枯桑

枯桑

例句を挙げる。

くくられて枯桑光る夕かな 萩原麦草 麦嵐
この辺は蚕の村か桑枯るゝ 高浜虚子
こゝに来て低き赤城や桑枯るゝ 岡安迷子
どこまでも枯桑遠く日が沈む 深見けん二
ガソリンカー一人降しぬ枯桑の駅 原田種茅 径
一望の枯桑に山青き白き 京極杞陽 くくたち上巻
一枝の必ず伸びて桑枯るる 京極杞陽 くくたち下巻
募りくる悲愁枯桑のはてしなく 瀧春一 菜園
吹かれ来しもの枯桑にとどまれり 棚山波朗
家離り枯桑のみがかさなりくる 川島彷徨子 榛の木
山村は今桑枯るゝ静けさに 清崎敏郎
意地わるな枯桑と和し甲斐の旅 原子公平
日は一粒枯桑きりと身をしばり 宮坂静生
枯桑にとびつく筬のこだまかな 石原舟月 山鵲
枯桑にぬくき夕べの雨ふれり 長谷川双魚 風形
枯桑には最も遠き灯がともる 加倉井秋を 午後の窓
枯桑に打たせじと抱く福だるま 出牛青朗
枯桑に断崖どつと千曲川 福田蓼汀 山火
枯桑に汽車の短き笛一つ 松本たかし
枯桑に雪ありそめて利根細る 松本たかし
枯桑に雪嶺裾をひきにけり 大橋櫻坡子 雨月
枯桑のいつもの道を恵方とし 倉田 紘文
枯桑のおどろや夕日どこへ落つ 中島月笠 月笠句集
枯桑のきれいな影の磧径 藤田あけ烏 赤松
枯桑のなかのお寺となりにけり 北村 光阿弥
枯桑のほの~として色ありぬ 高濱年尾 年尾句集
枯桑のみなとに湖の汽船あり 大橋櫻坡子 雨月
枯桑の径の往来は初薬師 奥田可児
枯桑の断崖どつと千曲川 福田蓼汀
枯桑の日和の中に働ける 京極杞陽 くくたち下巻
枯桑の曙色に囀れり 瀧春一 菜園
枯桑の村に戻りて不仕合せ 川井 梅峰
枯桑の涯に浅間や矗と煙 石塚友二 方寸虚実
枯桑の灯は見てゐるとき灯る 加倉井秋を 午後の窓
枯桑の瓔珞散らす野辺送 松藤夏山 夏山句集
枯桑の道どこからも赤城見ゆ 上村占魚 『霧積』
枯桑や筑波の裸形よこむきに 河合凱夫 藤の実
枯桑や駅と駅との間の村 村山古郷
枯桑をひしひし折りて夜の焚火 瀧春一 菜園
枯桑を抱へ縮めて括りけり 古屋敷香葎
枯桑を括り損ねて弾かれし 鈴木長春
枯桑を燃やし小豆を煮てくれる 沢木欣一
桑枯るるなか電柱を植ゑる声 秋元不死男
桑枯れし安達ケ原に迷ひけり 菱沼杜門
桑枯れてずんずと山の近くなる 広瀬季見子
桑枯れてなりはひもなき町の音 水原秋桜子
桑枯れて伏流あれば滾滾と 下村槐太 天涯
桑枯れて利根の川波照るばかり 河合凱夫 藤の実
桑枯れて古葉鳴らすは雀ども 加藤楸邨
桑枯れて大きな木曾の家となる 大峯あきら 鳥道
桑枯れて大菩薩嶺をつらぬけり 水原秋櫻子
桑枯れて小さき月の高く行く 大峯あきら
桑枯れて山と平野と噛みあへり 川島彷徨子 榛の木
桑枯れて日毎に尖る妙義かな 石橋辰之助 山暦
桑枯れて水の流るる音もなし 清崎敏郎
桑枯れて秩父夜祭来りけり 岡田水雲
桑枯れて秩父街道晴れわたる 武田光子
桑枯れて茶がさく*壟(うね)のつむじ風 飯田蛇笏 春蘭
桑枯れて蒔絵曇りや伊賀盆地 橋本鶏二
桑枯れて西に大きく蔵王山 遠藤梧逸
桑枯れて近江にもある御陵かな 大橋櫻坡子 雨月
桑枯れて遠く浅間の煙噴く 蛭間繁次
母は家子は枯桑の道をくる 高野素十
無人踏切不気味にひかり桑枯るる 馬場草童
肌寒や桑枯れいそぐ風の音 大村のと子
通行人として枯桑の辺を過ぎぬ 加倉井秋を 午後の窓
鶲飛ぶ黄繻子の光り枯桑に 内藤吐天 鳴海抄

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22938044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング