根深汁

根深汁

例句を挙げる。

あらためて妻のあること根深汁 市橋一男
うとましく冷えてしまひぬ根深汁 日野草城
ここほれの犬を葬りぬ根深汁 小林輝子
としよりの情あたたかし根深汁 木村蕪城 一位
ひたすらに夫をたよりや根深汁 高橋淡路女 梶の葉
ぶつ切りの太きがよけれ根深汁 光永千鶴子
わがくらしいよいよ素なり根深汁 深川正一郎
一汁の掟きびしや根深汁 村上鬼城
今日母と二人きりなる根深汁 鈴木 康永
仮の世の諍ひ淋し根深汁 西村無二坊
仮名拾ふ子の声寒し根深汁 龍男
体内の数値の乱れ根深汁 森田 智子
合掌の梁黒々と根深汁 初川トミ子
味噌豆のつぶれずまじる根深汁 大熊輝一 土の香
堆書裡の書物くづるる根深汁 山口青邨
夫のこと子のこと旅の根深汁 伊藤玉枝
子を産んで白き指の根深汁 富沢統一郎
山宿や餅を入れたる根深汁 癖三酔句集 岡本癖三酔
後ろより死は覗くらむ根深汁 河原枇杷男 訶梨陀夜
憎むことほとほと疲れ根深汁 木田千女
晩年なほ人に縋らず根深汁 鈴木真砂女 夕螢
根深汁いつかおとなに成りて居し 倉橋尚子
根深汁ぬるしかろんぜられしかな 小林康治 玄霜
根深汁の熱さが救ひ農ぢり貧 大熊輝一 土の香
根深汁一ト日寝込めば世に遠し 安住 敦
根深汁妻の瞳のみは信ずべし 北野民夫
根深汁子はせつかちの血を引かず 佐野笑子
根深汁泪涸れしや星遁げしや 村越化石 山國抄
根深汁熱く煮立てて時化の海女 豊長みのる
根深汁自炊の鍋に余りけり 吾空
根深汁身ほとり未だ子等のこり 皆川君子
歳月が凡に落着く根深汁 清水基吉
母がりの大きな椀の根深汁 川端豊子
母作る少し甘めの根深汁 永川絢子
母病みて一人にあまる根深汁 下田実花
気張らずに素直に生きて根深汁 神坂光生
水垢離や晒布きりりと根深汁 浅賀穀象虫
牛売りし夜の眼くもらす根深汁 清水一梧
猫舌は我のみならず根深汁 佐藤清香
生きたいように生きると決めし根深汁 野間口千佳
生涯の居を得て熱き根深汁 大須賀浅芳
眦に残る忿りや根深汁 石田波郷
罪ひとつ消えるまで吹く根深汁 鷹島牧二
老いてなほ漁師たくまし根深汁 鈴木真砂女 生簀籠
老ぼれて尚飯甘し根深汁 高田蝶衣
老夫婦いたはり合ひて根深汁 高浜虚子
而して齢も深し根深汁 森澄雄
腰強き湯気たちのぼり根深汁 片山由美子 水精 以後
自在鍋吹きこぼしつゝ根深汁 温亭句集 篠原温亭
裏山に風鳴る夜の根深汁 佐藤伊久雄
親むやとまりとまりの根深汁 角田竹冷
貧しさに兄弟多し根深汁 雉子郎句集 石島雉子郎
踏込み炉ありて山家や根深汁 加藤浮氷子
野良に出る朝はかゝせぬ根深汁 山本魚石
鍋蓋の破れしが浮いて根深汁 高浜虚子
雨はれてふたゝび寒し根深汁 草城
雨戸して三人家族根深汁 坂本宮尾
雪国の余生暮らしや根深汁 山本 きつの
風邪の婢いたはれば泣く根深汁 阿部みどり女 笹鳴
葱汁うまし逸話も持たで五十路過ぐ 北野民夫
葱汁に筆硯甚だ多祥なり 田森柳渓
葱汁に辛子振りかけ帰り舟 佐川広治
葱汁の香に立つ宿の古びかな 宮林釜村
葱汁は熱きほどよし啜りけり 久保田万太郎 流寓抄以後
葱汁やたひらぎ過の二三人 安斎桜[カイ]子
葱汁や京の下宿の老書生 正岡子規
葱汁や寺に盲のかゝり人 雉子郎句集 石島雉子郎
葱汁や昔小使のおつさんが居た 永田耕衣 人生
葱汁や知己ことごとく夕べなる 永田耕衣 殺祖
葱汁を模範囚人のごと啜る 石村与志

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22949479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング