マント

マント

例句を挙げる。

この男額するどくマントも着ず 佐野良太 樫
これ一つ父の遺品は黒マント 古賀まり子
さかさまに浮かぶ児の闇赤マント 対馬康子 愛国
ひと憎むこころをつつむ黒マント 文挟夫佐恵 遠い橋
ぼろ市に魔女のマントを値切りゐる 柴田奈美
みごもりて身にはまとひぬ臙脂マント 文挟夫佐恵 雨 月
シャーロックホームズ横丁マントの女消ゆ 成瀬櫻桃子 素心
マントの襤褸あり吶喊の生ありたり 竹中宏 句集未収録
マントひるがへす大正の恋に雪 村上冬燕
マントより手が出て銀貨にぎらさる 加藤知世子 花 季
マントをひろげて土に返る前の枯葉をみんな抱きしめたい 槙弥生子
マント着せ大学生として葬る 西本一都
マント着てみみづくよりも老成す 齋藤愼爾
マント着てをれば子猫のよろこびぬ 大石悦子 百花
マント着て原の三日月われのもの 佐野良太 樫
マント着て雲の行方を肯へり 奥坂まや
マント着て魔女の力を得てしがな 西村和子 かりそめならず
マント着の荷をつつぱらし玩具選る 高島筍雄
マント緑に葦原邦子来りけり 鈴木栄子
マント緑美髯の首の行きにけり 八木林之介 青霞集
マント被り憶ひ定むる星の位置 澤木欣一
マント負い時の流れぬ村を出る 対馬康子 愛国
マント追ひつづけてどこまでも男 依田明倫
修道尼の吊鐘マント戸がはさむ 田川飛旅子
冬休となりしマントの緋裏かな 久米正雄 返り花
冬休みとなりしマントの緋裏かな 久米三汀 返り花
受験行少女マントに身をつゝみ 岸風三楼 往来
善き友や年々同じマント被て 伊丹三樹彦 人中
地の雪にひろげしマント子をおろす 瀧澤伊代次
壁にマント青年の死のように 斎藤慎爾
太陽ちつぽけマント翻し丘下る 金箱戈止夫
女の児真白いマント着て近より来る 中塚一碧楼
婢を具して登校の児の緋のマント 竹下しづの女句文集 昭和十一年
子とあるく盲いの父の黒マント 三谷昭 獣身
子のマントの短かさに堪ふるよ夫婦 梅林句屑 喜谷六花
子も葱も容れて膨るる雪マント 高島茂
子供に赤マント着せて医者へ連れる 人間を彫る 大橋裸木
山焼く火夕ぐれ急ぐマントの子 角川源義
彌撒にゆく母のマントにつつまれて 津田清子
戸に立つや娘さびして赤マント 栗生純夫 科野路
探梅のわが古マント翼あり 皆吉爽雨
梅さげてゆくにマントのすこし古り 太田鴻村 穂国
楽しきは黒きマントの虫の穴 大木あまり 雲の塔
死は晩夏も黒マント着て角を曲る 有働亨 汐路
水鳥やマントの中のふところ手 原石鼎
決闘にゆく綿虫か白マント 堀口星眠 営巣期
玄関に風の又三郎のマント 辻桃子
皇帝のマントくれなゐ冬さうび 坂井建
着てみたし賢治先生(せんせ)の黒マント 辻桃子
粉雪ふるマントの子等のまはりかな 加藤楸邨
肩幅に釣鐘マントおちつきぬ 栗生純夫 科野路
芝居茶屋を出てマントを正す口に唄出る 河東碧梧桐
茂吉顔雪マントにて吹きざらし 平畑静塔
萩の風立志の像のマント撥ね 中戸川朝人 星辰
観梅のわれのみマント翻へしゆく 岡本圭岳
遠き丘のマントの人や若からん 中村草田男
金閣の歩廊めぐれりマント着て 原子公平
雛の日や秩父電車にマントの子 鈴木正治
雨マントばさと兵ゆき夏落葉 平井さち子 紅き栞
雪くれて昭和彷う黒マント 浅井愼平
雪マント被けばすぐにうつむく姿勢 橋本多佳子
雪深しマントまとへば鳥となる 文挟夫佐恵 遠い橋
雪解野の絵本が落とす赤いマント 長谷川かな女 花寂び
風船ひとつマント母子に浮び蹤く 岸田稚魚 筍流し
魔にもなれずマント来て立つ広場かな 寺山修司 花粉航海
鴉めく太宰のマント冴え返る 田中英子
黒マントからクルクル牙が花びらが 八木三日女 赤い地図
黒マントで来て白鳥を脅す 鈴木栄子
黒マント浮ぶ町の端出雲崎 下田稔
黒マント脱ぐや世界を脱ぐやうに 櫂未知子 蒙古斑以後
黒マント角ばりしもの中に負ふ 山口誓子
二重廻し夕映電車来て消えぬ 石田波郷
二重廻し子に慕はれてゐたらずや 清水基吉
二重廻し着て蕎麦啜る己が家 石塚友二 方寸虚実
二重廻し重し亡父の年辿る 百合山羽公 寒雁
人黒く二重廻しの蹲り会ふ 石田波郷
先生の黒のトンビの寒さかな 野村喜舟 小石川
古トンビ孫等が笑ふ良寛忌 遠藤梧逸
妓を拉す二重廻しや梅屋敷 夏目漱石
末黒野に二重廻しの裾ひきずる 細見綾子 黄 炎
父老いぬ二重廻しの裾のはね 汀女せん 吉屋信子
背に老いのはやくも二重廻しかな 久保田万太郎 流寓抄
苦をつゝむ二重廻しをまとひけり 久保田万太郎 流寓抄
越人に二重廻しや春の雪 齋藤玄 飛雪

以上
by 575fudemakase | 2014-12-15 00:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22937796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング