紙子

紙子

例句を挙げる。

ありありと反古の読まるゝ紙子かな 高田蝶衣
お水取紙子の僧のひた走り 鹿島艸影
かげろふの我肩に立つ紙子かな 松尾芭蕉
かつらぎの紙子脱がばや明の春 蕪村
ためつけて雪見にまかる紙子かな 松尾芭蕉
つぶ~と肥たる妹が紙子哉 妻木 松瀬青々
ながらへば紙子を貰ふすまひかな 黒柳召波 春泥句集
まじはりは紙子の切れを譲りけり 内藤丈草
めしつぶで紙子の破れふたぎけり 蕪村
一よさに猫も紙子もやけどかな 内藤丈草
上下(かみしも)や下は紙子のはら背負ふ 中村史邦
印籠に三保の松ばら紙子かな 立花北枝
吾妻路の夜露こふたる紙子かな 上島鬼貫
墓囲ふ父祖に紙子を着するごと 大串 章
子鼠の尿かけたる紙子かな 正岡子規
宿老の紙子の肩や朱陳村 蕪村遺稿 冬
小夜更けて紙子まいらす迎かな 黒柳召波 春泥句集
屋上の土なる性の紙子かな 野村喜舟 小石川
干鮭に喰ひさかれたる紙子かな 木導 霜 月 月別句集「韻塞」
弓の師の家中をありく紙子かな 黒柳召波 春泥句集
引ちぎる紙子はもとの綿子かな 内藤丈草
御命講や紙子のうへの麻ばかま 奚魚 十 月 月別句集「韻塞」
手ざはりも紙子の音の落葉かな 許六
放埒の顔美しき紙子かな 野村喜舟
次第吹く神の嵐や紙子売 浜田酒堂
此上は袖のあらしやもみ紙子 言水
水の音近く芭蕉の紙子展ぶ 松井慶太郎
焼穴の日[に]~ふへる紙子かな 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
牢人や紙子むかしは十文字 井原西鶴
甲を干すあたたかげさや胴紙子 中村史邦
矯めつけて雪見にまかる紙子哉 松尾芭蕉
箔のやうに白き跡見ゆ紙子かな 河東碧梧桐
紙子(かみこ)着てゐるとは誰も知らざらむ 加藤秋邨 怒濤
紙子きて嫁が手利きをほほゑみぬ 黒柳召波 春泥句集
紙子着しおとや夜舟の隅の方 炭 太祇 太祇句選
紙子着し佳秀俳句ありにけり 萩原麦草 麦嵐
紙子着て樟柱にさはる音 銭し 霜 月 月別句集「韻塞」
紙子着て渡る瀬もあり大井川 其角
紙子着て見ぬ唐土の郭公 上島鬼貫
紙衣の濡るとも折らん雨の花 紙子着て濡るとも折らん雨の花 松尾芭蕉
縫ふべくもあらぬ紙子の破れかな 佐藤紅緑
老を山へ捨し世も有に紙子哉 蕪村 冬之部 ■ 陶弘景賛
肩置の出所かくす紙子かな 李由 霜 月 月別句集「韻塞」
若菜摘む歌のめでたき紙子かな 野村喜舟 小石川
藁庇しぐれてたたむ紙子帯 田中富士子
金弐両光過ぎたり紙子代 中村史邦
風さそふ音は紙子の立ち居かな 杉 風
鴬の鳴き破つたる紙子かな 許六 正 月 月別句集「韻塞」
あつめ来て紙衣に縫はん古暦 正岡子規
うつら~紙衣仲間に入りにけり 一茶
うららかに紙衣の僧が嬰を抱くや 角川春樹 夢殿
こもり僧紙衣の裂け目風うごき 加藤知世子 花 季
しはくちやの紙衣をのして着たりけり 赤木格堂
しわしわの紙衣のぬくさ師のぬくさ 白鳥 峻
そのころの世を偲びつゝ紙衣見る 谷口五朗
亀鳴くや船霊様の紅紙衣 岡本庚子
伝へ来て陶淵明の紙衣かな 正岡子規
似合ぬとむかしいはれし紙衣哉 横井也有 蘿葉集
修二会僧紙衣の衿のやや汚れ 山田重井
修二会果つ僧の紙衣の膝ほつれ 永崎裕子
冴渡る月に紙衣の姿かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
勿体なや祖師は紙衣の九十年 大谷句佛 我は我
参籠の紙衣いたみに呪師の僧 桂樟蹊子
名所絵をつぎ合せたる紙衣かな 高山二九
寂しさを砧にきかで紙衣哉 横井也有 蘿葉集
展示さる紙衣の膝の破れをり 米沢 はつゑ
待つ暮も曙もなき紙衣かな 千代尼
我死なば紙衣を誰に譲るべき 夏目漱石
我貧は骨に徹して紙衣かな 福田把栗
水取の紙衣の僧の火の粉浴び 粟津松彩子
渋の香を侘びて紙衣の日記かな 中山蕗峰
満願の十一僧に紙衣古る 磯野充伯
猿引の紙衣裂かるる猿の爪に 正岡子規
病癒え紙衣も帯も新しき 小畑一天
白障子紙衣は更に白くして 堀内薫
皺の手を膝に淋しき紙衣かな 許 六
相逢ふて紙衣にそゝぐ涙かな 酒葉月人
着て見ては今年も止めぬ紙衣哉 一鼠
着道楽さてなん紙衣着たりける 星野麦人
紙を裁ち紙衣繕ふ修二会かな 石河義介
紙衣の濡るとも折らん雨の花 紙子着て濡るとも折らん雨の花 松尾芭蕉
紙衣着ていろは教る御僧哉 高井几董
紙衣着てことのやう聞老女かな 山肆
紙衣着てにんげん火山ぽぽと燃ゆ 小檜山繁子
紙衣着てふくれありくや後影 黒柳召波 春泥句集
紙衣着て修二会下堂の僧若き 田中七草
紙衣着て我は袋の鼠かな 野坂十二楼
紙衣着て明日の眼してをらむ 小檜山繁子
紙衣着て梟の貌となりきりぬ 加藤楸邨
紙衣着て耳秀でしが大導師 牧野春駒
紙衣著て人に紙衣をすゝめけり 吟江
紙衣著て古人に隣る心かな 高柴象外
縫ふべくもあらぬ紙衣の破れかな 佐藤紅緑
繕ひて古き紙衣を愛すかな 高浜虚子
罪ふかき小袖の下の紙衣かな 管鳥
羽二重の上に著こなす紙衣かな 井月の句集 井上井月
背伸びして紙衣の父を二月堂 角川春樹 夢殿
臍寒き紙衣触りや病あがり 会津八一
諸ともに紀念としのぶ紙衣かな 芳馬
身に添ひて破れ紙衣となりにけり 武田克美
身ほとりに紙衣離さぬくらしぶり 稲畑汀子
酒絶ちて顔からびたる紙衣かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
風流の昔恋しき紙衣かな 夏目漱石 明治四十三年

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22937559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング