寒鮒

寒鮒

例句を挙げる。

かげさせば寒鮒釣の振返り 林火
ともにゆく寒鮒釣のゆくみちを 久保田万太郎 草の丈
とも立てゝ寒鮒捕りの五六艘 松藤夏山 夏山句集
なびき藻の寂びて寒鮒潜むなり 水原秋桜子
また忍ぶ恋寒鮒のひかるとき 小川双々子
もてなさる焼きし寒鮒さらに煮て 草田男
ダイヤにヒスイにとれてとれて寒鮒 島津 亮
ペリカンの餌の寒鮒の泳ぐなり 日野草城
今にある寒鮒市の古き町 松吉 良信
吾が影が居て寒鮒を濁らしむ 鷹女
呼びこまん寒鮒売の老の声 小澤碧童 碧童句集
堤下りて寒鮒釣となりにけり 七里峡
夕焼けて寒鮒釣も堰の景 水原秋桜子
寒鮒が生きる一日水汚さず 中山純子 沙羅
寒鮒といちにち暮し湖匂ふ 関戸靖子
寒鮒にそえあたたかき飯なりき 古沢太穂 古沢太穂句集
寒鮒にそへあたたかき飯なりき 太穂
寒鮒にまじりて由々し手長蝦 普羅
寒鮒に千年かたちよき麓 松澤昭 山處
寒鮒のあを藻一すぢからみたる 篠田悌二郎
寒鮒のうごかぬひまも日脚かな 犀星
寒鮒のくちびる薄く釣られけり 安田誠一
寒鮒のはがねびかりに釣られけり 町田しげき
寒鮒のまだ一匹も釣れてゐず 本杉勢都子
寒鮒の一夜の生に水にごる 桂信子
寒鮒の口吸う泣きの男かな 永田耕衣 闌位
寒鮒の尾が地を叩く暮色かな 斎藤梅子
寒鮒の死してぞ臭く匂ひけり 永田耕衣 驢鳴集
寒鮒の死にてぞ臭く匂ひけり 永田耕衣(1900-97)
寒鮒の汲みかへられて澄みにけり 前田普羅
寒鮒の泥をはかせて客を待つ 前津 栄子
寒鮒の浮き来日ざしや木の葉舞ふ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寒鮒の濁りの中に眼をひらき 鷹羽狩行
寒鮒の煮くづれて目玉こぼしけり 絵馬
寒鮒の煮つまる匂ひ女人講 吉沢利枝
寒鮒の生きてゐし血や流れもせず 綾子
寒鮒の瞳にまたゝきもなく売れし 原石鼎
寒鮒の空の青さに反りかへる 阿部寿雄
寒鮒の竹籠廃れし港かな 雑草 長谷川零餘子
寒鮒の竿ぬれてありいつまでも 秋津
寒鮒の籠も秤も粉雪かな 龍雨
寒鮒の跳ねてきまりし棹秤 中村汀女
寒鮒の近江にふかく入りけり 秋山巳之流
寒鮒の釣り上げらるゝ水面かな 前田普羅 新訂普羅句集
寒鮒の釣れて水垢もとのまゝ 秋櫻子
寒鮒の釣れて青空よみがへる 松村蒼石
寒鮒の釣上げし掌にほの暖し 蒼石
寒鮒の青藻一糸をまとひたる 山口青邨
寒鮒の鰓から垂れて藻ひとすぢ 中田剛 珠樹以後
寒鮒や四ッ手揚げたる日の光 白水郎
寒鮒をあげし後こそ湖あをき 桂樟蹊子
寒鮒をこごえた手で数へてくれた 尾崎放哉
寒鮒をころし喰ひたり今日さむし 中山純子 沙羅
寒鮒をまつくろに飼ひ双生児 原田喬
寒鮒をもろ手に受ける十あまり 瀧井孝作
寒鮒を剖けば湖鳴る夕かな 遠藤とみじ
寒鮒を堕して鳶の笛虚空 竹下しづの女句文集 昭和十二年
寒鮒を殺すも食ふも独りかな 西東三鬼
寒鮒を泳がせもして商へる 村中 美代
寒鮒を焼けば山國夕焼色 山口青邨
寒鮒を茶で煮る鍋のあるばかり 龍男
寒鮒を釣りたる雫一つかな 増田龍雨 龍雨句集
寒鮒を釣り大声の戻りけり 斉藤静枝
寒鮒を釣る親と子とならびけり 久保田万太郎 草の丈
寒鮒売子の橇借りて引ききたる 三宅 句生
寒鮒焼く戸に降るばかり山の星 有馬籌子
寒鮒釣りの男へ男さらに寄る 五十嵐研三
寒鮒飼ひ出稼家族音もなし 能村登四郎 合掌部落
尾を少し曲げて寒鮒釣られけり 松藤夏山 夏山句集
山のごとく寒鮒釣に堤あり 木国
山の如寒鮒つりに堤あり 田村木国
明日は死ぬ寒鮒の水入れ替へる 桂信子 黄 瀬
水を釣つて帰る寒鮒釣一人 耕衣
池を出ることを寒鮒思ひけり 永田耕衣 驢鳴集
湖ほとりに寒鮒ひさぐ釣舟屋 平田 千鶴
湖心澄むばかり寒鮒釣れぬなり 金尾梅の門 古志の歌
火に載せて寒鮒飛べり吾子押ふ 沢木欣一
灯りそむ寒鮒売の声のして 後藤郁子
煮くづれの寒鮒一尾母の酒 草間時彦 櫻山
甘露煮や寒鮒の金なほのこり 加藤楸邨
畦田神寒鮒釣のいぶしをり 田島秩父
病むひとへ小さき寒鮒扇ざし 嶋田麻紀
藁苞に寒鮒生かし送りけり 長谷川かな女
藪の池寒鮒釣のはやあらず 高浜虚子
藻の林寒鮒のゐて浮き添へる 五十崎古郷句集
血走れる寒鮒の眼に見据ゑらる 富安風生
貧交や寒鮒の目のいきいきと 加藤楸邨
酒造る家に寒鮒届きあり 田中裕明 山信
釣りて来し寒鮒串に聯ね焼く 雑草 長谷川零餘子
類なき寒鮒の瞳の美しさ 右城暮石 声と声
食せといふ寒鮒出羽のむくり鮒 下田稔
ふた夜さに生きると死ぬと寒の鮒 中山純子
今日ありて盥に生きて寒の鮒 中山純子
寒の鮒ことことと煮て田舎言葉 中山純子

以上
by 575fudemakase | 2015-01-16 00:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22990700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング