行火

行火

例句を挙げる。

こがらしや風に乗行火けし馬 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
ペンの走り固しとおもひ行火抱く 臼田亞浪 定本亜浪句集
分校へ赴任する荷に行火かな 宮野 寸青
午後おそく木に囲まるる行火かな 杉野一博
古行火抱き足らぬ火の乏しさに 富田木歩
唇も舌も乾ける行火かな 草野戎朗
太梁や行火を借りて余呉泊り 池田ちや子
妻へも這ふ電気行火の赤き紐 細井将人
子等の来て忽ちさます行火哉 岡本機柳
宿を発つよべの行火の礼言ひて 浜井武之助
屏風絵にかゞまりて船の行火かな 長谷川零余子
屏風絵にかゞみて船の行火かな 雑草 長谷川零餘子
年迫る帳場に見ゆる行火かな 八幡城太郎
旅先の真つ赤な電気行火抱く 岡本眸
根の国に潮の寄せくる行火かな 古舘曹人 樹下石上
海苔舟の海苔によごれし行火かな 中筋味竿
祖母小さし行火に顎をのせかけて 吉住白鳳子
芭蕉忌の行火たまはる瑞巖寺 沢木欣一 赤富士
茶碗蒸し腹に行火を入るるごと 高澤良一 随笑 
行火して出島めぐりの潮来舟 三星山彦
行火のさき暗黒のきりぎし落つ 森田廣
行火やめて今宵の茶の間四角なり 臼田亞浪 定本亜浪句集
行火守る木乃伊の婆々に冴え返る 河野静雲
行火抱く婆の商ふ筍のもの 柳町火音
酔ふほどに行火のあつき雪夜かな 小杉余子
電気行火座右に竹山嵐きく 臼田亞浪 定本亜浪句集
鶴を見し昂りに寝る行火かな 杉田賀代子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-17 00:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22938214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング