湯気立て

湯気立て

例句を挙げる。

うづたかき馬糞湯気立つ朝の力 西東三鬼
しろがねの富士に湯気立つ寒土用 村松ひろし
どやどやや若き塊湯気立てる 芦原昌子
ふっと立つすずしろ粥の湯気あがり 斎藤夏風
ほしいまゝ湯気立たしめて独ゐむ 石田波郷
もうもうと湯気立て蒸籠の朝ばたらき 高澤良一 随笑 
マンホール湯気立つは貴種流離かな 五島高資
一人夜の更けゆくまゝに湯気立てゝ 松尾緑富
会へばみな句の友牛鍋湯気立てて 山本光坡
何ごともなくて湯気立つ誕生日 岸本マチ子
児ら合唱干され湯気立つ臼と杵 鍵和田[ゆう]子 未来図
初刷に厨のものは湯気立つる 中村汀女
堂押の湯気立昇る太柱 関 千年雄
堆肥舎に湯気立つ晨一茶の忌 岡野よしを
夜露寒湯気立つものを食べしあと 百合山羽公 故園
大やかん湯気立ててゐる山の茶屋 山根きぬえ
大寒の湯気立つ朝の配膳車 木下蘇陽
大服の湯気立ちのぼる空也像 鈴木鷹夫
大脳やミルクの湯気の立ち込めり 松本恭子 世紀末の竟宴 テーマによる競詠集
大釜の湯気立ち上る栗の花 子規句集 虚子・碧梧桐選
大鍋に湯気立てて夜話始まりぬ 原子公平
夫先きに寝ねて湯気立つ無為暫し 及川貞
夫張りし床肌湯拭き湯気立つよ 香西照雄 素心
女給笑ひ皿鳴りコーヒ湯気立てゝ 高浜虚子
寒肥の湯気を立てたり鶏日和 大木あまり 火のいろに
悼むとは湯気立てて松見ることか 宇佐美魚目 秋収冬蔵
枝に刺す繭玉のまだ湯気立てて 浅見さよ
楡のかげ少女も湯気をまとい立つ 三谷昭 獣身
水撒きて湯気を立たせて堂押祭 井口光雄
湯気白く立つ冷房の理髪室 内藤吐天 鳴海抄
湯気立ちつ舞ひつ産後の髪撫でやる 中村草田男
湯気立ちて遠く押しくる配膳車 石川桂郎 四温
湯気立つや濤の高さを玻璃越しに 鷲谷七菜子 黄 炎
湯気立ててこころ怠りをりしかな 山口英二
湯気立ててそこに松あり梅も見ゆ 宇佐美魚目 秋収冬蔵
湯気立ててをりたる晝が過ぎにけり 橋本鶏二
湯気立てて今宵は母と話すなり 荻野暁江
湯気立てて大勢とゐるやうに居り 岡本眸
湯気立てて山に稲荷の鳥居かな 波多野爽波 『湯呑』
湯気立てて故人を待てるごとくなり 五十嵐播水
湯気立てて柱時計のくもりたる 高浜虚子
湯気立てて男無言の轆轤の座 森 えみ
湯気立てて花鳥濡れたる屏風かな 橋本鶏二 年輪
湯気立てて貰ひて主は疾くに居ず 中村汀女
湯気立てて韓愈流謫の地の粽 日原傳
湯気立ての大薬缶嘴ありにけり 井沢正江 晩蝉
湯気立てることも忘れず看取妻 鈴木蘆洲
湯気立てゝいつもの部屋に老一人 山県光子
湯気立てゝひそかなる夜の移りゆく 清原枴童
湯気立てゝ今宵これより吾が時間 能美優子
湯気立てゝ故人を待てるごとくなり 五十嵐播水
湯気立に遠く枯木といふものあり 下村槐太 天涯
湯気立の湯気の腰折れ見舞客 副島いみ子
牛鍋は湯気立て父子いさかへる 湯浅藤袴
白き骨湯気立て宿の料理かな 如月真菜
立ちし湯気消えなんとする湯気を追ひ 上野泰 佐介
立待や煮炊の湯気につつまれし 井上雪
紙を漉く手風呂は湯気を立てゝをり 高橋春灯
羨しとも湯気立て若きラガー泣く 稲岡長
蓮枯れて飲食の湯気すこし立つ 波多野爽波 『湯呑』
豆飯の湯気の立つうちいただかん 高澤良一 寒暑 
身に入むや湯気立つ牧の治療棟 佐伯 星子
雑炊の湯気吹きこころ岐路に立つ 稲垣きくの 黄 瀬
餅搗を終へし臼より湯気立てり 辻桃子
どやどやの湯気たて若さぶつけ合ふ 荻野信子
湯気たてて起居忘れし如くなり 松本たかし

以上
by 575fudemakase | 2014-12-19 00:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22938950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング