冬霞

冬霞

例句を挙げる。

いまありし夕日の跡の冬霞 野澤節子 黄 瀬
かるがると嘘の身をゆく冬霞 橋石 和栲
くろぐろと富士は宙吊り冬霞 横山白虹
さまざまな癌の鎮める冬霞 齋藤玄 『無畔』
すこし濡らして斧に巻く縄冬霞 能村登四郎 民話
たましいとおしっこふゆる冬霞 永末恵子 留守
どこへでも師と歩きたし冬霞 岩崎照子
どの木にも南がありて冬がすみ 栗生純夫 科野路
ねんねこから片手でてゐる冬霞 飯島晴子(1921-2000)
はるかにもをろがむ墓の冬霞 西島麦南 人音
ひと過ぎて硝煙に似る冬がすみ 間庭とよ子
まどかなる神のみ山の冬霞 経谷 一二三
めいめいの身裡にたまる冬霞 宗田安正
やがてわが炊煙も出て冬霞 山口誓子
クレーンがキリンに見えて冬霞 西村和子 かりそめならず
マネキンを目白へ運び冬霞 山本鬼之助
一烏翔つて地蔵のゆらぐ冬がすみ 河野多希女
万博の工事半ばの冬霞 満田玲子
三軒のすこし離るる冬がすみ 鎌倉佐弓
九十九里弧をやはらかに冬霞 川越民子
二月堂も三月堂も冬霞 田中冬二 冬霞
冬がすみ山平凡につづくかな 阿部みどり女
冬がすみ日月ところ得て泛けり 新谷ひろし
冬がすみ草加次郎も老いにけむ 筑紫磐井 花鳥諷詠
冬がすみ陶の小鳥を窓に置き 櫛原希伊子
冬霞して千本のさくらの木 今井杏太郎
冬霞して昆陽(こや)の池ありとのみ 高浜虚子
冬霞ひと死んで海静かなり 平野卍
冬霞わが住む町も浮くがよし 林 壮俊
冬霞一日垣を結ひをりし 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
冬霞三つ葉に花を見つけたり 渡辺水巴
冬霞人の面輪を上品に 星野立子
冬霞人美しくゆききする 星野立子
冬霞古都の山なみ低かりし 稲畑汀子
冬霞山はおのれの木を忘じ 長谷川双魚
冬霞濃くて煤降る丸の内 菅裸馬
冬霞眉山は眉をうすうしぬ 鈴木栄子
冬霞若狭の国を覆ひけり 桂 信子
冬霞茶の木畑に出てみれば 富安風生
冬霞被てまろみたる島の松 野沢節子
冬霞都市の輪郭和げる 稲畑廣太郎
切れ凧が身をすぼめゆく冬がすみ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
勾玉の寝息がまじる冬霞 平松彌榮子
大仏は猫背におはす冬霞 大橋越央子
大原や日もすがらなる冬霞 小塙徳女
大和植物志の野山冬霞 高繁泰治郎
娶らざりし女人いくたり冬霞 塚本邦雄 甘露
子のうたを父が濁しぬ冬霞 原裕 青垣
富士ふゞき栂落葉松は冬霞 渡邊水巴 富士
寺下に母を待たせて冬がすみ 竜口幸子
嵐山の木の間~や冬霞 西山泊雲 泊雲句集
工場の塀の間の冬霞 京極杞陽 くくたち上巻
平遠に多摩の横山冬がすみ 滝井孝作 浮寝鳥
幼子を預る一ト日冬霞 関口栄子
当今(たうぎん)の昔赤子や冬霞 三橋敏雄 畳の上
旅館のみ松立てゝ部落冬霞 渡邊水巴 富士
時雨よし冬霞よし漱石忌 尾崎迷堂 孤輪
松島の人住む島の冬がすみ 山口青邨
棟上げて二三里さきの冬がすみ 鳥井信行
母遠し卯辰の山の冬霞 澤木欣一
水戀ふは母戀ひなりし冬霞 高橋睦郎(1937-)
江の島が鯨に見ゆる冬霞 宮脇白夜
父の拳はいつも藁いろ冬霞 栗林千津
父祖よりの山にかかりて冬霞 相磯すず江
生きもののすれ違ふ眼や冬霞 桂信子 黄 瀬
生も死も渺茫たるや冬がすみ 中村苑子
生米の奥は千里の冬霞 橋石 和栲
田の中に帆の上る川や冬霞 冬葉第一句集 吉田冬葉
町の名の浦ばかりなり冬霞 古賀まり子 緑の野以後
異国めく湾岸道路冬霞 塙 きく
白髪の人が山から冬がすみ 鷲谷七菜子 花寂び
矢狭間よりビルの林立冬霞 小林迪子
竿頭さらに百尺の冬霞かな 橋石 和栲
筑紫野のつきなむとして冬霞 小林康治 四季貧窮
舟に居て松の手入や冬霞 渡邊水巴 富士
草の根の上で足踏み冬霞 中田剛 珠樹以後
葡萄山ひとひとり入り冬霞 多納有紀
蒲生野のうすむらさきの冬霞 伊藤いと子
行く方の空に棚引く冬霞 高木晴子
記念館待たるる故郷冬霞 稲畑廣太郎
赤城黒檜背に坂東の冬霞 石塚友二 方寸虚実
遠しとは常世か黄泉か冬霞 中村苑子(1913-2001)
酬恩庵冬がすみ濃き京の方 田中英子
閃光をちりばめて曳く冬霞 石原八束 黒凍みの道
雨止みて尾鈴の山の冬霞 三好 菊枝
頂上や海ひとひらの冬霞 玖保律子
風呂敷のとけ易きかな冬霞 青野三重子
鶏のひよんひよん出づる冬霞 松澤昭 宅居
鼻にゆく手の淋しさよ冬霞 桑原三郎 花表
夜がとざす人の晩年寒霞 戸村羅生
寒霞からまつ林に来てたまる 三宅七采
寒霞波上の星にはなれけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
街の灯に一重の冬の霞かな 京極杞陽 くくたち下巻
篁ににじみて冬の霞かな 草間時彦 櫻山
小田原の海も見ゆべき野の末に午後濃くなりぬ冬の霞は 松村英一

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22943150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング