河豚

河豚

例句を挙げる。

あとからあとゝ俥下りるや河豚の宿 大場白水郎 散木集
あぶなゑの大皿のあり河豚の宿 田中冬二 俳句拾遺
あら何ともなや昨日は過ぎて河豚汁 芭蕉
いつまでも菊咲かせたり河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
うたがへば妻まことなし鰒に酌む 飯田蛇笏 山廬集
うちうみに土用波なし子河豚釣る 下村槐太 光背
おとなしく女河豚が抱かれくる 萩原麦草 麦嵐
おとろへや河豚食ひよどむ四十より 幸田露伴 江東集
かくもうすきひとひらにして河豚かな 徳永山冬子
かくも長き二十世紀や河豚吊るす 仙田洋子 雲は王冠
かりそめの河豚の友とはなりにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
かゝる酔あるとは知らず河豚に酌む 山田庄蜂
けふの日の詰れば河豚の灯がともり 後藤夜半
けふばかり人つかひよし河豚汁 白麻
これよりの玄海荒れて河豚の旬 是木 二楽
そなへある大虎河豚や午まつり 河野静雲 閻魔
その籠の河豚たびたまへ観世音 中勘助
それ見たか全く鰒の蝶の夢 呑獅
ためらはず河豚喰ひ宝籤を買ふ 石川桂郎 含羞
とら河豚の命の際を売られけり 梶山千鶴子
どこを風が吹かとひとり鰒哉 一茶
なには女にみのつまさるる鰒の宿 飯田蛇笏 雪峡
ひよこと浮く河豚の怒りのおぽつかな 中勘助
ふくらみの怒りぶりよき河豚を買ふ 加藤知世子
へつこみの河豚提灯にありにけり 粟津松彩子
べつたりと河豚を載せたる秤かな 岸本尚毅 舜
ぽんぽんに脹らめる河豚初市に 柳澤和子
まくらがりなる河豚宿の鼾かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
まつぴるま河豚の料理と書いてある 京極杞陽 くくたち上巻
まなかひに門司の霞めり河豚供養 谷藤弘子
まなじりの一方がつり河豚中り 城後眉下
みとりゐる漁師ばかりや河豚中り 並木
めら~と燃ゆる火急や河豚汁 露月句集 石井露月
もち月の其きさらぎに鰒はなし 蕪村遺稿 冬
もののふの河豚にくはるる悲しさよ 正岡子規
ものゝふの河豚にくはるゝ悲しさよ 子規句集 虚子・碧梧桐選
やがて座も河豚雑炊に終りけり 高浜年尾
よく晴れて河豚の痺れはなかりけり 仙田洋子 雲は王冠
よす瀾につる鰒なくやあきのかぜ 飯田蛇笏 春蘭
ストライキ礦夫博多へ河豚食ひに 成瀬正とし 星月夜
一卓がインテリけなす河豚の鍋 不死男
与謝の海松わたる陽に鰒釣るる 宮武寒々 朱卓
世なりけり木曽の梯(かけはし)河豚汁 露沾 選集「板東太郎」
世の中や月にむら雲鰒に毒 闌更
中りたる河豚の話に尾鰭なく 稲畑汀子 汀子第三句集
五十年の命を河豚に取られたり 赤木格堂
人ごゝろ幾度河豚を洗ひけむ 炭 太祇 太祇句選
人の世を河豚の眼玉のにらみけり 寺田寅彦
人の愚は我が愚に如かず河豚汁 露木爪弾
人中に嘲られをり菜種河豚 小林康治 四季貧窮
人事と思ひし河豚に中りたる 稲畑汀子(1931-)
人情を卑しみひとり河豚を食ふ 瀧 春一
人間も毒持つてをり河豚祀る 山田真代
今朝鰒を命の内に暮れにけり 玉夕 選集「板東太郎」
佐殿に文覚鰒を進めけり 黒柳召波 春泥句集
佛法を謗つて河豚と生れけむ 石井露月
供養河豚ふてぶてしくてかなしくて 鈴木真砂女
供養河豚跳ねて読経の席和む 山口富美
俎の木目うるはし河豚つくる 城草
僧と医の兄弟河豚の皿を中 赤松[けい]子 白毫
充分にしあはせな過去河豚を煮る 古賀まり子
先帝祭針千河豚もおちようちん 百合山羽公
其むかし鎌倉の海や鰒やなぎ 蕪村遺稿 冬
冬の部に河豚の句多き句集哉 正岡子規
冬凪に冥き沖あり河豚干さる 高本松栄
冷えきりし旅の顔もて河豚を見る 細川加賀 生身魂
凩に鰒ひつさげて高足駄 泉鏡花
出さるれば河豚もまゐりて和尚さま 河野静雲 閻魔
初場所も近しと干すや河豚の鰭 大島民郎
初東風の河豚提灯を買ひにけり 野村喜舟 小石川
初糶や跳ねては河豚の高値呼ぶ 木屋四風子
初鰒は目をひらきをり袋糶 石原八束 仮幻の花
別れの灯せめて明るく河豚の宿 高木晴子 花 季
包丁の前を通りて河豚の座へ 井沢正江
占へば*ぜいこう河豚に咎なし 子規句集 虚子・碧梧桐選
口あけて河豚うかびくる梅の下 小原菁々子
号泣哄笑絶叫無数の河豚の腹へ 八木三日女 赤い地図
吉川英治余墨一巻河豚喰はな 石川桂郎 高蘆
命も哉ひとつは君に鰒汁 濯心子 選集「板東太郎」
品川鰒形や恥じる茶屋女 昌夏 選集「板東太郎」
国貞の描ける女河豚の宿 田中冬二 俳句拾遺
土佐沖の毒無し河豚も旬といふ 川田長邦
壇の浦を見にもゆかずに河豚をくふ 高濱虚子
声そへて高く抛れり供養河豚 松沢恭子
声とんでゐて咋日から河豚の海 原田喬
売るも買ふも駈引き河豚の腹太し 鈴木真砂女 夕螢
夏みかんに霜除け笹し河豚の宿 田中冬二 若葉雨
夢は蝶命あるものを見るに鰒もなし 丸石 選集「板東太郎」
大皿にくくと鳴くあり河豚供養 赤松[ケイ]子
大皿の模様の透けり河豚刺身 塙 きく
大輪の河豚の刺身の美しく 豊東 蘇人
大雅堂観て鰒を喰ふ旅なごり 石原八束 空の渚
大鰒や不二を真向に口明て 一茶
太鼓こそなき人の形見鰒の皮 笑水 選集「板東太郎」
女将の哀歌河豚の花びら灯に透いて 原子公平
妹がりに鰒引さげて月夜哉 一茶 ■文政八年乙酉(六十三歳)
子を持つて河豚の仲間をはづれけり 幸田露伴 江東集
子を連れて戻れと護符の供養河豚 浜井六迦
客僧や河豚よばれ来た顔をつるり 静雲
家の内に丁稚が一人河豚の毒 碧童
寒き夜のいづこかに散る河豚の毒 能村登四郎 有為の山
寒月や我一人行く河豚の客 雨山楼
寒波来る虎河豚は斑を誇りとし 鈴木真砂女 夕螢
寒雀一つは河豚の顔したる 中拓夫
巡業の力士迎えぬ河豚供養 名和三幹竹
帰らめや鰒喰はぬ家によせし身を 黒柳召波 春泥句集
床払折詰の河豚煮立ちけり 石川桂郎 高蘆
庖丁の前を通りて河豚の座へ 井沢正江 湖の伝説
座について待つ間の茶菓や河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
怒る前の河豚の顔とはこんなもの 大木あまり 火球
思出や河豚の主盟の故感来 河野静雲 閻魔
恨み佗ひ河豚食うて寝る夕かな 尾崎紅葉
息つめて西方を向く赤目河豚 広治
手を切ていよいよにくし鰒のつら 榎本其角
手を打つて死神笑ふ河豚汁 矢田挿雲
拙しと鰒は思はん人の顔 一茶
捨てられ河豚けもののごとく目つぶれり 山口草堂
捨魚籠に外道の河豚の啼きにけり 白岩 三郎
支那街のはづれ干しある河豚の鰭 町田しげき
放生しじみ礫と投げて河豚供養 及川 貞
放生しゞみ礫と投げて河豚供養 及川貞 夕焼
放生のしばらく浮きし膨れ河豚 山内 一甫
放生の河豚しばらくは波枕 森田峠 逆瀬川以後
放生の河豚にあつまる卯浪かな 横山房子
放生の河豚を追ひかけ紙卒塔婆 曽根圭子
放生の河豚現はれて沈みけり 小川千賀
放生河豚ひれ振りゐしが沈みけり 貞永八十二
故郷へ死にゝ帰りしや河豚の友 村上鬼城
散華して南無河豚仏と供養する 水原秋桜子
散華札貼ればほとけや供養河豚 中村石秋
敷石のながしの井戸や河豚洗ふ 喜舟
方丈のあらうことかや河豚中り 小松月尚
星あかり驕れる河豚を黄に染むる 軽部烏帽子 [しどみ]の花
春の雷とどろく海へ河豚供養 皆川盤水
時化てゐて明るき沖や河豚供養 岸田稚魚
月星の相触るる夜の河豚づくし 能村登四郎
月蝕など見ず河豚鍋をつつきけり 高井北杜
朝の海捨てられて河豚滴れる 原 裕
朝の海河豚捨てられて滴たれる 原裕 葦牙
朝網の河豚三宝に先帝祭 大坪文子
来ぬ人をげにもとやいふ鰒汁 遊林 (百人一首切句)
来年の事言へば鰒が笑ひけり 正岡子規
果てし夏河豚提灯は海へ蹴り 原裕 葦牙
梅の春鰒かくばかり白かつし 高井几董
横たわる河豚に中りし寝棺かな 河野静雲 閻魔
死ぬ奴の方がまちがひよ河豚汁 滝井孝作 浮寝鳥
毒舌の鋭さ増せり河豚酒 福田貴志
水揚げの河豚に鳴く声ありにけり 児玉輝代
沖かけて花ぐもりせり河豚供養 水原秋櫻子
沖荒れに虎河豚売れてしまひけり 竹冷句鈔 角田竹冷
沖遠し青年が釣り河豚鳴けり 西東三鬼
河豚(ふくと)程ふくのやうなる物はなし 上島鬼貫
河豚あたり一つ話となりにけり 高浜年尾
河豚あらふ水のにごりや下河原 其角
河豚くうて尚生きてゐる汝かな 高浜虚子
河豚くはぬ人さへもまた夢なれや 成美
河豚くふて尚生きてゐる汝かな 高浜虚子
河豚さしの甘さが酒を深うせり 上村占魚 『玄妙』
河豚さしの花の大輪はがし食ふ 占魚
河豚さしを絵皿の花鳥より剥がす 吉屋信子
河豚しらず四十九年のひがごとよ 黒柳召波 春泥句集
河豚たべし夜はそよそよとマチ歩く 橋田サカエ
河豚ちりの白子とけゆく雪の夜 橘棟九郎
河豚つりや海にきはだつ山の雪 中村史邦
河豚で死ぬことうそでなき寒さかな 久保田万太郎 草の丈
河豚と言ひためらひちらとその人に 原三猿子
河豚に死にし噂の人に逢ひにけり 関谷嘶風
河豚のやうに腹を立たするあげ麩かな 服部嵐雪
河豚の中の一つが泣きぬくらき雪 原コウ子
河豚の友そむき~となりにけり 村上鬼城
河豚の友二たび三たび会しけり 露月句集 石井露月
河豚の友時をうつさず集ひけり 龍雨
河豚の吻(くち)つき嘘ばっかしといふごとし 高澤良一 燕音 
河豚の味すぐ尻馬を言ひにけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
河豚の宴吏をまつ雨の乗用車 宮武寒々 朱卓
河豚の宿女ばかりに迎へられ 上村占魚 鮎
河豚の座に女交れり夜の梅 岩谷山梔子
河豚の座のはずみ鰭酒廻し飲み 小原菁々子
河豚の座の屏風にふかき疵一つ 皆吉爽雨
河豚の座の障子の隙を閉めにけり 高橋淡路女 梶の葉
河豚の座やふたたび立てば海暗き 楠目橙黄子
河豚の座や我れに禁酒の自戒あり 小原菁々子
河豚の文僧合點して返しけり 長谷川零余子
河豚の毒もの知り猫を仆しけり 龍岡晋
河豚の皿燈下に何も残らざる 橋本多佳子
河豚の皿赤絵の透きて運ばるる 吐天
河豚の肌ぬかれてさゞめ雪迅し 萩原麦草 麦嵐
河豚の血のしばし流水にまじらざる 橋本多佳子
河豚の鉢すでにある座に来りけり 楠目橙黄子 橙圃
河豚の鍋見る見る海となりけり 安斎櫻[カイ]子
河豚の面世上の人を白眼ム哉 蕪村 冬之部 ■ 隋葉を拾ひて紙に換たるもろこしの貧しき人も、腹中の書には富るなるべし、さればやまとうたのしげきことのはのうち散たるをかきあつめて捨ざるは、我はいかいの道
河豚の面湧いて思ひ出かきみだれ 加藤楸邨
河豚は毒捨てられ吾は毒のまま 潤子
河豚ばかりあがれる海の薄暑かな 前田普羅 能登蒼し
河豚ばかり寄せくる風に菖蒲葺く 前田普羅 能登蒼し
河豚ばかり釣れてさびしき島の西 茂
河豚ばかり釣れてぶつぶつ根釣かな 谷口 三居
河豚ふくれ比目魚平たき御代なれや 佐藤紅緑
河豚を喰ふ会は欠席することに 松本弘孝
河豚を煮て生涯愚妻たらむかな 石田あき子 見舞籠
河豚を煮る為めに煽ぎて烈火とす 裸馬
河豚を食ふ君も口髭老けにけり 榎本冬一郎 眼光
河豚を食べ過ぎたる人の顔となる 比奈夫
河豚一尾売るべき燭を立てにけり 佐野まもる 海郷
河豚中夜伽の野郎みなしらふ 河野静雲 閻魔
河豚供養して南風泊魚市場 轡田 進
河豚供養すみたる海のかすみけり 高橋操子
河豚供養ふくみ声なる経つづく 赤松子
河豚供養みかど入水の浦凪ぎて 大島民郎
河豚供養浪にとどかぬ雪ふれり 村田黒潮
河豚供養築地の昼に我居りて 松山足羽
河豚供養蜆を撒いて了りけり 宮下翠舟
河豚値切るマフラー頸に刎ねあげて 鈴木真砂女 夕螢
河豚刺身何しんみりとさすものぞ 中村汀女
河豚喰うたとて偉くなるわけもなし 中田みづほ
河豚喰うてやつぱり君がいちばんと 荻野杏子
河豚喰うて死にし哀れや寺男 高橋淡路女 梶の葉
河豚喰うべ立ち出づ肩を支へ合ふ 岸風三樓
河豚喰し人の寐言の念仏かな 炭 太祇 太祇句選
河豚喰て其の後雪の降りにけり 上島鬼貫
河豚喰はぬ我を嘲る女あり 赤星水竹居
河豚喰はぬ顔とは見えず角力取 中村史邦
河豚喰ひし息殺しつゝ添乳する 八木三日女 紅 茸
河豚喰ふて斗酒飲んで我死なん哉 幸田露伴 江東集
河豚喰ふや伊万里の皿の菊模様 水原秋桜子
河豚喰ふや壁に懸けある抽象画 北野民夫
河豚好きの顔突き出して河豚供養 大捕八重子
河豚好む家や猫迄ふぐと汁 高井几董
河豚宿にめざめてみれば只の人 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
河豚宿に八犬傳の揃へあり(席題「犬」と「河豚」) 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
河豚宿の三階に聞く雨静か 辻本斐山
河豚宿の古き柱を背にしたる 三村純也
河豚宿の小犬が噛んでゐる毛布 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
河豚宿の灯れば川も灯りし 塩月 能子
河豚宿は此許(ここ)よ此許よと灯りをり 阿波野青畝(1899-1992)
河豚指南鰭酒指南かたじけな 小澤實
河豚提げて源太が女房通りけり この女
河豚提灯北の新地の夜へ揺れて 羽田岳水
河豚放生すぐ青潮にまぎれけり 長谷川史郊
河豚放生了へし早瀬を船返す 原田柏生
河豚料るとは捨てることばかりして 広瀬ひろし
河豚料る爺と婆でありにけり 小原菁々子
河豚殿と市長の弔辞ふぐ供養 久芳木陽子
河豚毒につきてくどくどくどくどと 成瀬正とし 星月夜
河豚汁うき世にいらぬ命もかな 露言 選集「板東太郎」
河豚汁にあたたまりもし灘泊り 山田 月家
河豚汁のわれ生きている寝ざめ哉 与謝蕪村
河豚汁の皆生きて居る鼾かな 会津八一
河豚汁はよろこぶ人を殺しけり 曲翠 俳諧撰集「藤の実」
河豚汁やあい口さして打ち並び 大阪-一有 俳諧撰集「藤の実」
河豚汁やさて火をともし能見れば 子曳
河豚汁やにんにく盗む寺畠 浜田波静
河豚汁や今宵は乳も濃くあらむ 赤松[ケイ]子
河豚汁や剣見て居る酔さまし 尾崎紅葉
河豚汁や勘弥の与三と羽左の与三 野村喜舟
河豚汁や喰はぬ程だにあはれなる 斗文
河豚汁や女あるじの皮褥 井上井月
河豚汁や母を諫むるつくり言 会津八一
河豚汁や無きに等しき我心 野村泊月
河豚汁や知らて更行夜の雪 春郊
河豚汁や蕪村にしかぬ桃青忌 会津八一
河豚汁や豪傑我と汝のみ 福田井村
河豚汁や逢ふ瀬を嫁ぐごとくなり 康治
河豚汁や風をさまりし波の音 山田春生
河豚汁や風雅の上の生別れ 野村喜舟 小石川
河豚汁前仏既に去る世かな 小杉余子 余子句選
河豚汁毀誉褒貶に生きながら 滝井孝作
河豚汁浅き心に食うべけり 徳永山冬子
河豚汁食ひし笑ひを淋しめり 萩原麦草 麦嵐
河豚汁鯛は凡にてましましける 黒柳召波 春泥句集
河豚洗ふ出放しの水惜まずに 加福無人
河豚洗ふ水のにごりや下川原 其角 俳諧撰集「有磯海」
河豚煮るやひとり呟く愛憎言 石田波郷
河豚煮る鼎むさしや典座寮 会津八一
河豚舟の着き蓄電機運び出す 宮武寒々 朱卓
河豚裂きし腕さし出だす献血車 壺井 久子
河豚諸君とぞ呼びかくる供養かな 森田峠 逆瀬川以後
河豚買ふ銭貸したるが知れにけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
河豚選るや愁ひ嘆きは外のこと 鈴木真砂女 夕螢
河豚釣りやボロ石炭船入港す 村山古郷
河豚鍋が煮ゆる男の腹決まる 榎本冬一郎 眼光
河豚鍋でも何でもついて来る女 森田 峠
河豚鍋にあやかる程のさそい無し 高澤良一 寒暑 
河豚鍋にけろりと坐る女かな 長谷川かな女 雨 月
河豚鍋に己れ曲げざる者ばかり 荒井正隆
河豚鍋のやうやく湯気のたちにけり 田中冬二 若葉雨
河豚鍋の世話ばかりして箸附けず 佐藤うた子
河豚鍋の後蒸タオル熱すぎぬ 宮武寒々 朱卓
河豚鍋や嘘美しく老いし膝 小林康治 『叢林』
河豚鍋や平家亡びし汐を見て 筑紫太郎
河豚鍋や悪女ほど夜は美しき 生島五郎
河豚鍋や愛憎の憎煮えたぎり 西東三鬼
河豚鍋や水面のネオン雨に痩せ 石川 桂郎
河豚鍋や炉にかたむきて地獄変 野村喜舟 小石川
河豚鍋や臓腑も食へと詩の神 井沢正江 一身
河豚鍋や落ち着いてきし空模様 永田耕一郎 雪明
河豚鍋や返しもならぬ人生事 安住敦
河豚鍋をつつめる奇しき焔かな 後藤夜半 底紅
河豚雑炊あつしあつしとめでて吹く 秋櫻子
河豚食うていのちすこしく愛でにけり 根岸 善雄
河豚食うてぐわらぐわら腹の鳴る夜かな 五百木飄亭
河豚食うて佛陀の巨体見にゆかん 飯田龍太
河豚食つてをり大潮に逢ひてをり 広瀬直人
河豚食つて仲見世の灯に紛れけり 望月たかし
河豚食つて怨恨あらば忘ずべし 安住敦
河豚食はぬ君は佛となりつらむ 寺田寅彦
河豚食ひしことなど熱の低き日は 斎藤空華 空華句集
河豚食ひし息に月光かかりたり 榎本冬一郎 眼光
河豚食ひし顔が屏風の上にのる 井沢正江 以後
河豚食ひし顔を中洲の橋の上 有馬朗人
河豚食ひに来よ関門にゐるうちに 赤道雨渓
河豚食ふや伊万里の皿の菊模様 水原秋櫻子
河豚食ふや小鼻動かす癖ありて 内藤吐天 鳴海抄
河豚食ふや灯の中にうごく出船の灯 島村元句集
河豚食へは諫むる友のありけるに 枯檜庵句集 大曲駒村
河豚食べて来て御所といふ真くらがり 鳥居おさむ
河豚食べて粗悪な鏡の前通る 横山房子
浅ましと鰒や見らん人の顔 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
海のなき京おそろしや鰒汁 蕪村遺稿 冬
海峡に髪逆立てて釣るは河豚 西東三鬼
深川めし河豚筆頭のお品書 田中英子
港路の鰒屋ののれん霜日和 飯田蛇笏 雪峡
漕ぎ寄せて一燈加ふ河豚供養 迫田白庭子
灯りても河豚行灯のほの暗き 石川星水女
物言はで腹ふくれたる河豚(ふくと)かな 夏目漱石 明治二十九年
犬猫や羊のあゆみ鰒の腸 難会 選集「板東太郎」
玉川のうた口すさむ鰒の友 蕪村遺稿 冬
生々とまだ干ぬ墨や河豚の文 菅原師竹句集
生きとし生けるものの中なる虎河豚よ 鈴木真砂女 夕螢
生きながら落せし鰭を河豚の酒 長谷川櫂
男の子われ河豚に賭けたる命かな 日野草城
白粉気ぬきでひと朝河豚買ひに 鈴木真砂女 夕螢
百枚の河豚の鰭干す銀座裏 白井新一
知られけりおくれ先立つ鰒の骨 丸之 選集「板東太郎」
祀られし河豚が目を剥く供養祭 畑間月夫
秋汐の静かさ鰒のかゝりけり 増田龍雨 龍雨句集
秋風を障子に切りて河豚の膳 内田百間
箱河豚に酌みて無月の泊りかな 高澤良一 ねずみのこまくら 
箱河豚の箱かたむけて泳ぎけり 細見しゆこう
箱河豚の箱形保つ乾びても 町田しげき
箱河豚の鰭は東西南北に 森田峠(1924-)
篝火に雪の潮急河豚供養 水谷利雪
糶り負けし河豚を跨いで去りにけり 吉田輝二
糶杖にはじき出されし菜種河豚 山崎美白
老母ありわれ河豚を食ふといふ勿れ 寒川鼠骨
肴屋の命請負ふ河豚かな 安藤橡面坊
胃を病んで猶こりずまや鰒汁 尾崎紅葉
花びらのごとく河豚貼る伊万里皿 首藤勝二
草河豚のころんと転がる梅雨渚 高澤良一 素抱 
草河豚のどうにかこうにか喰へる奴 高澤良一 随笑 
荒星と吹かるる河豚の一夜干 片田 千鶴
菜種河豚ひとつころがり市終る 今村青魚
菜種河豚自信をもつて料理をり 片桐孝明
藁蓋でよべの河豚鍋かくし置く 廣江八重櫻
虎と呼んで河豚の背中の斑なる 鳴雪
虎河豚に三段腹はなかりけり 高澤良一 燕音 
虎河豚のぐにやぐにやとして怒りきれず 加藤楸邨
虎河豚のどかと竝びしオチョボ口 鈴木真砂女 夕螢
虎河豚のはだらの黄色夢に来し 軽部烏頭子
虎河豚のはだら妖しも星あかり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
虎河豚の白々として夜の生簀 小林葭竹
虎河豚の糶値低しと膨れけり 藤村素月
虎河豚を喰ふ蘭学の書生かな 野村喜舟 小石川
衝立の金おとろひぬ河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
袴着て鰒喰ふて居る町人よ 蕪村 冬之部 ■ 隋葉を拾ひて紙に換たるもろこしの貧しき人も、腹中の書には富るなるべし、さればやまとうたのしげきことのはのうち散たるをかきあつめて捨ざるは、我はいかいの道な
西へ日を沈めて河豚の安堵かな 原月舟
見つめられ居りて箱河豚ぽっとせり 高澤良一 素抱 
言のみの威猛泡なす河豚鍋 石塚友二 方寸虚実
誘惑の河豚に手を振り老納所 河野静雲 閻魔
誰彼に逢へば中りし河豚のこと 稲畑汀子 汀子句集
足なへの伯爵河豚を食はぬかな 雑草 長谷川零餘子
遊び来ぬ鰒釣りかねて七里まで 松尾芭蕉
遠慮しながら河豚刺を平らげる 玉木克子
邯鄲の市に鰒見る雪の朝 蕪村遺稿 冬
酒飲まぬ天の愁や河豚汁 魯智深
野良猫のつらよ弥生の河豚の腸(わた) 中村史邦
釣りあげし河豚の仏相涅槃西風 井沢正江
釣りあげて河豚投げつける石の上 正岡子規
釣りし河豚きゆつと泣かして外す鉤 木下碧露
釣舟に散華舞ひ来る河豚供養 清家信博
銀座うらとある小路の河豚の宿 高橋淡路女 淡路女百句
門司の灯も大方消えぬ河豚の宿 福田清人 麦笛
闇汁に河豚を入れたること言はず 小田実希次
雑魚釣に青河豚多し秋の凪 滝井孝作 浮寝鳥
雨そぼつ峡の早瀬や河豚供養 正司青陶
雪の*鰒左勝水ー無月の鯉 芭蕉
雪の河豚左勝水無月の鯉 松尾芭蕉
音なせぞ叩くは僧よ鰒じる 蕪村 冬之部 ■ 隋葉を拾ひて紙に換たるもろこしの貧しき人も、腹中の書には富るなるべし、さればやまとうたのしげきことのはのうち散たるをかきあつめて捨ざるは、我はいかいの道な
頼みある仲の交り河豚汁 寺田寅彦
食つて寝れば死んで可笑しや鰒の夢 会津八一
食ふは憂し食はぬも腹の鰒汁 寺田寅彦
魚売の河豚もて来たり吾子よ見よ 秋櫻子
鮟鱇も河豚も喰ふなり年の暮 寺田寅彦
鯛よぎり虎河豚よぎり星あかり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
鰒(ふぐ)売に喰ふべき顔と見られけり 炭太 (たんたいぎ)(1709-1771)
鰒あらふいつもの男まいりたり 黒柳召波 春泥句集
鰒かなし絵皿の滝の透きて見ゆ 西本一都 景色
鰒くはぬ人にはいはじ河豚の味 尾崎紅葉
鰒くひし妹か住居も荒にけり 嵐山
鰒すゝるうしろは伊豆の岬哉 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
鰒の声砂にまぶれて弱りけり 加舎白雄
鰒の座に娼家の通夜の鉦きこゆ 西島麦南 人音
鰒の讃先生文をふるはれたり 蕪村
鰒の面世上の人を白眼む哉 蕪村
鰒を煮る汁なむ/\とこぼれけり 高井几董
鰒喰うて其の後雪の降りにけり 鬼貫
鰒喰し我にもあらぬ雑煮哉 炭 太祇 太祇句選
鰒喰し犬狂ひ臥かれ野かな 高井几董
鰒喰て其後雲の降にけり 鬼貫
鰒喰ぬ奴には見せな不二の山 一茶
鰒喰ひし妹が住居もあれにけり 嵐山
鰒喰ひし我にもあらぬ雑煮哉 太祇
鰒喰ひて吉野の奥に入にけり 如流 選集「板東太郎」
鰒喰ふて酒呑む下戸の思ひ哉 太祇
鰒売に喰ふべき顔とみられけり 炭 太祇 太祇句選
鰒売の請合うて行く命かな 永吟 選集古今句集
鰒好と窓むきあふて借家哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
鰒好む家や猫迄ふくと汁 几董
鰒提てむさしの行や赤合羽 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
鰒汁の君よ我らよ子期伯牙 蕪村遺稿 冬
鰒汁の宿赤々と燈しけり 蕪村
鰒汁やおもひ/\の八仙歌 加舎白雄
鰒汁や五侯の家のもどり足 蕪村遺稿 冬
鰒汁や侍部屋の高寝言 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
鰒汁や神さりませし人の顔 寺田寅彦
鰒汁や鯛もあるのに無分別 芭蕉 選集古今句集
鰒汁江戸芸人のなれの果 四明句集 中川四明
鰒生きて腹の中にてあれるかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
鰒釣らん李陵七里の浪の雪 松尾芭蕉
鰒鍋や酔はざる酒の一二行 飯田蛇笏 霊芝
鰒飛し澪木や人の捨て卒都婆 言水 選集「板東太郎」
鰒食て佛になろと思ひけり 寺田寅彦
鰭酒やひかれる河豚を水槽に 森山夕樹
鼓張りて花にうかれん河豚の皮 中村史邦
あら何ともなやきのふは過てふぐと汁 芭 蕉
ふぐと汁さらばと成つて何をか言ふ 高田蝶衣
ふぐと汁ひとり喰ふに是非はなし 白雄
ふぐと汁寡黙の夫と知りをれど 塩谷はつ枝
ふぐと汁我が使に我ぞ来ぬ 黒柳召波 春泥句集
ふぐと汁鼎に伽羅をたく夜哉 蕪村遺稿 冬
人妻は大根ばかりをふくと汁 榎本其角
死ぬやうにひとは言也ふくと汁 炭 太祇 太祇句選
河豚好む家や猫迄ふぐと汁 高井几董
花嫁の父と二次会ふぐと汁 嶋田一歩
鰒好む家や猫迄ふくと汁 几董

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22940722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング