寒念仏

寒念仏

例句を挙げる。

あたたかし寒念仏の鯉の髯 角川春樹
あの中に鬼やまじらん寒念仏 正岡子規
いつも去る姿にありて寒念仏 嶋田一歩
うしろから闇のつきゆく寒念仏 成瀬櫻桃子
おうおうと樹氷も並び寒念仏 小島洪資
おほづれに寒念佛の優婆夷かな 阿波野青畝
さしかかる文部省前寒念仏 後藤眞吉
しんがりのまだ紅顔や寒念仏 加藤弥子
しんしんと黒きを見れば寒念仏 鳥酔
たらちねの亡き世に我や寒念仏 尾崎迷堂 孤輪
ちりひぢの袖のふるびや寒念佛 飯田蛇笏
ときならず防衛庁に寒念仏 古舘曹人
どこまでもうしろがありぬ寒念仏 藤本始子
にぎやかに提灯つらね寒念仏 河野静雲
はさまりて寒念仏の子供かな 石橋令邑
はりさけるものに憑かれて寒念仏 服部白花
ひとところロック調とも寒念佛 北見さとる
ふるさとを訪ひ遇ひにけり寒念仏 行方寅次郎
まだ生きてゐたる老尼の寒念仏 百合山羽公 寒雁
まよひ子を呼声たえて寒念仏 松岡青蘿
ゆめのなかへ道折れてゆく寒念仏 森山夕樹
ポン~と瓢の音や寒念仏 河野静雲
不揃ひの太鼓が揃ふ寒念仏 安田汀四郎
京二条寒念仏はこの小路 及川貞
京泊り二夜とも聞く寒念仏 四明句集 中川四明
人の母の三人よりて寒念仏 松瀬青々
人住まぬ門並びけり寒念仏 高浜虚子
人寝ねてあかるきみちや寒念仏 松村蒼石 寒鶯抄
信心の幼なを連れし寒念仏 福田蓼汀 山火
傾城もいとどねられね寒念仏 奚魚 極 月 月別句集「韻塞」
南座の櫓仰がず寒念仏 山田桂梧
厳しさを自ら求め寒念仏 西沢信生
又一人走り加はる寒念仏 高浜虚子
咲ている梅にもあふや寒念仏 炭 太祇 太祇句選後篇
喜捨人も寒念仏も合掌す 田中王城
地の底に響きて淋し寒念佛 大谷句佛
夕凪に反る框 寒念仏が折れた 星永文夫
夜更くるや叩かで戻る寒念佛 会津八一
女から声透けてゆく寒念仏 五島エミ
女ばかりの寒念仏通りけり 大熊一枝
家にゐて星夜思はる寒念仏 森澄雄
寒からぬ日は控へ目に寒念仏 八木澤高原
寒念仏きこえくる風よ柱割れぬ 原田種茅 径
寒念仏この世の闇に尼ふたり 百合山羽公 寒雁
寒念仏さては貴殿でありしよな 一茶
寒念仏にぎやかに来て目覚めけり 大森桐明
寒念仏に今薔薇色の鶴見川 安永千鶴
寒念仏ひゞくやひゞきくるもの佳し 橋本多佳子
寒念仏まこと夜毎にひとり僧 吉武月二郎句集
寒念仏一礼深くして去りぬ 森田桃村
寒念仏一鼓一鼓に遠ざかる 中島松濤
寒念仏二十重の闇をかいくぐり 細川加賀
寒念仏京は嵐の夜なりけり 正岡子規
寒念仏先うながして動きけり 永方裕子
寒念仏唱へあはして高調子 宮部寸七翁
寒念仏四五人花舗の灯を跨ぎ 殿村菟絲子 『樹下』
寒念仏在家の僧もうちまじり 山田みづえ
寒念仏声張り上げて町に入る 冨田みのる
寒念仏夜々の時雨に逢ひにけり 金田狂蜂
寒念仏夜の料亭に入り来たる 今井三重子
寒念仏夜毎隣の報謝かな 高桑化羊
寒念仏妻恋唄に似たるかな 高橋柿花
寒念仏山坂越えてひとつ家に 福田蓼汀 山火
寒念仏廓へかゝる橋二つ 石橋秀野
寒念仏急がねば雪降り来るよ 大越千代
寒念仏旅館の三和土水に濡れ 杉木幽烏
寒念仏時折鳴らし歩くなり 新郷登志子
寒念仏月の古町ひとすぢに 水原秋桜子
寒念仏朗々として遠きより 吉岡 秋青
寒念仏湖周一里と少しにて 茨木和生 倭
寒念仏灯なき夕餉の露地となる 『定本石橋秀野句文集』
寒念仏猫の相づち大きかり 吉野志保子
寒念仏疾風の如く雑木道 水野晴美
寒念仏眠りし山にこだませる 小野 淑
寒念仏移民を送る人の中に 五十嵐播水 埠頭
寒念仏聞えくる夜や柱割れ 土岐包泉
寒念仏聞きわけてまた波の音 斉藤夏風
寒念仏足より見えて現はるる 山内四郎
寒念仏追ひくる如く遁げゆく如く 橋本多佳子
寒念仏運河の橋を渡りけり 成田智世子
寒念仏雪のしまけば声高く 川戸孤舟
寒念仏駅の明るき灯をあびぬ 塚原麦生
寒念仏黒谷を出て帰りけり 赤木格堂
寒念佛に蹤きて飴湯をふるまはる 塚本邦雄 甘露
寒念佛ひびくやひびきくるもの佳し 橋本多佳子
寒念佛二十重の闇をかいくぐり 細川加賀 生身魂
寒念佛声を大きくしてゆけり 関戸靖子
寒念佛川は亀裂を生み続け 佐藤鬼房
寒念佛抜け道多き下河原 柚味噌(木母遺稿) 安田木母、秋田握月編
寒念佛材木置場から出発 藤田湘子 てんてん
寒念佛椎のくらがり抜けにけり 鈴木しげを
寒念佛移民を送る人の中に 五十嵐播水
寒念佛聞きわけてまた波の音 斎藤夏風
尼の身の草鞋の踵寒念仏 百合山羽公
川筋や千鳥にかする寒念仏 松岡青蘿
布施ごとに雪ふかみゆく寒念仏 皆吉爽雨
帰りきて冷茶飲みけり寒念佛 内田百間
弥勒より寒念仏の膝正し 永井一朗
待合はす楽しさもあり寒念仏 岡本 眸
御僧みな弁慶かむり寒念仏 北山星峰
戸を開けず佇ちゐる影の寒念仏 大矢白毫
戸を開けて寒念佛を呼びにけり 数馬あさじ
昼となく夜となく立ちて寒念仏 下村槐太 天涯
替履のうしろさびしや寒念仏 加舎白雄
月夜とて女のこゑの寒念仏 蝶夢
月西へ寒念仏の声遠くなり 石井露月
東来ていづれ西する寒念仏 玉越琅々
校正帰りは寒念仏ぞ橋渡り 殿村菟絲子 『晩緑』
極楽のちか道いくつ寒念仏 蕪村
沖に置くいくさの船や寒念佛 吉田汀史
泊り船より一報謝寒念仏 大橋櫻坡子
法楽の白さ尽して寒念仏 加倉井秋を
湖にうつる一聯の灯は寒念仏 福田蓼汀 山火
濡れ色の紅唇ちらと寒念仏 田中みどり
物買へる我の後に寒念仏 星野立子
畜生に備ふる棒や寒念仏 西村雪人
白装束霜に声あり寒念仏 露章 選集「板東太郎」
相鉦やくはらりくはらりと寒念仏 斯波園女
立去りし跫音なくて寒念仏 後藤夜半
細道になり行声や寒念仏 與謝蕪村
耶蘇といへば辞儀して去りぬ寒念仏 石島雉子郎
茶を申すをうなの声や寒念仏 黒柳召波 春泥句集
街角の灯のまばゆけれ寒念仏 加藤三七子
衢に出て提灯くらし寒念仏 五十嵐播水 播水句集
診察の窓下行けり寒念仏 坂井兵吉
豆腐挽き寐ざめの友や寒念仏 有種
貪らぬ聖は過ぎて寒念仏 河野静雲
越前の闇の底より寒念仏 鈴木鷹夫
路地多き三国の町や寒念仏 清准一郎
身を洩るる泡のごとくに寒念仏 宮津昭彦
近づけば月さす顔や寒念仏 萩原麦草 麦嵐
遠くから行くぞ行くぞと寒念仏 藤田湘子
鎌倉はすぐ寝しづまり寒念仏 松本たかし
門々の寒念仏の灯かな 小川章子
闇の戸にむかへ見送り寒念仏 井沢正江
陸橋をひらひら越えて寒念仏 古賀まり子
隣より一人加はり寒念仏 渡辺満峰
雪の間はまぎれ歩行や寒念仏 成 美
雪国の夕餉は早し寒念仏 小島健 木の実
雲母坂下りて来つるよ寒念仏 河東碧梧桐
無縁寺の夜は明けにけり寒ねぶつ 黒柳召波 春泥句集

以上
by 575fudemakase | 2015-01-22 00:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22994404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング