埋火

埋火

例句を挙げる。

かきあてゝ埋火三つ寄せにけり 上村占魚 鮎
かき立てて埋火のありとも見えず 下村梅子
さぐりあつ埋火ひとつ母寝し後 桂信子 花寂び 以後
さぐり当つ乳首のごとき埋火を 松尾隆信
すゐとんや埋火あかり頬にさす 加藤楸邨
ともかくも埋火を掻きたてて燗 山崎一角
みなつきの埋火ひとつしづかなり 暁臺
出で行きて帰り来にけり埋火に 小杉余子 余子句選
埋み火に猫背あらはれ玉ひけり 蕪村
埋み火のこもらふてゐる永平寺 伊藤敬子
埋み火のごとき想ひも老いにけり 草間時彦
埋み火のひとつ育てし安堵かな 井上雪
埋み火のまだあたたかき灰ならす 小橋久仁
埋み火の透きとほりたる掻きおこす 篠原梵 雨
埋み火やまことしづかに雲うつる 加藤楸邨
埋み火や壁には客の影法師 芭蕉
埋み火や家ゆすりゆく終電車 石橋秀野
埋火がほのとあり閨なまめきぬ 松瀬青々
埋火た今日の苦今日に得畢らず 竹下しづの女句文集 昭和十三年
埋火といふか仄かにあるばかり 長谷川櫂 虚空
埋火となりて時間の余りをり 後藤立夫
埋火とわが寝すがたと小夜更けぬ 五十崎古郷句集
埋火にとめれば留る我が友 炭 太祇 太祇句選
埋火にまだ慟悸うつ身を寄せし 久米正雄 返り花
埋火に三面鏡は姉のもの 久米正雄 返り花
埋火に今日の日記を書きとゞむ 松本つや女
埋火に同じ思ひの二人かな 百生 栄子
埋火に問ひぬ八雲の裔いかに 平畑静塔
埋火に夕刊その他つねのごと 篠田悌二郎
埋火に妻や花月の情にぶし 飯田蛇笏 霊芝
埋火に怒りを握るこぶしあり 竹下しづの女句文集 昭和十三年
埋火に月下戻りし身を伏せぬ 大野林火
埋火に来る鴬を見忘れず 長谷川かな女 雨 月
埋火に松風落る響き哉 松岡青蘿
埋火に根ぶとの痛む夜明かな *村 俳諧撰集「有磯海」
埋火に桂の鴎聞へけり 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
埋火に楊枝の焦る匂ひ哉 野崎紫兮
埋火に氷りてさむし梅の花 浜田酒堂
埋火に海鳴りつひにあらざりし 木村蕪城 寒泉
埋火に猫背あらはれ玉ひけり 炭 太祇 太祇句選
埋火に猿来るとぞ深山寺 尾崎迷堂 孤輪
埋火に薄き手のひら焙りけり 後藤夜半 底紅
埋火に薫ものゝあと匂ふかな 野村喜舟 小石川
埋火に顔うつぶせは愁かな 野村喜舟 小石川
埋火のありとは見えて母の側 蕪村
埋火のかすかに動く生家かな 藺草慶子
埋火のこころにはなり得ざりけり 後藤夜半 底紅
埋火のごとき憶ひも年の夜 雪女
埋火のごとく妻病み夜の雪 野見山朱鳥
埋火のさ夜の言問おとなへよ 宮武寒々 朱卓
埋火のほのかげろひや汐干舟 岡本松浜 白菊
埋火の上落魄の指五本 竹下しづの女句文集 昭和十三年
埋火の二階の闇へ梯子かな 楠目橙黄子 橙圃
埋火の仄に赤しわが心 芥川龍之介
埋火の低さや齢半ばとし 沢木欣一
埋火の冷たくなりてゐたりけり 長谷川櫂 蓬莱
埋火の切羽つまりて崩れけり 丸山嵐人
埋火の夢やはかなき事ばかり 正岡子規
埋火の如き来し方朱鳥の忌 吐合寿実枝
埋火の如く紅葉の暮れ沈む 石井とし夫
埋火の尉しらじらと谷戸の寺 北見さとる
埋火の火のほの見えて不安なり 日原傳
埋火の灰ならしたる初時雨 清水基吉
埋火の灰のくぼみて消えてをり 松原かつこ
埋火の灰の深さや謡初 岡本庚子
埋火の灰もてあそび片寄せて 高木石子
埋火の牡丹色なる近江かな 瀧澤和治
埋火の珠となるまで神楽宿 神尾久美子 桐の木
埋火の珠玉を愛す齢なる 福田蓼汀
埋火の生きてつなぎぬ去年今年 森 澄雄
埋火は灯の明るさに消えしかな 増田龍雨 龍雨句集
埋火も我名をかくすよすがかな 蕪村遺稿 冬
埋火も消ゆや涙の烹ゆる音 松尾芭蕉
埋火やあきらめてより不和もなく 高木つばな
埋火やありとは見えて母の側 蕪村
埋火やいく夜かあぶる鼻ばしら 松岡青蘿
埋火やいのちの彩の淡きこと 中村まゆみ
埋火やうちこぼしたる風邪薬 加舎白雄
埋火やうら枯草の花一つ 雑草 長谷川零餘子
埋火やこころに母を独占し 鞍悦子
埋火やすまじきものは宮仕へ 四明句集 中川四明
埋火やそむきて坐る襖きづ 桂樟蹊子
埋火やつひには煮ゆる鍋の物 蕪村
埋火やつゞいて借りし三国志 小澤碧童 碧童句集
埋火やどこまで走る壁のひゞ 庄司瓦全
埋火やはかなき母情ひとに寄せ 柴田白葉女 遠い橋
埋火やふとんを通す茶の匂ひ 許六 俳諧撰集「有磯海」
埋火や二夫婦住む一夫婦 永井龍男
埋火や今日の苦今日に得畢らず 竹下しづの女 [はやて]
埋火や何を願ひの独りごと 井月の句集 井上井月
埋火や倚廬月あげて槻の枝 飯田蛇笏 山廬集
埋火や兄妹に刻過ぎやすし 大石悦子 群萌
埋火や句をす心の立ち騒ぎ 尾崎迷堂 孤輪
埋火や垂ンとして灰は火は 松根東洋城
埋火や基地の子護らん眼を優しく 赤城さかえ句集
埋火や堀川百首口すさむ 雑草 長谷川零餘子
埋火や壁には客の影ぼふし 芭蕉
埋火や外山のまろさ櫻咲け 松根東洋城
埋火や夜学にあぶる掌 白雄
埋火や夫婦異なる習い事 有山城麓
埋火や子なき夫婦の人形棚 永井龍男
埋火や子規の句さがす古雑誌 内田百間
埋火や客去ぬるほどに風の音 富田木歩
埋火や寒山誦じジード読み 松根東洋城
埋火や己がじゝ子の布団敷く 碧雲居句集 大谷碧雲居
埋火や師のかへり待つ二法師 西山泊雲
埋火や思ひこだはる一つ事 日野草城
埋火や戸ざせし後の風の音 小澤碧童 碧童句集
埋火や捜しにかゝる忘れん坊 小沢碧童
埋火や旅の饒舌に詩の断片 加藤知世子 花寂び
埋火や梅の莟もあたゝまれ 松岡青蘿
埋火や此寺ごめの雪の森 東洋城千句
埋火や母といふ名の影法師 山本けんゐち
埋火や煙管を探る枕もと 寺田寅彦
埋火や物そこなはぬ比丘比丘尼 蕪村遺稿 冬
埋火や班女の切リのふと源氏 松根東洋城
埋火や瓶梅几帳人逢瀬 松根東洋城
埋火や畢竟朝の乱れ髪 石塚友二 方寸虚実
埋火や白湯もちん~夜の雨 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
埋火や胸あたたむる人の言 林翔 和紙
埋火や臍十呂盤も五十年 菅原師竹句集
埋火や蕪村忌すぎて年もなく 増田龍雨 龍雨句集
埋火や諳んじゐたる彼の私語 山田みづえ 忘
埋火や過ぎたる月日遥か見る 尾崎迷堂 孤輪
埋火や隣へ猫の通ひゆく 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
埋火や青墓道の一軒家 正岡子規
埋火や願事すべてむなしくて 木下夕爾
埋火や黄金の小槌敲ける詩 松根東洋城
埋火や鼾の中のほのあかり 加舎白雄
埋火をかきひろげては一人かな 永松 西瓜
埋火をかき立て雨の旅装とく 中村明子
埋火をかなり見つめし顔かたち 杉野一博
埋火を涼とあふぐ夜的(よまと)かな 服部嵐雪
埋火を珠と抱ける余生かな 北光星
埋火を生かしおぼろ夜の妻よ子よ 細谷源二 鐵
夕暮冷雨埋火・微熱継煙管 高柳重信
子を欲りて見る六月の埋火よ 萩原麦草 麦嵐
孤り棲む埋火の美のきはまれり 竹下しづの女句文集 昭和二十三年
客人に埋火小さき積翠忌 辻口静夫
年越ゆる眼のごとし炉の埋火は 加藤知世子 花 季
掘りかへす炬燵埋火八方に 上野泰 佐介
掻立てゝ埋火の色動くかな 松浦為王
松毬の火を埋火や方丈記 妻木 松瀬青々
檜山夕立檜は埋火のごとく照る 橋本鶏二
櫻しべ浴ぶ埋火のやうな恋 塚原いま乃
父の骨拾ふ埋火拾ふかに 影島智子
生きたかり埋火割れば濃むらさき 川口重美
種ほどの埋火命永らへむ 近藤一鴻
色美しき母の埋火かき出だす 大串 章
遠き日の埋火のいろ賀状くる きくちつねこ
遠き日の埋火を恋ふしきりなり 石川桂郎 高蘆
隠栖や客に埋火かきたてゝ 川名句一歩
うづみ火に我が夜計るや枕上 黒柳召波 春泥句集
うづみ火のありとは見えて母の側 蕪村
うづみ火や壁に翁の影ぼふし 蝶夢 (1732-1795)
うづみ火や我かくれ家も雪の中 與謝蕪村
うづみ火や終にハ煮る鍋のもの 蕪村 冬之部 ■ 老女の火をふき居る畫に
うづみ火を手して掘出す寒かな 高井几董
うづみ火を無下に乞はるゝ隣哉 我則

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22937522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング