冬旱

冬旱

例句を挙げる。

かたつむり肉しづかなる冬旱 飯島晴子
ものを噛む顔すさまじく寒旱 加藤秋邨 野哭
人影を夜色の追へる冬旱 松澤昭 神立
人消えて闇の騒げる冬旱 松澤昭 神立
偉丈夫のたちまちあらず冬旱 相馬遷子 山河
傷なめて傷あまかりし寒旱 能村登四郎
冬旱こだまはのぼる木をえらび 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬旱なり源義の散髪屋 小島千架子
冬旱独語の後は首ふりて 能村登四郎
冬旱眼鏡を置けば陽が集う 金子兜太 少年/生長
吾が影が海にたふれる冬旱 芦川源
唇舐めて英霊に礼す冬旱 石田波郷
土を掴む松の一根冬旱 加藤楸邨
土雛の陽気な顔の冬旱 小島千架子
声あげて下水掘り競ふ冬旱 岩田昌寿 地の塩
寒旱ひとの葬りにすこし泣き 岡本眸
寒旱ふわ~とゆく病み上り 平原玉子
寺町の墓に灯の入る寒旱り 石原八束 空の渚
山深き瀬に沿ふ道の寒旱 飯田蛇笏 椿花集
川波や鉄打つ町の冬旱 星野麦丘人
放埓に一瞬ほろぶ冬旱 松澤昭 神立
暮れ薄る思念の埃り寒旱り 石原八束 空の渚
村の辻湖底に見えて寒旱 田中俊尾
湖に影のつきくる冬旱 原裕 青垣
焼入れの間髪の反り冬旱 野見山ひふみ
爼板の鯉の青眼や寒旱り 河野南畦 湖の森
瞬ける失語の母や冬旱 堀口星眠 営巣期
石に声ありしと思ふ寒旱 青柳志解樹
突如たる子の叛逆や冬旱 相馬遷子 雪嶺
竹林に遊行のこゑや冬旱 伊藤通明
絵硝子のユダとイエズス冬旱 長谷川双魚 『ひとつとや』
菜を茹でて窓くもらする冬旱 岡本眸
葬りたる土のあまりし冬旱 荒川一圃
葬列の前向いてゆく冬旱 長谷川双魚 『ひとつとや』
葱畑に汚れの見ゆる寒旱 宮津昭彦
象の目の雛となりたる寒旱 能村研三 騎士
象の貌に涙の迹や冬旱 貞弘衛
野兔をなげき冬旱をなげく 曽我 鈴子
電柱の影が田に伸び冬旱 廣瀬直人
髪の上に小さき日輪寒旱 野澤節子 遠い橋
鶏のあゆむほこりや寒旱 白岩てい子
鶴の脚きしみて歩む冬旱 伍賀稚子
法廷にサンダルで行く冬ひでり 角川春樹
鱶油塗る刳舟の楔寒ひでり 宮岡計次
鶏おどす猫が土かく冬ひでり 福田甲子雄

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22937346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング