冬の星

冬の星

例句を挙げる。

いつまでも一つのままに冬の星 富安風生
かぞへゐるうちに殖えくる冬の星 上田五千石 田園
ことごとく未踏なりけり冬の星 高柳克弘
しんじついのちの母に泣かるる冬の星 栗林一石路
また一つ家毀たれて冬の星 高澤良一 鳩信 
オリオンは直に目につく冬の星 三好竹泉
亡きものはなし冬の星鎖をなせど 飯田龍太
働くものにひかり惜しまず冬の星 成瀬桜桃子 風色
冬の星うがひしてゐて歌となる 川口重美
冬の星よりも冷たきものを言へ 夏井いつき
冬の星らんらんたるを怖れけり 富安風生
冬の星わが眼しびれるほど瞶む 糸山由紀子
冬の星わが鬢髪に銀を差す 中島斌男
冬の星仰ぎて通夜の聖堂に 稲畑汀子
冬の星地震のあとに燃えさかる 渡邊水巴 富士
冬の星堕ちて餓鬼田の夜明けかな 橋本榮治 逆旅
冬の星屍室の夜空ふけにけり 飯田蛇笏 春蘭
冬の星明王の眼のごとく燃え 大西淳二
冬の星暗し山の灯真赤なり 阿部みどり女
冬の星消息といふ縁あり 保坂敏子
冬の星赤子ぐつたりしたるまま 岸本尚毅 鶏頭
冬の星足もとに犬来て息す 廣瀬直人
創いたむ風の彼方の冬の星 小林康治 『虚實』
天上の茶会に召され冬の星 阿部みどり女
庇合(ひあはひ)に一つ見ゆるや冬の星 日野草城
忘れきしものの数ほど冬の星 うえだみちこ
極めたる色の白なり冬の星 高石幸平
深川へ納め詣や冬の星 武原はん
焼く反古に小つむじ立てり冬の星 奥谷亞津子
眠られず冬の星夜を閉め出して 田川飛旅子 花文字
祈りても終る一日冬の星 長島和子
神ありと決めし眼で読む冬の星 田川飛旅子 『外套』
蜂飼いの友いて冬の星うごく 大西健司
見舞ふたび母遠くなる冬の星 成田清子
足音に追ひつかれさう冬の星 高木晴子 花 季
鉄道員の襟に届きし冬の星 稲岡巳一郎
ちかぢかと命を燃やす寒の星 相馬遷子 雪嶺
ペン絶ちの何時までつゞく寒の星 岩田昌寿 地の塩
伊賀泊り苗代寒の星浴びて 太田嗟
吹き晴れてくらき大地と寒の星 篠原梵 雨
地にひびくばかり輝やき寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
声出さばこぼれてしまふ寒の星 密田真理子
寒の星うすき光りの娘星 柴田白葉女 花寂び 以後
寒の星昴けぶるに眼をこらす 橋本多佳子
寒の星立身出世の明治恋し 岩田昌寿 地の塩
山国の縦につらなる寒の星 中拓夫 愛鷹
峡谷(キャニオン)の闇に貼り付く寒の星 仙田洋子 雲は王冠
愁ひ頒つ寒の星より応へなし 阿部みどり女
月光のあまねくわたり寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
梳る顔のまはりの寒の星 渋谷道
死をもつて消息わかる寒の星 能村研三 鷹の木
母の寝嵩つばさひろげて寒の星 北原志満子
淋しさのきはみの寒の星ひとつ 近藤愛
いくたびも震ふ大地や寒昴 桂信子
いとかすかなる寒星もありにけり 清崎敏郎
かすかなるタングステンや冬銀河 五島高資
くに唄に母が寝に入る冬銀河 山田諒子
こゑなさぬ願ひを切に冬銀河 上田日差子
さらす身の十七文字寒北斗 吉田三千子
すゝむ癌昨日の凍星位置変へず 菖蒲あや 路 地
たましいを蹴りつつ還る冬銀河 須藤 徹
つぎつぎとピアス落した冬銀河 前田保子
どの木にも木霊生まるる寒昴 美野節子
なやらひの荒星畠にこぞりけり 石田勝彦
ゆびさして寒星一つづつ生かす 上田五千石(1933-97)
イタリアヘ寒星のすぐ横を飛ぶ 長谷川智弥子
オリオンの四ッ星冴えて三ツ星も 京極杞陽
ユーカリをずたずたにして冬銀河 原田喬
一天の寒星つれて出航す 中村尚子
一寒星燃えて玻璃戸に炬のごとし 相馬遷子 山国
一通の投凾函忘れ星冴ゆる 脇本良太郎
上蔟や荒星ひとつ森を出づ 岩永佐保
人の世のそののちのこと冬銀河 伊藤敬子
仏壇の街というもの寒昴 対馬康子 純情
何語りくる寒星のまたたきは 富内英一
光年といふものさしや寒北斗 吉原一暁
再びは生れ来ぬ世か冬銀河 細見綾子(1907-97)
冬北斗この世に夫をとどめたし 井上雪
冬銀河かくもしづかに子の宿る 仙田洋子 雲は王冠
冬銀河かぶり平和へ道一本 城取信平
冬銀河けぶる左右に女弟子 中島斌雄
冬銀河すこしよごして生まれ来し 辻美奈子
冬銀河たてがみを持て余していたり 大下真利子
冬銀河にんげんは殖えつづけおり 池田澄子
冬銀河ほろと男根垂らしたり 糸大八
冬銀河まっすぐ届く声を持つ 二村典子
冬銀河らんらんたるを惧れけり 富安風生
冬銀河一糸ほつるることもなし 小川軽舟
冬銀河何處ぞとあふぐ千鳥足 高澤良一 随笑 
冬銀河出自は平氏後不詳 妹尾 健
冬銀河垂れて狼ほろびの地 橋本榮治 逆旅
冬銀河夜干の工衣のしたたらす 吉田鴻司
冬銀河姥子はひとり来べき宿 及川貞 夕焼
冬銀河寝顔のほかは子と逢えず 宇咲冬男
冬銀河山影かむる和紙の里 柴田白葉女 花寂び 以後
冬銀河山影かむる陶の町 柴田白葉女 花寂び 以後
冬銀河巌より暗く海ありぬ 田中ひろし
冬銀河息吹きかけて眼鏡拭く 平野 博
冬銀河患者の一語残りをり 岩永のぶえ
冬銀河掌の中の掌のやはらかし 大嶽青児
冬銀河映して凪げりエーゲ海 毛塚静枝
冬銀河時間過ぎゆくときの音 石田郷子
冬銀河歳月をもて測る距離 辻美奈子
冬銀河母あることを恃みとす 館岡沙緻
冬銀河激せば黙すわが性よ 妹尾 健
冬銀河畑菜の青を感じつつ 佐野良太 樫
冬銀河真つ向に墓標歩かせる 蔦愁花女
冬銀河紙で切りたる指うづく 平井照敏 天上大風
冬銀河肩にまはる手真白なる 仙田洋子 橋のあなたに
冬銀河藁足して馬睡らしむ 木附沢麦青
冬銀河言葉で殺し合ふことを 櫂未知子 貴族
冬銀河軋む扉を開け放つ 前田秀子
冬銀河雁は鳴き鳴きめぐるなり 佐野良太 樫
冬銀河青春容赦なく流れ 上田五千石(1933-97)
冬銀河魂炎反応始まりぬ 久冨風子
冬銀河鳥のつばさは酒に濡れ 橋口 等
凍星のどれかや妻は天に在り 石井とし夫
凍星のわれをゆるさぬ光かな 鈴木真砂女
凍星の光に加ふなにもなし 岡田吉男
凍星の汝弱しとまたゝくよ 大橋敦子 手 鞠
凍星の爛々と咲き屍車いづる 柴田白葉女 遠い橋
凍星の綺羅をつくして墓地の天 柴田白葉女 遠い橋
凍星の鋲を打ち込む木地師谷 中村翠湖
凍星の高きに祈る父癒えよ 菖蒲あや 路 地
凍星は末梢神経の労働歌 赤石憲彦
凍星へまつしぐらなる大樹あり 奥坂まや
凍星も星座を組めば煌けり 野澤節子
凍星や瞳と呼べば星鎮む 赤尾兜子
凍星や篠山乾く音ばかり 能村登四郎
北に耀る寒星母を喪ひぬ 伊東宏晃
友越して半年過ぎぬ冬銀河 矢口由起枝
君寄らば音叉めく身よ冬銀河 藺草慶子
土佐沖の星冴ゆるなり漁始 綿谷ただ志
塵芥の捨場寒星かゞやけり 右城暮石 上下
墳山の天狼父にまぎれなし 角川春樹
墳山の真上天狼またたけり 佐川広治
夕星のもう凍星か山鼻は 村越化石 山國抄
大吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀
大日や年の天狼海の上 岡井省二
天に天狼日本狼死に絶えし 島世衣子
天幕を畳むサーカス冬銀河 小田実希次
天狼のひかりをこぼす夜番の柝 山口誓子
天狼の光りて豆腐凍りけり 野木与情
天狼の泪目あやとり解けぬ子に 齋藤愼爾
天狼の青き光も春めけり 二口 毅
天鳴りて寒星青き火を散らす 相馬遷子 山国
女にはくちびるの栄冬銀河 藤田湘子
女盛りのマチ子と仰ぐ冬銀河 青木重行
子宮とらば空洞にごうごう冬銀河 下山田禮子
寒北斗死にはじめたる後頭部 栗林千津
寒星となるらし土橋は肉の響き 遠藤 煌
寒星とまたたき交す受験苦よ 平畑静塔
寒星と発つ灯と着く灯エアポート 嶋田摩耶子
寒星にたどりつきたるひとり旅 鈴木六林男
寒星にどの夜もどこかに雲白し 篠原梵 雨
寒星に出でしが薪を抱へ来し 猪俣千代子 秘 色
寒星に懐中燈を向けて照らす 右城暮石
寒星に見透かされたる吾が虚勢 田村一翠
寒星のひとつを引きてわが燈火 岡本眸
寒星のむらがれる邊の枯野に似 橋本鶏二
寒星の一つを父の星と決め 南 桂介
寒星の光髪膚にほとばしる 内藤吐天 鳴海抄
寒星の天の中空はなやかに 山口誓子
寒星の弾ける音す手術室 長山遠志
寒星の爛たる眼全天に 相馬遷子 山河
寒星の真只中にいま息す 相馬遷子 雪嶺
寒星の身に降るごとし吾子誕生 橋本春燈花
寒星の近々と地のぬかるめり 右城暮石
寒星はただ天に倚る海の上 山口誓子
寒星は天の空洞子の病気 西東三鬼
寒星やいのちの果ての北枕 佐藤きみこ
寒星やとぼそ洩る燈のおのづから 山口誓子
寒星やよごれぬままに料理人の胸 柚木紀子
寒星や世にある歎き除けがたし 阿部みどり女
寒星や亡き師の叱咤高きより 池田秀水
寒星や仰げばすでに声は無き 相馬遷子 山国
寒星や北の血脈継ぐために 渡辺誠一郎
寒星や地上に逃ぐるところなし 岸風三樓
寒星や悲しみいつか諦めに 菖蒲あや 路 地
寒星や暮色が海を押しせばめ 林翔 和紙
寒星や男の意地を押し通す 椎橋清翠
寒星や神の算盤たゞひそか 中村草田男
寒星や転勤の子の辞令待つ 関口美子
寒星や魂の着る人の肌 三島広志
寒星ら出て荒淫をかなしめり 森澄雄
寒星をあほぐ癖つき一周忌 柴田白葉女 『月の笛』
寒星をいつも火星を見をさめに 篠原梵 雨
寒星をかぶり死すまで麻痺の身ぞ 村越化石
寒星をつかむ仕ぐさの子の拳 対馬康子 吾亦紅
寒星をつなぐ絲見ゆ風の中 福永耕二
寒星をぶちまきし下浮浪がり 平畑静塔
寒星を近々と地のぬかるめり 右城暮石 声と声
寒星動きて喪の家に淡き影 加藤瑠璃子
寒星夥しサーカスのあとの天 斎藤爾
寒星明暗わが身のなかに眠る妻 成田千空 地霊
寒星騒然国のエゴなどどこにありや 香西照雄 対話
寒昴いま少年にくらい智慧 中尾壽美子
寒昴フルートの音は続きをり 冨田弥生
寒昴仰ぐなり死を告げ来り 水原春郎
寒昴幼き星をしたがへて 角川照子
寒昴死後に詩名を顕すも 上田五千石 田園
寒昴父母の息感じをり 老川敏彦
寒昴病みてぞ正す仰臥の寝 駒木逸歩
寒昴眼鏡摧(くだ)けしその夜も 赤尾兜子
寒昴迷ひし時は歩き出す 高平乃布子
寒昴鉛筆書きの妹の遺書 角川春樹
寝袋に体温満ちぬ冬銀河 小川軽舟
少年をさかしまに抱き寒昴 増田まさみ
峡空に寒星集め雪まつり 神取房江
崩れ簗夜は荒星をかかげたる 加倉井秋を 『欸乃』
師亡き後のおのれ励まし冬銀河 館岡沙緻
干柿に宇陀の荒星今宵より 大峯あきら 鳥道
庭の木に寒星の種はじけたり 増田まさみ
廂なる寒星溢れ落ちざるや 橋本鶏二
急かずともすでに顱頂に冬銀河 衣川次郎
戸の外に清めの塩や寒昴 中沢城子
手を洗ひ寒星の座に対ひけり 山口誓子
投函の後ぞ寒星夥し 山口誓子
故郷のなき晩年や寒昴 塩田晴江
斉斉哈爾地方ノ母ハ寒昴ヨリ乾イテヰルカ 夏石番矢 真空律
明々と身のうち通る冬銀河 北詰雁人
星冴て寒菊白う成にけり 唄子
星冴ゆる枚を銜んで六百騎 寺田寅彦
星冴ゆる歩いて居れば心足る 石昌子
星冴ゆる窓やワインの杯重ね 吉村容子
木の中でじいーんと泣くか寒北斗 岸本マチ子
木守柿夜は荒星を擁けり 関戸靖子
東京の悪に触れたる冬銀河 新城杏所
梁のどこか爆ぜゐし冬銀河 島青櫻
極上のほくろが創る寒昴 櫂未知子 貴族
樟脳の匂ふ胸より冬銀河 大久保悦子
機関音恋めき遡る冬銀河 平井さち子
母在せば問ひたきものを寒昴 荒木 梢
母恋し逝きし子恋し冬銀河 清水 きよ子
母病むと寒星天に集ふなる 山本歩禅
水に浮くもの透かし見ぬ寒昴 石川桂郎 四温
水仙の夜は荒星のつぶて打ち 岡本眸
永遠と宇宙を信じ冬銀河 高屋窓秋
渓流に雪の荒星なだれたる 野澤節子 遠い橋
漁船出づ頭上煌めく寒北斗 大久保灯志子
火の山の上に消えをり冬銀河 上村占魚 『橡の木』
火の山へ荒星帰る猫の恋 橋本榮治 麦生
火祭に海の荒星なだれたり 猿山木魂
煙突の火の子寒星にまぎれ散る 内藤吐天 鳴海抄
煙突掃除夫が寒星を弾き出す 野中亮介
燈台の遠き燈加へ冬銀河 坂本文子
父の眸は島の荒星夏薊 柴田白葉女 『冬泉』
犀は角見ながら育つ冬銀河 大石雄鬼
犬吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀 秋風挽歌
狼が空に来てゐる冬銀河 石原八束 『仮幻』
玉はじけては集ひけり寒昴 市村究一郎
玻璃越しに寒星も身を震はせつ 相馬遷子 山河
癌病棟夜は凍星にのぞかるゝ 岸風三樓
真夜に見る凍星の大舞踏会 滝青佳
瞑りて凍星ひとつ呼び覚ます 片山由美子 水精
神の馬目覚めんとして冬銀河 佐野典子
空ふかく凍星月を待ちにけり 松村蒼石 寒鶯抄
空澄みて光り増したる冬銀河 中村 仏船
空腹時寒荒星と身が潔し 佐野美智
窓ぬれて寒星下りて来つつあり 柏禎
窯火守る傾ぎて大き冬北斗 日比野里江
立ち止まるとき寒星の無尽蔵 木村敏男
繋りてまたたきてみなわが寒星 千代田葛彦 旅人木
美しき名の船が出る冬銀河 池田琴線女
胸中に布石の一語寒昴 保坂知加子
能登の端を海に出でたる星冴ゆる 中西舗土
自転車を漕ぐ寒星の宙の中 相馬遷子 雪嶺
舟よこげよ億光年の冬銀河 岸本マチ子
荒星と吹かるる河豚の一夜干 片田 千鶴
荒星に宿雪の昏るる猟の径 八束
荒星のいま大寒に入るひかり 相馬遷子 雪嶺
荒星の一塵もなき額の上 山田珠み
荒星の冷え野天湯に女どち 大橋敦子
荒星の匂ひのセロリ齧りたる 夏井いつき
荒星の吹きちぎらるることはなし 宇咲冬男
荒星の掴む近さや初薬師 曽根原幾子
荒星や毛布にくるむサキソフォン 攝津幸彦 鹿々集
荒星や深くは眠れざる男 夏井いつき
荒星や老いたる象のやうな島 夏井いつき
荒星をぶちまけ神楽はじまりぬ 奈良文夫
荒星を風が磨くよ棺づくり 大木あまり 火のいろに
薬喰峡の荒星ともりけり 石野冬青
裏街や天狼ももう春の星 原田喬
誓子逝く荒星煌と冴返り 伊東宏晃
金属のスクスク育つ冬銀河 三浦北曲
銀河茫々荒星ばかりまたたける 福田蓼汀
青貝の櫛買うて出づ寒昴 文挾夫佐恵
面上の星はいのち火冬銀河 井沢正江 晩蝉
鬼舞も照る寒星も昔ぶり 橋本榮治 麦生
黒天にあまる寒星信濃古し 西東三鬼
星冱てて人のこころに溺れけり 松村蒼石

以上
by 575fudemakase | 2014-12-14 00:50 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22937735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング