里神楽

里神楽

例句を挙げる。

あをあをとをはりのとばり里神楽 加倉井秋を
おほらかに神代はみだら里神楽 平畑静塔
かゞりよく燃えてはじまる里神楽 小川純子
どろどろと大蛇のたうつ里神楽 安達梅子
むつかしき拍子も見えず里神楽 曽 良
可笑しみは悲しみに似て里神楽 松原珀子
堅田衆漕ぎつらね来し里神楽 米沢吾亦紅
大いなるたぶの幹あり里神楽 加藤三七子
大太刀を抜き放ちたる里神楽 佐々 波二
大蛇出るまで目がもたず里神楽 浦野芳南
大釜に雪の舞ひこむ里神楽 石川芙佐子
天駆けし鬼が息継ぐ里神楽 山本 允
子供少し見てゐる雨の里神楽 本田あふひ
山の音人等にかよひ里神楽 田室澄江
山車かつぐ乙女のありて里神楽 中村きみ子
巫女の手は衣にかくす里神楽 斉藤夏風
庖丁風神杉ゆすり里神楽 浦野芳南
座布団を積みて神の座里神楽 盛生晶子
朝寒の笛がうながす里神楽 廣瀬直人
泣けば泣く面となりて里神楽 八染藍子
湧く霧に鬼面したたる里神楽 松本幹雄
甲斐駒に月のしたたる里神楽 橋本榮治 逆旅
痩身の手力男なり里神楽 鷲野蘭生
盲ひゐてこの世のことの里神楽 小内春邑子
直会の煮しめの匂ふ里神楽 佐川広治
神となり幕引きとなり里神楽 常重 繁
神を呼び嬶さを呼べり里神楽 西本一都
程のあはぬ烏帽子曲れり里神楽 渡辺波空
笛方は一人にて足る里神楽 松井恭子
笛方は真顔なりけり里神楽 木内彰志
篝火に魚臭わきたつ里神楽 米澤吾亦紅
群衆にまじりて虚子や里神楽 橋本鶏二 年輪
老いて尚笛を一途に里神楽 橋本一水
老どちに茣蓙席冷ゆる里神楽 山田弘子 初期作品
耶馬渓の奥の奥なる里神楽 秋山 万里
背のまろき神もまじりて里神楽 部谷千代子
色好む鬼のあはれも里神楽 上田五千石 琥珀
花道の一歩が一里里神楽 八染藍子
草分けて用たすひとり里神楽 桂信子 遠い橋
荒神の御幣倒しぬ里神楽 福田蓼汀 山火
荒縄のあらはに見ゆる里神楽 伊藤通明
討たれたる鬼が主役の里神楽 角川春樹
訥々舞ひ延々と里神楽 外川正市
足許に月のさし込む里神楽 稲荷島人
遅々として神のまぐはひ里神楽 橋本榮治 越在
酒臭き小笛の息や里神楽 会津八一
里の子の楽屋覗ける里神楽 山田弘子 初期作品
里神楽うしろを暗き川流れ 岸原清行
里神楽こと分らねど面白き 星野立子
里神楽てらてら赤き天狗面 大橋敦子 匂 玉
里神楽一燈のもと暗く舞ふ 田村了咲
里神楽出を待つ畑の菜を賞めて 平畑静塔
里神楽出を待つ鬼が子をあやす 橋本五月
里神楽化粧にかくす農夫の手 金堂豊子
里神楽引幕の外の猿田彦 大橋敦子 匂 玉
里神楽恋の仕草の今昔 高井良秋
里神楽懐の子も手をたゝく 小林一茶
里神楽時雨に白き顔並ぶ 沢木欣一
里神楽月光剣にのりうつり 野島抒生
里神楽果てて獅子座のこぼれ星 沼澤 石次
里神楽果てて酔余の鬼哭けり 石井青歩
里神楽森のうしろを汽車通る 高浜虚子
里神楽楽屋を覗く月と子よ 田口秋思堂
里神楽渚に子等はひかりつつ 松林朝蒼
里神楽父の背姿覚えをり 香取佳津見
里神楽秋の田の額昔より 阿波野青畝
里神楽藁の大蛇を退治けり 紅青
里神楽裸電球揺れどほし 小林篤子
里神楽見てゐて邪(よこしま)なきごとく 清水平作
里神楽見て来し手振りして話す 高木晴子
里神楽赤子泣くたび砂緊る 村田小夜子
里神楽輪廻の舞をくりかへし 小原牧水
里神楽面が笑顔で泣けばかなし 池内友次郎 結婚まで
里神楽馬鹿面とれば真顔なり 向山古峡
面つけて猿になりたる里神楽 加藤高秋
面とればをさな顔なり里神楽 田村了咲
面とればキリリと男里神楽 成瀬正とし 星月夜
面ンの中の目が見えてをり里神楽 橋本鶏二 年輪
須佐之男命も老いし里神楽 長山芳子
風除の蓆を四方に里神楽 藤原大二
駄菓子屋も端座して見る里神楽 佐川広治

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22946040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

春分の日  の俳句
at 2017-04-30 04:21
彼岸詣   の俳句
at 2017-04-30 04:19
彼岸桜   の俳句
at 2017-04-30 04:17
貝寄風   の俳句
at 2017-04-30 04:13
春障子 の俳句
at 2017-04-30 04:11

外部リンク

記事ランキング