氷海

氷海

例句を挙げる。

氷海に壁のごときがはだかれり 千葉 仁
氷海に生まれし亀裂四月来る 山本歩禅
氷海に秋日踊らす白夜行 殿村莵絲子 雨 月
氷海の亀裂と亀裂相遭はず 橋本鶏二
氷海の千鳥ら船団を率いたり 萩原麦草 麦嵐
氷海の巌畳々と濤に非ず 古館曹人
氷海の涯しらしらと今日の雁 古沢太穂
氷海の陸よりたかく見ゆるかな 伊藤凍魚
氷海へ水路は藍を絞りたり 金箱戈止夫
氷海へ追ひつめられし日輪よ 坂巻純子
氷海やこだまさびしきわれの咳 伊藤彩雪
氷海やはやれる橇にたわむところ 山口誓子
氷海やはるか一連迎ひ橇 山口誓子
氷海や日の一粒の珊瑚色 金箱戈止夫
氷海や月ひた走る照り昃り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
氷海や船客すでに橇の客 山口誓子
氷海を上る朝日に氷下魚釣 粟津松彩子
黒犬も氷海を来し船の客 有馬朗人 耳順
潮の香もなくはろばろと海氷る(根室) 上村占魚 『萩山』
海凍てゝ渚ともなし島の春 凍魚
海凍る国に鮭鮓甘きかな 河東碧梧桐
よごれたる凍港犬もよごれをり 青葉三角草
凍港となりゆく頃の漁夫達よ 成瀬正とし 星月夜
凍港にともしび暗く住める漁夫 成瀬正とし 星月夜
凍港に人の匂ひの無い酒場 能城 檀
凍港に旗古るシップレストラン 田村了咲
凍港に起重機鷲の嘴の如し 久米正雄 返り花
凍港のどこに鋲打つ連れて打つ 久米正雄 返り花
凍港の中央碧き潮動く 齋藤愼爾
凍港の人ゐて赤き旗を振れり 岸風三楼 往来
凍港の今し沈める日を見ずや 岸風三楼 往来
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
凍港の氷を解くと砲をうつ 太田ミノル
凍港の真中一筋解けはじむ 守谷順子
凍港やからすの落す魚の腑 泰史
凍港やクレーンも人も沈む日に 岸風三楼 往来
凍港や天主の鐘の夕告ぐる 蔦花
凍港や楽器売場のごと光り 櫂未知子 貴族
凍港や舊露の街はありとのみ 山口誓子
凍港より大洋並べ誓子の忌 南部富子
凍港を素描す画架を石廊に 石原八束
父を地に還す凍港ひかるころ 櫂未知子 貴族
少年兵を氷江に追ひ刺し落す 細谷源二 鐵
氷江や往くも還るも轟々と 石田波郷
氷江を照らして月の高からず 大場白水郎 散木集
氷原に没る太陽の紅からず 村上冬燕
氷原に鷲来て吾の生身欲る 津田清子
氷原の果てに白夜の影引かず 合田丁字路
氷原の氷の塊のみな影引く 古館曹人
氷原を白き貂ゆく光あり 長谷川櫂
船客に四顧の氷原街見えず 山口誓子

以上
by 575fudemakase | 2015-01-17 00:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22991231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。