柴漬

柴漬

例句を挙げる。

あからさまなる柴漬や水眠る 柑子句集 籾山柑子
夜興引に柴漬に夜を徹しけり 会津八一
大いなる柴漬やある橋の下 会津八一
手繰らるゝ柴漬を追ふ濁りかな 夏目麦周
柴漬(ふしづけ)に見るもかなしき小魚かな 高浜虚子(1874-1959)
柴漬(ふしづけ)や芦浦領の浜年貢 中村史邦
柴漬にすがりてあがるものかなし 富安風生
柴漬にまこと消ぬべき小魚かな 高浜虚子
柴漬に小海老跳ねつゝ朝澄めり 水原秋桜子
柴漬に波を送りて舟ゆき来 小林かつひこ
柴漬に見るもかなしき小魚かな 高浜虚子
柴漬のあたりしぐれてゐたるかな 岡田詩音
柴漬のありとも見えぬ落葉かな 西田巴子
柴漬のま青の笹を上げにけり 三上房江
柴漬の句碑のほとりに舫ひ舟 松崎鉄之介
柴漬の味ののりきし初紅葉 宮下麗葉
柴漬の忘られしごと日々にあり 雉子郎句集 石島雉子郎
柴漬の悲しき小魚ばかりかな 高浜虚子
柴漬の手間ひま銀の夕立す 古舘曹人 砂の音
柴漬の旦に鯉を逸しけり 会津八一
柴漬の杭にいささか水動く 宮井港青
柴漬の沈みもやらで春の雨 蕪村 春之部 ■ 夢中吟
柴漬の沼のおもてのふくらめり 米澤吾亦紅
柴漬の泡がぶくぶく出てをりぬ 小川 背泳子
柴漬の深きに浮ぶ木の葉かな 会津八一
柴漬の艫臍泣きゆく鳰の中 飴山實 『次の花』
柴漬の青き葉に垢付き始む 茨木和生
柴漬の首尾見る小桟橋に乗り 井沢正江
柴漬やをねをね晴れて山遠し 村上鬼城
柴漬や今入る魚の昼閑か 松根東洋城
柴漬や古利根けふの日を沈む 水原秋櫻子
柴漬や夕富士夙に見失ふ 石橋辰之助
柴漬や川上に水なかりけり 村上鬼城
柴漬や川風受けて店障子 楠目橙黄子 橙圃
柴漬や拵淀に魚の影 井上井月
柴漬や月を尋ねて住給ふ 小林一茶
柴漬や水の上にも枝の混み 大川つとむ
柴漬や簀建の中の波こまか 高野素十
柴漬や風波立ちて二つ見ゆ 村上鬼城
柴漬をあげて夕日によろめける 篠田悌二郎
柴漬をおもむろに去る海老のあり 本田あふひ
柴漬をはねる力もなくこぼる 岡安仁義
柴漬を仕かけてよりの湖日和 高木 房
柴漬を引くや伏見のとぼそより 会津八一
柴漬を揚ぐる人あり花の雨 渡辺水巴 白日
柴漬を揚げる手ごたへなり重し 小川修平
柴漬を解くや日輪なよ~と 為成菖蒲園
ふし漬の水に集る野風哉 妻木 松瀬青々
ふし漬やいつ取りに来るものとしも 松瀬青々

以上
by 575fudemakase | 2014-12-27 00:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22946276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

帰る雁   の俳句
at 2017-04-30 04:30
春分の日  の俳句
at 2017-04-30 04:21
彼岸詣   の俳句
at 2017-04-30 04:19
彼岸桜   の俳句
at 2017-04-30 04:17
貝寄風   の俳句
at 2017-04-30 04:13

外部リンク

記事ランキング