかの落葉の音のあるばかり 長谷川素逝 暦日
ちちははが居るまぼろしの夕落葉 柴田白葉女
つかのまにくもり果てたる落葉かな 久保田万太郎 草の丈
つくづくと落葉つもりて象潟や 鷲谷七菜子
てのひらに月光掬ふ落葉かな 石嶌岳
とげがたき愛慾かなし落葉ふむ 中尾白雨 中尾白雨句集
とまらんと欲りつ落葉の駆けてをり 上野泰
どうがんじさま時雨来て落葉して 草間時彦 櫻山
なつかしき昴にまみえ落葉踏む 山本歩禅
なにはやも落葉の門の灯りけり 久保田万太郎 草の丈
なほ暮れて落葉おのおの土の上 長谷川素逝 暦日
なほ赤き落葉のあれば捨てにけり 渡部州麻子
になひ来し落葉をあけて行きにけり 阿部みどり女
にはとりに桜落葉の早さかな 岸本尚毅 舜
ねんねこに母子温くしや夕落葉 中村汀女
はつきりと椎の落葉の音一つ 風生
はつゆきや落葉拾へば穴が明く 千代尼
はつ東風やわが身めぐりの槻落葉 矢沢尾上
はるかなる落葉の径を犬ゆけり 比叡 野村泊月
ばさと落ち天狗の団扇めく落葉 高澤良一 燕音
ひつそりと蒔餌の白き落葉哉 小澤碧童 碧童句集
ひとしきり落葉男を清潔に 野澤節子 黄 炎
ひとつ枝に飛花落葉や冬ざくら 與謝蕪村
ひとり聞く落葉の音は山の声 狹川 青史
ひと・くるま旅としもなき落葉なり 林原耒井 蜩
ひと生きて落葉の嵩の悔を積む 稲垣きくの 牡 丹
ひらひらと樫の落葉や藪表 西山泊雲
ひらひらと落葉に是々も非々もなく 伊東 伸堂
ひら~と樫の落葉や藪表 西山泊雲 泊雲句集
ふきまろぶ落葉にしかと大地あり 長谷川素逝 暦日
ふたたびす香港夜景落葉坂 中村汀女
ふとき幹落葉の土をぬいてたつ 長谷川素逝 暦日
ふりいでし雨ぬれそめし落葉かな 久保田万太郎 草の丈
ふるみちのとぎれし落葉日和かな 鷲谷七菜子 花寂び
ふる落葉父のことばを踏むごとし 高橋沐石
ほれ~と日を抱く庭の落葉かな 吏登
まどにゐてつめたき落葉みしことか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
まみどりの落葉も雨に風鶴忌 八木林之介 青霞集
まろびゆく落葉の音の揃はざる 高澤良一 随笑
みづうみの空をまさぐり夜の落葉 堀口星眠 営巣期
みづからの幹打ち落葉ひるがへる 朝倉和江
みの虫のさかりの枝の落葉かな 水田正秀
みよしのの筏の水の落葉かな 五十嵐播水 播水句集
むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋櫻子
むさし野を得たり落葉の降るを得たり 長谷川かな女 花寂び
むつつりとデリシヤス落葉踏み入りぬ 古舘曹人 能登の蛙
むら落葉鶏ころす人わかし 加舎白雄
もの恋ふる身を落葉に染めんとす 林原耒井 蜩
ゆく年や落葉にまじるうすみどり 鴻司
ゆつくりと落葉受験期始まりぬ 橋本榮治 逆旅
よき落葉道ありて靴埋めたる 細見綾子 黄 炎
よく晴れし落葉の火には余燼なく 大原鬼陵
よびかけられてふりかへつたが落葉林 山頭火
よべの蟲がけろりと歩く落葉かな 渡邊水巴
わがかげのすこしくふるふ落葉風 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わがための珈琲濃くす夜の落葉 福永耕二
わが庭の落葉のさまも見尽くさず 徳永山冬子
わが懐ひ落葉の音も乱すなよ 高浜虚子
わるさ火の地を焼けて行く落葉哉 鳴雪俳句鈔 内藤鳴雪
われに来る落葉と見えて遠く去る 那須 乙郎
われ勝ちに欅落葉の駈け出せり 高澤良一 さざなみやっこ
アナグマに落葉臭さと尿くささ 高澤良一 鳩信
エトランゼ神戸の落葉踏みをれば 山崎みのる
サラダ食む落葉の地下と思ひをり 鳥居おさむ
セーヌ流れわが靴音に落葉降る 深見けん二
ニコライの鐘の愉しき落葉かな 石田波郷(1913-69)
パリもまたかくやと夜の落葉踏む 森田峠 避暑散歩
ピアノ鳴るうかれ落葉の風に舞ふ 上村占魚 鮎
フランスの落葉踏みたる靴穿いて 永井良
フランス画展落葉の苑の黄の太陽 柴田白葉女 花寂び 以後
プラタナス落葉は風の形して 小笠原須美子
プラタナス落葉セニヨリーター達毛皮 嶋田摩耶子
プールサイド雨の落葉のわっさわっさ 高澤良一 鳩信
ベビー帽に落葉をのせて帰り来ぬ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
ホースより水の出て居る落葉かな 比叡 野村泊月
ママの時計ボクのと違う落葉季 高澤晶子 純愛
ユリの木の皆落葉して木偶の坊 高澤良一 燕音
ラストシーンめきし欅の落葉道 楠元公平
一しまき庇の落葉さらへけり 野村泊月
一つづつ落葉に裏のついてゐし 後藤比奈夫 紅加茂
一ともとの落葉する木に二三軒 前田普羅 新訂普羅句集
一二枚落葉挾める葉水仙 高澤良一 ももすずめ
一勺の酒そゝぐべき落葉かな(鳴雪翁墓前) 石井露月
一寸の水三寸の落葉哉 寺田寅彦
一斉に落葉する日の滑り台 鎌田初子
一日のはじまる落葉はじまりぬ 加倉井秋を
一日の樟の落葉の恐しき 平田寒月
一月の落葉も掃て神迎 蝶 夢
一本喬き欅も四方の樹も落葉 近藤一鴻
一枚の橡の広葉の落葉濡れ 上村占魚 球磨
一枚の落葉となりて昏睡す 野見山朱鳥(1917-70)
一枚の落葉の相(すがた)ありにけり 阿部みどり女 『微風』
一枚の落葉盃日をすくふ 阿部みどり女 『光陰』
一歩一歩憂き世とともに落葉踏む 仙田洋子 橋のあなたに
一眼に落葉一眼に泪溜め 安住敦
一窪の村門徒なる落葉かな 柑子句集 籾山柑子
一處落葉つもりぬ吉野山 石井露月
万両にかかる落葉の払はるる 高浜年尾
万両にかゝる落葉の払はるゝ 高濱年尾 年尾句集
三十の髪の衰へ椎落葉 栗原米作
三尺の庭に上野の落葉かな 正岡子規
三日見ねば総落葉してやすけしや 角川源義 『西行の日』
三汀未亡人落葉を掃きてゐたりけり 皆川白陀
下りて行く人に従ふ落葉道 阿部みどり女 笹鳴
下タ溝へ掃き落されし落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
下草にのりて明るき沙羅落葉 高木晴子 花 季
不眠症に落葉が魚になっている 西川徹郎 無灯艦隊
与謝に来て余生の夢の落葉かな 石原八束 『仮幻』以後
丑三つや物の怪ならず舞ふ落葉 穴吹義教
丘の上落葉吹き入る窓のあり 林原耒井 蜩
中天に舞はせて磴の落葉掃く 上野泰 佐介
中窪き径わび行落葉かな 炭 太祇 太祇句選
丸の内夜のすずかけ落葉かな 成瀬正とし 星月夜
乏しきを常とす落葉干し溜めて 伊東月草
乗物をしづかに居る落葉かな 蕪村遺稿 冬
乾き反つて何かいはんとする落葉 小林清之介
乾季の街落葉もろとも急かれゐつ 石塚友二
二の丸町三の丸町落葉飛ぶ 猿橋統流子
二三日掃かざる庭の椎落葉 高浜虚子
二三枚落葉を敷きて穴施行 後藤暮汀
二三疋落葉に遊ぶ雀かな 村上鬼城
二千年言い易くして落葉期 和田悟朗
二度までは箒とりたる落葉哉 高井几董
二度迄は箒とりたる落葉哉 几董 (草庵)
二杯目の珈琲苦し夜の落葉 橋本榮治 逆旅
二百五十の回忌木因落葉中 近藤一鴻
亡き妻の笑ひに似たる落葉風 石原八束 『断腸花』
亡妻の笑ひに似たる落葉風 石原八束 断腸花
亡父の草履母に余れり落葉掃く 吉野義子
亦も肩をすくめて 失語の 落葉のパリ 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 神戸・長崎・欧羅巴
人なくて舗道の落葉追ふひと葉 池内友次郎 結婚まで
人の死も落葉も或る日突然に 橋本風車
人の踏む桜落葉の日斑かな 阿部みどり女 笹鳴
人の踏む落葉のくぼみ思ひ臥す 秩父
人の香を断ちたる径の落葉かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
人待てばおろかに嵩む樟落葉 福永耕二
人待てば鏡冴ゆなり青落葉 横光利一
人日の寝坊日雇落葉かく 岩田昌寿 地の塩
人生の央ばゆくわれ落葉ふむ 岩崎照子
人疎し落葉のくぼむ森の道 炭 太祇 太祇句選後篇
今日はけふのさよならをいふ落葉の木々 千代田葛彦 旅人木
今日もまだ掃かうともせぬ落葉かな 比叡 野村泊月
今落葉だらけの家居楽しまむ 稲畑汀子
仏縁や同じ落葉を踏み彳つも 栗生純夫 科野路
仲見世歩む我れや落葉の降るを見し 高橋淡路女 梶の葉
休講の掲示見て去る落葉蹴り 佐伯哲草
何となく午前が終り椎落葉 加倉井秋を 『真名井』
何時の日か還らん郷の椎落葉 有富光英
余命もてころがる落葉追う落葉 櫛見充男
使はれぬ非常階段椎落葉 大西一冬
侏儒たち月夜の落葉ふむならし 金尾梅の門(1900-80)
侏儒らの踊り落葉の転ぶ夜は 河野南畦 湖の森
修験者の歩幅の磴や橡落葉 鶴丸白路
俸給の薄さよ落葉と舞はせたし 林翔 和紙
個は全や落葉の道の大曲り 西東三鬼
借家のあるじとなつて落葉掃かう箒を持つ 人間を彫る 大橋裸木
倶利伽羅の奈落へ落葉急ぐ木々 入村玲子
停電の闇に眼をあげ落葉きく 臼田亞浪 定本亜浪句集
傍に連れ子の如く落葉籠 西村和子 かりそめならず
傷兵と犬居てしろし落葉昏る 細谷源二 鐵
先生の見てゐる落葉掃きにけり(深大寺) 細川加賀 『生身魂』
光といふあまねきものを濡れ落葉 鷲谷七菜子 花寂び 以後
光より人あらはれぬ山毛欅落葉 鷲谷七菜子 花寂び 以後
光る冬芽法林に法の落葉せわし 赤城さかえ
全山の落葉を運ぶ埋立地 対馬康子 純情
八月の桜落葉を掃けるかな 富安風生
共同湯屋根の落葉の分厚かり 高澤良一 燕音
其後は住む人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
内海の権にちらりと落葉哉 几圭
再会はあるまい落葉拾い合う 八木 實
冬ぬくし落葉の山を犬くづし 原田青児
冬の海久能の落葉掃きおろす 前田普羅 新訂普羅句集
冬の草落葉かむりてかつ青し 高橋淡路女 梶の葉
冬ばらに落葉乏しくなりにけり 阿部みどり女 笹鳴
冬木ま直ぐおのが落葉の中に立つ 大野岬歩
凍る日の落葉はたえまなく降れる 高木晴子 晴居
凍落葉銀閣寺出て煙草喫ふ 百合山羽公 寒雁
凍鶴を見る人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
出づるより日は匂ふもの落葉季は 斎藤空華 空華句集
出征のあと突風に落葉敷きぬ 渡邊水巴 富士
出銑を見てきてやさし落葉の渦 桜井博道 海上
切通し落葉朽葉を踏み付けに 高澤良一 宿好
初はなや花の辺の落葉かき 暁台
初霜や落葉の上の青笹に 泉鏡花
刻々と土の落葉の暮るるのみ 長谷川素逝 暦日
割烹着絶えず何処か落葉降る 猪俣千代子 堆 朱
力石落葉の中に据りけり 野村喜舟 小石川
動きしは落葉山女魚か渓暮れゆく 篠田悌二郎
動物園ユーラシア区の落葉季 高澤良一 さざなみやっこ
匂ふ落葉光は行方さだまらぬ 鷲谷七菜子 雨 月
十三夜水の落葉に降る木の葉 中島月笠 月笠句集
十三夜蔦の落葉の緑かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
十六夜の落葉は白く浅間立つ 堀口星眠 火山灰の道
十月の落葉は青くあたらしく 阿部みどり女
千木見ればとぶ落葉あり秋祭 皆吉爽雨 泉声
半旗揚げ落葉少し早まりぬ 対馬康子 純情
半月の斧と落葉と水車番 依田明倫
南面の落葉微塵や穴施行 森 澄雄
即刻のひびきに大樹落葉かな 宇佐美魚目 天地存問
又来んと見返る落葉靄かもす 栗生純夫 科野路
口ずさむ歌や落葉は踏むものに 桂樟蹊子
古き馬柵落葉なだれに傾ける 石橋辰之助 山暦
古寺の藤あさましき落葉哉 蕪村 冬之部 ■ 大魯が病の復常をいのる
古沼や落葉浮くより沈むより 尾崎迷堂 孤輪
古里の灯とぼし頃の落葉かな 野村喜舟 小石川
吐き出して落葉を惜しむ滝の渦 前田普羅 飛騨紬
向ひゆく祠灯りて落葉かな 比叡 野村泊月
君送る日にして落葉尽くしけり 朝倉和江
吹かれゆく心落葉の風の中 長谷川素逝 暦日
吹きあがる落葉にまじり鳥渡る 前田普羅 飛騨紬
吹きたまる落葉の墓や吾子いかに 角川源義 『西行の日』
吹きたまる落葉や町の行き止り 正岡子規
吹き付ける雨の落葉やガラス窓 会津八一
吹き抜ける落葉の太虚妻らの旅 成田千空 地霊
呼吸惜しむ老にひとひらづつ落葉 林翔 和紙
命ある如く落葉の舞ひゆけり 高木晴子 晴居
咳そそる夜気に窓さす落葉かな 富田木歩
咳そゝる夜気に窓さす落葉かな 木歩句集 富田木歩
唇を噛んで帰りぬ落葉しきり降る 文挟夫佐恵 黄 瀬
啄木鳥や落葉の上の日のしづか 伊藤柏翠
啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子
問題は手のひらにあり落葉降る 森田智子
喝采の如き落葉や停年来る 皆川白陀
喪に鳥居くゞらず落葉踏みにけり 高橋淡路女 梶の葉
喬木の走り根ひそむ落葉みち 高澤良一 燕音
喰ひ合うて蜂死んで居る落葉哉 寺田寅彦
噴水の吹き口もなき落葉かな 会津八一
団栗の己が落葉に埋れけり 渡辺水巴 白日
団栗もかきよせらるゝ落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
囮鳴かず疎林夕日の落葉かな 島村元
図書館へ雨のユリの木落葉踏み 高澤良一 素抱
国ざかひ落葉とぶとき影ふゆる 新谷ひろし
国分寺跡の落葉を聞きゐたり 石原八束 空の渚
園丁と鶴と暮れゐる落葉かな 飯田蛇笏 山廬集
園丁の顔のもう夜が明けた落葉 人間を彫る 大橋裸木
土と化す速さ落葉にも自転 対馬康子 吾亦紅
土と暮れ落葉は闇にもどりけり 長谷川素逝 暦日
地があからさまに落葉す動物園 右城暮石 声と声
地にうごきゐて雀とも落葉とも 坊城としあつ
地に敷いて朝の落葉のささやかず 長谷川素逝 暦日
地に敷いて落葉のしじまときにあり 長谷川素逝 暦日
地のしじま落葉のしじま敷きにけり 長谷川素逝 暦日
地を走る落葉さへぎるものもなし 上野泰 佐介
地下街を地下に落葉の街を行く 金箱戈止夫
地蔵堂に子守来る日の落葉哉 寺田寅彦
坂のぼる夫をへだてて落葉降る 柴田白葉女 遠い橋
坂の下は燈のさしてをり落葉風 原田種茅 径
坂下の屋根みな低き落葉かな 犀星
埋め樋又こゝに噴き出し落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
城あとの桜落葉に心止め 上村占魚 球磨
城の如く木に藁掛けぬ納屋落葉 雑草 長谷川零餘子
城門を入るより桜落葉はや 福田蓼汀 山火
堀割の道じく~と落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
堂守の懈怠許さず落葉降る 阿部葦山
堂守や落葉の中の干布団 野村喜舟 小石川
塔の空日あたりながら降る落葉 宮武寒々 朱卓
塩がめに塩買ひ充す落葉の夜 岡田日郎
塩買うてかへる径や落葉時 乙二
塵とりをこぼれし落葉かへりみる 軽部烏帽子 [しどみ]の花
塵労や落葉の上につむ落葉 稲垣きくの 牡 丹
境内の公孫樹落葉やお講凪 佐々木綾華
境内は賑やかなれど落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
境内や落葉掃きゐる僧遠し 橋本鶏二 年輪
墓うづむ落葉の上の落葉かな 福田蓼汀 山火
墓地広し楡の落葉をふみつゆく 五十嵐播水 埠頭
墓域の落葉飛び来て人を温むる 文挟夫佐恵 黄 瀬
墓守の落葉掃き居る頭巾哉 寺田寅彦
墓灯し来て児等と踏む落葉かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
声をなす落葉やここは殉教地 朝倉和江
夕さむく落葉しげきに血を喀きし 中尾白雨 中尾白雨句集
夕ベ落葉たいて居る赤い舌出す 尾崎放哉
夕落葉どの町角も秋葉さま 近藤一鴻
夕落葉起き上る音転ぶ音 村越化石
夕越えて来る人もなし落葉山 尾崎紅葉
夕餉待つ落葉明りに雀ゐつ 林原耒井 蜩
夜が来れば東西わかぬ落葉宿 福田蓼汀 山火
夜の園のひろびろと敷く落葉かな 大峯あきら
夜の影着て落葉降ることはやし 石原八束 秋風琴
夜の機上に眼閉づる落葉遠く降り 横山白虹
夜の瞼の落葉よ街に遊びしが 北原志満子
夜の落葉そそのかされて酒飲むも 千代田葛彦 旅人木
夜の落葉ヘッドライトをよぎり消ゆ 高澤良一 随笑
夜の落葉狂へり明日は雪ならむ 細谷 鳩舎
夜の落葉衣桁はもののすべりがち 栗生純夫 科野路
夜の落葉降るしづけさに眠るべし 安住敦
夜半さめて落葉の音と聞きとめし 岸風三楼 往来
夥しく黄なる落葉や草紅葉 小澤碧童
大わたや落葉ふむ音のみの道 及川貞 夕焼
大学に来て踏む落葉コーヒー欲る 中村草田男
大寺の屋根のぼりゆく落葉かな 小澤實
大屋根に繊月上げし落葉寺 遠藤梧逸
大幹にまさしく触れて夜の落葉 星野立子
大木の二本並んで落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
大木の落葉を仰ぐ五六人 橋本鶏二 年輪
大欅夕立打ち去りし落葉かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
大欅夜を紅葉せり落葉せり 相馬遷子 山国
大磐の落葉滑落寸前よ 高澤良一 素抱
大空に傾く栃の落葉かな 比叡 野村泊月
大空の深きに落葉舞ひ上る 高浜虚子
大粒の雨に交りて樫落葉 西山泊雲 泊雲句集
大足の中学生に落葉の帰路 細見綾子 黄 炎
大阪城にロックサウンド落葉降る 佐々木千代恵
大風の落葉にまじり栗礫 福田蓼汀 山火
大風の落葉の中の捨箒 比叡 野村泊月
天に舞ふもの絶えてなき落葉以後 篠田悌二郎
天狗風落葉一片天へ飛ぶ 品川鈴子
太夫にもならぬ木どもは落葉かな 横井也有 蘿葉集
夫恋へば落葉音なくわが前に 桂信子 黄 瀬
夫見舞ふけふを限りの落葉道 石田あき子 見舞籠
奔り出す緋縅落葉一騎あり 林 翔
女の振るてのひらも落葉の仲間 中村路子
好日をたのしむ落葉帽檐に 内藤吐天 鳴海抄
好晴の落葉ちぢれて籠をあふる 植山 露子
妊りの乳房が熱し落葉山 辻恵美子
妹が垣根古下駄朽ちて落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
妻の鼻血がぬれている井戸端の落葉 栗林一石路
妻出でて霜の落葉をはきにけり 原石鼎 花影以後
娘を嫁入させて落葉掃きに出てゐる 人間を彫る 大橋裸木
婚の日の父たんねんに落葉掃く 尾沼チヨ子
嫁泣かせてふは落葉に埋む庭 山田弘子
子の尿が金色に透き落葉降る 沢木欣一
子の髪に落葉一日よき父たり 飯塚紫迷
子は母に右手をあづけて夕落葉 中村汀女
子をさがす枯木昏れゆく落葉踏み 京極杞陽
子供ちよこちよこする影の落葉を掃いてる 人間を彫る 大橋裸木
子午線の上なり踏める厚落葉 田中英子
学問の純粋を恋ひ落葉踏む 山本歩禅
宙返り海の落葉といふことも 上野 泰
宮守が俵につめたる落葉かな 水田正秀
宮守の落葉掃き居る鳥居かな 桜井芳水
宮落葉小旋風たちて幾所 西山泊雲 泊雲句集
宵の妻落葉の輪舞纒ひ来る 鳥居おさむ
宵闇の水うごきたる落葉かな 渡邊水巴
家からでてくる人に落葉俄かなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
家の裾を落葉が包み暖き昼 田川飛旅子 花文字
家中の柱も落葉しつくしぬ 中尾寿美子
寄るこころありて急げり夜の落葉 稲垣きくの 牡 丹
寒くとも三日月見よと落葉哉 素堂
寝てよりの落葉月夜を知つてをり 森澄雄 四遠
寝袋の中に耳澄む夜の落葉 神田岩魚
寺に来て落葉かく日や報恩講 石月洋子
小さき句碑落葉にひざをつきて読む 高木晴子 花 季
小名木川落葉隠れに水母ゆく 長屋せい子
小平に落葉はじまる源義忌 草間時彦
小路ふかく川波はるゝ落葉かな 金尾梅の門 古志の歌
小駅出て落葉日和にすぐなづむ 河野南畦 湖の森
小鳥来て落葉の嵩に見失ふ 岩西多加志
小鳥来る太陽と落葉のみの庭 相馬遷子 山河
少年に会えずに帰る落葉坂 有馬英子
尼の菊落葉をかぶらざるはなく 大峯あきら 鳥道
尾長らと落葉踏みなどしてみたし 石田波郷
屋台の灯自在に生きて落葉の中 中山純子 茜
屋根の上雨の落葉おちてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
屋根ふきの落葉を踏むや閨のうへ 蕪村
履につく霜の落葉や朝まだき 加舎白雄
山々は落葉とねむる日をかさね 長谷川双魚 『ひとつとや』
山の日はうなじにぬくし落葉踏む 福田蓼汀 山火
山の月冴えて落葉の匂かな 芥川龍之介
山の神落葉の中におはしけり 石田郷子
山の音海の音来る落葉かな 徳永山冬子
山寺や風の落葉をきゝ寐入 馬光 (寒山拾得賛)
山息吹く須叟青天の修羅落葉 石塚友二 光塵
山晴れをふるへる斧や落葉降る 飯田蛇笏 霊芝
山畑の落葉をひろひ寒見舞 宇佐美魚目 天地存問
山神は小さき祠落葉ふむ 池村惇子
山祭近し落葉を今日も掃く 芝不器男
山荘の落葉づまりの筧かな 比叡 野村泊月
山蛙常盤木落葉時しらず 臼田亜浪
山裾に落葉の塀の長さかな 大橋櫻坡子 雨月
山路に落葉なだれしまゝにあり 高濱年尾 年尾句集
山風に落葉頻りや永平寺 還暦前後 浅井意外
岐れては落葉深しも水しみ出づ 原田種茅 径
岨行けば音空を行く落葉かな 太祇
岩に落葉表裏生死のごとくあり 福田蓼汀 秋風挽歌
峡晴れて干反り落葉の夜が来る 千代田葛彦 旅人木
峯かけて落葉を急ぐ日なりけり 大橋敦子
崖草に掃きちらしたる落葉かな 比叡 野村泊月
崖落葉なだるるに菊珍らしき 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
崖落葉吹いて水鳥のまばらなり 内藤吐天
嵐雪忌また時雨かな落葉かな 織田鳥不関
川は元の川ならず落葉運べども 石塚友二
川波をくぐるは国栖の付落葉(吉野川) 石井露月
川澄や落葉の上の水五寸 炭 太祇 太祇句選
川甚の掃くほどもなき落葉掃き 片山由美子 水精
川舟に落葉日のさき衰へし 宇佐美魚目 天地存問
巣箱かかるどの木も落葉あつく敷く 川島彷徨子 榛の木
工事場の奈落に落葉舞ひつづけ 鈴木貞雄
左千夫書屋落葉あらしが使ひ切る 吉田紫乃
己が空洞に落葉ささめく椋大樹 山口草堂
帚あり即ちとつて落葉掃く 高浜虚子
師と吾の間に落葉の忌日かな 草間時彦 櫻山
師の句碑に今日の落葉の今日の色 町田しげき
帰りたり落葉樂土に第一歩(退院即事二句) 上村占魚 『玄妙』
帰庵して草鞋の儘や落葉掃く 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
常寂光浄土に落葉敷きつめて 高浜虚子
常盤木の落葉ばかりの隈もあり 野村泊月
常盤木の落葉踏みうき別かな 高浜虚子
干藷の上にも四万は落葉して 栗原米作
平日の上野の山に降る落葉 高澤良一 燕音
幹うつて落葉は迅し故郷なし 千代田葛彦 旅人木
幹睦みゐて聴き合へり夜の落葉 櫛原希伊子
幼な貌の我と歩きたき落葉かな 渡邊水巴
幼子の死に雲ふかし落葉降る 飯田蛇笏 椿花集
幽明へ落葉ぞひびく霧の夜は 佐野良太 樫
床の間に活けあるものの落葉かな 大塚草廬
床几の下へ掃きこまれたる落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
庚申塔うち過ぎ落葉深き道 高澤良一 燕音
座布団の宮の落葉をなつかしむ 阿部みどり女 笹鳴
座禅後の五十路や凛と落葉踏む 加藤知世子 花寂び
庭の椎一日濃やかに落葉哉 西山泊雲
庭の雪落葉ににじむ余寒哉 瀧井孝作
弔ひに落葉臭さを持ち込みぬ 高澤良一 随笑
強がりの子の背の尖る落葉道 上田日差子
強風の落葉礎石を跳び越えて 津田清子 二人称
影かさね落葉がぬくし栗・櫟 櫛原希伊子
影さしてわが影に入る落葉あり 中山 良章
影ふかむ落葉する木もせざる樹も 福田甲子雄
待ちうけて経かく風の落葉かな 内藤丈草
待ち人の足音遠き落葉かな 蕪村
待つ朝の鏡にうつす青落葉 横光利一
待人の足音遠き落葉哉 蕪村 冬之部 ■ 大魯が病の復常をいのる
後山の夕焼刻を落葉鳴る 飯田蛇笏 椿花集
御手の上に落葉たまりぬ立仏 正岡子規
御火葬塚落葉の嵩に足とられ 毛塚静枝
微風さや~落葉とばさず小だたみに 西山泊雲 泊雲句集
心平の詩のぎんどろ落葉かな 猪狩久子
心弱くなりゐる母を泣かしめて夜の時雨か落葉を踏むは 北沢郁子
心頭に飛花落葉や秋の風 尾崎迷堂 孤輪
志士の碑に華はなかりし落葉かな 五十嵐播水 埠頭
忘れらる日に舞ふ落葉暗き落葉 千代田葛彦 旅人木
忽としてはやて過ぎ去りし落葉かな 青峰集 島田青峰
思ひごと音となりをり落葉季 殿村菟絲子 『菟絲』
思ひ出や桜落葉の香を踏めば 西村和子 かりそめならず
悔ゆる事のあきらかに落葉道歩く 人間を彫る 大橋裸木
想ひつむることの一つに落葉ふる 岸風三楼 往来
愛の羽を翳しすずかけ落葉ゆく 宮武寒々 朱卓
懐古園里人の来て落葉掃く 伊東宏晃
懺悔するもの蹠見せ落葉す 中戸川朝人
我庭は礫の如き落葉かな 京極杞陽
我庵は榎許りの落葉かな 樗良
我馬の伏家の落葉踏鳴らす 露月句集 石井露月
戸のひまの落葉明るく茶をしぼる 金尾梅の門 古志の歌
戸を立てし吾が家を見たり夕落葉 永井龍男
所化衆や落葉掃き終へぞろ~と 河野静雲 閻魔
手がかりのすぐ消え渓の落葉はや 福田蓼汀 秋風挽歌
手が見えて父が落葉の山歩く 飯田龍太
手ざはりも紙子の音の落葉かな 許六
手で払ふ祠の屋根の落葉かな 比叡 野村泊月
手にとる皆礫の重き落葉しぬ 安斎櫻[カイ]子
手に染む空の青さ 葡萄いちはやく落葉した 吉岡禅寺洞
手に落葉この世のものでなきかろさ 中嶋秀子
手をとらむとりて落葉の地に伏せむ 石原八束 『高野谿』
手袋に息つつみ立つ夜の落葉 堀口星眠 火山灰の道
打ち返しある山畑の落葉かな 渡辺水巴 白日
捨てて置く箒埋めて落葉かな 正岡子規
掃いてある落葉の道がみちびきぬ 中村汀女
掃かである寂光院の落葉かな 比叡 野村泊月
掃きおろす牛の背中の落葉かな 如行 十 月 月別句集「韻塞」
掃きとるや落葉にまじる石の音 高橋淡路女 梶の葉
掃きゆきて牡丹落葉まじりたる 蓬田紀枝子
掃きよせて時雨の音を聴く落葉 井上井月
掃き了へて落葉をとむる箒かな 飯田蛇笏 椿花集
掃き寄せしまゝに日を経る落葉かな 比叡 野村泊月
掃き寄せし落葉を衛士の火に託す 辻本斐山
掃き寄せて落葉親しや良弁忌 福井艸公
掃き集め常盤木落葉ばかりなる 高浜年尾
掃くすべのなき落葉掃きゐたりけり 久保田万太郎 草の丈
掃く手だてなくて落葉の中に住む 山下絹子
掃けば飛ぶ落葉始末に悪き日や 高澤良一 さざなみやっこ
掃けるが終には掃ず落葉かな 炭 太祇 太祇句選後篇
掃落す落葉の下の筑後川 高濱年尾 年尾句集
掌をのせて吾が机なり落葉聴く 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
提灯をふりて別れや落葉道 清原枴童 枴童句集
放ち馬尾髪落葉にみなとゞく 中島斌男
放哉の井かな蓋して落葉載る 津田清子 二人称
放哉庵落葉がたまる外厠 品川鈴子
教会の辻に落葉の手風琴 加藤耕子
教室 出てからたずねることが二三人さくら落葉 荻原井泉水
散りしいて落葉は壁の一かけら 対馬康子 純情
散るといひ降るといひけふ舞ふ落葉 清水忠彦
散るまゝに吹かるゝまゝに庭落葉 相馬遷子 山河
散る柳桃の落葉と分つかな 坂本四方太
散華なす落葉に灯る舞楽殿 鈴木公二
敷きつめし落葉一樹の影を置き 今橋眞理子
敷落葉三坪は人の墓地ならむ 小泉八重子
文化の日欅の落葉道うづめ 相馬遷子 山国
文机に落葉聖書にうす埃 石川桂郎 含羞
新しき箒に落葉従へり 上野泰 佐介
新しき落葉も水漬きをりにけり 西村和子 窓
新宿に落葉一枚ふみし音 皆吉司
新月や掃きわすれたる萩落葉 飯田蛇笏
旅人は休まずありく落葉の香 前田普羅 飛騨紬
日々静思すれば落葉のたまりけり 高田蝶衣
日あたりてひたしづもりの落葉かな 清原枴童 枴童句集
日にけにや身めぐり反古の落葉なす 林原耒井 蜩
日にまどろむ幹にぶつかる落葉あり 高澤良一 さざなみやっこ
日に悲し落葉たゞよふ汐ざかひ 加舎白雄
日のさして水に落葉の良弁忌 佐々木元嗣
日の中の落葉降るさま見つゝ歩す 高木晴子 花 季
日の影の枯枝に配る落葉哉 高井几董
日の筋や落葉つらうつ夕眺 暁台
日の落葉月の落葉と渓を埋め 岡田日郎
日は雲の絶間より鵙の啼く落葉 渡邊水巴 富士
日光山大落葉籠漆塗り 西本一都 景色
日向ぼこしてゐる前に落葉舞ひ 高濱年尾 年尾句集
日向ぼこのあとの寒さの落葉かな 林原耒井 蜩
日当れば落葉にまがふ山の蝶 福田蓼汀 秋風挽歌
日時計は落葉に埋もれ時刻む 高澤良一 素抱
日本遠し落葉の下に泉生き 有働亨 汐路
日溜りへ婆らかたまるから落葉 内田啓
日輪の吹きちらばりし落葉かな 橋本鶏二
日輪の疼きどほしに落葉舞ふ 井沢正江 湖の伝説
旧友に逢へるかも落葉降る道を 渡邊水巴 富士
旧年の闇ためてゐる落葉山 中山一路
明けゆくや見過ぐる山の落葉籠 金尾梅の門 古志の歌
明日は発つこころ落葉を手に拾ふ 長谷川素逝 砲車
明暗に錨しぬ落葉の港 林原耒井 蜩
星たちの泪に濡れし落葉かな 堀口星眠 営巣期
星は夜夜対話し木木は落葉する 池内友次郎
昨日より深き音して落葉踏む 中村菊一郎
昭和塾出でて孔子木落葉かな 青木重行
昼の音楽人より速く落葉飛ぶ 田川飛旅子 花文字
昼月の山へ落葉掃き寄せてゐる 人間を彫る 大橋裸木
昼点す給食室や椎落葉 高田洋子
昼間から錠さす門の落葉哉 永井荷風
時じくの落葉や欅高きより 石塚友二
時折は落葉が当る木馬の背 高澤良一 寒暑
時雨るゝや落葉の上の音立てゝ 野村喜舟 小石川
時雨忌をまたこの落葉道歩く 朱鳥
晴れた日の落葉している木の匂い 高橋信之
暗き眼に落葉明りの浄土変 安住敦
暗室の外も暗きかな落葉樹 和田悟朗
暮るる日や落葉まじりの玄圃梨 吉田冬葉
暮れてゆく落葉おのおのおのが位置 長谷川素逝 暦日
暮れて聴く落葉に雨の一葉忌 千代田葛彦
曇り日の落葉掃ききれぬ一人である 尾崎放哉
曲水の涸れし歳月落葉積む 文挟夫佐恵 遠い橋
更年期近づきつつや夜の落葉 菖蒲あや
書きとむる落葉日記の二三行 山口青邨
書庫を守る鍵鳴り落葉乾き反る 木下夕爾
月が照る家路は畦も落葉かな 及川貞
月さして昼のまゝなる落葉かな 五十嵐播水 播水句集
月と水の中を隔つる落葉哉 亀友
月光の幽さ落葉はまぼろしか 柴田白葉女
月光は天へ帰らず降る落葉 野見山朱鳥
月暈の半円ささげ総落葉 栗生純夫 科野路
有馬川今年の落葉流れ行く 前田普羅 新訂普羅句集
朝々の釣瓶に上がる落葉かな 横井也有 蘿葉集
朝月夜踏めば落葉の匂ひある 中川宋淵 遍界録 古雲抄
朝涼やさくら落葉の二三枚 岸風三楼 往来
朝濡るる落葉の径はひとり行かな 長谷川素逝 砲車
木に置て見たより多き落葉哉 横井也有 蘿葉集
木の実どき落葉どき過ぎ落人村 高澤良一 燕音
木の実交り落葉打あげし汀かな 西山泊雲 泊雲句集
木の実落つ音の落葉にせつかちに 長谷川素逝 暦日
木の葉山女てふ落葉(らくよう)のしきりなる 中戸川朝人
木兎の目たゝきしげき落葉かな 乙由
木洩日が人を落葉を包みをり 高木晴子 花 季
木菟の目たゝきしげき落葉哉 乙由
木隠れに妻ひらひらす落葉期 大槻紀奴夫
本郷の落葉のいろの電車来る 伝田愛子
朽ちてゆく匂ひ醸して落葉道 山下美典
朽ち落葉積み水攻めの城の跡 柴田白葉女 花寂び 以後
杣みちや剣抜き落葉暮れ残す 石川桂郎 高蘆
来し方はかく捨つべきか総落葉 栗生純夫 科野路
来し方も行手も落葉人へだつ 佐野美智
東京にあかき落葉とわが四十路 宮津昭彦
東京も鈴懸落葉勤めをり 久米正雄 返り花
東大の句碑をたづぬる落葉踏み 伊藤敬子
板屋根の泥になるまで楢落葉 前田普羅 飛騨紬
林中に落葉をかぶる茶の木かな 高橋淡路女 梶の葉
林道の細長落葉丸落葉 高澤良一 燕音
林間に風呂たく迄の落葉哉 横井也有 蘿葉集
林間の風に落葉の二三転 高澤良一 燕音
枝々が醸す夕靄落葉後 林翔 和紙
枝縫ひてしだれざくらの落葉かな 草間時彦 櫻山
枯れ澄みて落葉もあらず黒部川 前田普羅 新訂普羅句集
枯枝を笄ざしや落葉籠 銀漢 吉岡禅寺洞
枯菊や桃の落葉に埋もるゝ 西山泊雲
枯蔓の網の中なる落葉かな 加賀谷凡秋
枳殻垣の落葉しつくせし青さかな 西山泊雲 泊雲句集
柊の落葉の棘の未来あり 田川飛旅子 花文字
柏落葉厭ふべきものに顔ひぬ 草間時彦 櫻山
柔かき落葉ばかりと思ひ過ぐ 高木晴子 花 季
柳落葉堀の水面の空に浮く 手島知韶
柴漬のありとも見えぬ落葉かな 西田巴子
柵に梅の落葉や紙屋川 西山泊雲 泊雲句集
栗落葉土龍の穴に刺さりゐる 岸本尚毅 舜
栗鼠跳ねて深山落葉の音覚ます 鷲谷七菜子 花寂び
栞りたる落葉の遠き日へ帰る 塙告冬
格子出づけさの落葉のふきたまり 久保田万太郎 流寓抄
桐の木の風にかまはぬ落葉かな 野澤凡兆
桐の葉のもろくも遅き落葉かな 野澤凡兆
桐落葉乾ける土を叩くなり 上村占魚 球磨
桜落葉かそけき音を惜しまざる 山田みづえ 草譜以後
桜落葉して界隈を錆びつかす 高澤良一 随笑
桜落葉と一言仰ぎ農俳人 阿部みどり女
桜落葉に朝より弱き日ざしかな 青峰集 島田青峰
桜落葉踏みたくて靴脱ぎにけり 関戸靖子
梅落葉散るにまかせて始末せず 高澤良一 燕音
梢なほ淋しからざる落葉かな 高濱年尾 年尾句集
森が生む落葉踏む音森が消す 田村了咲
椋の木に尾長鳥来て居る落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
椋拾ふ子に落葉掃く嫗かな 高浜虚子
椋落葉黄菊すがれとなりにけり 飯田蛇笏 霊芝
植物園いつもどこかで落葉降る 品川鈴子
椎の実や落葉の上に落ちし音 阿部みどり女 笹鳴
椎落葉いつまでも地にまぎれ得ず 加倉井秋を 午後の窓
椎落葉たまるところを得てたまる 加倉井秋を 午後の窓
椎落葉古城に登るすがり綱 鈴木正代
椎落葉夜はふかき翳横顔に 近藤実
椎落葉白鳳仏は手をあげて 鈴木太郎
楊梅のだうしたことか赤落葉 高澤良一 素抱
楓(フウ)の木とおもふが疑問早落葉 高澤良一 随笑
楡落葉やさしき音をたてにけり 小林康治 『華髪』
楢楓落葉して地のゆたかさよ 馬場移公子
楢落葉いざなふごとく降りにけり 岸風三楼 往来
楢落葉かたみにかろき音重ね 角川照子
楢落葉跫音寄せ合ひ葬りけり 鳥居美智子
極まれば決まる型あり椎落葉 三浦美知子
極月のどこの社も落葉かな 増田龍雨 龍雨句集
様見えて土になりゐる落葉かな 東洋城千句
槻落葉かの烈しさを忘れまじ 栗生純夫 科野路
槻落葉渦巻くほどに*あがりけり 石原八束 『仮幻』以後
樟落葉踏みつつ思惟の歩を延ばす 藤原たかを
横濱は縣廳前の落葉の景 高澤良一 随笑
樫落葉からから吹かれ鎌倉みち 中戸川朝人
樫落葉厩舎の床の乾き反り 加藤高秋
樫落葉厩舎乾きて馬臭なし 加藤高秋
樫落葉天には住めぬさび色に 豊田都峰
樫落葉妻居ぬ一日永かりき 石田 波郷
樫落葉実生の樫の溺れけり 栗生純夫 科野路
樹に倚れば落葉せんばかり夜寒かな 渡辺水巴 白日
橿鳥と見しを落葉の降りかくす 秋櫻子
櫂の如き椰子の葉柄落ちて冬 大岳水一路
櫛型の落葉よ晩年まで華やか 丸山佳子
欄干の朱にも触れたる落葉かな 今泉貞鳳
欅の脇欅落葉の袋詰 高澤良一 鳩信
欅落葉詰めたる袋立たせおく 宮津昭彦
欅落葉軽く肩打つ化石句碑 高澤良一 随笑
此所早く落葉被りぬ秋の宮 阿部みどり女 笹鳴
歩み止めば音何もなし落葉かな 阿部みどり女 笹鳴
歯朶に手をかけて上れり落葉沢 高澤良一 燕音
母と子に落葉の焔すぐ尽きぬ 橋本多佳子
母子めく声呼び応へ落葉山 野村泊月
母恋しければ落葉をかむり掃く 龍胆 長谷川かな女
母許へ落葉千枚踏み戻る 寺井谷子
母郷遠しラストシーンに落葉舞ひ 大串章 朝の舟
気前よく欅は落葉降らすなり 高澤良一 燕音
水が享く夕深空や落葉して 鷲谷七菜子 雨 月
水のうへに置く霜流す落葉かな 千代尼
水の上の落葉も見えて凪月夜 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
水ゆたか落葉ゆたかや渡岸寺 草間時彦 櫻山
水底や落葉動かすものゝあり 西山泊雲 泊雲句集
水底を這うて流るゝ落葉かな 島田刀根夫
水無月の木蔭によれば落葉かな 渡辺水巴 白日
水面の落葉も日差し受けながら 高澤良一 ぱらりとせ
汐いつか満ちし静けさ江の落葉 臼田亞浪 定本亜浪句集
池落葉浚ひつくして二月かな 白水郎句集 大場白水郎
沈丁の葉も常盤木の落葉かな 野村喜舟
沓につく霜の落葉や朝まだき 白雄
沢山の落葉を押して掃いてをり 上野泰
波郷忌や落葉の上の落葉籠 八木林之介 青霞集
泰山木落葉木片降る如く 高澤良一 鳩信
洗米のこぼれてをりて落葉かな 京極杞陽
海にふる光りの飛沫落葉にも 石原八束
海のこゑ寝墓は落葉ためやすし 渡邊千枝子
海照りて落葉幻想消えゆけり 柴田白葉女
渓埋めし水禍の岩に落葉はや 福田蓼汀 秋風挽歌
渓橋に落葉しそめし碑のみゆる 飯田蛇笏 椿花集
渓籟に応へて桜落葉かな 西本一都 景色
渡りつく鳥と落葉とみなぎらふ 皆吉爽雨 泉声
湖のからまつ落葉のほそきみち 柴田白葉女 『冬泉』
湖底まで続く落葉の径のあり 斎藤梅子
湖畔落葉の金銀童謡馬車の鈴 柴田白葉女 雨 月
湖荒れて石山寺の落葉かな 柑子句集 籾山柑子
湧き水の輪にのり遊ぶ落葉かな 梶野きぬえ
湯滾れば落葉はげしき会津領 佐川広治
湯船にも落葉吹き込み山の国 草間時彦 櫻山
湾寒く葉柄ながき落葉踏む 大岳水一路
満九十歳落葉茶の花生まれ月 伊藤信吉
満月に落葉を終る欅あり 大峯あきら
源流はここらとおもふ落葉沢 高澤良一 燕音
源義忌の落葉の燃ゆる音すなり 佐川広治
滝のごと落葉を穴に掃き落す 上野泰 佐介
滝の瀬の岩に食み入る落葉かな 高濱年尾 年尾句集
滝壷によべの嵐の落葉かな 五十嵐播水 播水句集
漱石の墓訪ふ欅落葉かな 肥田埜勝美
濡れてゐし落葉の上に落葉かな 池田秀水
濡れ落葉峠の向ふいつも晴れ 白鳥峻
瀧も見え落葉庇も少し見え 橋本鶏二
火の彩の落葉よ夫は兵のまま 静間まさ恵
火をつけし落葉より蟇現れぬ 朝倉和江
火を見て来し眼を休めおり落葉の渦 田川飛旅子 花文字
灯の障子につらく闇の落葉哉 西山泊雲 泊雲句集
灯表を何の落葉や熊手買ふ 月舟俳句集 原月舟
炉をひらく茶室の屋根の落葉かな 高橋淡路女 梶の葉
炭を切る手元暮れゆく落葉かな 村山たか女
炭俵の底に大分県の落葉 田川飛旅子 花文字
点燈夫来て公園の落葉急 内藤吐天 鳴海抄
無をさぐりをれば落葉のしきりなる 秋光 泉児
煙草屋の欅落葉をはじめけり 川島彷徨子 榛の木
熊手市の灯の空に舞ふ落葉影 石原八束 空の渚
燃ゆる石炭棄てて運河の落葉照らす 加藤楸邨
爛々と虎の眼に降る落葉 赤黄男
爪のいろ明るく落葉はじまりぬ 岡本眸
父がゆく凱歌のごとき落葉のなか 前川弘明
父は枯葉母は落葉の海を来し 吉田透思朗
片仮名にはた平仮名に庭落葉 富安風生
牧童ら落葉なだれに乗りあそぶ 石橋辰之助 山暦
物置のうへに嵩なす落葉かな 斉木永久
物言へば涙あふれむ落葉踏む 樋笠文
物語のごとくにさくら落葉かな 山田みづえ 木語
犬が寝て落葉の嵩のへりにけり 阿部みどり女
犬の踏む欅落葉の音ぬくげ 高澤良一 燕音
犬の躯が充ちし犬小屋落葉する 内藤吐天 鳴海抄
犬猫と夜はめつむる落葉の家 西東三鬼
犬落葉を下りにくさうに下りてくる 京極杞陽
犬鳴いてひとつづつ暗くなる落葉 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
猪の毛をふるひ出す落葉かな 水田正秀
猪の腸落葉まみれに俯分けせり 小川軽舟
猫の子がちよいと押へる落葉かな 小林一茶 (1763-1827)
玉砂利や桜落葉は刎ねて掃く 深川正一郎
玉葱の皮が落葉に交り飛ぶ 田川飛旅子 花文字
甃の落葉さつさとしざり掃き 河野静雲 閻魔
町落葉何か買はねば淋しくて 岡本眸
画展出て落葉微光に歩み入る 柴田白葉女 牡 丹
留守のまにあれたる神の落葉かな 芭蕉 芭蕉庵小文庫
番雁の踏める落葉に朝日かな 原石鼎 花影以後
畳替公孫樹落葉の降る下に 大橋越央子
疎くなりし茲の句会や落葉降る 雑草 長谷川零餘子
病む窓のあかるし落葉終りしや 鷲谷七菜子 黄 炎
病む窓の落葉色して石鼎忌 石田波郷
登り窯火入れ済みたる落葉掃く 酒井 京
白日は我が霊なりし落葉かな 渡邊水巴
白樺の落葉の中にふとわれ等 富安風生
白衣脱ぎて己にかへる夕落葉 古賀まり子 降誕歌
白骨の手足が戦ぐ落葉季 三橋鷹女
百年の気色を庭の落葉かな 芭蕉翁 十 月 月別句集「韻塞」
皀角子の実は其のままの落葉かな 芭蕉
皆土に還る落葉もその一つ 石塚友二
皆楓落葉紛るゝものの無し 高澤良一 随笑
皇居にも深落葉道陛下の道 誓子
盆栽にするどく飛びし落葉あり 波多野爽波 『湯呑』
目にふるゝものみな落葉かうむれり 高濱年尾 年尾句集
目に沖の巌に立つ浪落葉踏む 石塚友二 光塵
眉あはくひそめて阿修羅落葉ふる 中田剛 珠樹以後
眠りよりさめし如くに落葉風 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
眷属をひきゐてまろぶ落葉かな 鈴木貞雄
眼のうらにきらきらと落葉のそそり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
眼の中にいつも落葉よそんなパリ 高木晴子 花 季
短命の墓や落葉は未明降る 中山純子 沙羅
石かとも重なれる亀よ落葉中 高田蝶衣
石一つ置いて史蹟や椎落葉 上田千穂
石上に梅の落葉や庭の秋 坂本四方太
石垣にすこし青空がある落葉 シヤツと雑草 栗林一石路
石摺の余り墨捨つ落葉かな 野村喜舟
石段の落葉ふみ~上りけり 久保田万太郎 草の丈






石段を抱いて下り来る落葉籠 遠藤梧逸
石蕗の黄のかく褪せ落葉かくつもり 久保田万太郎 流寓抄
石蕗花を了ふより落葉日々しげく 岸風三楼 往来
砂利の上に櫻落葉す校の庭 寺田寅彦
碧落の都心へ落葉別れとは 原裕 葦牙
確かな岩壁落葉のときは落葉のなか 金子兜太 少年/生長
磐石へ道ののりたる落葉かな 橙黄子
礼拝に落葉踏む音遅れて着く 津田清子 礼 拝
祇王寺の今日は掃かれし落葉かな 比叡 野村泊月
神さびや椎の落葉をふらしつゝ 池内たけし
神の山より空翔くる落葉あり 中村若沙
神の旅梅橘の落葉して 悟空
神の森水無月風に*かしわ落葉 前田普羅 能登蒼し
神主のまはりの落葉巫女も掃く 中里北水
神苑や落葉掃く音夕さびて 比叡 野村泊月
祭すみし城南宮の落葉かな 五十嵐播水 播水句集
禁猟区守る灯淡しや夜の落葉 白川 友幸
禮拜に落葉踏む音遅れて着く 津田清子
禽遊ぶ現ッを見居し落葉かな 尾崎迷堂 孤輪
秋日踏む菩提寺磴の梅落葉 西島麦南 人音
秋櫻子句碑まで*ぶなの落葉かな 関森勝夫
秋風に彳む椎の落葉かな 会津八一
秋風の地を離るれば落葉かな 雑草 長谷川零餘子
秋風の落葉大きく青きまま 中里恒子
科落葉舞ひ閉牧の嶽に雪 西本一都 景色
積む落葉是より左奥の院 寺田寅彦
穴深くおろさるる柩にも落葉 太田鴻村 穂国
空しさのもろ手に落葉拾ふなる 林原耒井 蜩
空に描いた赤い魚 落葉期がきている 吉岡禅寺洞
空はただ空、落葉はひとり煙となる 荻原井泉水
空也忌の虚空を落葉ただよひぬ 石田波郷
空晴れて落葉くらべの雑木山 鈴木しげを
窓の下なつかしき日の落葉かな 飯田蛇笏 山廬集
窓打つや落葉しぐれの風の渦 石塚友二 方寸虚実
立ちはしる厚き落葉の上の落葉 皆吉爽雨 泉声
童らの髪ふきたちて落葉風 中村汀女
笊干すや垣の落葉に遠き山 飯田蛇笏 山廬集
笹鳴や落葉くされし水の冴え 室生犀星 魚眠洞發句集
箒目の新しき上を落葉哉 寺田寅彦
箱ほどの結の社や落葉降る 大橋敦子 母子草
米兵と落葉を隅に満たす街 対馬康子 純情
米搗の所を替る落葉哉 炭 太祇 太祇句選
籾干すや宮の落葉のこゝらまで 比叡 野村泊月
粛然と型おく大き手落葉雨 柴田白葉女 遠い橋
紅葉鮒落葉のごとく狂ひけり 遠藤仰雨
細い蛇落葉の谷へ過去埋めに 中島斌雄
細杷を落葉に秘めて人去れり 西山泊雲 泊雲句集
経蔵へ鼬走りし落葉かな 野村喜舟 小石川
絵馬堂の内に舞ひ込む落葉かな 寺田寅彦
絵馬堂の内日のぬくき落葉かな 飯田蛇笏 山廬集
網干すに遠の幾山落葉いろ 細谷源二 鐵
総落葉この世の終るごときかな 小林鹿郎
緑からさまざまとして落葉かな 野澤凡兆
編みシューズ落葉の匂ひかきたてて 高澤良一 燕音
縁に干す蒲団の上の落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
縄電車降りて落葉になる園児 石井紀美子
繊き繊き富士をかかぐる落葉季 栗生純夫 科野路
置きし斧に早もかばかりの落葉哉 西山泊雲 泊雲句集
美しき落葉を砂に神無月 武定巨口
翔ぶ落葉かゝる日去年は血を喀きし 中尾白雨 中尾白雨句集
翔りゆく落葉の路は嶺の天 山口誓子
老の手の箒落葉や干反り逃ぐ 石塚友二 方寸虚実
老の背ややをら揚げたる落葉籠 西山泊雲 泊雲句集
老斑の月より落葉一枚着く 西東三鬼
耳ふたつ山中をゆく落葉どき 猪俣千代子 堆 朱
聖書眠らせ瓦礫と落葉踏み歩む 小檜山繁子
聴き納めゐる峡のこゑ落葉の音 馬場移公子
職求む路の左右も落葉とぶ 岩田昌寿 地の塩
肉片のごとし落葉の山帰来 沢木欣一 二上挽歌
背を見せて背を見せてゆく落葉道 大橋敦子 勾 玉以後
背戸鎖してからりとしたり総落葉 乙字俳句集 大須賀乙字
背景のありて落葉の降り易し 比奈夫
脚夫一人木曾の山路の落葉かな 寺田寅彦
脱衣籠欅落葉の一二片 高澤良一 鳩信
自動車疾き音のきこえ来落葉かな 久保田万太郎 草の丈
自転車が踏みつけゆきぬ楓(フウ)落葉 高澤良一 随笑
舂臼の心落つく落葉かな 蕪村遺稿 冬
舞ひのぼる落葉の中の日輪や 五十崎古郷句集
舞ひ上る落葉に足を掬はれし 上野泰 佐介
船待の笠にためたる落葉かな 内藤丈草
色をうつしてこま~霜の落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
芋焼くに余る落葉を踏まえけり 飯島桂峰
芝の上にけふの落葉はつやをたもち 川島彷徨子 榛の木
芝火燃え落葉ひつくりかへり燃え 上野泰 佐介
芝焼けば落葉も燃えつ日暮るるよ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
花を栽ゑねば茶室の庭の樫落葉 青木月斗
若き日の跫音帰らず夜の落葉 堀口星眠 営巣期
若者の路上芸術落葉降る 古賀まり子 緑の野
苦行僧めきて落葉す山の木々 内藤吐天 鳴海抄
英霊を祀る日に逢ふ落葉かな 石塚友二 方寸虚実
茎漬けの石のしづめる落葉風 石原舟月 山鵲
茎漬の石のしづめる落葉風 石原舟月
茶*(ふくろ)を捨るところも落葉かな 蕪村遺稿 冬
茶道具も包み落葉を来て語る 村越化石 山國抄
茸採りいやになるほど落葉踏み 高澤良一 燕音
荒園に落葉とぶ日ぞ病みおもる 中尾白雨 中尾白雨句集
荒神の散らす落葉や神迎ふ 佐々木醒湖
荒行僧入るに落葉のふるへをり 毛塚静枝
菊の前静かにたまる落葉かな 橋本鶏二 年輪
菊は黄に雨疎かに落葉かな 蕪村 冬之部 ■ 大魯が病の復常をいのる
菜畑にたまる欅の落葉かな 孝作
菜畠へ次第にうすき落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
萩黄葉しぬ枯葉しぬ落葉しぬ 後藤夜半
落ち葉道描くとき絵の具ねむらせる 栗林千津
落葉あたたかうして藪柑子 種田山頭火 草木塔
落葉あびて山くだりゆく猪に逢ふ 加藤楸邨
落葉いつしか道こえて田にもたまれり 川島彷徨子 榛の木
落葉かきてらくやきかまに芋やかむ 会津八一
落葉かき小枝ひろひて親子かな 正岡子規
落葉かき若きも老と見られけり 雪居 五車反古
落葉かき遊ぶに似たり人来ぬ日 石田あき子 見舞籠
落葉きよし名残の銅鑼を打ちて別る 及川貞 榧の實
落葉けぶらせ毛越寺の寺男 皆川白陀
落葉さへあらぬ山路となりにけり 渡辺水巴 白日
落葉しきり女どうしの哀歓を 柴田白葉女
落葉しげき磯みち英虞の朝日踏み 河野南畦 湖の森
落葉しつくす石鎚の神の巌 山口草堂
落葉していよ~猛し檻の熊 西山泊雲 泊雲句集
落葉してからりと高き一樹かな 河野静雲
落葉してくゞもりひゞく伏樋かな 比叡 野村泊月
落葉してしのび車の響かな 與謝蕪村
落葉してそこより氷りはじめけり 吉田鴻司
落葉してつばめグリルのフォークたち 大隅優子
落葉してていねいに書簡集読む 田中裕明 櫻姫譚
落葉してならぶ木の金色背文字 渋谷道
落葉してむらさきふかき佐久の鯉 篠田悌二郎
落葉して一筋の道現はるる 満田玲子
落葉して乞丐(かたゐ)に齢なかりけり 『定本石橋秀野句文集』
落葉して人にかかはりなき谺 原裕 青垣
落葉して厨子に観音像ひとつ 広瀬直人
落葉して去年今年なき庵かな 野村泊月
落葉して天とわれの間澄みとほる 小檜山繁子
落葉して寄生木が編む毬の数 福永耕二
落葉して富士見ゆるこの窓となりぬ 一雄
落葉して寝墓も眠深むるか 桂樟蹊子
落葉して小さき蟻の離合あり 田川飛旅子 花文字
落葉して山の遠滝あきらかに 船坂ちか子
落葉して岩の秀にある夕日かな 上村占魚 鮎
落葉して幾条ひびく終電車 龍太
落葉して心元なき接木かな 村上鬼城
落葉して月夜になりぬ里の家 成美
落葉して木々はおほかた直ぐに立ち 栗生純夫 科野路
落葉して木々りん~と新しや 西東三鬼
落葉して汝も臼になる木かな 渡辺水巴
落葉して町中に大樹憎まるゝ 西山泊雲 泊雲句集
落葉して矢さまみへ透く小城かな 信州片芦 選集古今句集
落葉して空の近づく思ひかな 小室善弘
落葉して肌触れむ幹ばかりなり 千代田葛彦 旅人木
落葉して腸寒し猿の声 立花北枝
落葉して若き白樺羞明す 内藤吐天 鳴海抄
落葉して落葉は遠き音となる 柴田白葉女 『冬泉』
落葉して蔓高々と懸りけり 前田普羅 新訂普羅句集
落葉して道ラ・マンチャヘつづきをり 文挟夫佐恵
落葉して遠くなりけり臼の音 蕪村
落葉して遽に羅漢の裏寒し 小林康治 玄霜
落葉して雨のロンドンの夜が重し 猿橋統流子
落葉し盡くして深大寺小学校 八木林之介 青霞集
落葉すがり葉鳴り交はししが雪となり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
落葉すやこの頃灯す虚空蔵 芝不器男
落葉すやしづかに庫裡の甕の水 飯田蛇笏 山廬集
落葉すや喪家の門の鯨幕 野村喜舟
落葉すや木曾の塗師の門ひろく 臼田亞浪 定本亜浪句集
落葉すや神憑く三つの影法師 飯田蛇笏 霊芝
落葉するおとにさめゐるまぶたかな 飴山實 少長集
落葉するかされど人心巨木のごと 橋本夢道 無禮なる妻抄
落葉する杜分けて駛る電車かな 青峰集 島田青峰
落葉する音と落葉を踏む音と 岡田順子
落葉せり幹のまはりの明るさは 朝倉和江
落葉せり碧天はいつも青年にて 有働亨 汐路
落葉せる西行櫻稚児櫻 会津八一
落葉たく尼の厳しき目と合ひぬ 柏木 冨三
落葉たく煙の中のきのふけふ 瀧井孝作
落葉たちまち五輪の小さき皇女の墓 柴田白葉女 花寂び 以後
落葉ため森は透きつつ浮きあがる 西垣脩
落葉つかみなげし中のその子 梅林句屑 喜谷六花
落葉つくして日の沁み渡る柞山 原田愛子
落葉としよりは子守する シヤツと雑草 栗林一石路
落葉となる髪アポロンのまぶしい楽器 八木三日女 赤い地図
落葉とびはや頬赤き佐久乙女 林翔 和紙
落葉とびひとも落葉に似ていそぐ 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とびひと落日を負ひゆける 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とびゆくひと影をきそひたる 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とび夕月しるく浮ぶとき 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とび尽せし山のいま対峙 村越化石 山國抄
落葉とび街夕景のせまるとき 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とぶ玻璃戸がら~閉めて病む 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉と吾風吹き上げて坂長し 香西照雄 対話
落葉なか犬の嗅覚のがすなし 林原耒井 蜩
落葉につれベレーたのしき草田男像 古沢太穂 古沢太穂句集
落葉には熊手ステーキにはフォーク 高澤良一 宿好
落葉に偲ぶ学の鉄鎖の重かりしよ 草田男
落葉に白き納め忘れのミルク瓶 有働亨 汐路
落葉に門をひらけば烏かな 立花北枝
落葉ぬくく男娼館の屋根に堆む 文挟夫佐恵 黄 瀬
落葉の、水仙の芽かよ 種田山頭火 草木塔
落葉のあと夜の物音のひそみをり 鷲谷七菜子 黄 炎
落葉のおびただしきは火事の跡 対馬康子 吾亦紅
落葉のせ大仏をのせ大地かな 上野 泰
落葉の下で釘になつた蚯蚓 三橋鷹女
落葉の下に棲むこほろぎは長く生く 津田清子 礼 拝
落葉の中で顔が笑つた シヤツと雑草 栗林一石路
落葉の中に弟の墓のやや高み シヤツと雑草 栗林一石路
落葉の中踏み当つ走り根の撓み 高澤良一 素抱
落葉の夜歌仙これより恋の部へ 飯田龍太 遅速
落葉の家出づるも入るも坂がかる 猪俣千代子 堆 朱
落葉の日の暮の子が厠に居つた 人間を彫る 大橋裸木
落葉の明るさに立つ牛が食みかへしてゐる 人間を彫る 大橋裸木
落葉の灰風に壊れて仕舞ひけり 高澤良一 ぱらりとせ
落葉の群れ宙に追ひぬく雨一粒 内藤吐天 鳴海抄
落葉の舞ふ歩道に坐せりチター弾き 毛塚静枝
落葉の香病床日記生きて読む 古賀まり子 緑の野
落葉の香睡りを奪ふもの胸に 朝倉和江
落葉の香胸に貯めゆく化粧坂 手島靖一
落葉の黄回想とほきてのひらに 鷲谷七菜子 黄 炎
落葉はげし孤高のこゝろさびし過ぐ 斎藤空華 空華句集
落葉はげし目つぶりて又目ひらきて 及川貞
落葉はや幕除かれし句碑に降る 長谷川かな女
落葉ひら~風のゆくへに従ひぬ 上村占魚 鮎
落葉ふかしけりけりゆきて心たのし 長谷川素逝 砲車
落葉ふみ子の将来を語りゆく 柴田白葉女 遠い橋
落葉ふみ憎きかの眸を欲りもする 稲垣きくの 牡 丹
落葉ふみ誰にもわかる句を詠まな 富安風生
落葉ふむ分れし道のまた会へり 高野素十
落葉ふむ少女に赤きリボンあり 岸風三楼 往来
落葉ふむ淋しきときは深く踏む 清水節子
落葉ふむ音うつむいて聞ゆなり 皆吉爽雨
落葉ふむ音なき落葉肩に受け 及川貞 夕焼
落葉ふむ音のよぎりしひとりらし 高濱年尾 年尾句集
落葉ふむ音はうしろへ残るもの 皆吉爽雨
落葉ふりつむたましひの白夜には 和泉香津子
落葉ふりひとあやまちを繰りかへす 藤木清子
落葉ふり人との距離は眼にみえず 稲垣きくの 牡 丹
落葉ふり人も仔犬も陽に甘ゆ 片山桃史 北方兵團
落葉ふるかそけさやわが残る生 朱鳥
落葉ふるなり峠の茶屋にたべる餅に シヤツと雑草 栗林一石路
落葉ふる奥ふかく御仏を観る 種田山頭火 草木塔
落葉ふんで人道念を全うす 飯田蛇笏 霊芝
落葉へらへら顔をゆがめて笑ふ事 尾崎放哉
落葉ほどの顔が暮るるよ盲仏 桜井博道 海上
落葉まで風の物とや持歩行 千代尼
落葉まひ靴磨より紙幣とぶ 爽雨
落葉みな万骨となり山眠る 楠本憲吉
落葉めく手套や若き恋ひとつ 橋本榮治 麦生
落葉もて机塚埋めん合点じゃ 高澤良一 鳩信
落葉やんで鶏の眼に海うつるらし 達治
落葉やゝ静まりて歩を移しけり 比叡 野村泊月
落葉を風が追ひかける日の暮となつた 人間を彫る 大橋裸木
落葉一枚頭に載せてちちんぷい 高澤良一 宿好
落葉中チラと目の行くところかな 京極杞陽 くくたち上巻
落葉中拾ひしはわが魂かな 林原耒井 蜩
落葉中水鳥やどす水ありぬ 林原耒井 蜩
落葉中石のごとくに踞る 近藤一鴻
落葉中紫式部実をこぼす 高濱年尾
落葉中静かな言葉出でにけり 加藤楸邨
落葉乾く日ざしの中に母の声 古賀まり子 降誕歌
落葉光る三時間後に日本発つ 田川飛旅子 花文字
落葉凪ぎ芝居囃子の谷底へ 太田鴻村 穂国
落葉厭ふひとに俳諧なかりけり 阿部みどり女 月下美人
落葉吹く蔵間ひ猫のぬけてゆく 臼田亜浪 旅人
落葉喰ひ沼に五尺の鮒棲むと 岡田日郎
落葉地にとどくや時間ゆるみけり 加藤秋邨 まぼろしの鹿
落葉地に着きたり瞳ただよはす 千代田葛彦 旅人木
落葉坂四十のわが上り坂 辻田克巳
落葉夕ベの柱時計脊伸びしてねじ巻く 人間を彫る 大橋裸木
落葉夜々我が灯一つとなすも夜々 栗生純夫 科野路
落葉存分浴びきたりし夜肉を煮る 大野林火
落葉季くもり硝子の敏感に 猪俣千代子 堆 朱
落葉季の連嶺天の翳のごと 豊田都峰
落葉宿ひと夜を人の生きてをり 中島月笠
落葉寒灯がはつきりと點いてきぬ 八木林之介 青霞集
落葉尽き寄生木の群天を占む 林翔 和紙
落葉尽き幹のみの高さ残りけり 斎藤空華 空華句集
落葉尽き風の戸惑ふ裏屋島 伊沢健存
落葉山一つ燃えゐて秋社 阿部みどり女 笹鳴
落葉山踏み迷ひ来てまだ小鹿 西村和子 かりそめならず
落葉嶽児は日溜に遊ばせて 西山泊雲 泊雲句集
落葉径われにかかはりなく細る 吉野義子
落葉径小さき流行の犬つれて 高澤良一 さざなみやっこ
落葉急ぐ秘宝はつねに小さきもの 古舘曹人 能登の蛙
落葉急堂守とても人を恋ふ 北見さとる
落葉手にとり霊長目人間(ひと)科人間(ひと) 高澤良一 鳩信
落葉拾うて棄てて別れたきり 尾崎放哉
落葉拾ふかすかな音も愛のひびき 河野多希女 彫刻の森
落葉掃いてそこここにある実生かな 五十嵐播水 播水句集
落葉掃いてゐれば平時と変りなき 阿部みどり女
落葉掃かれある子の墓をたゞ掃きぬ 及川貞 榧の實
落葉掃きくらゐはせよと山姥が 佐々木六戈 百韻反故 初學
落葉掃きためて夜空に近く住む 椎橋清翠
落葉掃き尽くし暖流にゐるごとし 能村研三 海神
落葉掃き居る人の後ろの往来を知らず 尾崎放哉
落葉掃き木洩日は掃き終らざり 小檜山繁子
落葉掃くおのれを探しゐるごとく 照敏
落葉掃くこときりもなや山寺は 坊城中子
落葉掃くことめんだうな目つきして 高澤良一 随笑
落葉掃くことをたのしみ茶店守り 高濱年尾 年尾句集
落葉掃くその又後を人が行く 星野 高士
落葉掃くや担架係の二小法師 河野静雲 閻魔
落葉掃く中にころがる霰かな 柑子句集 籾山柑子
落葉掃く京の暮色をまとひつゝ 清水忠彦
落葉掃く京都の朝の音として 蔦三郎
落葉掃く僧に加勢の近所の子 小林景峰
落葉掃く夕べのはやき報恩講 徳本映水
落葉掃く廟の中庭よりの天 都筑智子
落葉掃く心漸く湧きにけり 林原耒井 蜩
落葉掃く或は真白のさゞんくわも 林原耒井 蜩
落葉掃く日暮れの母も琥珀かな 小檜山繁子
落葉掃く母ありてかく青き空 野澤節子 黄 炎
落葉掃く漢あらはれ王の森 佐藤宣子
落葉掃く父なきあとの母の日々 深見けん二
落葉掃く箒百本修学院 滝青佳
落葉掃く聖書の終りしか知らず 対馬康子 愛国
落葉掃く路地の奥まで猫日和 坂本真理子
落葉掃く音に覚めゐて夢を出ず 三橋 迪子
落葉掃く音のいづこや光堂 酒井みゆき
落葉掃く音の日向にうつりけり 高瀬竟二
落葉掃く音の軽さの移りゆく 小林草吾
落葉掃く音をたのしみゐたりけり 荒井正隆
落葉掃く音軽やかに重たげに 曽我玉枝
落葉掃けばころころ木の実 尾崎放哉
落葉掃了へて今川焼買ひに 川端茅舎
落葉摘く音絶えしよりけぶり揚る 原田種茅 径
落葉散りつくして猫の通りけり 澤里英雄
落葉敷いて大地の思念はじまりぬ 長谷川素逝 暦日
落葉敷きつめて尾長の無言劇 堀口星眠 営巣期
落葉敷き城おごそかに朱がにじむ 古館曹人
落葉敷き漆黒の熊眼がうるむ 沢 聰
落葉敷く中の黒猫霧がくる 石原八束 空の渚
落葉敷く闇の地下より話声 福田蓼汀 秋風挽歌
落葉旋風訣れは人を毛深くす 熊谷愛子
落葉日に日に少くなりて朝の舗道 高澤良一 鳩信
落葉日和となりし川辺の乙女たち 川島彷徨子 榛の木
落葉旺んに見返るべくもあらぬかな 中島月笠 月笠句集
落葉明り地蔵も病む眼持ち給ふ 河野多希女 月沙漠
落葉曼陀羅法鼓は力づよく打つ 柴田白葉女 雨 月
落葉月夜淋しくて母寝てしまふ 古賀まり子 緑の野
落葉月夜目ざまし時計不意に鳴る 綾子
落葉期の海のさみしさ帆にみてり 細谷源二 鐵
落葉木の路に近きは撫でらるゝ 林原耒井 蜩
落葉木をふりおとして青空をはく 尾崎放哉
落葉木晴れつづき家出娘が戻る 人間を彫る 大橋裸木
落葉歌唱して霧らふ身をすかす 石原八束 空の渚
落葉沢動くは一縷の水なりけり 高澤良一 燕音
落葉浴ぶやりのこすことなきやうに 野澤節子
落葉深きは温みもふかし仏道 毛塚静枝
落葉溜めて心ゆたけし掌にも受け 林原耒井 蜩
落葉溜めて生あるものに鴨足草 篠原温亭
落葉皆道祖神に走りけり 野村喜舟 小石川
落葉積むやなど山マ水の馳せやまず 尾崎迷堂 孤輪
落葉積む鮑石流觴曲水址 石原八束 風信帖
落葉空にかゞやく菊の日和かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
落葉籠うもれんばかり降る落葉 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
落葉籠まだからつぽに憩ひけり 石田郷子
落葉籠まだ消えやらぬ紅埋め 渡辺恭子
落葉籠二つ落葉の上にあり 鈴木しげを
落葉籠信玄餅は売切れて 八木林之介 青霞集
落葉籠児にも負はして先立たせ 比叡 野村泊月
落葉籠子らの遊びは匂ふやう 栗林千津
落葉籠底の腐つてをりしかな 茨木和生 野迫川
落葉籠日雀の声も入れて来し 原 ちあき
落葉籠熊手も入れて担ぎけり 温亭句集 篠原温亭
落葉籠百年そこにあるごとく 大串章
落葉聴く豊頬陶土観世音 水原秋櫻子
落葉舞ふしきりの峡の空晴れて 高濱年尾 年尾句集
落葉被いで咲くデージーよなでしこよ 林原耒井 蜩
落葉被て人目に隠る泣き羅漢 八牧美喜子
落葉被て被爆石獣病む如し 下村ひろし 西陲集
落葉見し人や落葉の底の人 沾徳 (悼芭蕉)
落葉詰まる竈それぞれ残したり 井上雪
落葉谷光を運ぶ水ひそむ 高井北杜
落葉踏みさだかに二人音違ふ 殿村菟絲子 『路傍』
落葉踏みつまらなき顔してあらむ 稲垣きくの 牡 丹
落葉踏みどこまで行くやチヤツプリン 藤岡筑邨
落葉踏み三四郎池子とめぐる 江戸綏子
落葉踏み句碑を残して帰りけり 勝又一透
落葉踏み坂なりに猫ふり返る 飛旅子
落葉踏み天を鏡と思ひけり 村越化石
落葉踏み逆ふ心今はなく 深見けん二
落葉踏み霜蹴り虚仮の後思案 石原八束 『仮幻』
落葉踏むうしろの音も一人なる 山崎ひさを
落葉踏むかそけさ百済ぼとけまで 細見綾子 天然の風以後
落葉踏むぎりぎりの線汝も持ち 行方克巳
落葉踏むとき蒼惶と何か過ぐ 千代田葛彦
落葉踏むひとりの音の廟に来ぬ 田村了咲
落葉踏むやしばし雀と夕焼けて 渡邊水巴
落葉踏む一人の音を愉しみぬ 西村和子 かりそめならず
落葉踏む一句を経のごとく誦し 川村紫陽
落葉踏む一日に得し犬の信 篠田悌二郎
落葉踏む世に飽く心おそれつつ 下村ひろし
落葉踏む今日の明るさ明日もあれ 水原秋櫻子
落葉踏む有為転変の世を生きて 武井三枝子
落葉踏む淋しきときは強く踏む 清水 節子
落葉踏む猟夫の肩にまた落葉 山田麗眺子
落葉踏む足音いづこにもあらず 飯田龍太 忘音
落葉踏む音あり池をめぐり去る 水原秋桜子
落葉踏む音と道連れ峡の闇 福田蓼汀 秋風挽歌
落葉踏む音のひとりになりたがる 後藤比奈夫 花匂ひ
落葉踏む音の乾きの中に居り 有働亨
落葉踏む音は音無きより淋し 築山能波
落葉踏む音や亡き友来るごとし 沢木欣一
落葉踏む音颯々と波郷以後 上田五千石
落葉踏む鹿の足音風に消ゆ 狹川青史
落葉踏んで僧のあとゆく夕日かな 比叡 野村泊月
落葉踏んで去る友に閉めて蒲団敷く 西山泊雲 泊雲句集
落葉踏んで来たるべく来し病負ふ 馬場移公子
落葉蹴りサラリーマンはいつも急ぐ 田中朗々
落葉蹴るわが足跡は印し得ず 下村梅子
落葉転がる音の漣なせりけり 高澤良一 燕音
落葉載せ太平洋を目指す川 津田清子
落葉道かなたこなたと振り返り 比叡 野村泊月
落葉道どっこいここに走り根が 高澤良一 燕音
落葉道みづうみ見えて下りかな 高野素十
落葉道一人し行けば一人の音 上村占魚 『萩山』
落葉道来るストールに顎埋め 西村和子 窓
落葉道鳥語人語をその上に 村越化石
落葉降り夜は黄金のごとく降る 三橋鷹女
落葉降り積む墓所までも明かき国 対馬康子 愛国
落葉降り籠の山がら宙返り 土方秋湖
落葉降り華燭の車都電越す 石塚友二 光塵
落葉降るかがやく雲のあひだより 山口青邨
落葉降るさなか天麩羅匂ひけり 中嶋秀子
落葉降るしづけさにわが息合はす 古賀まり子 降誕歌
落葉降るひかりの中を妻とゆけり 倉橋羊村(1931-)
落葉降るまゝに公園広かりし 高浜年尾
落葉降るまゝに関趾の井戸古りぬ 高濱年尾 年尾句集
落葉降る一葉一葉を空に写し 石原八束 空の渚
落葉降る中に首上げ蛍草 猿山木魂
落葉降る嘆きの隙も与へずに 佐野まもる
落葉降る天に木立はなけれども 辻貨物船
落葉降る日は描き眉のすなほにて 柴田白葉女
落葉降る灯のある家もなき家も 飯田龍太
落葉降る落葉被るにはやや早き 小林康治 『存念』
落葉降る降りつむ波を重ねつつ 石原八束 空の渚
落葉降る音のみ峡の冬安居 尾崎高子
落葉陽かげりくる子供の足もと 人間を彫る 大橋裸木
落葉風かさと賓度羅跋羅惰闍に 高澤良一 さざなみやっこ
落葉風しきりにおこる日なりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
落葉風に追はるる歓喜童女かな 石原八束 空の渚
落葉風一人二人は吹かれ立つ 中村汀女
落葉風小戻りしては復た拝む 大谷句佛 我は我
落葉風庭の一樹にはじまりし 朝倉和江
落葉風摺れちがへるに人思ふ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
落葉風曲り路の崖に日当れる 原田種茅 径
落葉風歩きそめたる子を立たせ 中村汀女
落葉風死に遅れしは墓洗ふ 小林康治 『華髪』
落葉駆け人の如くに路次に入る 上野泰 佐介
落葉駈く慌ただしさに立ち止まる 高澤良一 宿好
落葉駈けめぐる燭なき首塚を 渡邊牢晴
落陽も巻き込む落葉つむじ浴ぶ 藤浦昭代
葉柄の赤くて長き落葉得し 高澤良一 さざなみやっこ
葉畑にたまる欅の落葉かな 滝井孝作 浮寝鳥
著く落葉透けて雨月の傘の裏 西山泊雲 泊雲句集
葛晒す桶のいくつに落葉降る 富永朝子
葬の楽やまず落葉ととびとほす 岩田昌寿 地の塩
薄氷のめじや~とある落葉かな 比叡 野村泊月
薬壜に夕日映じて落葉哉 寺田寅彦
薬莢の落ちて落葉もただならず 百合山羽公
藁屋根に今吹く風の落葉かな 高木晴子 晴居
藪夕日児の背の落葉払ひやる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
藪柑子の彩る落葉衾かな 高田蝶衣
虎がゐて落葉一枚だけの檻 皆吉司
蚋子の毬落葉の上に来て弾む 田川飛旅子 花文字
蜂の巣に虻のとびよる落葉かな 九湖
蝶の苦おもへり落葉敷きつめて 齋藤愼爾
行く誰もひたに踏みゆく夕落葉 柴田白葉女 『冬泉』
行年の落葉の下の緋鯉かな 比叡 野村泊月
街暮るる人足早やに落葉まろび 成瀬正とし 星月夜
街路樹の夜も落葉をいそぐなり 高野素十
街路樹の落葉をはいている みごもつた けわしい顔 吉岡禅寺洞
街路樹落葉異国の厚い新聞買ふ 有馬朗人 母国
街道は奈良へ篁落葉いま 旭
裁板の切山椒の落葉籠 阿部みどり女 笹鳴
裏径の椎落葉踏む静けさよ 大橋越央子
裸馬落葉かゆがる木下かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
西吹けば東にたまる落葉かな 蕪村
見おろしや家数積もる落葉の里 調機 選集「板東太郎」
見てをりし落葉の門に犬入る 深見けん二
見るうちに月の影減る落葉かな 千代尼
見れば又掃かずにをれぬ落葉とも 吉田節子
見終らぬ踏みも終らぬ落葉かな 瓜人
親を国許にもつて落葉するベンチに シヤツと雑草 栗林一石路
観音堂欅落葉に埋もる道 高澤良一 燕音
詩を書いてをれば落葉を掃けといふ 冨岡夜詩彦
誕生日の夫や落葉を焼き飽かず 細見綾子 黄 炎
語らへば乳母車にも落葉降る 阿部みどり女
読みさせば落葉済ませし木々が見え 高澤良一 宿好
誰かがやつてくる足音が落葉 山頭火
誰住むとなくて掃かれし落葉かな 比叡 野村泊月
谷の牛鳴きあげる山は見るかぎり落葉 人間を彫る 大橋裸木
谷戸の月落葉横ぎる時のあり 蓼汀
谿の湯に月光のせて降る落葉 穐好樹菟男
象の耳開くは落葉聴くために 対馬康子 純情
貝殻のごとき音してきやら落葉 阿部みどり女
負ひ立ちて蔓に引かれし落葉籠 藤原 如水
負ひ被る萱におされつ落葉風 大須賀乙字
貧しさも喜びに似て落葉踏む 小林康治 四季貧窮
贖罪のごとく日が差す落葉谿 津田清子
赤き実の落葉ふかきに胸打つもの 古舘曹人 能登の蛙
赤き独楽まはり澄みたる落葉かな 立子
赤城山総落葉して冬来たり 原田喬
走り去る落葉に落葉籠残る 岩垣子鹿
走り根にかたむくまゝに落葉籠 大島蘇東
走る落葉かぶさりてバスに水を注す 古沢太穂 古沢太穂句集
走る落葉相摺る音を聞く夜かな 瓊音句集 沼波瓊音
起きざまに咳いて落葉の匂ひかな 鳥居美智子
足もとの落葉の上のめくら蜘蛛 高木晴子 晴居
足もとの落葉をのこし暮れにけり 長谷川素逝 暦日
足もとの闇をよぎりし落葉かな 池内友次郎
足裏より落葉の声ののぼりくる 朝倉和江
足許のくらき落葉や一の酉 石田あき子 見舞籠
足音の背中にたまる落葉径 早川志津子
足音をつゝみて落葉あつく敷く 長谷川素逝
足音を迎へさわだつ落葉かな 汀女
路上に舞ふ落葉とブエノスアイレスの雀 高澤良一 燕音
路地住みに溜る落葉もなかりけり 鈴木真砂女 夕螢
跼むとは淋しき姿勢椎落葉 地主たつを
踏みゆくや落葉の下の火山灰応ふ 林翔 和紙
踏み入りし栗の林の落葉かな 比叡 野村泊月
踏み踏みて落葉微塵や寒の入 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
蹤いてくるその足音も落葉踏む 清崎敏郎
身を埋めゐし落葉より世に帰る 山口誓子
辛夷落葉土がぬくもり駈け回る 和知喜八 同齢
辰雄亡き落葉の信濃追分よ 大島民郎
辻堂の闇にぶつかる落葉かな 古白遺稿 藤野古白
辻楽士帽子にためる銭と落葉 有馬朗人 天為
迯足に落葉蹈ゆく烏かな 高井几董
追いつめられて今年の落葉記憶なし 田川飛旅子 花文字
逃した時間びしびし乾く夜の落葉 能村登四郎 枯野の沖
逗留や落葉となりし庭の面 高濱年尾 年尾句集
遅ればせながら駈け出す落葉あり 高澤良一 ももすずめ
遊ぶ子も落葉も風の軽さかな 橋本榮治 逆旅
道かへていよいよふかき落葉かな 久保田万太郎(1889-1963)
道の辺の細滝落葉まみれなる 高濱年尾 年尾句集
道も狭に落葉坂なり志士の墓 田島華節
遠き音まぎれて落葉降り続く 対馬康子 吾亦紅
遠方に吹きさわぎゐる落葉かな 池内たけし(1889-1974)
郵便来て落葉舞ふ日のはじまりぬ 猿橋統流子
都めく垣根となりぬ落葉降る 雑草 長谷川零餘子
酉の市欅落葉がすっ飛び来 高澤良一 宿好
酒わかす湖辺落葉にはれてゐる 川島彷徨子 榛の木
野外劇木椅子の下を落葉駈け 橋本美代子
野良犬よ落葉にうたれとび上り 西東三鬼
野路こゝにあつまる欅落葉かな 芝不器男
金瓶は茂吉の村や樫落葉 中谷五秋
鈴懸の尾羽うち枯らすまで落葉 高澤良一 鳩信
鉢の土落葉の上に形かな 雑草 長谷川零餘子
銘酒の名忘れてゐたる落葉かな 石塚友二
鎌倉も落葉の頃か落葉踏む 西村和子 かりそめならず
鎧戸を叩く落葉の夜の童話 文挟夫佐恵 黄 瀬
鐘突けば風が吹き上ぐ落葉かな 森田かずや
長ければ栗の落葉のねぢれをり 上村占魚 球磨
長安に落葉はじまる青ポスト 中村明子
長安の辻や落葉もおちつかず 幸田露伴 拾遺
門に来て深くなりたる落葉かな 五十嵐播水 播水句集
門前の落葉を踏みて旅に出づ 五十嵐播水 播水句集
閑散と鳩と落葉と石畳 高澤良一 燕音
関址の栗落葉付く草履裏 野澤節子 遠い橋
闇籠めに杜は落葉を匂はする 高澤良一 さざなみやっこ
降つて来る落葉の空の十日月 深見けん二
降りいでて落葉をさそふ山の雨 麦南
降りしきる落葉の下を掃いて居り 野村泊月
降りつもる落葉肩まで頭上まで 西東三鬼
降り出でてかがやきそめし落葉かな 五十嵐播水 埠頭
降る落葉急ぐ電話が繋がらず 西岡正保
限りある落葉と限りなき風よ 山内山彦
陣の跡地を走る風の落葉かな 河東碧梧桐
階上の子も物書くか夜の落葉 上田五千石 琥珀
障子張りにはか落葉に捲かれたり 太田鴻村 穂国
隣から降り込む落葉掃くならひ 大場白水郎 散木集
隣り隣りわからぬものは落葉かな落葉 千代尼
雀らの日毎近しや落葉掃 相馬遷子 山国
雀一羽に落葉の風の見ゆるかな 青峰集 島田青峰
雄鶏や落葉の下に何もなき 西東三鬼
離れ咲く牡丹は淡し椎落葉 渡辺水巴 白日
雨側の家大いなる落葉かな 阿部みどり女 笹鳴
雨垂れに美濃古窯なる落葉かな 瀧澤和治
雨夜日和重ねて落葉あたたかし 古賀まり子 緑の野
雨雲のひまより欅落葉かな 青畝
雪の枝細くなりたる落葉かな 雑草 長谷川零餘子
雪割草古き落葉のかげに咲く 山口青邨
雪柳二三の落葉ひつかかり 上野泰 佐介
雪硬くなりたる上の落葉かな 大橋櫻坡子 雨月
雪踏みて乾ける落葉現はれぬ 高浜虚子
雲の重さを想へり落葉踏みしめて 齋藤愼爾
雲を踏む如く落葉の雑木山 菊川末廣
雲水に掃除地獄の椎落葉 冨山青沂
霜の降る落葉となりぬ納豆汁 癖三酔句集 岡本癖三酔
霜凪の山路の落葉が牛の足にはがれる 人間を彫る 大橋裸木
霜月の屋根の落葉を掃きにけり 比叡 野村泊月
霜柱はた落葉踏む星暗き 堀口星眠
霧ながら夜空がまろし楡落葉 堀口星眠 営巣期
霧雨となりし落葉はまつすぐに 岸風三楼 往来
露のとかげにぶく落葉にかくれけり 阿部みどり女 笹鳴
靄だてば靄に消えゆく槻落葉 石原八束 空の渚
青天にくれなゐ少し落葉籠 磯貝碧蹄館
青年と言交はす間も落葉降る 柴田白葉女 遠い橋
青苔に樫の落葉や裏表 菅井青村
静さに耐えずして降る落葉かな 虚子
音暮れて土の落葉のおちつかず 長谷川素逝 暦日
音立てて落葉しぐれと言ふべかり 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
音立てて落葉降りつつ観世音 草間時彦 櫻山
額の繪の帆船すすむ落葉ふる 山口青邨
顧る方の落葉もにぎはしく 比叡 野村泊月
風さそふ落葉にとぶや石たたき 飯田蛇笏 山廬集
風の余燼の落葉月夜となりけらし 石原八束 空の渚
風の日の森の落葉が街へくる 塙告冬
風の枝に鳥の眼光る落葉かな 渡辺水巴 白日
風の落葉おち葉の風と乱れ打つ 尾崎紅葉
風の落葉の貧乏に追はるる如し 人間を彫る 大橋裸木
風の輪を見せつつ落葉舞ひにけり 加藤三七子
風の音遠のきし後に落葉かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
風わたる落葉さゝやき羽虫消え 篠田悌二郎
風をきゝ落葉をききて山下る 高浜朋子
風折々ともし火見する落葉哉 生佛
風落葉岩にはりつき暫くは 西山泊雲 泊雲句集
風鶴忌暮れてしまひし落葉かな 小林康治 『潺湲集』
飛びのれば落葉動くや船の垢 柑子句集 籾山柑子
飛花落葉の間に簾を深垂らす 村越化石 山國抄
飯移す匂ひ夕づく落葉かな 源義
飼はれては鷹ほどのものも落葉浴ぶ 篠田悌二郎
餅搗くや落葉たゞよふ山毛欅の谷 佐野青陽人 天の川
首かしげし聖母に落葉さだめなき 横山白虹
首入れて落葉をかぶる家鴨かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
香煙なく落葉煙の墓苑かな 阿部みどり女 月下美人
馬が過ぎ温き臭ひの落葉径 殿村莵絲子 牡 丹
馬の墓落葉して山もう動かず 村越化石 山國抄
馳けいだす如く落葉が敷かれあり 萩原麦草 麦嵐
駒下駄に桜落葉を蹴りもして 上村占魚 鮎
高々と空に生るゝ落葉かな 五十嵐播水 播水句集
高きよりひらひら月の落葉かな 日野草城
高きより広くはげしく落葉降る 上野章子
魚なりし前世に呼ばる落葉川 鳥居美智子
魚をやく匂ひして里落葉 田中冬二 俳句拾遺
鳥か否か落葉か窓に影さすは 寺田寅彦
鳥の羽音と 落葉ふる音 のみにあらず 富澤赤黄男
鳩吹やほろ~桜落葉中 月舟俳句集 原月舟
鳩止めて落葉終る木終らぬ木 高澤良一 宿好
鳰鳴くや落葉踏みくる茶の帽子 鷹女
鴨の池にまだ落葉ふる少しづゝ 阿部みどり女 笹鳴
鵙啼くは桜落葉のことに非ず 野村喜舟 小石川
鵙日和日当つてゐる落葉籠 伊藤いと子
鵯たつて地を煽れる落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
鵯や目をあげしとき総落葉 小島千架子
鶏の如烏遊べり宮落葉 西山泊雲 泊雲句集
鷦鷯吹きわかれたる落葉より 高野素十
麹町あたりの落葉所在なし 藤田湘子
黄を積みし桜落葉を濡らす雨 大場白水郎 散木集
黒いごみ箱に落葉つめこんでしまつた 人間を彫る 大橋裸木
黒髪に落葉そのまま五十年 鳴戸奈菜
黙祷すしぐれ落葉の肩に触れ 福田蓼汀 秋風挽歌
鼠の屍尾を曲げ落葉降りに降る 林翔 和紙
鼻の上に落葉をのせて緋鯉浮く



by 575fudemakase | 2014-11-16 00:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22928680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング