寒の入り

寒の入

例句を挙げる。

あきらかに無償の五体寒の入り 河野多希女 こころの鷹
いつ寒に入りしかと見る日ざしかな 星野立子
いま過ぎし旦が遠し寒の入 木附沢麦青
うめぼしの肉うつくしき寒の入 星野麦丘人
きびきびと万物寒に入りにけり 富安風生(1885-1979)
きびきびと応ふる寒に入りにけり 松本たかし
きんぴらの歯応へ寒に入りにけり 橋本榮治 麦生
ころげ落つ亡母の持薬や寒の入り 鈴木勝夫
さうなのよけふから寒の入なのよ 高澤良一 燕音 
すべり台児は頭から寒に入る 萩山栄一
とぼしては油惜しむや寒の入 石田波郷
なめらかに指先たもち寒の入り 井上雪
のこる杜に今いま今の寒入日 及川貞
はなやかに水夕栄えて寒に入る 大谷碧雲居
ぱちぱちと胡麻炒ってゐる寒の入 村越化石
ぴしぴしと星座整ふ寒の入 大野徳樹
ませがきに落早やの日や寒の入 銀漢 吉岡禅寺洞
ゆるむ日の罔兩見るや寒の入 井上井月
わが十指われにかしづく寒の入 岡本眸
わが指は空を撃つ銃寒に入る 皆吉司
わが露路でつまづく寒に入りにけり 菖蒲あや
エスカレーターは銀の遁走曲ぞ寒に入る 鳥居おさむ
フランス絵画両手に余り寒の入り 前田保子
マーラーの曲にちからや寒に入る 林 翔
一離反一病一死寒の入 座光寺亭人
中年のどれも足早や寒に入る 宮尾苔水
亡き師ともたたかふこころ寒の入 藤田湘子
人偸むごとく酔ひをり寒の入り 小林康治 玄霜
俄雪凱歌のごとく寒に入る 百合山羽公 寒雁
俳諧の小楯もなしに寒に入る 小林康治
僧形のその青年の寒に入る 黒田杏子
八方へ大愛沁み了ふ寒の入 香西照雄 素心
刈込に隠れし石も寒の入 大島民郎
剣道のたたんと進む寒の入 正木ゆう子
唐紙のあけたて寒に入りにけり 久保田万太郎 草の丈
喉よりの水の道あり寒の入 嶋田麻紀
坂上りきつて脚澄む寒の入り 世古諏訪
坊の湯に痩の身透かす寒の入 赤尾恵以
夕日向のみの犬小屋寒の入 香西照雄 素心
夕焼に野川が染みつ寒の入 水原秋桜子
夢に芹摘み溜めており寒に入る 古澤太穂
天気図の縦縞緊まる寒の入 吉澤卯一
奉る燭の穂固し寒に入る 毛塚静枝
子へ送る荷の結び目も寒に入る 広瀬直人
室咲きに氷水(ひみず)を重ぬ寒の入り 深谷雄大
寒に入りばらの蕾の咲かぬなり 高木晴子 晴居
寒に入るこころにかるし夜着の裾 卓袋 閏 月 月別句集「韻塞」
寒に入るわが跫音は聴くべかり 加藤楸邨
寒に入る一位樫には水音して 小川双々子
寒に入る夜や星空きらびやか 長谷川素逝 暦日
寒に入る山は尖りを見せにけり 池田竹二
寒に入る石を掴みて一樹根 加藤楸邨
寒に入る胆抜かれたる腹が鳴り 猿橋統流子
寒に入る蝸牛らも石の類 鷹羽狩行
寒に入る鯛にも真鯛・れんこ鯛 鈴木真砂女 夕螢
寒に入る鷺の真白き恋を見て 堀口星眠 青葉木菟
寒の入り心あやふき折には旅 中村草田男
寒の入人の訃のまた駆け去れり 中山純子 沙羅
寒の入見舞はん伯父が柘榴鼻 尾崎紅葉
寒入りし琥珀の空に未来あり 阿波野青畝
寒入りの井戸水ぬくしみとり妻 今泉式女
寒入りの句帖大きく構へけり 長谷川かな女 花寂び
寒入りの雪にやならん火吹竹 清水基吉 寒蕭々
寒入りや下戸も桑酒を嘗めにけり 河野静雲
寒入日大師の鳩の舞ふ行方 高木晴子 花 季
寒入日妻子にしばたゝかるるなり 細谷源二 砂金帯
寒入日影のごとくに物はこばれ 桂信子 花寂び 以後
屋根裏の材組みがつしりと寒に入る 榎本冬一郎 眼光
山々の性根あらはす寒の入り 中川宋淵
山はみな無愛想なり寒の入り 小林一歩
山山の性根あらはす寒の入り 中川宋淵
己が尾を見てもどる鯉寒に入る 三橋敏雄 眞神
干すものもなくあたたかき寒の入 菖蒲あや
廻り縁寒に入りたるけふしもや 久保田万太郎 草の丈
戸の隙に真紅の日あり寒の入 相馬遷子 山河
日本海もんどり打つて寒に入る 金三路
晴雪の富士聳え寒に入る温泉郷 内藤吐天
暁の星の輝き寒に入る 高木晴子 花 季
月花の愚に針立てん寒の入り 松尾芭蕉
枯れぬもの乙女の瞳のみ寒の入 林原耒井 蜩
校正の赤きペンもつ寒の入 山口青邨
梅の木はいまだ影の木寒に入る 鷲谷七菜子 天鼓
梅一枝青光りして寒に入る 山田みづえ 手甲
楽器屋を叩き潰して寒に入る 仁平勝 東京物語
橙の梢にのこり寒に入る 田中冬二 麦ほこり
武蔵野の欅総立ち寒の入 椎橋清翠
水槽に貝貼り付きて寒に入る 田口一穂
浅草や鳩も雀も寒の入り 窪田桂堂
深閑と大き山家や寒の入り 田中冬二 俳句拾遺
漁火の中に暗き火寒に入る 伊藤京子
潜り戸の障子も白く寒に入る 田中冬二 若葉雨
潮満つることを肯ふ寒の入り 藤本幸二郎
焚火して林しづかに寒の入 水原秋桜子
熊笹にしばらく寒の入日かな 木下夕爾
父母とひとつの火桶寒に入る 相生垣瓜人 微茫集
父看とる日を重ねつゝ寒に入る 阪田 ひで
牛乳うまし寒の入日の雲染めて 太田鴻村 穂国
百はある鶏卵みがく寒の入 及川孤雨
真向に火の島迫る寒の入 谷川典大
祝がれゐて道尚遠し寒に入る 辻口静夫
禄すてゝえたり万巻寒に入る 加藤郁乎 江戸桜
禅庭の一石寒に入りけり 鮫島春潮子
秩父嶺の吹き晴れ寒に入りにけり 水田清子
空也上人唇をすぼめて寒に入る 仙田洋子 雲は王冠以後
立つところいづこも荒野寒の入 伊藤通明
竹一本水に映りて寒に入る 桂信子 樹影
竹光のごときに構へ寒の入り 松山足羽
筑波山濃く置き沼は寒に入る 石井とし夫
終着の駅閑散と寒の入 谷村 喜美子
結願の灯明太く寒に入る 山口幸代
老幹の傷そのままに寒に入る 小林康治 『存念』
肉体は思考の高爐寒に入る 馬場駿吉
膠煮て寒の入なる指物師 北野民夫
良き馬に鍼一ッすや寒の入 露月句集 石井露月
艶ふかき漆の花台寒の入 玉川 悠
花のなき壺は伏せおき寒に入る 高橋青矢
蛇笏亡き甲斐の山脈寒に入る 澤井我来
襖絵の虎と目の合ふ寒の入 阿部喜恵子
護謨の葉に蔭あり寒の入る日かな 長谷川かな女
踏み踏みて落葉微塵や寒の入 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
身一つの心音古し寒に入る 三橋敏雄
転任のまた一と苦労寒に入る 宇土光蛾
道の辺の馬逞しや寒に入る 相馬遷子 山國
釜の湯気巴にまうて寒の入 原石鼎 花影以後
鉄瓶の磨き込まれて寒に入る 堀野省
鍋の中にやはらかきもの寒に入る 桂信子 黄 炎
鎌倉に主ぶりなる寒の入り 石塚友二
降るやうな星空村は寒に入る 長谷川素逝 村
隆起せる傷跡撫づる寒の入 高澤良一 鳩信 
雁金や友におくれて寒の入 風国 俳諧撰集「有磯海」
雪山に水ほとばしる寒の入り 飯田蛇笏 椿花集
風よりも透けば死すべし寒入日 仙田洋子 橋のあなたに
高々と微塵の鳥や寒の入り 石田波郷
高坏のまはりの闇も寒の入り 斎藤梅子
鮭鱒の孵化のさかりや寒の入 河東碧梧桐
鳶の輪の中に昼月寒に入る 西村公鳳
黒ずんだ楽屋茶碗や寒の入り 今泉貞鳳
黒松の幹の粗さや寒に入る 森澄雄

以上
by 575fudemakase | 2015-01-05 00:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22981778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング