寒餅

寒餅

例句を挙げる。

ずつとおくれて来し寒餅の送り状 細見綾子 黄 炎
のつてきたりし寒餅の杵調子 綾部仁喜 寒木
一臼の寒餅搗けり山売れて 野沢秋燕子
寒の水寒餅ひたしたくはへぬ 室生犀星 魚眠洞發句集
寒餅と襖へだてて赤子かな 大峯あきら 宇宙塵
寒餅にとざせし北の座敷かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
寒餅に罅戦争が始まりぬ 嶋田麻紀
寒餅のうす紫や水にひそみ 伊藤稚草
寒餅のとゞきて雪となりにけり 久保田万太郎 草の丈
寒餅のまだやはらかし辻の神 大石悦子 群萌
寒餅の上澄みに灯の透りけり 石原八束
寒餅の刃ごたへいよよ一徹に 河野南畦 『空の貌』
寒餅の届けば襖あけにけり 長谷川かな女 雨 月
寒餅の紅切れば艶老妻に 山口青邨
寒餅の罅の饒舌はじまりぬ 斎藤みゑ子
寒餅の胡麻よ豆よと搗きあがる 西村三穂子
寒餅の芯からあつく焼けにけり 梅原黄鶴子
寒餅の荷の釘づけの固しかたし 細見綾子 黄 炎
寒餅の黴うつくしく水の中 河野南畦 『黒い夏』
寒餅は水浅けれどいと沈む 細見綾子 花 季
寒餅も寒明け餅も少し搗く 久保 青山
寒餅やことに胡麻餅豆の餅 草間時彦 櫻山
寒餅やしん~として土間暗し 池上柚木夫
寒餅やむらさきふくむ豆のつや 室生犀星(1889-1962)
寒餅や埃しづめるひびの中 室生犀星 犀星發句集
寒餅や手力こめし山家搗 水原秋櫻子
寒餅や最後の癩の詩つよかれ 村越化石
寒餅や母のうしろに夜の色 草間時彦 櫻山
寒餅や秘仏に逢ひし夜は飢ゑて 井沢正江 以後
寒餅や金釘流の母の文 衣川砂生
寒餅を一口食ひて腹へりぬ 綾部仁喜 寒木
寒餅を搗かん搗かんとおもひつつ 松本たかし
寒餅を搗き終り土間掃き終り 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗くとふまへし力足 河合佳代子
寒餅を搗く両隣に小さく住み 皆川白陀
寒餅を搗く日にしては温かりし 小谷鶴枝
寒餅を搗く日の山の面がまへ 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗く時だけの大竃 前田壽子
寒餅を搗く音きこえすぐやみぬ 水原秋桜子
寒餅を搗けば日和の山の顔 大峯あきら
寒餅を焼くたのしさに火桶置く 水原秋櫻子
寒餅を食ふやはるかな欅見て 皆川盤水
寒餅吊しふつくりと巻く濃染和紙 高島筍雄
山の風寒餅に紅滲まする 村上しゆら
忽ちに食ひし寒餅五六片 日野草城
朝月や寒餅を搗く一とさわぎ 田住満夫
湖に響く寒餅搗きにけり 室積徂春
癒えし子に寒餅食ます強くなれよ 石塚友二 光塵
矍鑠の父の寒餅届きけり 高橋悦男
紅少し入れて寒餅搗きにけり 今井たけ
紐固く父寒餅を送りきし 山崎 喜八郎
老の膝よせて寒餅伸ばしをり 百合山羽公 故園
貸二階寒餅並べありにけり 藺村
青空がある寒餅を切り並べ 清水径子
けち~と暮して寒の餅もつく 鈴木花蓑句集
むつちりと手応へ寒の餅とどく 能村登四郎 民話
人も来ぬ藪の小家の寒の餅 大峯あきら 宇宙塵
住みつきし町がふるさと寒の餅 風間啓二
別れ棲む都会と田舎寒の餅 福田蓼汀 山火
定型の煮ても焼いても寒の餅 筑紫磐井 花鳥諷詠
寒の餅切る日あたりの古畳 松村蒼石 寒鶯抄
寒の餅割ればことばを吐くごとし 原裕 正午
寒の餅己れを裂きて火に抗す 河野南畦 『風の岬』
川面より低きに搗ける寒の餅 千葉皓史
身をかけし刃のしづみゆく寒の餅 野澤節子 遠い橋

以上
by 575fudemakase | 2015-01-23 00:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22994440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。