冬菫

冬菫

例句を挙げる。

ありしと思ふところにありし冬菫 勝又一透
いかを干す手のひらひらと冬菫 国武十六夜
いちまいの雲のあかるさ冬すみれ 伊藤敬子
さびしさの冬菫買ふ墓参帰途 及川貞
しやがむとき女やさしき冬菫 上田五千石
ひとや先われや先なる冬すみれ 橋石 和栲
ひとり来て墓のうしろの冬菫 勝又一透
ふり向けど風のこゑのみ冬すみれ 吉岡好江
ふるきよきころのいろして冬すみれ 飯田龍太
やがてみ墓に冬菫咲くを思ふ 松村蒼石 雁
ゆがみたる須恵器の口や冬菫 久保 寥
わが影に添ふ光あり冬菫 秋元草日居
わが影のさして色濃き冬菫 右城暮石
わが齢わが愛しくて冬菫 富安風生
イマージュの内出血の冬すみれ 高岡 修
ハンカチをていねいに折り冬菫 桂信子
ボールペン落として気づく冬すみれ 三田村弘子
一臂折れ一茎全し冬すみれ 西本一都 景色
三面鏡に部屋中うつる冬すみれ 岡本眸
井戸堀の地響き浴びし冬すみれ 鈴土郁子
仮の世のほかに世のなし冬菫 倉橋羊村
冬すみれ吾子に聖句を口うつし 長田等
冬すみれ咲くこころえのありにける 金田咲子
冬すみれ嬉しき言葉秘めきれず 野田ゆたか
冬すみれ富士が見えたり隠れたり 川崎展宏
冬すみれ小さき影濃くなげかるる 内藤吐天 鳴海抄
冬すみれ心の張りに慧可断臂 西本一都 景色
冬すみれ手に採りもせず山ぬくし 内藤吐天 鳴海抄
冬すみれ搾乳へ牛連れ啼いて 及川貞 夕焼
冬すみれ本流は押す力充ち 齋藤美規
冬すみれ永久保存の詩篇あり 川本洋栄
冬すみれ汝も平家の裔として 津田清子
冬すみれ濃しサーカスの天幕の中 内藤吐天 鳴海抄
冬すみれ濃し人妻となりしのち 嶋田麻紀
冬すみれ石垣は波音に慣れ 山崎正枝
冬すみれ遺品の杖の土乾く 仙田洋子 雲は王冠
冬すみれ長者ケ原の高みかな 伊藤通明
冬すみれ雲白き日は雲を恋ひ 大串章
冬菫かけがへなき受苦もあり 友岡子郷
冬菫かたまつていてどれも毒 宇多喜代子 象
冬菫この世四五日離れたきに 河原枇杷男 蝶座
冬菫しゃがむつもりはないけれど 池田澄子
冬菫みつけしことは秘めておかむ 成瀬桜桃子 風色
冬菫フォッサ・マグナはここから海 原田喬
冬菫厨子玉虫のひかりあふ 岡部六弥太
冬菫咲く万貫の巌を割り 藤井亘
冬菫外浜の砂の荒れ易き 八十島稔 筑紫歳時記
冬菫少女は歌を紡ぎ居り 石崎素秋
冬菫少年拳で嗚咽せり 齋藤愼爾
冬菫校舎の上に海展け 宮津昭彦
冬菫母の句集に母生きて 岡田晏司子
冬菫水透明に発光し 長谷川かな女 花寂び
冬菫空に瑕瑾のあるごとし 齋藤愼爾
冬菫絶壁となる乳房かな 杉田桂
冬菫草にまみれて濡れてをり 瀬在苹果
冬菫買ひて明るき日の中へ 丹羽啓子
冬菫集めカシミール地方を思う 中北綾子
勝ち牛も負け牛も踏む冬すみれ 石 寒太
又会ふ日確かめぬまま冬菫 高橋静子
唇のはや色失せぬ冬菫 龍岡晋
城山に間道のあり冬すみれ 佐藤八百子
墓を守る歪なクルス冬菫 尾田明子
声にせば失ふごとし冬すみれ 中村汀女
外れ径にときめきのあり冬すみれ 櫛原希伊子
大和の土となるそれもよし冬菫 小澤満佐子
妻に現れわれには隠れ冬菫 相蘇としお
子を生まぬこと冬菫愛さぬこと 夏井いつき
寒すみれ地球がゆるぶねと瞠る 古沢太穂
寒すみれ摘まれ来しこと誕生日 後藤夜半 底紅
少女期の尾が見えており冬すみれ 寺井谷子
帯ほどに暖流が見え寒すみれ 本宮鼎三
帯織るや中庭に咲く冬菫 長谷川かな女 花 季
憩へと亡父のこゑする冬菫 つじ加代子
昔より病む天なりき冬菫 河原枇杷男 訶梨陀夜
樟脳の匂ひの父や冬菫 林桂 ことのはひらひら 抄
歩くこと好きで楽しく冬すみれ 石川文子
母の歩の小さくなりぬ冬すみれ 川野 洋子
海の日が眠たさ誘ふ冬すみれ 五所平之助
渓空に仰ぐ日疎し冬菫 下村ひろし
火の国へ赴任の友や冬すみれ 橋本瑞枝
犬より荒き少年の息冬すみれ 鍵和田釉子
病衣脱ぎ留守居のつもり冬すみれ 阿部千代子
白墨の匂かぎいる冬菫 宇多喜代子
石ころの相倚りむつみ冬すみれ 山口青邨
石垣に冬すみれ匂ひ別れけり 室生犀星 魚眠洞發句集
磐石の割れ目に咲きて冬すみれ 津田清子
空谷に岩の声あり冬すみれ 伊丹さち子
笑顔もておのが盾とす冬菫 旗 こと
篠原やおもひのままに寒菫 木津柳芽
絵硝子の一色の寒すみれ買ふ 神尾久美子 桐の木
胸に湧く別れの曲や冬すみれ 仙田洋子 雲は王冠
色深し朽葉のもとの冬すみれ 遠藤 はつ
若き死を悼み尽せず冬菫 水原春郎
藁葺きの王妃の館冬すみれ 三国眞澄
言霊の熊野の山の冬すみれ 高須ちゑ
語尾甘き親を日向に冬菫 栗林千津
貌おもひ出さぬ日もあり冬菫 谷口桂子
輝いて煮ゆるひじきや冬すみれ 山西雅子
遠ざかる人のにはかや冬すみれ 上田日差子
陽に遠く機屋の端の冬菫 梶山千鶴子
離宮田の畦のひとつに冬菫 根岸善雄
雲と鳥みることもなき冬菫 大木あまり 火球
風呂敷に形見を包む冬菫 伊藤敬子

以上
by 575fudemakase | 2015-01-26 00:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22995819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング