雪 2

雪 2

例句を挙げる。

雪月夜斜の木影々々かな 東洋城千句
雪月夜歩きてつくる五十路の顔 加藤知世子 花寂び
雪月夜猟場の割符拾ひけり 西山泊雲 泊雲句集
雪月夜蘆間の寝鳥しづまりぬ 臼田亞浪 定本亜浪句集
雪月夜裸婦の屍伏し~て 渡邊水巴
雪片のつれ立ちてくる深雪かな 高野素十
雪眼鏡かけて雪国熟知せる 堀米秋良
雪雀の周囲をのこし降る暮雪 長谷川かな女 花寂び
雷鳥や霧海の底の雪明り 大森桐明
霜除にさや~と来ては粉雪やみぬ 青峰集 島田青峰
霧行くや樅は深雪に潰えつゝ 相馬遷子 山国
青邨忌よの字橋より粉雪かな 小原啄葉
青頸のわが娘ふるさとは悲の雪国 武田伸一
非目前深雪の杉の立話 和知喜八 同齢
音のない粉雪のやうに死は来るか 渡辺延子
顔あげて髪は粉雪に濡るるまま 仙田洋子 橋のあなたに
風の小雪ガラスの城に嬰の微笑 柴田白葉女 花寂び 以後
風の道を中ぞらにみる雪月夜 石原八束 空の渚
風呂にゐて胸のときめく暮雪かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
風呂吹や小窓を圧す雪曇 正岡子規
風神の膝に力の雪明り 古館曹人
飄客の束ね髪なり雪景色 小澤實(1956-)
飛び来ては白馬の暮雪顔へ憑く 野澤節子 遠い橋
飛花か飛雪か棘棘(いらいら)として立つ柱 夏石番矢 猟常記
飛雪あかるし焼酎にて乾杯 宮津昭彦
飛雪いよいよはげし吾れのみ見のこりて 野澤節子 黄 瀬
飛雪くる海の先端海に橋 対馬康子 吾亦紅
飛雪のホーム軍手という語なお生きいる 古沢太穂 古沢太穂句集
飛雪の町 さまよう 朝から珈琲飢餓 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 磁針彷徨
飛雪はや目鼻もあらず喪へ急ぐ 小林康治 『華髪』
飛雪われに来るや睫毛を濡さむと 細谷源二 砂金帯
飛雪来ることのしばしば寒牡丹 細見綾子 天然の風
飛騨人や深雪の上を道案内 前田普羅 飛騨紬
飾り臼南の窓の雪明り 村上一央
駅にだけ人をり深雪村眠る 嶋田摩耶子
駅凍てゝ曠野につゞく深雪かな 前田普羅 飛騨紬
駅暮るる水が飛雪を吸いつくし 三谷昭 獣身
駅暮雪エロ写真売にささやかる 有働亨 汐路
高台をゆき次ぐを見る雪曇り 飯田蛇笏 椿花集
鬼の身に虚ありなむ雪明り 沼尻巳津子
鬼を視たるが/義民はじめや/飛雪の/両手 林桂 黄昏の薔薇 抄
鮎の炉の火かげとゞかず深雪の戸 前田普羅 飛騨紬
鮒煮えてくれば粉雪となりにけり 桂信子 黄 炎
鯨鳴く水族館を出て小雪 対馬康子 愛国
鱈船がゆき昏れし洲の雪明り 村上しゅら
鳥が去り光がのこる深雪晴 柴田白葉女 雨 月
鳥とぶや深雪がかくす飛騨の国 前田普羅(1884-1954)
鳥の嘴に赤き実のなき深雪かな 野村喜舟 小石川
鳥声や出窓みづから雪明り 石川桂郎 四温
鳥落ちず深雪がかくす飛騨の国 前田普羅
鳶覚めて杉に粉雪の厚帷 西村公鳳
鴨もろく飛雪に遠く撃たれけり 蛇笏
鵯啼いて堆の小雪となりにけり 石原八束 『秋風琴』
鶏が踏む根雪が蒼しガリレオ忌 飴山實 『おりいぶ』
鶏たかく榎の日に飛べる深雪かな 飯田蛇笏 霊芝
麦の芽のうごかぬ程に小雪ちる 蝶夢
黒豆を煮んか粉雪が降つて来る 細見綾子 花寂び
あめつちのねむりもやらで雪あかり 河野美奇
しくしくと肺のあたりの雪あかり 増田まさみ
まゆ玉やにはかにけさの雪ぐもり 久保田万太郎 流寓抄
わが部屋に馬の影する雪ぐもり 高田律子
中庸を愛する国の雪あかり 櫂未知子 貴族
交み椋鳥宙で分れて雪ぐもり 岸田稚魚 筍流し
夜咄の灯あかり軒の雪あかり 古賀まり子
常照光寺石階を踏む雪あかり 加藤耕子
括り桑一枝撥ねたる雪ぐもり 鷲谷七菜子 雨 月
枯蘆や浅間ヶ嶽の雪ぐもり 村上鬼城
水鳴りを一句に封ず雪あかり 柴田南海子
湖際のもの横流れ雪ぐもり 桂信子 初夏
烏丸の路地の奥まで雪あかり 橋本榮治 麦生
狐鳴く岡の昼間や雪ぐもり 内藤丈草
空襲の夜明けて窓の雪あかり 京極杞陽 くくたち下巻
遺されて母が雪踏む雪あかり 飯田龍太
阿片(モヒ)をさす襤褸たくりぬ雪あかり 神崎縷々
雪あかり妻睡りをるにはあらず 杉山岳陽 晩婚
雪あかり胸にわきくるロシヤ文字 古沢太穂 古沢太穂句集
雪あかり酸素外れてゐたりけり 石田あき子 見舞籠
雪ぐもり火星はもはや高からむ 山口誓子
鮎焼きし大炉の灰に雪あかり 前田普羅 飛騨紬
あめつちのねむりもやらで雪あかり 河野美奇
しくしくと肺のあたりの雪あかり 増田まさみ
まゆ玉やにはかにけさの雪ぐもり 久保田万太郎 流寓抄
わが部屋に馬の影する雪ぐもり 高田律子
中庸を愛する国の雪あかり 櫂未知子 貴族
交み椋鳥宙で分れて雪ぐもり 岸田稚魚 筍流し
夜咄の灯あかり軒の雪あかり 古賀まり子
常照光寺石階を踏む雪あかり 加藤耕子
括り桑一枝撥ねたる雪ぐもり 鷲谷七菜子 雨 月
枯蘆や浅間ヶ嶽の雪ぐもり 村上鬼城
水鳴りを一句に封ず雪あかり 柴田南海子
湖際のもの横流れ雪ぐもり 桂信子 初夏
烏丸の路地の奥まで雪あかり 橋本榮治 麦生
狐鳴く岡の昼間や雪ぐもり 内藤丈草
空襲の夜明けて窓の雪あかり 京極杞陽 くくたち下巻
遺されて母が雪踏む雪あかり 飯田龍太
阿片(モヒ)をさす襤褸たくりぬ雪あかり 神崎縷々
雪あかり妻睡りをるにはあらず 杉山岳陽 晩婚
雪あかり胸にわきくるロシヤ文字 古沢太穂 古沢太穂句集
雪あかり酸素外れてゐたりけり 石田あき子 見舞籠
雪ぐもり火星はもはや高からむ 山口誓子
鮎焼きし大炉の灰に雪あかり 前田普羅 飛騨紬
冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ 飯田蛇笏
寝て覚めて雪の声聞く真暗がり 菖蒲あや
晩年や林に積みし雪の声 小林康治
更けし灯に睫毛影なす雪の声 篠田悌二郎
篁の夜の査けくて雪の声 臼田亞浪 定本亜浪句集
野の仏と語る嵯峨野の雪の声 橋本夢道 『無類の妻』以後
雪のこゑ老来ひしと四方より 飯田蛇笏 春蘭
雪の声珈琲は重厚紅茶は軽快 日野草城
雪の声聞く耳欲しき日暮なり 太田土男
雪踏めば胎の子も聞く雪の声 佐藤美恵子
駅の名の峠と呼ぶや雪の声 寅彦 (羽越紀行中)
鰤来るや夜を限りなき雪の声 小田 司
鶯よいつをむかしの雪の声 上島鬼貫
五柳先生六花七言絶句之天 加藤郁乎
六花には育たぬままに降つてきぬ 橋本末子
六花めく犬の足跡雪の墓地 高澤良一 素抱
六花清く崩れし掌 稲畑廣太郎
日盛りの元湯六花の六角堂 高澤良一 宿好
稚児舞の大地踏み鳴る六花かな 野沢節子 八朶集
餅の香に在りて捉へつ六花の音 林原耒井 蜩
わが年齢おそれ三月雪の花 寺田京子 日の鷹
手とればマッフに雪の花ぞ散る 岡野知十
父が倒れぬ樹々に三月雪の花 寺田京子 日の鷹
磨ぎなほす鏡も清し雪の花 松尾芭蕉
馬の尾に雪の花ちる山路かな 支考
スキー了へ積雪標のやや沈めり 大島民郎
初日かげ積雪の牙に潮なぎぬ 飯田蛇笏 春蘭
塗り直す積雪標やまゆみの実 木村美保子
外れし雪礫積雪に喰入れり 津田清子
夜の積雪躍りて踏みて子をやどす 八木三日女 紅 茸
屋を出て積雪の暾にあくび出づ 飯田蛇笏 椿花集
水際まで尺の積雪浮寝鳥 古賀まり子
積雪が映ゆ硝子戸の全面に 右城暮石 上下
積雪にすぐ乗るスキー倒しけり 長谷川かな女 雨 月
積雪に夕空碧み雲の風 飯田蛇笏 霊芝
積雪に明暗ありぬ松の上 宇多喜代子 象
積雪に月さしわたる年の夜 飯田蛇笏
積雪に飛びこむ雪の礫かな 徳永山冬子
積雪の中に鳩鳴く枝のあり 長谷川かな女 雨 月
積雪の牙にうつ浪や犬橇駛す 飯田蛇笏 春蘭
積雪の碧落藪をそめにけり 松村蒼石 雪
積雪の籠城や女を人質に 藤森成吉 天翔ける
積雪の鬱たりといふ他はなく 山口誓子
積雪や埋葬をはる日の光り 飯田蛇笏 霊芝
積雪計コスモスに埋れありにけり 久米正雄 返り花
英霊となり積雪を踏み来しなり 石橋辰之助 山暦
ひたすらに積る雪なり茂吉の忌 相馬遷子 山河
ものうりの鈴の絶えまに積る雪 『定本石橋秀野句文集』
水青し土橋の上に積る雪 夏目漱石 明治二十九年
笹鳴やつくばひかけて積る雪 軽部烏帽子 [しどみ]の花
身をゆすりゐてかなしみの積る雪 石原八束 『藍微塵』
降り積る雪にさめゆく火事の空 太田鴻村 穂国
降り積る雪より白し波の花 浦幸雪
雪像に積る雪掃き雪まつり 内田柳影
*えりの水ゆふつづさして雪積みぬ 石原舟月 山鵲
いつしかに元日の雪積りけり 岩田潔
うさぎ径谿のむこうも雪積り 和知喜八 同齢
かまくらの肩まろやかに雪積る 館岡沙緻
きぬぎぬを別れ来しかばふり返る北山の嶺にはつか雪積む 中野照子
この里や雪積む上の雪もよひ 小杉余子 余子句選
どの木にも雪積りをる読書かな 辻允子
ぼた山に雪積らせて街眠る 金箱戈止夫
むさしのの雪積む松を納めけり 渡辺恭子
よき眠りなりし雪積む二重窓 有働亨 汐路
わが墓に雪積む景を見にゆくか 安住敦
一夜どかと雪積み森を鳶出でず 西村公鳳
一夜雪積もり遠くへ来しごとし 川村紫陽
下京や雪積む上の夜の雨 凡兆
中学生神語りおり雪積む藁 金子兜太 少年/生長
二つづつ川の灯黄なり雪積めり 長谷川かな女
人恋ふる歌に雪積む林檎の木 原裕 青垣
人泊めて雪積もらする蚕屋二階 下田稔
今し方までの雪積み寒牡丹 三村純也
伐り出しの竹に雪積む利休の忌 岡井省二
休日や地を癒やすごと雪積り 川村紫陽
切口に春の雪積む峯薬師 古舘曹人 砂の音
初市や抱き寐の子にも雪積り 田川飛旅子
初手水邸内は雪積んで靄 京極杞陽
塚と化し雪積むままの氷下魚釣 原柯城
夜の船は雪降り出でて雪積みぬ 細谷源二 鐵
夜雪積む雪女郎こそ恐ろしや 小林康治 玄霜
大露頭赭くてそこは雪積まず 山口誓子 方位
奥山に雪積るらし白湯うまし 村越化石
孤独なるブロンズに夜の雪積り 山本歩禅
山の湯に雪積む頭並べたる 矢島渚男
山国の小さき山も雪積る 辻田克巳
常磐木にして降るだけの雪積る 津田清子
平橋に続き反橋雪積める 高澤良一 さざなみやっこ
心臓の音のとっくん雪積む夜 高澤良一 随笑
拒みゐし雪積みはじむ海の芥 鷹羽狩行 月歩抄
故障なほりたる後もバスに雪積る 津田清子
旧正の雪積んで谷あらたまる 宮津昭彦
暗黙の干柿美濃は雪積まむ 殿村莵絲子 雨 月
暮れて蒼し雪積む嶺も雪無きも 相馬遷子 雪嶺
村貧しければ雪積むほかはなし 岸風三樓
束の間に雪積む歌会始かな 盛川真二
東門の奥は雪積む荒磯道 猿橋統流子
枕均して雪積む音を聞いてをり 林菊枝
梅林に雪積む彼岸詣でかな 浦野栄一
母危篤一冬一の雪積むに 高井北杜
流氷の上に雪積む終身刑 中村路子
湖に向く雪積むポーチ閉ざしあり 高木晴子 花 季
煤煙のしづかに遠し雪積めば 千代田葛彦 旅人木
片側は雪積む屋根や春の月 鳴雪句集 内藤鳴雪
猿は昔のこゑを遺せり雪積む夜 松村蒼石 雪
猿も山も雪積むことをうべなへり 松村蒼石 雪
秩父路の臍や雪積む観世音 原裕 青垣
継体天皇大頭なり雪積もり 松山足羽
老らくの恋かな春の雪積る 津田清子
聖燭のごとし雪積む枯芙蓉 堀 葦男
藁焼きし灰に雪積み小鳥来る 野見山ひふみ
蜩のいまは雪積む地の奥に 平井照敏 天上大風
豊胸の聖母どこより雪積もる 対馬康子 純情
遠き鴨蜑の早寝に雪積り 林翔 和紙
金髪に染め帰途は黒恋い雪積む樹々 寺田京子 日の鷹
鎌倉に春の雪積む一夜かな 松本たかし
雑木林に雪積む二人の棺のように 金子兜太 暗緑地誌
雪に雪積みて神山神に近く 杉本寛
雪積まぬひと処あり藪柑子 井口さだお
雪積みしけはひにしらむ屏風かな 金尾梅の門 古志の歌
雪積みしところより海更に退く 山口誓子 構橋
雪積みて巨き砂丘は天にあり 森川暁水 淀
雪積みて深く撓みしリラの枝ああ祖国とふ遠国ありし 安永蕗子
雪積みて闇しろがねに奥の院 つじ加代子
雪積みぬ夢のかよひ路無きまでに 京極杞陽
雪積むに似たる安心得たりけり 三田きえ子
雪積むは深きいたはり積みにけり 齋藤玄 『雁道』
雪積むやしづかにつつむこころの喪 桂信子 黄 炎
雪積むや夜を日に三河花祭 岡島礁雨
雪積むや恋しくて猫背ひどくなりぬ 池田澄子
雪積むや畦にころげし筌いくつ 木村蕪城 寒泉
雪積むを見てゐる甕のゆめうつつ 斎藤玄 雁道
雪積む夜夫待つごとく刻過ごす 横山房子
雪積む家々人が居るとは限らない 池田澄子(1936-)
雪積む貨車酔い痴れた手は妻の肩 金子兜太 少年/生長
雪積めりよべの熟睡の深さほど 相馬遷子 雪嶺
雪積もらむはからずも鳴る蚊帳の鐶 千代田葛彦 旅人木
雪積りつまらぬことの気になりぬ 加倉井秋を 午後の窓
雪積ることと歩幅が合ふ気がす 加倉井秋を 午後の窓
雪積るしのび返しや夕霧忌 三宅応人
雪積る中滑らかな水車の軸 津田清子 礼 拝
雪積る凶作の田を忘れよと 津田清子 二人称
雪積る夢殿次第に花型に 加藤知世子 花寂び
雪積る家へ妻ひとり置いて出る 加倉井秋を
雪積んで一丁の斧しづまれり 清水径子
雪積んで京のお寺の庭に似て 上村占魚 球磨
雪積んで田とけじめなき藁塚の裾 猿橋統流子
雪積んで陣屋米蔵ねずこ葺 高澤良一 随笑
雪詠みて雪積む句碑でありにけり 藤浦昭代
霏々として雪積みつるむ鶏女夫 前田普羅 飛騨紬
静かなる夜は雪積みてゆくらしく 高木晴子 晴居
音もなく春の雪積む蹶速塚 伊藤いと子
あかつきに雪降りし山神還る 藤田湘子
あかときの雪降るまえの寂かさとおもいて卓にともる燈を消す 三枝浩樹
あく取りて捨てて雪降る日なりけり 如月真菜
いつ見ても婆に雪山雪降りをり 中山純子 沙羅
うつすらと日の在り処見え雪降れり 徳永山冬子
えんぶりの笛いきいきと雪降らす 村上しゆら
おだやかに腹のへりゆく雪降りぬ 冬の土宮林菫哉
おもかげの雪降るなかの捨聖 鈴木貞雄
さめざめと夕べ雪降る川流れ 松村蒼石 雁
さんさんと雪降るなかのものわすれ 鷲谷七菜子 花寂び
しろたへの雪降るははの墓掃けり 佐川広治
しんしんと雪降り遠き母屋かな 深川正一郎
しんしんと雪降る木曾に安らげり 中村苑子
しんしんと雪降る空に鳶の笛 川端茅舎(1897-1941)
しんねりと残れる鴨に雪降り出す 山田みづえ
その上にまたその上に雪降れり 秋山未踏
たふとさや雪降らぬ日も蓑と笠 松尾芭蕉
ためらひてゐし輪中雲雪降らす 近藤一鴻
どんど火のうしろ雪降る夜の川 柯舟
なほも雪の降る市街戦にならう雪降る 秋山秋紅蓼
なまぐさき眠りの蛇を雪降りつつみ 高柳重信
ねむれざる瞼の裏に雪降らす 楸邨
ひとしきり雪降る川の破れ靴 中拓夫 愛鷹
ひと遠く雪降りつもる雪の上 柴田白葉女 雨 月
ふところに鳴る菓子袋雪降れり 長谷川双魚 風形
ふるさとの酔容酔語雪降りぬ 橋本榮治 麦生
ほしいまま亡師春雪降らしめき 岸田稚魚 筍流し
ほの赤くけむる雪降り没日刻 宮津昭彦
まなこ閉づればとこしへに立つ一本のさあをき竹の内に雪降る 永井陽子
まれによき夢みし朝や雪降りつつ 清水基吉
みちのくに雪降るかぎり雪女郎 木村滄雨
みちのくの雪降る町の夜鷹蕎麦 山口青邨
みちのくの雪降る街の桜餅 長内万吟子
みどりごのいまだ見ぬ雪降るを待つ 佐野美智
みどり子に初めての雪降りいだす 有働亨 汐路
み雪降る尾のある人の住む山に 角川春樹
もう一度雪降つてから鴨帰す 矢島渚男
ものの芽の雪降るときも旺んなり 伊藤東魚
わかさぎの身ごもるに雪降りつのる 千代田葛彦
わが葬列夢に雪降る仮借なし 小林康治 玄霜
われを見る深きまなざし雪降るなか 鷲谷七菜子
をかしさはすこし雪降る子の日かな 松根東洋城
イザナミの流し目強き日必ず雪降る 夏石番矢 神々のフーガ
カマンベール東京に雪降つてをり 多田睦子
クリオネに負けし天女が雪降らす 榎本利孝
クリスマス礼拝つひに雪降らず 上田日差子
ゴンドラ行く雪降る宙は雪に満ち 有働 亨
スキーに足りぬ雪降り薯らが囁くよ 寺田京子 日の鷹
スキー買へば巷にも雪降りそめつ 堀口星眠 営巣期
トラックの幌の暗がり雪降り込む 西村和子 夏帽子
ペリカンの己れつつみて雪降れり 入倉朱王
ロボットが一室うばひ雪降りだす 河野南畦 『元禄の夢』
一つ年とつて雪降る夏蜜柑 和知喜八 同齢
一天の告白のごと雪降れる 伊東宏晃
三月や見事なる牡丹雪降り良妻愚母 橋本夢道 良妻愚母
三椏に春の雪降る雪の奥 小林康治 『華髪』
丹頂に薄墨色の雪降り来 西嶋あさ子
人の世の淋しからむと雪降らす 片山由美子 水精
人の世の過去へ過去へと雪降れり 三村純也
人の死に始まる一日雪降れり 古賀まり子
人の死のあかりが路地に雪降れり 古賀まり子 緑の野以後
人生なかば白く黒く雪降りしきる 川口重美
今もラ・クンパルシーターと雪降るよ三鬼 八木三日女 落葉期
今日ざらめ津軽七種の雪降るてふ 田中英子
休め田のねむり深めて雪降れり 古賀まり子 緑の野
佐保姫のまばたきほどの雪降りぬ 池亀恵美子
佐渡に雪降るらし風の五合庵 斉藤夏風
何か食べたいしやべりたい口雪降り出す 栗林千津
何しても佳き吾が時間雪降れり 橋本美代子
佗助や夢の切れ目を雪降れり 小檜山繁子
俯して待つ波郷思ひの雪降れと 齋藤玄 『玄』
俳諧の雪降れり溺れなむいざ 小林康治 『虚實』
傷つきし馬に雪降る父の谷 大井雅人 龍岡村
兎も角雪降るは降るはと初電話 岩井 柳蛙
兎狩する頃合の雪降りし 居附稲声
兔罠作りてよりは雪降らず 若土 白羊
全伽藍雪降れり父母未生の闇 倉橋羊村
全空より雪降り出せる暗さかな 三谷昭 獣身
公魚がひらひら釣れて雪降れり 永井龍男
内孫他住、同居の外孫フランス風に雪降るか 橋本夢道 良妻愚母
冬の雨嶽寂光に雪降れり 沢木欣一 雪白
凍滝に刻ながるるは雪降れり 鈴木貞雄
処女の背に雪降り硝子夜となる 西東三鬼
切紙のこまやかな音雪降れり 猪俣千代子 堆 朱
初大師雪降りたらぬ寒さかな 白水郎句集 大場白水郎
初旅の眼裏すでに雪降れり 古賀まり子 緑の野以後
前髪に雪降りかゝる鷹野かな 吏明 古句を観る(柴田宵曲)
勾玉は始めのかたち雪降れり 野見山ひふみ
北斎の海に雪降る涅槃かな 春樹
十字架は地に挿すものぞ雪降り来 橋本榮治 麦生
千年の雪降る塔の上にかな 秋山巳之流
午近き明るさに雪降りつづく 西村和子 夏帽子
卯の花や雪降髪の南部馬 文挟夫佐恵 雨 月
卸したる雪へ雪降る父子の旅 藤田湘子
去年の実の柘榴にありて雪降れり 永井龍男
双六のなかなか果てず雪降り来 辻桃子
双子山見えず雪降る曾我の墓 中島月笠 月笠句集
古壺の底が音吸ふ雪降り出す 河野多希女




古池のをしに雪降る夕かな 正岡子規
名刺受雪降り込みて濡れにけり 白水郎句集 大場白水郎
吾子死なす窓雪降れり雪降れり 三谷昭 獣身
呆とあるいのちの隙(ひま)を雪降りをり 上田五千石(1933-97)
喜びて靴に入る足雪降れり 桑原三郎 晝夜
喪失や胸像に雪降りつもる 藤岡筑邨
図書は猟犬雪降る山へ眼をひらき 西川徹郎 家族の肖像
図書館の窓荒園に雪降れり 沢木欣一 雪白
土蔵の穴一茶終焉の雪降れる 西本一都 景色
地上より貧富失せよと雪降れり 有働亨 汐路
地中にて大根の直雪降れり 中戸川朝人
坂邸楽はずませて雪降れり 飯田蛇笏 雪峡
坑夫らに雪降れるのみ十二月 淡路青踏
埋葬のやがてまろらに雪降らむ 文挟夫佐恵 雨 月
墓碑銘を写す間も雪降り冥む 木村蕪城 寒泉
声あげて泣きしあとにも雪降れり 朝倉和江
夕空は雪降りつくし漂ふ紺 中西舗土
外梯子濡るる春雪降るかぎり 田村了咲
夜の船は雪降り出でて雪積みぬ 細谷源二 鐵
夜の雪降りつつ下水流れけり 榎本冬一郎 眼光
夜をこめて胆を腐らす雪降れり 寺田京子
夜学部や宿直室に雪降り来る 森田智子
夜明けつつためらふ空や雪降りくる 大島民郎
夢にまで雪降る昏さ手を洗う 対馬康子 吾亦紅
大勢にひとりひとりに雪降れり 出口 善子
大空にくらく雪降る別れかな 柴田白葉女 遠い橋
天地の息合ひて激し雪降らす 野澤節子(1920-95)
天地の谺もなくて雪降れり 鈴鹿野風呂
天気かな されど見えざる雪降る愛よ 折笠美秋 君なら蝶に
奥嶺奥嶺へ雪降るやうな繭組む音 加藤知世子 花寂び
女と見る疑心暗鬼の雪降るを 齋藤愼爾
女の胸雪降りつゝむ山河わかず 岩田昌寿 地の塩
婚決めてよりの娘の日々雪降れり 上野さち子
子と話す童話の外は雪降れり 小松道子
子の髪を撫でてゐる夢雪降りゐし 有働亨 汐路
宙をゆく父の鉄鉢雪降れり 磯貝碧蹄館
客となりて雪降迄は竹の月 松岡青蘿
密林のごとく雪降る火の捨て場 成田千空 地霊
寒復習障子硝子に雪降つて 大橋櫻坡子 雨月
寒念仏急がねば雪降り来るよ 大越千代
寒燈や松江大橋雪降るらむ 林原耒井 蜩
審判台いまも地上に雪降れり 成田千空 地霊
寺山の桑に雪降る二月かな 石原舟月 山鵲
少女と来て雪降る国の初景色 岸田稚魚
尾ある人現るか雪降る奥吉野 津田清子 二人称
尾白鷲雪降るときも止むときも 福島壺春
屋根白くなりて夜の雪降りやまず 右城暮石 上下
山に雪降迚耳の鳴にけり 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
山動かねば囃すごと雪降れり 村越化石 山國抄
山里のかくれ耶蘇とて雪降れり 牧野桂一
峡湾は暮しの歯型雪降り降る 佐藤鬼房 海溝
川上に雪降る夜の火消壺 広治
帆ばしらに雪降りそふや風面 泥足 霜 月 月別句集「韻塞」
帆船は雲と日暮れて雪降りぬ 細谷源二 鐵
帯締むるは舟きしむ音雪降れり 本塩義子
干拓地まだ陸ならず雪降りて 茨木和生 木の國
年賀の雪降りきてかゝる吾が眼鏡 藤後左右
年重ねたる父の忌の雪降れり 上野さち子
弾き初めの千鳥の曲が雪降らす 林明子
彼の雲は山頂に雪降らしをり 高木晴子 花 季
忘恩の春の雪降り積もりけり 上田操
思考像しんしん青し雪降る下 加藤知世子 花寂び
恍惚の直後の手足雪降れり 高澤晶子(1951-)
息止め見る雪割草に雪降るを 加藤知世子 花寂び
恰もや鎮魂の雪降りにけり 小林康治 『華髪』
想望の山に近づき雪降らす 和田悟朗
愛をしる牝獣の前雪降れり 飯田蛇笏 雪峡
戦盲に雪降りかかる黒眼鏡 榎本冬一郎 眼光
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太 山の影
投錨ののちも雪降る響灘 坪内稔典
折紙の色を畳めば雪降れり 島田碩子
掌の山の一つに雪降らす 松澤昭 神立
揺り返しつづくつごもり雪降れり 仙田洋子 橋のあなたに
改札の鋏におこる雪降る旅 橋本夢道 『無類の妻』以後
方舟に在るかの目覚め雪降れり 宮脇白夜
早足に佐渡の雪降るにごり酒 橋本榮治 麦生
早鐘を聞く雪降らば雪の中 和田悟朗
明るい店向き合ふて夜の往き来こまごま雪降る 人間を彫る 大橋裸木
春の悲曲窗をくらめて雪降れり 飯田蛇笏 雪峡
春の雪降りつゝすでに野は眩し 相馬遷子 山国
春の雪降るふつくらとゆつくりと 細見綾子
春の雪降る下宿屋の階軋む 対馬康子 吾亦紅
春の雪降る日の鬘合せかな 後藤比奈夫 金泥
春立つや雪降る夜の隅田川 角川春樹(1942-)
昨日ありし街焦土の雪降り積む 椎橋清翠
昼眠る眼底に雪降らしめて 日下部宵三
時効だと告げる運河に雪降れば 櫂未知子 貴族
暗き方は海に雪降る室の花 篠田悌二郎
曲り家に眠らぬ鏡雪降りくる 坂巻純子
書架整理雪降りそめし玻璃戸かな 橋本鶏二 年輪
月ありと見れば雪降る定めなし 雑草 長谷川零餘子
月や火の色怒濤の如く雪降り来 小林康治 四季貧窮
月よりも上の空より雪降り来る 堀米秋良
月見えて濁れる面や雪降れり 高濱年尾 年尾句集
望郷や雪降るごとき寒月光 八牧美喜子
木偶鴨の眼のかなしくて雪降れり 関戸靖子
杉山の杉それぞれに雪降らす 町田しげき
来し方の野に雪降れり涅槃寺 野見山朱鳥
東方に峠あるなり雪降るなり 村越化石 山國抄
松とれて雪降りて常の日となりぬ 及川貞 夕焼
松納め嶺明るくて雪降れり 中拓夫
枯芦や大沢の雪降る池にやすらぎぬ 橋本夢道 『無類の妻』以後
柊に春の雪降り一樹の音 野澤節子 黄 炎
栗鼠がかくれし木の穴へ雪降り出せり 田川飛旅子 花文字
桃花節雪降りいでぬはしきやし 加藤三七子
桐の木はいつもいつぽん雪降り出す 神尾久美子 桐の木
梟に向き合へば雪降りけり 細田恵子
椴松といふは雪降る木なりけり 今井杏太郎
榛の木に雪降る音を聞きわくる 細見綾子 黄 瀬
槐太忌の傘にかそけき雪降れり 冨田拓也
樅の木に樅のしづけさ雪降れり 渡邊千枝子
橙や遠山はまだ雪降らず 角川春樹
檻の中雪降るヘッドライト過ぎ 中島斌雄
止木に鶏の行儀の雪降れり 猪俣千代子 秘 色
歳晩や空仰がねば雪降らす 新谷ひろし
死 ぬ る 夜 の 雪 降 り つ も る 山頭火
死のかげに音楽が雪降らせをり 原裕 葦牙
死の如し雪降るなかの鉄棒は 奥坂 まや
死の跡の棒ひとつ立ち雪降れり 永田耕一郎 海絣
死人もゐて紙の雪降る児童劇 星野昌彦
母容れて繭の柩や雪降れる 奥坂まや
母遺し雪降りかくす故郷発つ 福田蓼汀 山火
比良明神しゃなりしゃなりと雪降り出す 高澤良一 燕音
水仙に四月雪降る国かなし 有働亨 汐路
水底は暗(やみ)のさざなみ雪降れり 鷲谷七菜子
水甕に雪降りつのる暮色かな 近藤一鴻
汝がとる燭芯たちて雪降れり 飯田蛇笏 雪峡
汲みあげし水のまはりに雪降れり 榎本冬一郎 眼光
汽車に寝ね雪降る船に寝て旅す 山口波津女 良人
沈丁の一夜雪降りかつにほふ 篠田悌二郎
沖くらく建国の日の雪降れる 轡田進
泣き飽きし女東京に雪降れり 対馬康子 吾亦紅
注連を焼く火のはなびらに雪降れり 野見山朱鳥
洲浜草鞍馬はけふも雪降ると 後藤比奈夫
海を見るひとりひとりに雪降れり 小田郁子
海底に何か目ざめて雪降り来 加藤楸邨
海深く魚を潜ませ雪降れり 阪本謙二
海老蔵に雪降らせけり初芝居 野口里井
涅槃会や松に雪降る清涼寺 青木月斗
湖に群衆の如く雪降れり 上野泰 佐介
満月をくぐりはやみて雪降れり 松村蒼石
漉き紙の仮の世界に雪降れり 和田悟朗
灯の裾に暗黒の水雪降れり 川村紫陽
灯を捧ぐあはれ赦せと雪降る闇に 高柳重信
無花果の木や雪降れば雪かかり 細見綾子 花寂び
焼失の二階の窓に雪降らす 対馬康子 吾亦紅
燦燦と交通巡査に雪降れり 池内友次郎 結婚まで
父に抗ひてきし背に蒼く鉛より深く重たく雪降りつもる 大滝貞一
父の忌の雪降りつもる炭俵 大野林火
牛乳の皺になりゆく雪降る夜 阿部みどり女
牡丹の芽に雪降らす天ありて 阿部みどり女
狂ひ寝や雪達磨に雪降りつもる 中村草田男
狐等に銀世界雪降りつづく 池内友次郎
猟銃音たちまち過去へ雪降りつむ 千代田葛彦 旅人木
猪鍋のぼたんびらきや雪降れり 小檜山繁子
琴唄の雪降るよりもさびしかり 文挟夫佐恵 雨 月
生くること急がねば雪降りつくす 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
甲斐谷へ武田家紋の雪降れり 佐川広治
白くなりたい石の願望雪降れり 磯貝碧蹄館
白すぎる雪降りゐたり母の墓 瀧澤宏司
白魚は水ともならず雪降り降る 碧雲居
白鳥に魂抜けて雪降れり 藤岡筑邨
白鳥よ日かげればすぐ雪降り出す 草間時彦
的遠く雪降りかくす弓始 大橋宵火
目覚めゐて雪降る音に息合はす 石川文子
眼がしらに雪降りはじめ樹をぬらす 敏雄
石焼藷に雪降る麻布中之橋 有働亨 汐路
砂山の八方破れ雪降り出す 中村苑子
神々の沓音に雪降りはじむ 奥坂まや
神鏡に成人式の雪降れり 江口竹亭
福耳の婆へ雪降る火消壷 坂内佳禰
稿難し雪降れば雪に韜晦す 小林康治 玄霜
積もる雪降る雪いまだ名なき児に 野見山ひふみ
窓のなき潜水艦に雪降れり 茨木和生 木の國
立春といふに雪降り孫生る 皆川白陀
竹林に隠さるる鈴雪降れり 磯貝碧蹄館
竹筒の中のさざなみ雪降る中 太田紫苑
竹藪を曲り雪降る直指庵 橋本夢道 『無類の妻』以後
筆匠の死後も名だいに雪降れり 飯田蛇笏 椿花集
糧かろき身に闇せまり雪降り来 石橋辰之助 山暦
約束の雪降つてゐる出会ひかな 増田宇一
紐解くになほ天霧し雪降り来 下村槐太 光背
絵屏風の中も雪降る加賀泊 橋本榮治 麦生
綾取の川くれなゐに雪降れり 山崎節子
縁談の蔵王雪降る雲の中 岩田昌寿 地の塩
繭玉飾る麓の村よ雪降り出す 村越化石 山國抄
美濃紙の美濃を雪降る頃訪ふて 高澤良一 随笑
羽子板市夕べはなやぎ雪降れる 石田小坡
聖佛母懸けて春雪降りしきる 松村蒼石 露
肉体の薄闇に雪降り敷きぬ 徳弘純 麦のほとり 以後
肩に乗る小鳥のかろさ雪降れり 井上雪
胃の中に雪降る如き訣れかな 冨田拓也
胸埋めるほどに雪降る初日記 菅原多つを
脱ぎすてし足袋の白きに雪降り出す 内藤吐天 鳴海抄
花に雪降り光太郎逝き給へり 石塚友二
花祭踊る設楽の真闇雪降らす 村上冬燕
芽吹く木に芽吹かざる木に雪降れり 朝倉和江
茫々と湖に雪降り鴨のこゑ 豊長みのる
茶筅の先雪降る音を感じて止む 中嶋秀子
草田男の死絵皿雪が雪降らす 河野南畦 『広場』
荒れ鵜群れ海の底まで雪降れり(尻屋崎付近二句) 河野南畦 『硝子の船』
荒粒の雪降りかくす荷揚げ鱈 平子 公一
荘巌な無音の調べ雪降り積む 河野薫
荷馬につゞく砲車の記憶雪降るか 中島斌男
菩提樹に雪降りし香の二日かな 西村公鳳
落葉松はいつ目覚めても雪降りをり 加藤楸邨
蓬莱や雪降る音の夜の山 晏梛みや子
薄い雑誌が靴箆がわり雪降り出す 鈴木六林男 第三突堤
薺打つ音澄むくりや雪降れり 足羽雪野
蛇の目に雪降る刻の重くあり 仙田洋子 橋のあなたに
蝌斗の水三月の雪降りにけり 増田龍雨 龍雨句集
蝶の化身の雪降りつづく信濃川 佐川広治
血は眠らず春闘近し雪降り積む 橋本夢道 無類の妻
血を享けて戻りし意識雪降れり 朝倉和江
行きて負ふかなしみぞここ鳥髪に雪降るさらば明日も降りなむ 山中智恵子
行くも帰るもならぬ四十や雪降れり 佐野美智
裏返す刺繍の冬は雪降らぬ 対馬康子 愛国
覆はれし受難のイエス雪降れり 大野林火
見てゐたるところから雪降りはじむ 加藤秋邨 怒濤
象の皺一日だけの雪降れり 中島斌雄
貨車の上に黒き雪降る受難節 井沢正江 湖の伝説
責は己に雪降るまでの木々の枝 榎本冬一郎 眼光
起笹にいくたびとなく雪降れり 比良暮雪
足止めの柩一体雪降れり 村越化石 山國抄
足止めの雪降るに何んの鶏鳴ぞ 村越化石 山國抄
辷る鴨うづくまる鴨雪降れり 高澤良一 さざなみやっこ
追へばまだ会へさうに母雪降れり 猪俣千代子 秘 色
送水会法螺の高音に雪降り来 岡 淑子
造花かく挿し幸せか雪降れり 村越化石 山國抄
遠き白鳥珠とつつみて雪降れり 古賀まり子 降誕歌
遠つ嶺に雪降りてより木々の銘 原裕 青垣
遠母に亡き父に雪降りはじむ 細川加賀 『傷痕』
醒むるたび鶴は啼きけり雪降る闇 沼尻巳津子
針傷をいくたびも舐め雪降れり 長谷川双魚 風形
鉄板打つ響きの圏に雪降りて 榎本冬一郎 眼光
銃声や空の奥処に雪降れり 柿本多映
鍵かけて夜の浴槽たのし雪降れり 畑耕一 蜘蛛うごく
鎌倉に雪降る雛の別れかな 宮下翠舟
長靴をはくほど春の雪降りし 細見綾子 黄 瀬
門松の竹の切つ先雪降れり 井上美子
防風衣(アノラック)かたしいつしか雪降りゐぬ 石橋辰之助 山暦
阿夫利嶺に雪降る金の寝釈迦かな(相州大山) 石原八束 『幻生花』
阿武隈の山に雪降る黒空穂 八牧美喜子
阿蘇に雪降る夜はかなし雉子を食ふ 野見山朱鳥
除夜の鐘地にはつもらぬ雪降れり 那須 乙郎
雑木山消して雪降る槇の山 金箱戈止夫
雛頭百一様に雪降れり 猪俣千代子 秘 色
雨の野を越えて雪降る谷に入る 福田甲子雄
雪だるまうしろの山に雪降れり 中本美代子
雪に据ゑ雪降つてゐる社会鍋 嶋田一歩
雪に雪降り積む白さ乳児眠る 長田等
雪のうへに雪降るありありと青し 辻美奈子
雪の上に白き雪降る廓址 有働亨 汐路
雪の上に雪降ることのやはらかし 西東三鬼
雪の山山は消えつつ雪降れり 高屋窓秋
雪原に雪降り月光の跡癒やす 岡田日郎
雪国の雪降る音の無音なる 新谷ひろし
雪安居胸中に雪降らしゐる 嶋 杏林子
雪山に雪降り夜の力充つ 日下部宵三
雪山に雪降り重ね粥柱 陣内イサ子
雪掻けば雪降る前の地の渇き 中村苑子
雪景の湖に雪降り誰も死なず 和知喜八 同齢
雪虫や雪降る前の音なき野 柴田白葉女 『冬泉』
雪見とは卍巴と雪降ること 京極杞陽
雪降つてあたま丸めし伊吹山 細川加賀 生身魂
雪降つてもう目のみえぬ林檎の木 和知喜八 同齢
雪降つてゐる赤門や冬休 深見けん二
雪降つてをりぬ独りで餅を焼く 岸風三楼 往来
雪降つて来しと小声の暖かし 殿村菟絲子 『菟絲』
雪降つて白鳥の巨花湖に浮く 和知喜八 同齢
雪降つて赤松の幹いよよ立つ 猪俣千代子 堆 朱
雪降らす天の雪蔵開け放ち 玉井俊一
雪降らす雲かや窓に動きそむ 阿部みどり女 笹鳴
雪降りしあとの寒さや浅蜊汁 増田龍雨 龍雨句集
雪降りし四月の冬も終りけり 高木晴子 晴居
雪降りし日も幾度よ青木の実 中村汀女
雪降りし朝や孔雀の声汚れ 加古宗也
雪降りつもる電話魔は寝ている 辻貨物船
雪降りつ凹めつ馬淵川氷る 小林康治 玄霜
雪降りて光の紐を遺しけり 斎藤玄
雪降りて海を鳴らすよ父の郷 伊藤京子
雪降りて積ることなき井のほとり 山口波津女 良人
雪降りて立体失する銃砲店 宮武寒々 朱卓
雪降りて遠き翅音を降らすなり 齋藤玄 『玄』
雪降りて高野の春の土濡るゝ 高木晴子 花 季
雪降りぬ同じ日本語話しつつ 櫂未知子 貴族
雪降りぬ非在の花にこだわりつ 鳴戸奈菜
雪降りをり夢に故人の向うむき 松村武雄
雪降りをり深夜の停車駅に声 宮津昭彦
雪降り出す灯のなき鶴の寝園に 横山房子
雪降り出す瞼閉づれば故郷の山 櫛原希伊子
雪降り来るか梟の目瞑れば 橋本榮治 逆旅
雪降り来梵天唄の聞ゆれば 文挟夫佐恵 雨 月
雪降り来牛乳とレモン睡る窓 小池文子 巴里蕭条
雪降り積む櫟林や秀野亡し 関戸靖子
雪降り込む改札口のみかん箱 中拓夫 愛鷹
雪降り込む溝の黒きを夜の力 村越化石
雪降り降る山の男で逝きし吾子 栗林千津
雪降るとき黄河黄濁を極めん 金子兜太 黄
雪降るとラジオが告げている酒場 清水哲男
雪降るもやむも正法眼藏意 上村占魚 『橡の木』
雪降るやくらくしづかに隅田川 山西雅子
雪降るやさだまる家をいまは得し 杉山岳陽 晩婚
雪降るやしづかに消ゆる灯を見たり 長田等
雪降るやしばらく墓を忘じゐし 松村蒼石 雁
雪降るややけつく聲のをしねどり 廣江八重櫻
雪降るや一つの峡に一清流 猿橋統流子
雪降るや人いて人の辺が冥し 長谷川草々
雪降るや僻地のネオン赤がちに 有働亨 汐路
雪降るや化石句ばなし懇ろに 荒井正隆
雪降るや忌の日一日美しく 角川源義 『冬の虹』
雪降るや教科書になき歴史読む 羽田岳水
雪降るや濡れたる草のうちふるヘ 岸本尚毅 舜
雪降るや瑠璃光寺池鏡なす 合田岩雨
雪降るや生まれし町に子を産みて 猪俣千代子 堆 朱


以上
by 575fudemakase | 2015-01-23 00:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/22997390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング